月食のち、幸運の月暈

室内ガーデニング
02 /01 2018
今日から2月ですね。
まだまだ冬だけど、そろそろ早春といえなくもない…そんな季節。

当地はあれからまたしても雪が降りました。

天気予報は外れです…雨か、せいぜいみぞれの予報だったのに。

まぁ今回の雪は1cmくらいですぐとけてくれたので助かりました。

モミジに積もった雪が朝日でとけてキラキラ~っと。
凍ったモミジ
しかし写真にきらめきが写せなかった…。

そうそう。

昨夜、1月最後の夜は皆既月食でした。
当地は曇ってて見えないという前評判でしたが…見えちゃいました。
今回は天気予報外れてくれてラッキー。

皆既月食はまあ普通に見られました。
なんて神秘的。

一方で赤黒く染まった月にはじゃっかんの不気味さもあり。
いつもニコニコ可愛いあの子が、暗がりで手に持った包丁をじっと見つめる姿を見てしまった…的な。
ああホラーだわ。

そもそも昔は皆既月食ってわりと不吉の象徴らしいですよね。
と、どうしても思ってしまうのは、『王家の紋章』でバビロニアが大騒ぎになったイメージが強すぎるからでしょうか。
それにしても口からでまかせで月食起こるって言ったら本当に起こっちゃったキャロルの幸運すげえわぁ…。

しかし月食も終わりかけのころ、そんなおどろおどろしいイメージを吹き飛ばす出来事がありました。
月の周りに白い輪ができていたのです。

あれっ なんかこういうのセーラームーンで見たような…!?(混乱)

月暈
これは月暈(げつうん)というそうです。

この写真じゃ修正してもまだ暗いですが、実際は月の光で昼間みたいに明るくて輪もしっかり見えてて…
控えめに言っても神々しい。

ちなみに月を横切ってるのはうちの電線です…。
ふざけて『君の名は』っぽく撮ってみたら、まともに月暈が写ってたのこれだけだったという…。

ふざけなきゃよかった。
そしてどうせ使わないからってカメラの三脚を実家に置きっぱなしにしなきゃよかった。

月暈は幸運の前触れだとか。
いいことあるかな…?

ところで月暈は天気の崩れる前触れとも言われています。

え…天気予報は雪だけど…また雪降っちゃうの?

関東平野民の私も雪はもうお腹いっぱい見たので、今回の天気予報はちょっと外れて欲しいところです。

さて室内ガーデニングですが。

ニオイサクラがちょっとだけ咲いてました。
ニオイサクラ
室内の寒さ(なぜか氷点下)にやられぎみだったけど、最近復調。

サイネリアも元気です。
サイネリア
元気に水を吸って水切れしています。
(あとで鉢増ししよう)

ヒヤシンスはこうなりました。
ヒヤシンス
うんわかった。こいつら団体行動が苦手な派。


野菜高騰の話を聞いて私も少しは考えた

室内ガーデニング
01 /29 2018
一月も終わろうとしている今日この頃。
あいかわらず、お野菜が高くて困っています。
白菜1/4カットが150円て…(泣)

このあいだ市場関係者の人と話ししたのを思い出します。
その人いわく、秋ごろに長雨が降って気温も低かったせいで冬野菜が全体的に不作だとか。

クリスマスシーズンのイチゴにいたっては数が足らなさ過ぎて、例年なら値がつかないようなB品イチゴまで飛ぶように売れていったという話を伺いました。

そんなイチゴどうすんの?と聞けば、『ケーキの中に入れるんだ』と。
『クリームにはさんじゃえば分かんないからいいんだ、とにかく今はイチゴが足りないんだ』って。

うーん。

待っているお客さんのためにどうにかしてイチゴを確保しようというケーキ屋さんに感銘を受けるべきなのか、

そんな普通なら売れないクズイチゴを使わないで欲しいなぁと思うべきなのか、

いやいや そもそも農家さんが天候不順に苦労しながら何とか収穫までもっていったイチゴを、ただ見目が悪いからっていう理由で食べたがらないという、この甘やかされた現代人的な感覚こそ捨てるべきじゃないかとか、

色々と考えてしまいました。

まぁただ分かっているのはただ一つ。

最近の低温と大雪で、わが茨城県の野菜はさらに高騰するだろうということです…

残り雪
一週間経つのにまだ雪が残ってるんだぜ(この辺では異例)

連日氷点下のおかげで土はカチカチ、ガーデニングどころじゃありません。

いっぽう、家の中。

とうとうヒヤシンスが咲き出しました。
ヒヤシンス
やったね。

一番最初に咲いたのはブルーのヒヤシンスでした。
ヒヤシンス
そんで隣がたぶん、ピンクのヒヤシンス。

残り一個はかなり…のろのろです。
ヒヤシンスを同時に咲かせるのは難しい…かも?


なんでこんなときに歯が欠ける

冬の花
01 /22 2018
かねてからの天気予報どおり、当地では雪が降りました。

しかも不要不急の外出は控えるようにまで発表された大雪。

外は横殴りの雪。
そんな中、のこのこ出かける女が一人。

…私だよ!

というわけで歯医者にいってきました。

いえ、これは不要不急の外出ではありません。
だって歯が欠けたんだもの。
10年以上前に治療した歯の一部が、ご飯食べてたらガリっと欠けたんだもの。

よりによってこんなときに。こんなときにぃ!

以前、車がパンクしたときはお盆だった(どこもやってなくて焦った)
去年 足を怪我したときは大晦日だった。
GWのころに歯が痛くなったこともあるし、今回は大雪の日に歯が欠けた。

昔の人は言いました。『出物腫れ物ところ嫌わず』
トラブルは日にち選ばず…いや、選んで下さいお願いします。

そして一刻も早く…!と何とかたどり着いた歯科医院では
『これならぜんぜん心配することなかったですよ~』
と苦笑いされながら樹脂をつめられて治療終了。

あ、心配することなかったんだ…。
(でも電話したときは早いほうがいいみたいなこと言われたのよ)

スタッドレスタイヤとグーグルマップの渋滞情報に感謝しながら帰宅。

庭は積雪10cmくらいになっていました。

というわけでここからは大雪の写真です。

※雪国の方にはまったく何の新鮮味も無い画像が続きますが関東平野部では一年に1回2回の出来事なので多めに見てやってください。

大雪なので雪だるまだってつくれちゃうぜ!
雪だるま
サルスベリの枝と実でつくった雪だるま。

雪国の方…聞こえますか…関東の雪だるまは本当なら土とか泥とか混じって汚いものなんです…薄い雪で無理やり作るから、そうなるんです…それが今回はこんなにきれいに作れたんです…それだけで…感激なんです…。



庭は雪だらけー!
雪の庭
小さいシャベルがどこに行ったのかもうわからん。

梅のつぼみにも雪。
雪と梅のつぼみ
そういえばあと一ヶ月くらいで咲く?
春までもうちょっと。

オーナメンタルグラスも雪化粧…どころじゃなく、雪布団。
雪とグラス

ビオラは押しつぶされそうになりながら…。
雪とビオラ
ちょっと可哀相かな…。
でも実は氷点下の吹きっさらしよりは雪に埋もれたほうが暖かいと聞くので、このまんま。

こんだけ降った雪ですが、たぶん明日の午後には融けてます…。

ちなみに土日に休日出勤してがんばったおかげで、今日明日はお休み。

てことは、歯医者さん明日でも良かったのか…(結果論)