FC2ブログ

お腰がギックリ逝った秋

秋の花
11 /04 2019
こんにちは。
またずいぶん間が空きまくってしまいましたが、皆さんお元気でしょうか。

私は元気です。

先日うちの一歳児をお食事用の椅子に座らせるために抱き上げたところ、私の哀れで(本当)か弱い(ちょっと嘘)お腰がギックリと逝きまして、しばらく寝込みました。が、元気です。

そして息子も元気です。
一体どうやったのか椅子の上に置いておいたマザーズバッグをあさり、数ある品物の中からポチ袋(お祝いにもらった)をするどい嗅覚で探り当て、袋には見向きもせずに中身のお札だけを前歯でかじるくらい元気です。

見つけたときは本気で血の気が引きましたし、もしお札の身に何かあれば将来息子にかける教育費の中からその分の金額を差し引かねばならないのか…と一瞬思いかけましたが、よく考えたら(よく考えなくとも)バッグを放置した私が悪いのでそれは思いなおしました。

ていうかお札は無事でした。
『日本銀行券はちょっとかじった位ではちぎれない』という豆知識が増えました。

豆知識といえば外国ではプラスチック製のお札を採用している国が増えてるそうです。
日本もいずれそうなるのかな~なんて思ってましたが、こんなに頑丈なら紙でもいいかもしれませんね。


さて、あれよあれよという間に10月が過ぎ去りましたが、思えば今年の秋は気温の高い日が多かった気がします。

庭のリンゴの木も返り咲いていました。

返り咲きっていうか、狂い咲き。

狂い咲きといえばサクラ。
そしてサクラもバラ科でリンゴもバラ科。洋ナシもけっこう狂い咲くし。
バラ科の樹木ってけっこうルーズに咲くイメージです。

あ、でも同じくバラ科でもウメが狂い咲いてるのは見たことないかも。
きっちりしてそうですもんね、ウメの木(謎のイメージ)

今はミューレンベルギア・カピラリスが盛りです。

ふさふさしたピンクの穂。
朝日の中で見るといっそうキラキラしてます。

秋の七草、フジバカマ。

葉っぱが中々綺麗なので花壇で珍重してますが、なかなかの繁殖力を発揮してて庭主あせっちゃうね。

巨大輪のダリアが咲いています。

綺麗だろ…これ、見切り品で買ったんだぜ…(150円)

今日のバラは、ペルシカ系のアイズ・フォー・ユー。

引っ越しの時に枯れてしまったので買いなおしました。
つくづく、実家で調子よかったバラほどこっちで上手く育ちません(その逆もしかり)
土に砂でも仕込もうかしら。


スポンサーサイト