植えたおぼえのないノイバラという不始末

春の花
05 /16 2018
ふぅ。
もしかしたら今日は今年最初の真夏日でした。
暑いけどまだエアコンなしで十分いける気温だし、洗濯物の乾きも早くてよいわー。

え?お外でガーデニング?
それはイヤです暑すぎるから(ダブルスタンダード)

夏の気配を感じたのか、ガウラが咲き出しました。
ガウラ
白い蝶々のようなお花が光を反射してまぶしいほどです。

暑さにへたりつつあるのがアイスランドポピー。
アイスランドポピー
シベリアあたりの原産なので暑さに弱く、日本では一年草扱いです。
でもまだ咲いています。
実家に居たころは最高で7月末まで咲いていた事もありましたが、当地ではどうでしょうね。

チェリーセージ。
チェリーセージ
でもなんかカサカサ…?
あんまり土壌がよくないので、地植えだけど水遣りしたほうがいいでしょうか。

わぁ可愛い。
ノイバラが咲いてます。
ノイバラ
わーい植えた覚えのないノイバラが生えてきた!

…じゃないんですよ。

台木によるのっとりですよ、これ。

(※一般的に出回ってるバラ苗は園芸品種をノイバラなどの台木に接木しているため、ときに台木にのっとられてしまうときがあるのです)

去年、庭主(ワタシ)が新居のリフォームに悩殺されて庭をほっぽりだしてる間に台木クーデターが発生、接がれていた園芸品種のバラを追放(調子のよくない株だったのでそもそも枯れてた可能性もある)し、完全にこの株の実権を掌握したようです…。

治安部隊(庭主)がちゃんと見回っていればこんなことにはならなかった…。

愛が足りないといわれても仕方が無いレベル。反省。猛省。ごめんねバラさん。

となりで一部始終を目撃していた(と思われる)ジュード・ジ・オブスキュア。
ジュードジオブスキュア
ここの土が気に入ったのか、実家に居たころよりよほど元気に咲いています。



スポンサーサイト