雨あがりの芍薬

春の花
05 /12 2018
3、4日くらい降り続いた梅雨のはしりのような雨がようやく上がりました。

人間は洗濯ができなくて困りました。
こんなに雨ばかりで喜んでいるのはカエルでしょうか。いつも以上にゲコゲコいってます。

しかし、鳥やら猫やらはどうやってエサを探しているんだろう…

と思いつつ庭の様子を見にいった雨降り3日目のころ、
野生の鳥たちがカエルの大合唱をかき消す勢いでギャーギャーギャーギャー騒いでいるのが聞こえました。

鳥その1:『もうこのままじゃ飢え死にしちまう!ダメもとで出かけよう』

鳥その2:『しかし長老は明日にも雨は止むといっておられる』

鳥その3:『そんなこといって明日も雨だったらどうするんだ!うちには幼い子供が四羽もいるんだぞ!』


…といった感じでしょうか。
通りすがりのニンゲンが聞いてさえわかる、ストレスMAXのわめき声。

鳥として生きるのも大変そうですね。
食料の貯蔵ができる種類の生き物に生まれてよかったわー…
とかいいつつ、うちの食料貯蔵品(缶詰とか)は『買い物行くの忘れたわ~』とかの理由ですぐに消費されちまいますので災害が来たら困ったことになると思います。
…なんのための貯蔵ができる生き物なんだろう。

なにはともあれ晴れて天気の良かった今日。
鳥さんたちもお腹いっぱい食べたことでしょう。

明日からまた雨だけどね!(せんたくもの…)

長い雨が止んで夕日が顔を出した瞬間のシャクヤクです。
シャクヤク 乙女桜
シャクヤクも花の盛りの無常な雨を耐えていたのでしょう。
逆光で神々しかったです。
歴戦をかいくぐって生き延びた老兵の後姿。

そしてその隣には雨が終わるころに咲いた苦労しらずの若花。
シャクヤク 乙女桜
要領のいいヤツ。
しかし若花には若花の苦労があるのです。
具体的にいうと最初に咲いたほうの花に栄養とられてるのでちっちゃいです。

今年購入したゲラニウム・ジョンソンズブルー。
ゲラニウム ジョンソンズブルー
初開花。
ていうかブルーっていうか紫?

そして赤い花。
クリサンセマム ロビンソンレッド
これは去年植えたクリサンセマム・ロビンソンレッドだと…思う…(あやふや)

バラのポールセザンヌが咲きました。
ポールセザンヌ バラ
あんまりいい状態じゃないようです。



スポンサーサイト