月食のち、幸運の月暈

室内ガーデニング
02 /01 2018
今日から2月ですね。
まだまだ冬だけど、そろそろ早春といえなくもない…そんな季節。

当地はあれからまたしても雪が降りました。

天気予報は外れです…雨か、せいぜいみぞれの予報だったのに。

まぁ今回の雪は1cmくらいですぐとけてくれたので助かりました。

モミジに積もった雪が朝日でとけてキラキラ~っと。
凍ったモミジ
しかし写真にきらめきが写せなかった…。

そうそう。

昨夜、1月最後の夜は皆既月食でした。
当地は曇ってて見えないという前評判でしたが…見えちゃいました。
今回は天気予報外れてくれてラッキー。

皆既月食はまあ普通に見られました。
なんて神秘的。

一方で赤黒く染まった月にはじゃっかんの不気味さもあり。
いつもニコニコ可愛いあの子が、暗がりで手に持った包丁をじっと見つめる姿を見てしまった…的な。
ああホラーだわ。

そもそも昔は皆既月食ってわりと不吉の象徴らしいですよね。
と、どうしても思ってしまうのは、『王家の紋章』でバビロニアが大騒ぎになったイメージが強すぎるからでしょうか。
それにしても口からでまかせで月食起こるって言ったら本当に起こっちゃったキャロルの幸運すげえわぁ…。

しかし月食も終わりかけのころ、そんなおどろおどろしいイメージを吹き飛ばす出来事がありました。
月の周りに白い輪ができていたのです。

あれっ なんかこういうのセーラームーンで見たような…!?(混乱)

月暈
これは月暈(げつうん)というそうです。

この写真じゃ修正してもまだ暗いですが、実際は月の光で昼間みたいに明るくて輪もしっかり見えてて…
控えめに言っても神々しい。

ちなみに月を横切ってるのはうちの電線です…。
ふざけて『君の名は』っぽく撮ってみたら、まともに月暈が写ってたのこれだけだったという…。

ふざけなきゃよかった。
そしてどうせ使わないからってカメラの三脚を実家に置きっぱなしにしなきゃよかった。

月暈は幸運の前触れだとか。
いいことあるかな…?

ところで月暈は天気の崩れる前触れとも言われています。

え…天気予報は雪だけど…また雪降っちゃうの?

関東平野民の私も雪はもうお腹いっぱい見たので、今回の天気予報はちょっと外れて欲しいところです。

さて室内ガーデニングですが。

ニオイサクラがちょっとだけ咲いてました。
ニオイサクラ
室内の寒さ(なぜか氷点下)にやられぎみだったけど、最近復調。

サイネリアも元気です。
サイネリア
元気に水を吸って水切れしています。
(あとで鉢増ししよう)

ヒヤシンスはこうなりました。
ヒヤシンス
うんわかった。こいつら団体行動が苦手な派。


スポンサーサイト