FC2ブログ

キズパワーパッドの罠

室内ガーデニング
01 /08 2018
お医者さんに足をチクチク縫われてから一週間が経ちました。


傷口の日々のお手入れ用に軟膏を処方されましたが、
お医者さん曰く『キズパワーパッド貼るならそれでもOKですよ~』ということでした。

もちろん面倒くさがりの私はためらい無くキズパワーパッド一択でございます。
歳末のドラッグストアにかけこんで一番大きいサイズを買いました。

お医者さんの薦めるとおり、キズパワーパッドはいいものです。

お値段が高いのと見た目がグロいという事実だけに目をつむれば、
完全防水だし、はがれないし、衝撃吸収で痛みも和ぎます。
おまけに傷の治りも早くなるとくれば、使わない手はありません。

ただね、そのせいで私はひどい目にあいました…。

いや、よく考えれば最初から分かったことでしたが。

キズパワーパッドを取り替えようと思ってべりっとはがそうとしたらね、

傷口めっちゃ引っ張られて、うめきました。

よくみたら、

傷口を縫った糸とキズパワーパッドがいつのまにか親交を深めていました。

ありていに言えば、糸がパッドにばっちりくっついて剥がれないでやんの。
まさかの一体化。もう一生離れないつもり…?

こ、こりゃあ一大事だぞぉ…。

どうやって剥がせばいいか悩んだ末、毛抜き(アルコール除菌済み)でちまちま糸を剥がしました。
ごめんね君たち。糸とパッドは最初っから結ばれない運命なのだよ。

剥がしたパッドは捨てて、新しいキズパワーパッドを傷口にON。
どうせまたくっついて大変なことになるんだろうな…と思いつつ、やっぱりいまさら普通の絆創膏には戻れないもの。

ていうか、お医者さんよ。
キズパワーパッド薦めるなら最初に警告してくださいよ…。

言わなくてもふつう分かるだろうと思ったのかもしれない。

でもね、

もし私が常に最善の行動を選べるタイプの人間だったら、

そもそもお風呂上りにガラス板を蹴っ飛ばして深夜の緊急外来のお世話になったりなんかしてないから。たぶん。

フールプルーフな世の中にな~れ☆(他力本願)

ちなみにもうちょっとで抜糸です。
抜糸も抜糸で怖いな…。


そんなこんなでガーデニングは出来てません。

…というのは言い分けで、寒いからできてません…。

仕方がないのでヌクヌクしてるうちの猫でお茶を濁す。
ねこ
布団は可愛いからと人間がかけたものです。迷惑そうでした。

キッチン菜園。
水しかやってませんが、また育ちました。
キッチン菜園
水菜と小松菜とニンジンを再生したものですが、我が家のは諸事情により食べられません。

食えないものを育ててどうする…とも思ったけど、
私が育ててる花の9割は食えないものでした。じゃあいっか。

本日のヒヤシンス。
ヒヤシンス
ツボミが出てきました。
思ったよりハイペースです。
この分なら立春のころには咲くかもしれませんね。


スポンサーサイト