長袖の服を引っ張り出した、秋の始め。

秋の花
09 /02 2017
ここ数日の急な涼しさのおかげで季節は一気に秋です。

衣替えには一ヶ月ほど早いですが、衣装ケースから長袖の服を取り出して来ました。

数ヶ月しまっておいた服はやっぱり臭いが気になります。

ちゃんと洗ってから収納してるし柔軟剤だって使ってるし防虫剤だって今は進化しているはずなのに、どうして数ヶ月放置した洗濯物は臭うのでしょうねぇ。え?うちだけ??
それはやだ。

この時期だけ咲く、ヤブランの花。
ヤブラン
数年前まで昭和なイメージだったヤブランも、最近ではけっこう現代的な植栽に使われている気がします。
弧を描く常緑の葉っぱが、最近よく見るガーデンライトと相性GOOD。

うちも近々、ローボルトのガーデンライトを導入する予定です。
おしゃれにしたいから?

ええ、それもある。

でもね、本当はね…うちの周りには外灯も近所の家の灯りも無いから…(たんぼと畑ならあるぞ)

カキが赤く色づいてきたようです。
カキ
さーて、これは甘柿でしょうか渋柿でしょうか。
前の持ち主が植えたのでわかりません。

そして甘柿と渋柿の見分け方をちょっと調べてたところ、確実な方法は一つだけだという説にたどり着きました。

確実に甘柿と渋柿を判断する方法:かじってみる。


それが嫌だから見分け方を知りたいんじゃぁああ!!!
(なんで嫌なのかわかんない人は、今度渋柿をかじってみてね☆)

実家から持ってきたサルビア・ガラニティカ
サルビア ガラニティカ
わんわん!と声が聞こえてきそうな花のかたちです。(吠えてる犬の横顔にみえる)

実家から持ってきた覚えの無いサマーポインセチア。
サマーポインセチア
タネで増えます。すっごく増えます。

雨にぬれた咲きかけのダブル・ディライトです。
ダブルディライト
こんなピュアな薄黄色のバラですが、次の日には艶やかなローズピンクになります。
色が変わるバラは珍しくありませんが、何度見ても不思議。




スポンサーサイト