FC2ブログ

障子を壁にDIYしたけど一部失敗した話

一人で出来るもん!DIY
08 /16 2017
『覚悟を決めましょうよ、奥さん』

ってこのあいだ言われました。
と言ってもネクタイしめたインテリマフィアに拳銃で脅されたわけじゃありません。

歯医者です。

『奥さん、この親知らずねぇ、虫歯になってるの』

『抜いたほうがいいよ、この親知らず使ってないし』

『なによりこれがあると隣の歯が磨けない』

『少しでも若いうちに抜いたほうがいいでしょう―――親知らずというより、隣の歯の予後のために。』

こんな会話があったのが数週間前。
そして明日わたしは親知らずを抜きにいきます。
覚悟を決めました。

(´;ω;`)

よって今後ブログの更新ができなくてもどうか皆さん、察してください…ショックから立ち直るのは時間が必要なんです。

その前に先月やったDIYをさらしておきましょう。

この前タタミ部屋をフローリングに改造した部屋に、壁を作りました。

ここです。
板壁DIY
手前の部屋が、畳をフローリングにした部屋。
奥の部屋が、最近板壁を作った部屋。

この2部屋はもともと障子でつながっていて出入り自由だったのですが、あっちもこっちも障子だらけでモノを置けないのが不便なので壁にします。

壁を作るのは以外に簡単。

和室の障子を壁にDIY
まずはツーバイフォーで骨組みをくんで、石膏ボードを貼り付けます。

と、ここで問題。
90cm×180cmの石膏ボードは大きすぎて、我が家のコンパクトカーでは運べません。
ホームセンターで軽トラレンタルしようにも、運転に自信ないし…

そうだいいこと考えた!

カッター持参して駐車場で半分に折っちゃえばいいんだ!!!

この作戦は結果としてうまくいきました。
しかし、後に後悔を引き起こすことになる…

石膏ボードを張ったところ。
和室の障子を壁にDIY

皆さん石膏ボードの表面の紙がビリビリに破けているのお気づきですよね?
半分に割って運んだため、こうなりました。

それはともかく、このビリビリ紙のところに漆喰をそのままぬったところ、
大変なふにゃふにゃ仕上げを引き起こして大後悔。

いや、さすがに私だって破れた紙の上に漆喰ぬっちまおうとは思いませんよ(汗)
大方はメッシュテープで補修しましたyo。

しかし、処理が甘くて、すみっこの一部が破けたまま…
でも大したことにはならないだろうと踏んでいた…
それがこんなことになるなんて。

漆喰、重ねても重ねてもふにゃふにゃだわー。

そこで私の出した結論は…

あきらめる。

なぁに、モノを置いてしまえば見えないさ…

これから石膏ボードを半分に折って運ぼうとしているコンパクトカー諸君、
漆喰塗るなら破けた紙はかならず綺麗に処理するか、メシュテープを丁寧に張るのがいいと思います…

裏から見たところ。
和室の障子を壁にDIY
こっちは板壁にする予定。

しかし石膏ボードを張ってみて気づいたのですが、

表側の部屋、暗い。

そうなんです障子は採光の意味もあったんです。
それが壁になったので急に暗くなったのです。

なので急遽、小窓を作りました。
和室の障子を壁にDIY
20cm四方のを、ふたつ。
(書き忘れましたが今回は障子3面分を壁にしています)

あら、メッシュテープからはみ出た紙が見えますね?
それがふにゃふにゃの元です。
もしタイムマシンが手に入ったらこの時点の自分を殴りにいきたいと思います。
悠長に写真撮ってる暇があったらそのビリビリを直したまえ、と。

裏からみたところ。
和室の障子を壁にDIY

このあと正面に漆喰を塗って…
(そしてビリビリのところがふにゃふにゃになって慌てて、結局放置して…)

壁ができました。
和室の障子を壁にDIY
引きで見ればふにゃふにゃ部分はわかりませんね。
このあと下に幅木をつけて、小窓にガラスをはめ込んだら完成です。

詳しいやり方はそのうちセルフリフォームに投稿するかもしれません。

そう、私が抜歯の精神的ダメージから回復したらね。
(さていつになるでしょう?)




スポンサーサイト