FC2ブログ

吉田博展とマリーアントワネットの結婚ビュッフェ。

旅行記
08 /04 2017
近所のキジが今朝もけたたましく鳴いていました…
『ケ ケ ケ ケ ケン!ケ ケ ケ ケ ケン!』て

キジ先輩、お願いです。

地震を知らせてくれているのか、ただ鳴きたいだけなのかはわかりませんが、
人間の寝室の横の窓近くで、
朝の5時にリサイタルを開催するのはお控えください…。
と言っても聞いてくれりゃしないでしょうかね。このジャイアンめ。

*************************************

ところで昨日その人間たちは東京に行ってきました。

ケーキバイキングと、新宿の美術館で開催中の吉田博展を見に行くためです。
吉田博展

すみません。最初に断っておきますが、
わたしは『この人の絵テレビでみたことあるよ!』というレベルの人間です。すみません。

ですが素人から見ても大変に美しい絵の数々でございました。

特に水彩画は人間の手で書いたとは思えないほど美しく、
半分下絵のような習作ですら、とんでもない神絵師オーラがにじみ出ていました。

しかも平日ということもあってか、それほど混んでないのでじっくり見られてラッキー。

そして望外のおみやげゲット。
吉田博展 ポスター

吉田博の作品のポスター!しかも一枚400円。
これ、ネット経由で探してたんですが、今までどこにも見つからなかったのです。

でもこれで家に吉田博の絵を飾れますね、ポスターだけど!

ていうかそもそも本物が売ってたとしてもそれを買えるだけの財力がありません。
400円のポスターが身の丈です。むねん!

*************************************

そして第二の目的、ケーキバイキングへ。
マリーアントワネットの結婚ビュッフェ

夫と二人で、マリーアントワネットの結婚ビュッフェ。

ヒルトンホテルという立地もあり、ケーキバイキングとしては椅子からひっくり返るくらい高額なんですが、数日遅れの結婚記念日ということで。

ていうか、いまさらですが、

結婚記念日にマリーアントワネットってどうなんでしょう?

まぁ愛人の噂はともかく夫婦仲は良かったそうですから、良いとしましょう…良いのかしら?


そしてこのビュッフェ、お高いにもかかわらず予約でいっぱいです。

セレブならコンシェルジュに電話一本でいつでも参加できたりするんでしょうが、庶民の私たちは夜な夜な予約サイトをチェックして、キャンセルが出たときを狙ってようやく予約成立…

まったく、平民がベルサイユにもぐりこむのはこんなにも大変ですわよ、ポリニャック夫人!

ベルサイユな店内の美しいディスプレイ。
マリーアントワネットの結婚ビュッフェ

しかしこの5段ケーキ、食べられるのかと思いきやディスプレイです(泣)ベルサイユ…。

提供されるケーキたちは、さすがにどれも美しくて美味しかった…と思います。
ゴージャスでファビュラスなベルサイユに気後れしてあんまり味を楽しむ余裕もありませんでした(泣)

もちろんマリーアントワネットといえばベルサイユ、
ベルサイユといえばバラなので、
バラをモチーフにしたスイーツもありました。
ただしあっという間に無くなってたけど…。

そう、ここはまるでベルサイユ…かと思えば、ケーキを取る行列は浦安にあるネズミの国と一緒なのです。要するにすごい並ぶ。そして待つ。

こうやって行列にずっと並んでいると、さながら国王夫妻の謁見を待つ貴族の気分ですわ。
ああっ王妃さま、もう行ってしまわれるの…?
(この日一番人気と思われた薔薇色のシャンパンゼリー、味わえないままにアデュー…)

マカロンタワーもディスプレイ(泣)
マリーアントワネットの結婚ビュッフェ

しかしボウルに入ったマカロンなら食べ放題ですよ。

そんなゴージャスなスイーツビュッフェ、

サービス料も入りまして
二人でお会計一万円弱でございます。

さ、サービス料…(バイキングなのに)

たぶんケーキバイキングとしては一生に一度の贅沢となることでしょう。

さようなら、わが青春のベルサイユ。アデュー。

帰りにはせっかく東京まで来たということでミシュランガイドに載ったというお店で食事していきました。

ソラノイロの東京駅店で、天草大王ラーメン…。

880円なり。

これぞ身の丈。そしておいしー。


スポンサーサイト