キジ先輩の地震予報。

夏の花
08 /02 2017

私が住んでる場所は田舎なので、庭にはキジが出没します。

特によく見るのは派手なオスのキジ。
隣の休耕田あたりを縄張りにしているようで、春のころにはケンケーン!と毎日のように叫んでいました。
(ぶっちゃけとてもウルサ…にぎやかです)

それが最近じゃ一転して鳴かなくなったのですが、昨日は様子が違いました。

うちの庭を、神経質に歩きまわりながらケンケン!ケンケン!と短く鳴き続けていたのです。

なんとなく気になって調べてみると、

キジが短く鳴くのは地震の前兆だとか…?

あっはっはー まさかねー。

この手の『地震の前兆説』に対するわたしの態度は冷ややかです。
なぜならわたしには経験上のジンクスがある。
『地震の前兆が世間を騒がせているうちは、地震がこない』

というのも、私の以前の職場にはイルカの打ち上げやら地震雲やらがニュースになるたびに『大地震の予兆だよ!』と予言する人がいましたが、それが当たったことは一度もなかったのです…。

そういうわけですので私はキジが短く鳴いたからって地震の前兆とは思いません。

キジは地震の初期波を敏感に感じ取る能力があるとかいう説もありますが、信じませんったら信じません。

ほら、結局夜になっても地震こないじゃないのー!

と思って就寝した2時間後。

緊急地震速報で荒ぶるケイタイと、
震度4の地震でたたき起こされました深夜2時。



まじかよ…キジさん…しゅごい…しゅごすぎるよぉ…(ていうか眠い)


おまけに早朝にもまた地震があり、それから数時間おきに小さな余震まで発生する始末。

それらすべてを予言していたのがあのときのキジだとしたら…

もうこれからはキジさんを信じないなんて言いません!

むしろキジ先輩と呼ばせてもらいます!!

しかし震度4くらいならどうにかなるから、震度5以上から予言してくれると助かるのぉ…ダメ?

*************************************************

ところで家を買ってからすっかり足が遠のいていた実家ですが、先日久しぶりにいきました。

ルドベキアのヘルプスト・ゾンネ(ハーブストン)が立派になって…
ルドベキア ヘルプストゾンネ
これ、私の身長より高い位置で咲いています。
一番高いところは2mいきそうです。
まさかこんなに大きくなるだなんて…(困惑)

これこれ。
寒咲き水仙の球根を堀りあげるために来たんです。
寒咲き水仙
もう根っこが出てしまってる!
冬の間ずっと咲いてくれる貴重な花です。

ギンギツネも立派になっていました。
ギンギツネ
シャベルで株分けしようとしたけど歯がたたず、断念。


四季咲きアジサイのエンドレスサマー。
エンドレスサマー アジサイ
今はアンティークな感じ。
四季咲きとは言いますが、ポンポン新しい花は咲かせてはくれません。
剪定しないとダメかな。でも剪定したらこのアンティークな花は楽しめなくなる。ああ悩ましや。

苗を購入して6年、とうとう種無しザクロが実りました。
ザクロ
品種はスイートハニーです。
種なしというか種の気にならないザクロだそうです。当時はレアでした。
しかし最近ではスーパーで普通に売ってるアメリカ産のザクロが、すでに種無し品種のような気がしてなりません…これからは種無しが普通になっていくのかもしれませんね。



スポンサーサイト