美味しいトウモロコシが食べたいの

食べられる植物
07 /22 2017
真夏らしい、暑い日が続きます。
そして夏といったらスイカにアイスにトウモロコシ。

この間、安さに釣られて5本298円のトウモロコシを買いました。
そしたら味がほとんどしない上にあちこち傷んでるわ…。
まさしく安物買いの銭失い。

次からはちゃんと適正価格で買おうっと。そうしようっと。

ちなみその甘くないトウモロコシは食べきりました。
だってもったいないじゃん…。

牛乳コンソメと一緒にミキサーに突っ込んでコーンポタージュにしてしまえば全然あり。
冷凍してシチューに投入するのも良さそうですね。

…と考えるあたり全く反省しておりません。
そのうちまた買うことでしょう、激安トウモロコシ。

しかし、もったいないからと言って傷んだ食物のカビ毒を摂取して
自分の健康(ひいては治療費)を損なうほど馬鹿馬鹿しい話はなくないですか?
カビ毒はしゃれにならないですからね。

とすると安くてフレッシュな食べ物を調達しなければ…。

そうだトウモロコシ育てよう。
トウモロコシ
おっと、気がつけばもう育っているようだ。
グッジョブ数ヶ月前の自分。

しかし撒いた時期が遅かったせいか手入れのせいか土壌が悪いのか、生育が遅れてる気がします。
ヤングコーンなみの大きさのしか採れなかったらどうしよう。

カキはすくすく。
カキ
何にもしなくても育つ果樹。

ところでこの実はなんでしょう?
果樹
新居の庭にある謎の果樹です。
前の家主が植えました。
庭に植えてある植物は何なのか、売買契約時に聞いてみたのですが…
あまりに色々植えてあるため、本人も何を植えたのか一部覚えてなかったという…。

花壇でキキョウの花が咲きました。
キキョウ
ところで私はいつ、キキョウの花を植えましたっけ?
入居したときに色々植えたから、何植えたか忘れちゃったんですよねぇ(どっかで聞いた話である)

スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
スブニールドゥラマルメゾン
『マルメゾンの思い出』という名のバラ。
思い出は美しいが、その記憶が定かかどうかは誰も良くわかってないのかもしれない。
少なくとも私と前の家主は、自分が何植えたのかわかってないコンビである。



スポンサーサイト