『趣味の』園芸なんだから

食べられる植物
07 /07 2017
今日は七夕。

そして二十四節気の小暑。
今日の最高気温は31℃。
日差しはギラギラで、まさに灼熱の季節の始まりを感じます。

先日の嵐で、庭のウメの実はほとんど落ちてしまいました。
ウメの実
といってもまぁ、特に利用する予定はなかったのですが…モッタイナイ精神が発動しそう。

ところで私は今年もモッタイナイ精神にのっとって、
あまったジャガイモをタネイモとして利用しました。
ジャガイモ
引越しのゴタゴタにより、食べられることなく芽を出してしまったジャガイモです。
(※引越しがなくても毎年のことだという説もある)

しかしNHKの趣味の園芸では、これはやらないほうがいいって言われてしまうんですよね。

今年(?)の放送でも、

『芽が出てしまったジャガイモがあるから、タネイモに使えないか?』という視聴者からの質問がありました。
(念のため申しますがお便りを出したのは私ではありません)

しかし答えはNO。
売ってる種芋と違って病気に弱いので、ちゃんと種芋を使いましょう、と。

ウンウンウンウン。正しいですね。

しかしですよ。

そこに芽が出たジャガイモがあるんですよ。
食ったらアウトなジャガイモですよ。
植えなきゃ捨てるしかないんですよ。

これをゴミ箱にポイして…なにが生まれるというの?

後悔?
(まぁ芽が出た時点でしているよ)

反省?
(芽が出る前にちゃんと食えって?わたしワカンナーイ。)

いいえ、そんなものは必要ない。
(いや必要だろうけど)

種芋に使っちゃえば全部解決!!!

確かに市販のジャガイモは種芋用のに比べて病気になりやすいし、
収穫量は少ないだろうし、
連作障害考えたら栽培スペース無駄にすんなってことでしょうけどさー。

『それでもいいなら植えてもいいよ』って発信するのもアリだと思います。
だって、『趣味の』園芸なんだからさ!
だから来年の放送では『アリ』って言って、藤○さん!!!

ちなみに上記のジャガイモ、植えたのはなんと6月上旬。
季節はずれもいいとこ。
ジャガイモ
でも一ヶ月でここまで大きくなったよ!
まぁイモができてるかどうかは不明。
さすがのワタクシも6月に植えたことはないもので…。

白ナス育ってます。
白ナス
これはちゃんと苗買ったやつ。

ゴージャスなハイビスカスを買いました。
ハイビスカス
花壇に植えて、霜がふるころになったら鉢上げして室内に取り込む予定。


スポンサーサイト