FC2ブログ

リコリス・スプレンゲリーは一期一会かもしれない

夏の花
08 /21 2014
晩夏の庭でリコリス・スプレンゲリーが咲いた。
リコリス・スプレンゲリー
ホームセンターで買った激安球根を植えて何年目だろうか。
しかもこれは2代目で、最初に植えた球根はすぐ枯れてしまった。2代目のこれもイマイチ生育が悪い。

もう生きてるだけでいいわ、と思い始めた矢先の開花だった。

…というのはウソで、実はあんまり咲かないのでその存在自体を忘れていただけともいう。

そして初めて見た花は、わりと期待通りだった。
リコリス・スプレンゲリー
ピンクの花びらにブルーの絵の具をさっと伸ばしたような珍しい色合い。

買ったときはラベルに『輝くような花弁の~』みたいな売り文句がつけられてた…気がする(もう何年も前じゃからのぅ)
うん、わりと間違いない。エレクトリックにきれいだね。

ところでこの機会に、とリコリスの育て方を検索したら日当たりのいいところに、とあった。
何年も咲かないのってもしかして半日陰に植えたせいとか…?

だが落葉樹の下なのでリコリスが葉っぱを出す冬は日当たりがいいはずだ。
だから日当たりのせいじゃなくて他の原因だ。
きっと寒いのが悪いんだ。耐寒温度-5℃だって書いてあったもん。
…つまり当地ではいつ冬越しに失敗してもおかしくはない、と。

このリコリス、来年また会えるかな(遠い目)。

そういえばこのボッグセージも寒さにそんなに強くない。
ボッグセージ
いつ枯れるかわからない。一期一会の植物たち。
まぁボッグセージは繁雑しすぎなのでちょっとくらい弱ってくれてもかまわないけど(ひどい)

エキナセアが茶色いボウズになりました。
エキナセア
花が終わってるなら切り戻すべき…だけどこれはこれで可愛いので切りません。

スポンサーサイト