FC2ブログ

鬼嫁の春の庭

春の花
05 /18 2019
ごきげんよう。

ゆうべ、辣子鶏(激辛四川料理)にチャレンジしたら一口で旦那をノックダウン(物理)させた可愛い鬼嫁のブログはこちらになります。

半袖で過ごす日も増えてきて、春の終わりを感じる5月。
とはいえ花壇はまだまだ春仕様です。

こちらはまだ気温が上がる前のマツバギク。
マツバギク
リップスティックみたい。
ていうか、昔のアユーラ(コスメブランド)ってこんな感じだったなあ。
(久しぶりに検索したらすっかり大人しくなってて時の流れを感じたわ)

マツバギク、気温が上がって開くとこんな感じです。
マツバギク
めっちゃサイケデリック。
この春!ひゃっほおおおお!!!な感じがたまりません。
(でも夏に咲く品種もあるよ)

今が最盛期のアグロステンマ。一年草。
アグロステンマ
たった一株でお花畑。

ついつい水かけちゃう。
アグロステンマ
水滴付くとますます可愛い。

庭の半日陰の一角には、ギボウシが並んでる場所があります。
ギボウシ
去年実家から持ってきてもらった株をそのまま適当に植え付けた結果。

『うるさくなるので斑入りのギボウシは隣同士にしない』
というアドバイスをどこかで見ましたが、本当にそうだと実感中。

半日蔭ですが、バラも育ちます。
スブニールドフィルモンコシェ
ルゴサ系のスブニール・ド・フィルモンコシェ。
ルゴサ特有の掘りの深い、油絵のような葉っぱが素敵です。しかも病気知らず。

花はもっと素敵。
スブニールドフィルモンコシェ
ルゴサ界のゴージャスクイーン。
ほぼ一期咲きなのが残念。

さて今日のお昼ご飯は昨日の残りの辣子鶏です。
こんなに美味しいのに、なんでこんなに余ってるんだろうなー?

(※私の名誉のために、辣子鶏に使った唐辛子の量は通常の3分の一以下だったことをここに記しておきます)



スポンサーサイト



灰色の日常に戻ってまいりました

春の花
05 /10 2019
とってもお久しぶりです。

今年のGWは期間中一切更新をしないという、リア充っぽいことをしていましたがもちろん実際はそんなことありゃしません。

育児に休みなし。
休みあっても出かける余裕なし。

おまけにある意味では普段よりピリピリして過ごしました。
いつ病気するかわからない乳児抱えて、10日間病院やってないって怖い。
病院やってないから離乳食の新しい食材試せないの、つまんない。

それでなくても長期休みの時に限って歯の詰め物が取れたりタイヤがパンクしたりするものなんだよぉぉぉ(経験談)


とはいえ珍しくオットが連休だった貴重なこのゴールデンウィーク。
この隙に!と、色んなことができました。

その1 人工芝を敷きました
その2 ピザ窯の作成に取り掛かりました
その3 とくにありません


2つしかない!色々とか言って2つしかやってない!!!

まぁそんなもんです。

子供が生まれて以来、チリがつもってアンデス山脈になった日常の雑事。

それらを山のふもとから2人でえっちらおっちら片付けていたら、頂上まで到達しないうちに魔法のゴールデンウィークは終わり、灰色の日常が戻り、オットは仕事へと帰っていきました。

すぐに張り替えるつもりで破いてしまった障子はただいま放置中。
廊下で寒々しくも妙な存在感を放っています…。

そして日常に戻って一週間もしないというのに、
またチリチリ積もりつつある窓枠のホコリと日常の雑事。

次に片付けるチャンスはお盆休み。

だから赤子連れて親戚の集まりに顔出せとか言わないで、特に義実家ーーー!!!(気持ちはわかる)

おっといけない。嫌なことは忘れよう、直前まで。
春だもの。ガーデニングの季節だもの。

今の花壇はこんな感じです。
花壇
作って一年目なのでほぼ一年草。
ネモフィラ、ビオラ、ポピー、背が高いのはアグロステンマとヤグルマギク。
黒っぽい銅葉はヘリオプシスの”バーニングハート”(ここだけ宿根草)です。

こちらはミニハボタンの花。
ハボタンの花
ハボタンは花も中々いい感じです。

水やり後のアグロステンマ。
アグロステンマ
色がわからないまま数株買ったら全部濃いピンクでした。

ノースポールはそろそろ花が小さくなってきたころ。
ノースポール
でもまだがんばってる。

ネモフィラもそろそろ終わりです。
ネモフィラ
でも枯れるまでは植えとく派(コボレダネ期待できるし)。

この幻想的なブルーの花はエキウム・ブルガレ。
エキウム ブルガレ
顔(花)は文句なしに可愛いんだけど…スタイルが野暮ったいのが残念。

今年は暖冬だったおかげか、バラの開花が早いです。
当地では珍しく、GW中に咲きました。
スノーペイブメント
しかも咲いたのはルゴサ系のスノーペイブメント。
ルゴサ系(ハマナシ交配種)は寒さに強いのと引き換えにスタートダッシュが遅いイメージがありましたが、まさかの一番乗りです。