FC2ブログ

『ヒヤシンス色の髪』の正体

室内ガーデニング
02 /23 2019

暖冬だった今年の冬の締めくくりにふさわしく、暖かい日が続いている2月下旬です。

キッチンの窓ぎわではヒヤシンスが咲いています。
ヒヤシンス
3株植えた中で、一番最後に咲いたやつが一番ゴージャス。
主役は遅れてやってくるんでしょうか。
でもあなた合コンでそれやったら嫌われますよ(ヒヤシンスは合コンしない)

もしかして前も書いたかもしれませんが、ヒヤシンスでいつも思い出す言葉があります。
それは『失楽園』という小説に出てきた『ヒヤシンス色の髪』という表現。

…あっ ここでいう『失楽園』って90年代に一世を風靡したえっちな小説のことじゃありませんよ!

※なぜそれがえっちな小説だということを知っているかについてはノーコメント

『失楽園』は、ジョンミルトンという昔の人の書いた、天使と悪魔のでてくるこれまた90年代にありがちなアニメ…じゃなくて、キリスト教版の真面目な歴史小説みたいなやつでした。アダムとイブも出てくるやつ。

その中でたしかアダムの髪の色だったかが、『ヒヤシンス色』…と。

はて、ヒヤシンス色?
だってヒヤシンス色だよ?何色だよ??

当時のわたしのヒヤシンス色のイメージはアニメキャラみたいなブルー

ブルーの髪色かぁ…。
私の頭の中で即座に出来上がった、アニメ彩色のアダムのイメージ。
うっとうしい前髪とキザな口調もセットで、もちろんクールな先輩キャラ。

そんな、どう考えても間違ってるアダム像をかかえたまま、20年近く。

揚げせんべいをかじりながらぼんやりと我が家の青いヒヤシンスを見ていたら、やっぱり気になる、『ヒヤシンス色の髪』の正体。

調べてみようか。
あの時とは違い、世界にはインターネットがあふれている今だからこそ。

私はインターネットの海に飛び出し、そしてわかった。

ヒヤシンス色とはおそらくhyacinthineのこと。
そしてhyacinthineとは…赤みがかった金色(もしくはただの金色)の髪のことだったのだ…。

おおアダム、あなたが金髪だったなんて!

…まぁ今更そんな常識的な髪の色だとわかっても、
ヒヤシンスブルーのアダム先輩の記憶は塗り替えるなんて無理だよね。そうだよね。



スポンサーサイト



春はバレンタインデーと一緒にやってきた

冬の花
02 /15 2019
2月も残すところあと2週間となりました。
今年の冬もあとちょっと。

うちの庭にも春が来ています。

でもその前に昨日のバレンタイン。

まあ結婚して数年もたつと特にビッグイベントでもなく、ただチョコを食らうだけの日になっているんですが、せっかくだからちょっといいチョコを買うわけです。ネットで。
田舎にショコラティエの店とかないから。シャトレーゼもないから。不二家ですら遠いから…!

そして通販で送料無料にするためについつい必要ないものも買うわけです。自分チョコと言い張って。

そうしてこいつは我が家にやってきた。

てんとう虫チョコ。
テントウムシチョコ
どうだい?ポップだろぉ?インスタ映えするだろぉ?

テントウムシは世界的なラッキーモチーフ。
私も好き。

この容器が欲しくて買ったようなものです。
背中のドットは7つであって欲しかったですが、そこは目をつぶりました。

中身のチョコもちゃんとテントウムシしてて可愛い…

テントウムシチョコ
可愛い…アレ??

なぜ足をつけたの。(あふれるリアルなムシ感)

しかも足が8本あるし…。
あ、よく見ると頭の2本は足じゃなくて、かわいい触覚なのね。なるほど。

って、あごの下から触覚はやしたテントウムシがどこにいる。
製作者は疑問を感じなかったんですか。

せっかくだからいっぱい出してみた。
テントウムシチョコ
ああああああああー。

映えない!なんか虫っぽい!!!(※虫です)
ていうかなんで背中のドット増やしたの!
多けりゃいいってもんじゃないよ!!!

多分これは近所の小学生男子とかに送るべきだったんだ…自分チョコにするべきじゃなかったんだ…。

あ、ちなみに味は普通のチョコでした。

まぁそれでも私はポップなテントウムシのケースが手に入ったから満足です。

しかしテントウムシっていうか、ミスター・ポポに見えることとに今朝、気づいた。
そしてそれからずっともうミスター・ポポにしか見えない自分がいる。
ミスター・ポポ 嘘つかないー!


さてお庭。
今年もウメの花が咲きましたよー!
ウメ
ていうか今年は早い。やっぱり暖冬。

バラの根本でクロッカスも咲きだしました。
クロッカス
春、始まっています。

そして室内でもヒヤシンスが。
ヒヤシンス
今年はずいぶん早くに植えたけど、結局咲くのは今くらいの時期。
来年はやっぱり年末ごろ植えるのでいいやー。



人工芝検定士0級の私がサンプルを比べてみるよ

一人で出来るもん!DIY
02 /10 2019
雪の関東平野からこんにちは。
庭仕事はあんまりしていませんが、ただいま進行中のプロジェクトがあります。

その名も『人工芝を庭にしこう作戦』!(そのまんまだな)

で、誰がしくかって話ですが、もちろん自分(+オット)です。
もし宝くじがあたれば業者に依頼してやってもらうつもりですが、そんな予定もないのが悲しいところ。
いいもん!ネット回線と気力があれば大抵のことは自分でできるもん!(ただしクオリティにこだわらなければ)

そして今は人工芝の選定中。
結構値段がかかるので、安全を取っていくつかサンプルを取り寄せてみました。

どれがいいかなー。
人工芝
(全体に白っぽくなっていますが、これは霜が降りて凍っているからです)
↑前日に置いたまま回収し忘れて朝になった…。

ちなみにメーカーですが、
上の小さいのがガーデン@ガーデンの、
真ん中の大きめのがガーデンメイトの、
白いタグ付きのがColors Proの、
となっています。

以下、3つのサンプルを比較した個人的印象です。
お値段もついでに表記(厚さ30mm・1m×10mでの値段です)。

●ガーデン@ガーデン ¥16,900
メリット
 ・色と長さのチョイスがとにかく豊富
 ・見た目・手触り結構いいかも
 ・ウェーブ状の芝がたっぷりでへたりにくそう
デメリット
 ・サンプル高いよ(一応キャッシュバックはある)

●ガーデンメイト ¥15,000
メリット
 ・なんといっても芝が細かくて繊細。本物っぽいフレッシュさ。
デメリット
 ・夏色しかないせいか、他のと並べると光の反射が気になる
 ・この中では若干へたりやすそう

●Colors Pro ¥29,700
メリット
 ・見た目は一番自然で、肌触りもよく、値段が高いだけある
 ・ウェーブ状の芝たっぷりでへたりにくそう
デメリット
 ・高い…

といったところ。

基本的にどれもすごくリアルな芝でしたが、
私の好みだと今のところガーデン@ガーデンかな…(※まわしものじゃないよ)

今回比較した時期が冬なので、夏の気温と太陽の下で見たらまた違う答えになるかもしれません。

それにまだ他のサンプルも試してみたい気持ちもあり、どれにするかは現在まで未定。

うちの小僧が歩き出す前に完成すりゃいいやって感じなので、ゆっくり決めたいと思います。

お庭の写真はまた今度~。


平成最後の冬が終わろうとしていますが

冬の花
02 /03 2019
節分の夜にこんばんは。
明日から暦の上では春ですので、今日で平成最後の冬が終わることになりますね。

まあ暦の上では春といっても2月始まったばかり。
まーだまだまだ激寒い時期ですので…

というのは例年の話。
今年の立春は一味違う。去年の紅白くらい例年と違う。

なんと今夜の最低気温は12℃。
その名に恥じない春っぷり。
当地ではゴールデンウィークごろの気温です。

2月で、しかもほんの数日前に雪が積もったばかりとは思えません。
昼間も暖かくて、とりあえず惰性でコート着て外出したら汗かいて帰ってくるはめになりました。うれしい災難です。


災難といえば一昨日くらいにちょっと雪が積もりまして。
ソヨゴ
といっても本当にちょっとだったんですが。
せいぜい1センチ~2センチの積雪だったんですが。

先日設置した霜除けは見事に崩壊しました。
霜除け崩壊
大雪ふったらやばいかも…とか言ってた自分のばかばか。
それよりはるかに軽い積雪で崩壊です。
改良の余地が大いにありです。

庭に色々と絶望した私は室内で楽しめる花を買って気分をあげることにしました。
マーガレットです。
マーガレット
置き場所の高さが完全に足りてません。窮屈そうです。
そしてマーガレットは可愛いけれど、いずれは庭植えにしなければならないでしょう。
しかし当地では屋外植えっぱなしでの冬越しは無理なんだ…来年忘れずに室内にしまえるかしら。どうかしら。

あとラナンキュラスも購入。
ラナンキュラス
これもいずれは屋外へ。

霜除けすれば育つそうなので、花壇に植えてみようかと。

でもそのまえに崩壊した霜除けを直さなきゃいけません。
ああ、このまま春になってくれたら楽なのに…