FC2ブログ

バラよなぜ枯れた

春の花
05 /29 2018
むわっとする夏の気配を感じながらも、そよ風が心地いい5月の終わり。

もっとも私はただいま風邪の後遺症で神経過敏になっているらしく、
風がふわぁっとそよぐたびに肌がヒリヒリしてしまうという不幸な症状(風邪の前後にたまにこうなる)に悩まされ、せっかくの心地よい風から逃げ回る不審人物として一日を過ごしましたが。

ああ健康は宝なり。
早く完全回復したいです。

そういえば風邪で寝込みながら私はあることを考えていました。

ちょっと前の写真になりますが、
この家に引越ししてから見違えるように生き生きしているジュード・ジ・オブスキュアです(と、背景ノイバラ)
ジュード・ジ・オブスキュア
見ごろはちょっと過ぎちゃったぐらいのときの写真。

ブログに何度も書きましたが、うちに引っ越してからジュード・ジ・オブスキュアは調子がいいんです。

しかし思えばその反対の道をたどったバラもありました。
実家で超元気だったのにアイズ・フォー・ユーやスノーペイブメント。
あいつらは新居に植え付けたあと即効で枯れていたのです。

いや、アイズ・フォー・ユーはまだわかりますよ。
繊細虚弱の代名詞みたいなペルシカ系だから。深窓のお嬢様だから。
慣れ親しんだ家から無理やり引っこ抜いてったりして、正直悪かったと反省してます。

しかし、一方のスノーペイブメントはなぜ枯れたかわかりません。
強健を絵に描いたようなルゴサ系のバラですよ。
イメージ的には米国(しかもアラスカ州出身)の特殊部隊の隊員みたいなものですよ。
タフなゴリマッチョですよ。
-10℃のブリザード下でもノースリーブで片腕立て伏せしてそうなものですよ(イメージ)

それが環境が変わったとたん芽吹くことすら拒否して枯れてしまうだなんて…予想外すぎてショック大きいわ。
タフなマッチョガイが意外に繊細ってお約束すぎるじゃないの。

しかしよく考えてみれば、ペルシカ系は砂漠、ルゴサ系は海岸出身。

もしかして、共通点は水はけのいい砂地でしょうか?

うちの実家はサラサラの砂地(+堆肥とか赤玉土とか)
今の家はやや粘土質の赤土(+堆肥)

故郷に似た砂土が大好きだったとすれば、新居に来たとたん体調崩したのもうなづけます…。
勝手にイメージ崩壊したとか思っちゃってごめんね、スノーペイブメント。
次に買いなおすときは土壌に砂を入れてみようかと思います。

ちなみにペルシカでもルゴサでもないけど調子が悪い品種もあります。
レンズローズのブーケ・パルフェ…(実家では大暴れ&新居では借りてきた子猫)

ただ単に調子乗ってたやつほど逆境に弱いとかそういう話だったかも?

ついでにこのバラも調子悪い組です。
ワイルドローデ
ワイルド・ローデ。
今はこんなんですが、

実家に居たときはそりゃあ輝いておりました。
ワイルドローデ
あの輝きよ、もう一度。
(まぁこれに関しては日当たりの問題かもしれない)


新居で調子よくなった組のジャックカルティエが咲こうとしています。
ジャックカルティエ
相変わらず見てる方が心配になるつぼみです。
ちょっと急いで育ちすぎじゃないの?

まぁどの花もちゃんともれなく開花するんですけどね。
ジャックカルティエ
お菓子のような可憐な花です。

そして花首みじかい。
ジャックカルティエ
やっぱり急いで育ちすぎなような…。
ま、それもこのバラの個性です。



スポンサーサイト

私は麻疹が怖いのです。

春の花
05 /24 2018
ちょっとタチの悪い風邪で寝込んでたけどなんともないぜ!(今は)

しかしこのご時勢に体調を崩すと麻疹はしかじゃないかと思ってしまいますね。

私は麻疹はしかが怖いのです。

ちなみに麻疹と思われる症状が出たときは病院にいかずにまず保健所に連絡するべきなんだそうですが、そうはいっても初期症状が風邪と同じなんじゃ、誰でもまずは病院行っちゃいますよね…。

これで皮肉だなあと思うのは、
体調不良→病院までの初動が早い優良社会人タイプの人間ほどパンデミックに一役買ってしまうというということ。
恐ろしい麻疹のワナ。
体調不良でも休めない日本人に送られた刺客のようですわ。

一方で私のように本気でやばくなるまで病院いかないグウタラ人間も存在しますが、そういう意味では私たちぜんぜん大丈夫です!(ただし人としてやばいのはこっち)


ちなみに私は3年位前に風疹と麻疹の混合ワクチンを打っています。
なら一安心じゃないかと思われるかと思いますが、そうもいえない事情があります。

当時(3年前)、風疹の抗体について調べてもらったら抗体ゼロだったんですよ。
低いとかじゃなく、ほぼゼロ(8倍未満)。
『今どき ここまで風疹の抗体ない人、珍しいよ!』という医者からのありがたくないレア認定付き。

なにが辛いって、私、学生時代に風疹の予防接種受けてたんですのよ。

おお我が免疫機能よ、覚えた仕事を忘れるとは情けない。

どうやら私は免疫機能までグウタラだったようです。し、信用できねぇ…。

というわけで3年前に予防接種受けていたとはいえ、私の体に免疫がついている保証はどこにもない。

私は麻疹が怖いのです。


庭では今年植えたゲラニウムが咲いています。
ゲラニウム ジョンソンズブルー
品種名は確か、ジョンソンズブルー。

しかし花は可愛いんですが、こんな姿でいいんでしょうか。
ゲラニウム ジョンソンズブルー
顔とスタイルが釣り合ってない。
ま、来年に期待。

枕木花壇のシレネがいい感じ。
シレネ
こう…この、こんもりする感じ…なんか引き込まれます。

お客さんに評判いいのは朝霧草。
朝霧草
ふわっふわなんですよ。ふわっふわ。ウサギを触ってるみたい。
今は半日陰エリアなんですが、これがまた幻想的な光景になります。
しかし本来日当たりを好むようなんで、近いうちに移植するかもしれません。

これも今年入手したハニーサックル。
ハニーサックル
ウッドデッキのパーゴラに這わせようと思って。

問題は、パーゴラどころかウッドデッキも完成していないところ。
(それどころか材料すら買い揃えていない)

まあ、活躍する準備は出来ているのに舞台が完成してすらいないなんて、昔の少女マンガ(アイドルもの、演劇もの、デザイナーものなど)じゃ良くある話さ。

がんばれハニーサックル。
あと私の免疫機能。



植えたおぼえのないノイバラという不始末

春の花
05 /16 2018
ふぅ。
もしかしたら今日は今年最初の真夏日でした。
暑いけどまだエアコンなしで十分いける気温だし、洗濯物の乾きも早くてよいわー。

え?お外でガーデニング?
それはイヤです暑すぎるから(ダブルスタンダード)

夏の気配を感じたのか、ガウラが咲き出しました。
ガウラ
白い蝶々のようなお花が光を反射してまぶしいほどです。

暑さにへたりつつあるのがアイスランドポピー。
アイスランドポピー
シベリアあたりの原産なので暑さに弱く、日本では一年草扱いです。
でもまだ咲いています。
実家に居たころは最高で7月末まで咲いていた事もありましたが、当地ではどうでしょうね。

チェリーセージ。
チェリーセージ
でもなんかカサカサ…?
あんまり土壌がよくないので、地植えだけど水遣りしたほうがいいでしょうか。

わぁ可愛い。
ノイバラが咲いてます。
ノイバラ
わーい植えた覚えのないノイバラが生えてきた!

…じゃないんですよ。

台木によるのっとりですよ、これ。

(※一般的に出回ってるバラ苗は園芸品種をノイバラなどの台木に接木しているため、ときに台木にのっとられてしまうときがあるのです)

去年、庭主(ワタシ)が新居のリフォームに悩殺されて庭をほっぽりだしてる間に台木クーデターが発生、接がれていた園芸品種のバラを追放(調子のよくない株だったのでそもそも枯れてた可能性もある)し、完全にこの株の実権を掌握したようです…。

治安部隊(庭主)がちゃんと見回っていればこんなことにはならなかった…。

愛が足りないといわれても仕方が無いレベル。反省。猛省。ごめんねバラさん。

となりで一部始終を目撃していた(と思われる)ジュード・ジ・オブスキュア。
ジュードジオブスキュア
ここの土が気に入ったのか、実家に居たころよりよほど元気に咲いています。



雨あがりの芍薬

春の花
05 /12 2018
3、4日くらい降り続いた梅雨のはしりのような雨がようやく上がりました。

人間は洗濯ができなくて困りました。
こんなに雨ばかりで喜んでいるのはカエルでしょうか。いつも以上にゲコゲコいってます。

しかし、鳥やら猫やらはどうやってエサを探しているんだろう…

と思いつつ庭の様子を見にいった雨降り3日目のころ、
野生の鳥たちがカエルの大合唱をかき消す勢いでギャーギャーギャーギャー騒いでいるのが聞こえました。

鳥その1:『もうこのままじゃ飢え死にしちまう!ダメもとで出かけよう』

鳥その2:『しかし長老は明日にも雨は止むといっておられる』

鳥その3:『そんなこといって明日も雨だったらどうするんだ!うちには幼い子供が四羽もいるんだぞ!』


…といった感じでしょうか。
通りすがりのニンゲンが聞いてさえわかる、ストレスMAXのわめき声。

鳥として生きるのも大変そうですね。
食料の貯蔵ができる種類の生き物に生まれてよかったわー…
とかいいつつ、うちの食料貯蔵品(缶詰とか)は『買い物行くの忘れたわ~』とかの理由ですぐに消費されちまいますので災害が来たら困ったことになると思います。
…なんのための貯蔵ができる生き物なんだろう。

なにはともあれ晴れて天気の良かった今日。
鳥さんたちもお腹いっぱい食べたことでしょう。

明日からまた雨だけどね!(せんたくもの…)

長い雨が止んで夕日が顔を出した瞬間のシャクヤクです。
シャクヤク 乙女桜
シャクヤクも花の盛りの無常な雨を耐えていたのでしょう。
逆光で神々しかったです。
歴戦をかいくぐって生き延びた老兵の後姿。

そしてその隣には雨が終わるころに咲いた苦労しらずの若花。
シャクヤク 乙女桜
要領のいいヤツ。
しかし若花には若花の苦労があるのです。
具体的にいうと最初に咲いたほうの花に栄養とられてるのでちっちゃいです。

今年購入したゲラニウム・ジョンソンズブルー。
ゲラニウム ジョンソンズブルー
初開花。
ていうかブルーっていうか紫?

そして赤い花。
クリサンセマム ロビンソンレッド
これは去年植えたクリサンセマム・ロビンソンレッドだと…思う…(あやふや)

バラのポールセザンヌが咲きました。
ポールセザンヌ バラ
あんまりいい状態じゃないようです。



5月の豪華な花壇メンバー

春の花
05 /08 2018
今までの高温がウソの様に冷え込んで、3月下旬並みの気候になってしまった5月上旬です。さむいです。

ヒートテックをしまわないでおいた自分の判断に拍手だね。
(衣替えが面倒くさかっただけだろ)


庭ではシャクヤクが見ごろです。
シャクヤク 乙女桜
これは乙女桜という品種ですが丈夫で育てやすいです。
もうひとつ、別の場所に八重のシャクヤクも植えてありましたがそっちはダメになってしまったみたい…。


カンパニュラ”涼姫”も咲きそろいました。
カンパニュラ涼姫

隣のオルラヤとは花期も背丈もばっちり。
オルラヤとカンパニュラ
ついでに脇にシャクヤクもあれば豪華な5月花壇の出来上がり。

でもそれじゃ一気に花が終わった後がさびしくなっちゃうかも?

といってもシャクヤクは花が散った後でも葉っぱが中々きれいな姿なので、秋まで花壇のにぎやかし戦力になってくれます。

オルラヤの花後は…きちゃないです。めっちゃ枯れ草。

カンパニュラは今年初めて植えたので、今後どうなるか分かりません。
さていったいどうなることやら。

ま、夏には夏の植物が茂っていることでしょう。雑草とかな。


こっちは春に作った1畳ほどの花壇です。
花壇
ポピーはまだ頑張ってくれていますが、カラーリーフとして使ってた銅葉のカラシ菜が伸びまくってとんでもないことに。反省。

ちなみにカラシ菜はばっちりアブラナ科の植物ですが、青虫のたぐいは一切ついていません。
…からいんでしょうね。

またバラが咲きました。
ブランドゥブルドゥクーベール
ハマナス交配種のブラン・ドゥブル・ドゥ・クーベールです。
雪にも負けない真っ白な花です。



オルラヤ、カンパニュラ、そしてタイム…?

春の花
05 /04 2018
ゴールデンウィーク後半戦。

私はあいかわらず引きこもってDIYとガーデニング三昧。
といっても渋滞が怖くておちおち買い物にもいけないのでやれることは限られていますが…。

初夏のお便り、オルラヤが咲きました。
オルラヤ
もっとも温暖な地域ではとっくに咲いていそうなのですが…この辺の気候じゃあ、かなり暖かくならないと咲きません。

ホワイトレースの名のとおり、レースのような凝った花です。
オルラヤ
実家に居たときは普通にコボレダネでいくらでも増えてましたが、こっちに引っ越してからは上手く増えてくれません。

なので今回は苗を買いました(今回開花した株)

と思ったら花壇のスミッコでひっそり芽吹いていたオルラヤの幼苗を発見(購入&植え付け後)。

キミたち、居るなら居るといってくれっ!(無理)

カンパニュラの涼姫も咲きました。
カンパニュラ 涼姫
まー、涼やか。

これはおそらくタイムの花なんですが。
タイム
おそらく、というのはタネをまいてから大分たって諦めたころに生えてきた苗がこれで、あまりに時間が経ちすぎていたためこれが雑草でないという確信が持てないからです。
そんな状態で食べるのはちょっと怖い…ので結局一度も使ってません。

見るだけハーブ、我が家のタイム。

今年のバラの初開花はスブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
スブニールドゥラマルメゾン
というのは嘘で初開花はムタビリスです。
しかし写真を撮り忘れたので記録上はこのバラが一番です…。