野菜高騰の話を聞いて私も少しは考えた

室内ガーデニング
01 /29 2018
一月も終わろうとしている今日この頃。
あいかわらず、お野菜が高くて困っています。
白菜1/4カットが150円て…(泣)

このあいだ市場関係者の人と話ししたのを思い出します。
その人いわく、秋ごろに長雨が降って気温も低かったせいで冬野菜が全体的に不作だとか。

クリスマスシーズンのイチゴにいたっては数が足らなさ過ぎて、例年なら値がつかないようなB品イチゴまで飛ぶように売れていったという話を伺いました。

そんなイチゴどうすんの?と聞けば、『ケーキの中に入れるんだ』と。
『クリームにはさんじゃえば分かんないからいいんだ、とにかく今はイチゴが足りないんだ』って。

うーん。

待っているお客さんのためにどうにかしてイチゴを確保しようというケーキ屋さんに感銘を受けるべきなのか、

そんな普通なら売れないクズイチゴを使わないで欲しいなぁと思うべきなのか、

いやいや そもそも農家さんが天候不順に苦労しながら何とか収穫までもっていったイチゴを、ただ見目が悪いからっていう理由で食べたがらないという、この甘やかされた現代人的な感覚こそ捨てるべきじゃないかとか、

色々と考えてしまいました。

まぁただ分かっているのはただ一つ。

最近の低温と大雪で、わが茨城県の野菜はさらに高騰するだろうということです…

残り雪
一週間経つのにまだ雪が残ってるんだぜ(この辺では異例)

連日氷点下のおかげで土はカチカチ、ガーデニングどころじゃありません。

いっぽう、家の中。

とうとうヒヤシンスが咲き出しました。
ヒヤシンス
やったね。

一番最初に咲いたのはブルーのヒヤシンスでした。
ヒヤシンス
そんで隣がたぶん、ピンクのヒヤシンス。

残り一個はかなり…のろのろです。
ヒヤシンスを同時に咲かせるのは難しい…かも?


スポンサーサイト

なんでこんなときに歯が欠ける

冬の花
01 /22 2018
かねてからの天気予報どおり、当地では雪が降りました。

しかも不要不急の外出は控えるようにまで発表された大雪。

外は横殴りの雪。
そんな中、のこのこ出かける女が一人。

…私だよ!

というわけで歯医者にいってきました。

いえ、これは不要不急の外出ではありません。
だって歯が欠けたんだもの。
10年以上前に治療した歯の一部が、ご飯食べてたらガリっと欠けたんだもの。

よりによってこんなときに。こんなときにぃ!

以前、車がパンクしたときはお盆だった(どこもやってなくて焦った)
去年 足を怪我したときは大晦日だった。
GWのころに歯が痛くなったこともあるし、今回は大雪の日に歯が欠けた。

昔の人は言いました。『出物腫れ物ところ嫌わず』
トラブルは日にち選ばず…いや、選んで下さいお願いします。

そして一刻も早く…!と何とかたどり着いた歯科医院では
『これならぜんぜん心配することなかったですよ~』
と苦笑いされながら樹脂をつめられて治療終了。

あ、心配することなかったんだ…。
(でも電話したときは早いほうがいいみたいなこと言われたのよ)

スタッドレスタイヤとグーグルマップの渋滞情報に感謝しながら帰宅。

庭は積雪10cmくらいになっていました。

というわけでここからは大雪の写真です。

※雪国の方にはまったく何の新鮮味も無い画像が続きますが関東平野部では一年に1回2回の出来事なので多めに見てやってください。

大雪なので雪だるまだってつくれちゃうぜ!
雪だるま
サルスベリの枝と実でつくった雪だるま。

雪国の方…聞こえますか…関東の雪だるまは本当なら土とか泥とか混じって汚いものなんです…薄い雪で無理やり作るから、そうなるんです…それが今回はこんなにきれいに作れたんです…それだけで…感激なんです…。



庭は雪だらけー!
雪の庭
小さいシャベルがどこに行ったのかもうわからん。

梅のつぼみにも雪。
雪と梅のつぼみ
そういえばあと一ヶ月くらいで咲く?
春までもうちょっと。

オーナメンタルグラスも雪化粧…どころじゃなく、雪布団。
雪とグラス

ビオラは押しつぶされそうになりながら…。
雪とビオラ
ちょっと可哀相かな…。
でも実は氷点下の吹きっさらしよりは雪に埋もれたほうが暖かいと聞くので、このまんま。

こんだけ降った雪ですが、たぶん明日の午後には融けてます…。

ちなみに土日に休日出勤してがんばったおかげで、今日明日はお休み。

てことは、歯医者さん明日でも良かったのか…(結果論)


治療が怪我より痛かった件(+室内ドアDIY)

一人で出来るもん!DIY
01 /17 2018
あれから数日。
抜糸でこれまたひどい目にあい、心の回復までに数日を要しました。

いや、抜糸自体はそうでもなかったんですが、その前がね…。

縫い目のある足をあえて寒風と人目にさらして歩くこともあるまいと、
傷口にキズパワーパッドを貼ったまま病院にいったんですよ。

そしたらね、

医者がね、

抜糸のためにキズパワーパッドを剥がそうとして、糸がくっついてるのに気づいてね、

『あ、くっついてるのか こりゃ剥がすしかないか』

って言ってね、

傷口に直結してる糸のくっついたままキズパワーパッドを無理やり剥がしにかかったんですよ。

想像してみてください。
無事にくっついてるかどうかもわからない、縫われて数週間の傷口を引っ張られる痛みとあせり。

『ちょwww 痛い 痛 い 痛い痛い!!!』


いや冗談だよね 
まさか力ずくで 
そんな痛いことしないよね 
だってそこにあるハサミで糸切っちゃえば済むことなのに 
なんならそこにピンセットあるのに 
まさか看護師と二人がかりで
痛いと叫ぶ患者の足を押さえつけて 
キズパワーパッドはがすとか
傷口がうっかり開くかもしれないのに
キズパワーパッドはがすとか


剥がされました(泣)



剥がし終えた後、ハサミを使ってあっさり抜糸しゅーりょー。

………ドSか………!

…うちのネコを拾ったとき散々あっちこっちの動物病院いったんだけどね、
獣医さんのほうが、よほど丁寧にやさしく患者(ネコ)に接してたと 今すごく思うんだ…。

次から怪我したら獣医さんに診てもらおうかしら。
人間は診てませんといわれたら自分のこと新種のサルです!って主張するわ。
それくらい今はニンゲンの医者が信じられない。

そして最後にお会計。

病院受付『縫合手術費込みで合計一万二千円になります』

オーノー!信じられなーい!!!

3割負担でこの金額なので、健康保険がなかったら3万円です。
残念だけどやっぱり次もニンゲンの医者に行くほかない。

保険といえばそういえば医療保険には入ってるのですが…
ケガの場合は入院しないかぎり一銭も出ないプランでした。

無念!

あーもう二度とケガなんてしないー。
(と思うだけで事故が防げりゃ苦労はない)

はいはい このへんでDIY DIY。

室内ドアを作りました。
木製ドアDIY
くわしい手順はセルフリフォームのページに公開しました。
もうDIY専用のHP作っちゃおうかな。需要あるかどうかわかんないけど。

クリスマスのころに買ったバラがまだ持ってます。
切花
切花品種の花もちの良さに感動。

このあいだ買ったサイネリア。
サイネリア
しょっちゅう水切れさせてしまいます。ごめん…。

今日のヒヤシンス。
ヒヤシンス
色がついてきましたね。


耐寒性能、落ちる

一人で出来るもん!DIY
01 /13 2018
イエーイ今日は病院で抜糸ですイエーイ!

行きたくないよぅ…。

でも、勇気を出していこう。
行けばいい。明日から縫い目のない人生がまっている。

あ、スカートに短い靴下で行こうかな。
そのほうがお医者さんが作業しやすいよね。
こっちだってまくったり脱いだりしないですむならその方がいいし。

と思って着替えたところで、

真冬の風がピューッっとな。

さ、寒いぃぃぃい!!!!!

思えばさぁ、

1月に生足スカートで外出なんて学生のころ以来なんですよ。

それが今やったら寒い。
割と本気で生命活動に影響あるレベルで寒い。

ああ、高校生のころの自分よ。
ミニスカ生足でマフラーもまかずに畑道を歩き回ってた自分よ。

私はもう別の生き物になっちまったよ…。

120デニールのタイツはいて、ダウン着こんで、マフラーでもストールでも、とにかく首もとになんか巻きつけてないと寒くてお外に出れない弱い生き物になってしまったよ…。

どこいった、あのころの耐寒性。

なにが哀しいってね、当時よりずっと体脂肪率が高くなってるのに寒さには弱くなってるという事実ですよ…。

はー、とにかく病院はいかないといけないので、今日だけあのころの耐寒性能が戻ってくれないでしょうか。
まぁそんな簡単に若さを取り戻せれば苦労はないか…。

靴用ホッカイロ、さがそ。

お花が無くてさみしいのでサイネリアを買いました。
サイネリア
セールで安くなってたし(本当の購入理由)

そうそう、寒いので室内DIY。
ちょっと前に室内ドアを作りました。

まぁ、そこそこ上手くいったんですが、ペイントに使ったペンキの色で若干失敗しまして。

ターナーのミルクペイントのトリトンブルーという色なんです。
見本では、明るめのグレイッシュなブルーでした。
わりと今どきっぽい、おしゃれな感じの。

それがですね、

塗ったら、こう。
ドア
おおギルバート!アヴォンリーの公会堂の屋根の色が青だなんて!(※赤毛のアン)

いや、今回の場合もともと青く塗るつもりだったからそれはいいんですが、色がねえ。
イメージと全然ちがう、冬の海の色みたいな青。

…まぁ、これはこれで嫌いじゃない。

でもね、わたしは薄いブルーのドアが欲しかったの。
濃厚な海の青じゃなくて、早起きした日の空の色みたいな、弱い青がよかったの…

ちなみに見本は、こう。(中央の丸いシール)
ターナーミルクペイント トリトンブルー
どうでしょう。
すごく、濃くなってます…。
(ちなみにこんなにも容器がペンキまみれなのは私が作業中に盛大にこぼしたからです)

うーん。

『馬には乗ってみよ、人には添うてみよ』ということわざがありますが、今日新たに追加してはどうでしょう。
ペンキは塗ってみよ、と。

今日のヒヤシンスさん。
ヒヤシンス
開花まであと2週間ってとこでしょうか。

キズパワーパッドの罠

室内ガーデニング
01 /08 2018
お医者さんに足をチクチク縫われてから一週間が経ちました。


傷口の日々のお手入れ用に軟膏を処方されましたが、
お医者さん曰く『キズパワーパッド貼るならそれでもOKですよ~』ということでした。

もちろん面倒くさがりの私はためらい無くキズパワーパッド一択でございます。
歳末のドラッグストアにかけこんで一番大きいサイズを買いました。

お医者さんの薦めるとおり、キズパワーパッドはいいものです。

お値段が高いのと見た目がグロいという事実だけに目をつむれば、
完全防水だし、はがれないし、衝撃吸収で痛みも和ぎます。
おまけに傷の治りも早くなるとくれば、使わない手はありません。

ただね、そのせいで私はひどい目にあいました…。

いや、よく考えれば最初から分かったことでしたが。

キズパワーパッドを取り替えようと思ってべりっとはがそうとしたらね、

傷口めっちゃ引っ張られて、うめきました。

よくみたら、

傷口を縫った糸とキズパワーパッドがいつのまにか親交を深めていました。

ありていに言えば、糸がパッドにばっちりくっついて剥がれないでやんの。
まさかの一体化。もう一生離れないつもり…?

こ、こりゃあ一大事だぞぉ…。

どうやって剥がせばいいか悩んだ末、毛抜き(アルコール除菌済み)でちまちま糸を剥がしました。
ごめんね君たち。糸とパッドは最初っから結ばれない運命なのだよ。

剥がしたパッドは捨てて、新しいキズパワーパッドを傷口にON。
どうせまたくっついて大変なことになるんだろうな…と思いつつ、やっぱりいまさら普通の絆創膏には戻れないもの。

ていうか、お医者さんよ。
キズパワーパッド薦めるなら最初に警告してくださいよ…。

言わなくてもふつう分かるだろうと思ったのかもしれない。

でもね、

もし私が常に最善の行動を選べるタイプの人間だったら、

そもそもお風呂上りにガラス板を蹴っ飛ばして深夜の緊急外来のお世話になったりなんかしてないから。たぶん。

フールプルーフな世の中にな~れ☆(他力本願)

ちなみにもうちょっとで抜糸です。
抜糸も抜糸で怖いな…。


そんなこんなでガーデニングは出来てません。

…というのは言い分けで、寒いからできてません…。

仕方がないのでヌクヌクしてるうちの猫でお茶を濁す。
ねこ
布団は可愛いからと人間がかけたものです。迷惑そうでした。

キッチン菜園。
水しかやってませんが、また育ちました。
キッチン菜園
水菜と小松菜とニンジンを再生したものですが、我が家のは諸事情により食べられません。

食えないものを育ててどうする…とも思ったけど、
私が育ててる花の9割は食えないものでした。じゃあいっか。

本日のヒヤシンス。
ヒヤシンス
ツボミが出てきました。
思ったよりハイペースです。
この分なら立春のころには咲くかもしれませんね。