FC2ブログ

ピーマンの性別を確かめたいけど

秋の花
10 /30 2017
台風一過で晴れ上がった10月の末。
なんか日曜日に台風がくるの、今年3回目のような気がします。
日曜の予定を三回つぶされた覚えがあるのでたぶん間違いない。台風め。

ところで先日、某SNSでピーマンに関するネタが回って来ました。

●実はピーマンにはオスの実とメスの実がある。

っていうやつ。
お尻の割れ方で判断するそうです。
メスの実は種が多く甘く生食向き、オスの実はタネが少ない代わりに苦いんだとか。

ほうほう。

ちょうどウチの菜園にもピーマンが一株植えてある。
いっちょ見分けてやろうじゃないの。本当かどうか試してみようじゃないの。

というわけで、現在のピーマン。

ピーマン
あっ こないだ収穫したばかりだったじゃん!

残っているのは未だ自分がシシトウなのかピーマンなのかも分かってなさそうなチビピーマンばかり…

なんということでしょう。
判定はお預けです。

家に成ってるピーマンがある状況で、スーパーでピーマンを買い足しに行くほどピーマンが好きってわけでもない。

でも、いずれこの話が本当かどうかは確認してみようと思います。
たぶん…一週間くらい先かな。
(でももう11月だし、霜が降って収穫までたどり着けないかもしれない…)

収穫できないカキが熟れ熟れです。
カキ
そして虫さんに売れ売れ。
熟れきって下に落ちた実は、チョウチョが食べてます。

キクの花が咲いてます。
キク
真っ赤な小菊は大好きです。

まるでバラのような八重咲きインパチェンス。
八重咲きインパチェンス
植えた場所が悪かったのか、花数もバラ並み…(ポツポツとしか咲かない)

ギボウシのサガエ。黄葉しました。
ギボウシ サガエ
実家から株分けして持ってきたサガエ。
今年中に植え場所を決めようと思ってたけど結局鉢植えのままにした庭主に呆れ返ったのでしょうか、今期の営業は終了だそうです。ごめんねサガエ…。

実家に残してきたつるバラのアルテミスが咲いていました。
つるバラ アルテミス
これも持ってこようかな~でもツルバラの移動は大変なんだな~。
そういえば、なんだかんだで新居に移ってから半年の月日が過ぎていました。

スポンサーサイト

Sleep, Creep, then Leap

未分類
10 /25 2017
今日は雨です。

なんでぇ…。

ようやく待ち望んだ晴れ続きがくるかと思いきや、なんで、また、あめぇ…。

お天気にめぐまれない一年目の庭です。

そういえば以前の記事で書いた、この植物。

草花
ペルシカリアかもしれません。

教えてくださった方に感謝です。
ヒメノカリスのときも教えてくださった方で、本当になんとお礼をいっていいのやら。
いつも読んでくれてありがとうございます。

ところでこのペルシカリア(仮)、うちのは背丈がどうにも低い問題。
本来は50cm以上になる種のようですのに、うちのは20cmくらい…。

ま、一年目だからでしょう(と思っておく)

実際、英語の言い回しで『Sleep, Creep, then Leap』というのがあるそうです。

そのまんま訳すと『眠って、()って、()ねあがる』といったところでしょうか。

これは宿根草の植え付け後の経過を表したもので、

●植え付け一年目はsleep…眠ったように動かない、

●植え付け二年目はcreep…地面をはうようにして動きはにぶい、でも忍び足で根を張り詰めてる。

●そして三年目がleap…跳躍のとき。爆発的に葉を茂らせて花は咲き乱れる。


つまり、このペルシカリア(仮)は今はsleepのとき…かもしれない。
再来年にはleapしまくってくれる…かもしれない。
(そもそもペルシカリアじゃないかもしれないので語尾が濁りまくる)

そしてこれだけは言っておきたい。
宿根草が本来のポテンシャルを発揮するのは3年目。
つまり、植え付けが一年遅れれば、本来の姿を見るのが一年遅れるのです。

だから、今、気になっている宿根草の苗を買おうかどうか迷っているそこのアナタ、
どうせいつか買うなら今年買っておけば、一年ぶん得しちゃいますよぉ…!

#別に私は園芸業者の回し者ではありません。
#でもこのことを言い訳にして新しい苗を買っちゃいます。
#どうせなら皆ぜんぶ宿根草の沼に落ちればいい。

まー今買ったところで雨のせいで植え付けできないんですけどねぇー(泣)

ビオラのピーチジャンプアップ
ビオラ ピーチジャンプアップ
ほぼ大きくなってない。
天気のせいか。土壌のせいか。

この間植えつけたベゴニア。
ベゴニア
明らかに花が少なくなった。
このあと復調してくれればいいけど…。

チェリーセージのホットリップス。
チェリーセージ
きれいに2色に分かれて咲くのは気候が安定して暑くも寒くもないとき。
でも人間の感覚的には寒いです…!

フジバカマ、植えました。
フジバカマ
一年目。けどあんまりsleepじゃない。

ピンクの穂を出しているミューレンベルギア・カピラリスです。
ミューレンベルギアカピラリス
これも花壇の植えつけ一年目だからsleepなんだけど、ずっと鉢で育ててきたからleapのとき…?

それよりなによりこのグラスは写真とるのが難しすぎです。
趣味の園芸でふわふわグラスの写真の撮り方やってくれないでしょうか。




晴れたー!!!

未分類
10 /23 2017
やっと。

長かった。

やっとだよ。

やっと晴れたよ。

カキ
台風一過の青空ー!(と柿)

泣きそうなくらい嬉しい青空です。

ブログの更新もできないほどに雨続きで、寒くて、とどめに台風がきたのが先週。

台風一過で晴れ上がって週間天気予報には晴れマークが並んでいるのが今週。

これにより、お洗濯がはかどるでしょう。
これにより、葉物野菜のお値段が落ち着くでしょう。

それよりなにより…

庭仕事の遅れを取り返す絶好のチャンス!
見逃せませんよ奥さん!

しかし今の我が家に、植えるべき秋植え球根などない
買ってない…。
だって外出すらおっくうだったのだもの。

というわけでせっかくの晴れなのに、まずすることは球根を買いに行くこと。残念です。

雨続きのときも、いつか晴れる日がくることを信じて、球根を買っておくような人間にワタシはなりたいわぁ。(つまりなれてないしなれそうにもない)

まったく無計画に買った花苗ならありますけどね。
ボンサマーガレット
雨のせいで植え付けもできないまま、花が終わろうとしています…

そして台風の爪あと。
花壇めちゃくちゃ。
嵐のあと
倒れてしまった矮せいダリア。

オーナメンタルグラスはなにごとも無かったかのよう。
オーナメンタルグラス
いつでもフォトジェニック。

数日振りに庭を見て回りましたら、いつのまにやらジュード・ジ・オブスキュアが咲いていました。
ジュードジオブスキュア
残業帰りのOLのような疲れっぷりです…。
見なかったことにしてやりたいです…。



雑草でしょうか?

秋の花
10 /17 2017
あぁ、寒い。
雨が降って日が差さない上に昼間の最高気温が12℃という、10月とは思えないような天気が続いております。

12℃って真冬の暖かい日の最高気温と同じくらいじゃないかーい。
でも真冬とは装備が違うんじゃわーい。
こちとらダウンもコートもクリーニング前じゃわーい。

とりあえず『まだインナーとしてなら出番あるかも?』と思って残しておいた半そでの服は衣装ケースにしまいました。さようなら、また来年。

ところでここ数日は本気で雨だらけなので庭仕事がぜんっぜん出来てません。
それどころか庭の様子を見に行くのさえ数日ぶりだという…

そんなことしてたら知らない花が咲いていました。
草花
なにこれ???

これが一年目の庭。植えた覚えのない草花と今まで馴染みのない雑草であふれている。
(いや植えた覚えがないのは私の記憶力の問題ですが…)

ほぼ放置されていた庭なので、元からあったとは考えにくい。

茂り方はまるで雑草のよう。
でも雑草というならば庭のあちこちに同じものが生えていてもおかしくないのに、それがない。ここにしか生えてない。

じゃあやっぱり私が植えた?
この丈低い草を、花壇のいちばん奥に??
ちょっとそれもなさそうかな…

結論。よく分からない。
まあ、きれいだからそのままで!

しかしそうなると問題も。

この間買ってきた千日小坊・千紅花火さん。
千日小坊・千紅花火
上の雑草?と見た目がかぶってる問題。(しかもこっちのほうが地味…)

まぁ気にしない気にしない。
小さいことを気にしていると大きな大人になれないぞぉ☆
(あいにくとっくに成人済みだが)

少し前のことですが、ソヨゴの根元にチェリーセージを植えました。
チェリーセージ
すくすく育ってます。怖いくらい…(巨大化注意)

色々ともまれて野武士っぽくなったコリウス。
コリウス
最低気温一桁台もそろそろ見えてきたので、挿し木の準備をします。

今日のバラはサマーメモリーズ。
サマーメモリーズ
3日前のバラと同じ花です。これしか咲いていないんです。
あれ?10月の秋バラのシーズンにこれしか咲いていないってなんかおかしくない??(手入れ不足…)


そろそろ冬越しを考える時期ですが。

秋の花
10 /14 2017
天気予報どおり、雨ばっかり降ってる今日この頃です。
庭仕事したくてもできないっていうのがツラい。

せめて最近購入した苗の写真だけでも…。

これはキクみたいですがマーガレットだそうです。
ポンザマーガレット いちごショート
ボンザマーガレットのいちごショートという品種。
とっても可愛いので買いましたが、耐寒温度0℃…。はーい当地じゃ冬越しムリ決定ー!

そろそろ冬越し用の設備を考える時期かもしれません。
室内取り込み?それじゃあ駄目なの。
築うん十年ですきま風だらけのこの家(もちろん窓はアルミサッシの単板ガラスだ)は、真冬の朝には室内が氷点下になりかねないから…。

実家のころみたいにプチ温室でも作ろうかな…。
なんとヒーターまで買ってたんだけど

2012年に温室作ったときの記事です:
※古いブログなので広告スキップしないと見られないかも
でれすけDIYer、ワーディアンケース風の温室をつくるpart1
でれすけDIYer、ワーディアンケース風の温室をつくるpart2

こんな感じで…温室つくろうかな…
(ていうかこのときのヒーターどこいった?)

ピンクのアメジストセージも買いました。
サルビア レウカンサ:ピンクアメジスト
ただアメジストセージは前にも育てていましたが、耐寒温度は-3℃くらい。
最低気温が-8℃くらいになる北関東の当地では、冬越しできなくて枯れてしまうのですよ…。
これも今のうちに挿し木して冬越しに備えておきましょうか。

雨にぬれた花壇。
花壇
セロシアとかペニセタム・ファイヤーワークスとか。
一年目の花壇は当然ですが植えたばかりの花ばっかりで落ち着きません。

西洋アサガオが開花。
ヘブンリーブルー
本来の開花時期である10月に咲きました。
今思えば不思議なことに、実家にいたころは特に短日処理とかしなくても7月ごろから咲き出していた気がするんですが…なんででしょうね?

いつの間にかピンクの穂を出してたミューレンベルギア・カピラリス
ミューレンベルギア カピラリス
雨にぬれてふわふわ感がなくなっています。残念。

今日のバラはサマーメモリーズ。
サマーメモリーズ
植えて一年目のつるバラなのに、次から次へと花を咲かせています(本当は咲かせないほうがいいですが)。
聞いていたとおり、すごい四季咲き性のツルばらのようです。



庭は回復期?

秋の花
10 /11 2017
気がつけばもう10月も中旬じゃないですか。
ということは今年はもうあと2ヶ月半で終わってしまう…そんなバカな…。

これからちょっとあわただしくなりそうです。

まぁ、やるべきことを後回しにした結果なんですけどねッ☆

さて今は新居ではじめての秋です。

この夏は新しい環境で水遣りのペースがつかめなくて植物たちを弱らせてしまいました。
(ブルーベリーなんて枯れかけた)

でも最近ちょっと回復してきました。

ダリアも咲き出してきたし。
ダリア

バーベナ ‘バンプトン’は夏からずっと咲いています。
バーベナ ‘バンプトン’

遠目からみるとふわふわした紫色の雲ですが、近くでみると…
バーベナ ‘バンプトン’
どうでしょう。
ていうか本当は切り戻ししたほうがいいんだそうで。
すっかり忘れていました。

センニチコウのストロベリーフィールド。
ストロベリーフィールド
根元がスカスカで全体像はとてもお見せできません。

フォーチュン系を除けばたぶん初めて?ベゴニア買いました。
ベゴニア
きれいなものですね。花壇ゆき。

あとリビング横に植えたくて、モミジも。
野村モミジ
春からずっと葉の赤い野村モミジです。
そのかわり秋の紅葉はなしです。
残念です。

いい気候だしお庭仕事に精をだしたいところですが、当地はこの先しばらく雨続きのようです。
なんか今年はこんなのばっかり…?



冬に向けて。

未分類
10 /06 2017
当地は昨日あたりからずいぶん肌寒くなってきました。
そろそろ最低気温一桁台もありそうです。

とりあえず今住んでいるこの家が隙間風だらけというのはよく分かりましたので、内窓でも作ろうと思います。まぁ、作るととしたら安価な中空ポリカなのでおっきな掃きだし窓は無理そうだけど。

そしてなによりぶ厚い布団を買おう。
築浅のアパートに暮らしてた2年間は真冬でも毛布一枚で眠れたものですが、築うん十年の一軒家でそれは無理な話のようです(すでに寒くて眠れないわ)

と、このように家の中にばかり意識がいくのあんまり庭仕事ができていません。
とはいえ多少は冬支度を…。

チェッカーベリー買いました。
チェッカーベリー
クリスマス感。
冬でも寂しくない庭のためには、実物がなきゃね。

それから安定のビオラ。 
ビオラ ピーチジャンプアップ
今年も買いましたピーチジャンプアップ。
10年位前の最新品種。今でも大好き。売ってる限りは必ず買います(といいつつ、去年は買ってない気が…)

来年に向けてガウラも追加。 
ガウラ グレース
淡いピンク。グレースというそうです。

そういえば今年グラウンドカバーとして導入したクラウンベッチ。
クラウンベッチ
(これは7月の様子)

植えて一年弱でこんなに茂りました。
クラウンベッチ
ていうかなんでグランドカバーを花壇に植えた。どうしようもなくなっているじゃないか。

今日のバラは、たぶんターンブルー。
ターンブルー
もう10月なんだからもうちょっと気合の入った花を咲かせてほしいところ…。



だんご粉を買うのを忘れた!

秋の花
10 /03 2017
今日は10月3日。
明日の夜はいよいよお月見です。

お月見が10月になることもちょっと珍しいのですが、
2017年10月4日の午後9時時点の月齢はまだ14.3。
そして満月を迎えるのは翌々日の未明。

なんと二日のずれがあるんですってよ奥様!
それじゃあ十五夜じゃなくて十三夜じゃないの…。

ま、天文学上の数字じゃなくて旧暦にあわせてるから多少の誤差は仕方がないですね。

仕方がなくないのは…

お月見の日だけやたら高いスーパーの団子、そしてこの時期になると急にいつもの2倍の値段になる団子粉・白玉粉、お前らのことだ…
(ちなみに年末年始のカマボコはこれより酷くて価格が3倍になる。ひどい。)

ああ、毎年こうなるまえに団子粉を買いおきしようと思うのに。
今年もうっかり忘れてしまいました。
こうなったらジャガイモと片栗粉でつくるじゃが餅とやらに挑戦してみるしかありません。ていうか美味しそうだからぜひ作りたいです。じゅるり。

ところで問題発見。
新居の近所にススキがない!

いい機会だし、ススキを庭に植えてもいいかもしれない…。

懸念点は、ススキの旺盛な繁殖力と根張り。
でもこういう斑入り品種なら生育遅そうだから、あとは根域制限だけすればOKかも…?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ススキ ‘ゴールドバー’
価格:648円(税込、送料別) (2017/10/2時点)



少なくともパンパスグラスよりは大人しいでしょう、きっと。

でもこの写真を見る限り、ススキとは思えないほど賑やかな雰囲気をお持ちのようで…いったい我が家のどこに植えたらいいのやら。
まぁ、来年までに考えておきましょう。(たぶん買うつもり)

実家の孔雀アスターが満開。
孔雀アスター
秋本番です。

最近の孔雀アスターは改良がすすんで、こんな風に倒れたりもしなくなったという噂。
孔雀アスター
しかしこれはこれで風情があっていいと思います。
倒れこんでいるんじゃなくて、しだれているの。
とはいえ倒れこんだアスターの根元が丸見えになってるの見ちゃうと…ややがっかり。
一長一短です。

実家で勝手に殖えたガウラ。
ガウラ
ピンクと白の絞りみたいになってます。面白い。
うちには白花と桃花があるので交雑したんでしょうか。

セダム・フロスティモーンの花になんか見覚えがあります。
セダムフロスティモーン
あ、うちにあった『金のなる木』の花にそっくりなんですわ。

秋のスブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
スブニールドゥラマルメゾン
この写真を撮りに近づいたとき、最近肥料をやってなかったことに気づく。
追肥しなきゃ。



今日から10月、キジ先輩も元気に活動中。

秋の花
10 /01 2017
今日から10月です。
夜は肌寒さを感じるようになってきました。

さきほどのことですが、近所の畑に住んでるキジが鳴いたかと思うと直後に軽い地震がありました。
やっぱりキジが地震の揺れに敏感という説は当たってるのかもしれません。

しかし前も思いましたが、一応は飛べるトリであるキジがどうして地震に敏感である必要があるのでしょうか。無駄スキルすぎませんか。

ついでに人間は(おそらく)技術の粋と大金をかけて緊急地震速報を開発したわけなのに、野生のキジはナチュラルにそういうことをしてるというのがまた哀しい。まぁあいつら、何のために鳴くのか分かんない上に震度3程度で鳴くからあんまり役に立たないけど…

緊急地震速報も初期はよく誤発信してたけど、最近じゃかなり信頼できるようになってきました。
防災のために尽力してくれる関係各所のみなさまには頭の下がる思いです(ぺこり)

(あ、近所のキジ先輩にもいちおうペコリ)

さて。
庭でカキが熟してます。
カキ
ここまで赤くなったらやわらか過ぎて食べられそうにありませんが、夕日みたいできれいです。

秋といえば…の、サルビア・アザレア。
サルビア アザレア
霧がかったような独特の青色。

実家のシュウメイギク
シュウメイギク
半日陰でも育つ植物。
でも地下茎で広がりまくる上に日向ほどは咲いてくれないって、誰か教えてほしかった…。

最近は半日陰エリアの植栽を進めるべく、シェードガーデン用植物を買ってるところです。

念願のシモバシラを買いました。
シモバシラ
花も綺麗ですが、これはその名のとおりシモバシラを作る植物だそうです。
ただそれが見られるのは毎年冬の初めの一回だけらしいので、見逃さないようにしなくちゃなりません。

今日のバラは、うなだれムタビリス。
ムタビリス
ほんの数日を除いてずっと咲いています。
アプローチに植えて大正解。