独身時代のド☆レ☆ス

秋の花
09 /27 2017


9月の夜にこんばんは。
最近ブログ更新してないけど病気でもケガでもなくてただ単に書くことなかっただけだから気にしなくていいよ!

いや、第二のガーデニング黄金期であるこの時期に書くことなくてどうすんだ自分…。

明日こそパンジー・ビオラを買いに行こう。
明日こそバラの鉢植えを地植えにしよう。
明日こそダイエットを始めよう。

…ほーら段々実現が怪しくなってきた。

ところで先日私は実家に行って独身時代に買った結婚式ゲスト用のドレスを数着、引き上げてきました。

そしてそれをついさっき試着してみたところです。
最近体重が増え気味なワタシ。
ちょっと心配でしたが、問題なくフィット。

なんだー、わたし、そんなに体型変わってないんじゃない。


ひと☆あん☆しん☆


しかしそれを見た夫は、非常に言いづらそうに、しかしはっきりと言ってくれました。

『背中の肉が段になっているぞ…』


くそっ☆たれ☆(※心の声)


言わなくていいことを!

(しかし彼が言わなければ結婚式当日に恥をかいていたであろうがそれはそれ、これはこれなのである)

はーダイエットしなくちゃね…明日といわず今日からでも…
(でもさっきロールケーキ食べちゃった件)

パンジー・ビオラはまだですがアスターの苗は買いました。
アスター
いい色です。
こんな色のドレスがあったら素敵だろうなぁ…



いいことに気がついた!
今あるドレスを着るんじゃなくて新しいドレスを買えばいいんだよ!(しかしそれは肥満と浪費の一里塚…)

秋っぽいものが手薄な庭なので、萩も買いました。
ダルマ萩
ダルマ萩ですって。

ケイトウも。
ケイトウ
最近じゃセロシアとか呼ばれておしゃれ植物の仲間入り?
リリオペ(ヤブラン)に続けるでしょうか。

お部屋用にニオイ桜も買いました。
ニオイ桜
一鉢あると部屋中が香るそうです。秋の夜長の楽しみです。



スポンサーサイト

夜中の事件。

夏の花
09 /21 2017
色々あってブログの更新が開いてしまいました、ごめんなさい。
べっ 別にウォーキングデッド見るのに忙しかったわけじゃないんだからねっ!

ところで先日の夜、ベッドに入ってこれから寝ようというときに事件が起こりました。

寝床でくつろいでいた我が家のネコが、突然目をまんまるに見開いたのです。
そのままちょっと顔を上げて頭を2,3度揺らしたかと思うと、いきなりニュッっと首を伸ばしました。

妖怪ネコろっ首。

このことが示すのは…ネコの目線の先になにかいる…!!!

そうして振り返れば、ヤツがいた。とうとうでた。

あなたのおうちには出るでしょうか?
この時期の夜になると出てくる、家庭内における恐怖の化身。
冥界の住人ですらビビって逃げ出しそうな、不吉なフォルム…

Gではじまるやつ?

いいえ、

それより悪い。

ムカデです。
しかも20cmくらいありそうなBIGサイズ…。

そんなのが自分の寝ているベッドの枕元のすぐ上にいたときの、私の気持ちを30字以内で答えなさい。って、こんなの30字もいらんわ。『あ゙ーーーーー!!!』で結構!10文字で十分!

ウォーキングデッドの世界ならゾンビと出会って0.5秒で反応できないやつはすぐ死ぬけど、この優しい世界のムカデはじっとして待っていてくれるのね。ありがとう…そしてさようなら…(キンチョールぷしゅ)

キンチョールで動きをとめてからのキッチン・ジョイ攻撃により、なんとか人的被害がでる前に始末することができました。
しかしその夜の私の睡眠時間は壊滅的な被害をうけたのだけはどうしようもない…(アドレナリン効果)

それにしてもキンチョールは必需品だし、ジョイはあらゆる意味でなくてはならない存在。
しかし今回のMVPはネコでしょう。
誰よりも早くムカデの存在を察知し、人間に知らせてくれた。

ありがとう、ネコアラート。
たぶん新しいオモチャが来たと思って首伸ばしたんだろうけど。

ところで今回のネコアラート猫は、去年拾った子猫です。

過去記事1:いまさら子猫を公開

過去記事2:子猫のおかげでぎっくり腰になりました

これが2016年5月の姿。生後一ヶ月くらい。
子猫
ケガしてて生き残るかどうか分かりませんでした。

あれから1年ちょい。
多少の後遺症は残りましたが、獣医さんの尽力もあって元気に育ちました。
ネコ
でもムカデにかまれて病院通いは嫌だからね。

だいぶすずしくなってきたおかげか、八重咲きインパチェンスが本気出してきました。
インパチェンス
ゴージャス。

セダム フロスティモーンが見ごろです。
セダム フロスティモーン
いえ、見ごろ、でした。

先日の台風で倒れてしまったんですよ…
セダム フロスティモーン
あとで支柱を買おう。

観賞用トウガラシも倒れてます。
観賞用トウガラシ
ていうか20cmくらいしかないのになんで倒れたんでしょう。鳥にでもつつかれた?



この国の価値観を変えた先に何が起こるのか想像してみた

秋の花
09 /15 2017
9月中旬です。
天高くヒト肥ゆる秋ということで(今年も)ダイエットに励んでおります。

しかしふと思ったのですよ。
価値観は変わるもの。
平安時代はふくよかな女性が美しいとされていたし、いまでもそういう価値観の国や地域はいっぱいある。

この国だって、20年後は太ってることが美の基準のひとつになるかもしれません。
じゃあダイエットしなくてもいいんじゃないー?
好きなものを好きなだけ食べて生きればいいんじゃない!
マシュマロ女子(…)ばんざい!!!

しかし問題があります。
そういう価値観というのは、たいてい食料が足りない環境とセットではないでしょうか。

だってそうでもなければモテカワスリムな女たちがこの世の覇権を手放したりはしない。
インスタでスタバの新作フラペチーノを飲んでる写真を投稿しながらスリムフィットデニムを難なく着こなすという、100kg以上の重りをつけて天下一武道会を闘う孫悟空みたいなことをしてるやつらなのです。なんだかんだ自分に甘い私たちマシュマロ女子が正攻法で勝てる相手じゃありません。

つまり何が言いたいかというと、マシュマロ女子がもてはやされる時代というのは、好きなものを好きなだけ食べられない環境の可能性が高い、ということです。Nooooo!

いや、しかし。
そんなことはないかもしれません。
流行というのはよく分からない物ですので、飽食のこの時代を保ったまま、ある日突然『目指せベイマックスBody!体脂肪率70%はマスト!』みたいな特集が女性誌で組まれて大好評を博す…かもしれません。

しかしその世の中はやっぱり食糧難でありましょう。
なぜなら世の女たちが美のためという大義名分を得て自分の限界を超えて食べまくった結果、食料が足りなくなるからでございます。

そして待っているのは奪い合いであり、小麦一袋のために人が襲われる世界。
そんな北斗の拳的な世界でより多くの食料を手に入れるためには、ワンダーウーマンのようなすぐれたファイターになるしかありません。
しかし鍛えれば鍛えるほど基礎代謝が上がって体はやせてしまうのです。ガル・ガドットになってしまうのです。

まず太るために体を鍛えるしかない、という負のスパイラル。
私のために食料を手に入れてくれる素敵なダーリンがほしい、けどそれを手に入れるためにまず太らなくちゃ…みたいな人生相談がファッション誌のお便りコーナーにのる世の中。

そんな世の中はいやです。

結論。
わたし今の時代でよかったなと思います。

みんながダイエットを気にして最後に残ったフライドチキンを食べない世界(そしてそれを私がもらえる世界)。

ビバこの世界。

でもこの世界の夫が『いいかげんジムに通ってくれませんか』と言ってきたのでそろそろジムに入会しようと思います。
わたしがガル・ガドットになれる日は来るのでしょうか?

フロックスのペパーミントツイストです
フロックス ペパーミントツイスト
くそっ なんて美味そうな名前なんだ…!(キャンディたべたい)

お庭で薄黄色のリコリスが咲いてました。
リコリス
前の人が植えたんでしょう。
一年目の新居の庭は発見でいっぱいです。

花の少ない秋でも頼れるメランポジューム。
メランポジューム
今年はこれをたくさん植えて置けばよかったなー、と後悔。
秋の花のことをあんまり考えてなかったので、庭がさびしいのです。

今日のバラは、ポールゴーギャン。
ポールゴーギャン
絞りのバラは秋がよく似合います。



天高くワタシ肥ゆる秋の炭水化物

秋の花
09 /12 2017

そろそろ秋の長雨シーズンということを感じさせる、細かな雨の降る日です。

それで思ったんですが春雨という食べ物があるんだから秋雨という食べ物があってもいいんじゃないかしら?

え?ないの?

じゃあ、春雨にクリとかイモとか練りこめば…

炭水化物パワーがUPした春雨が出来上がるだけですねどうもありがとうございます。

わがダイエットの敵、たんすいかぶつ。
このように秋というのは美味しい炭水化物の宝庫で困っちゃいます。(キノコ除く)

『天高く馬肥ゆる秋』というのは炭水化物は太るんだよ、という先人からの忠告なんです…というのはうそです。

しかし言葉は変化するもの。
一説によると『天高く馬肥ゆる秋』というのは、モンゴルあたりの騎馬民族に攻められるかもしれないから警戒しろっていう物騒な意味だったらしいじゃないですか。ええ、もちろん中国の話ですがね。

そんな言葉が国を渡り、時代を超えて、本来の意味とは違うところで定着したってことは、この先さらに意味が変わっていく可能性だってあるのです。

つまり100年後はダイエットの決まり文句になっているかもしれないということですね!

その日が来るのを見られないのだけが残念です。

ところで先日わたしは炭水化物の塊を収穫しましたよ。
ジャガイモ
ジャガイモです。

これは台所ですごいことになってたジャガイモを、初夏になってから植えたもの。
ジャガイモ
状況的にも時期的にも、趣味の園芸なら『やっちゃだめ』というようなものでしたが、無事収穫までたどり着けました。

秋の庭を少しでもにぎやかにしようと、パープルファウンテイングラスを購入。
パープルファウンテイングラス

斑入り品種のファイヤーワークスとの比較。
パープルファウンテイングラス
左の赤っぽいのがファイヤーワークス、右がパープルファウンテイングラス。
ファイヤーワークスは華やかで、パープルファウンテイングラスは和の世界にも合いそうなシックな雰囲気です。

月見うさぎという名前の苗があったので買ってみました。
ペニセタム アロペクロイデス
ペニセタム・アロペクロイデスというグラスだそうです。
今年のお月見は10月ですね。



秋の初めはいつも着れそうな服がない。

秋の花
09 /09 2017
今日は久しぶりに晴れて気温が上がりそうな日。お洗濯日和です。
ついでにいつ必要になるかわからないので冬用の布団も干しました。

それと秋ものの服も引っ張り出して洗濯しました。

そして毎年のことながら、あることに気がつきました。

今年着れそうな服、少ないわ~。

特に女モノの服というのは毎年毎年流行の形がどんどん変わってしまうので、去年買った服が今年着られるかどうかはもはやギャンブルです。

前回の記事で書いた照明器具と一緒で、どんどん買い換えるように消費者を誘導しないと、企業がもうからんってやつですか。

でもねぇ、そしたらこっちも来年着られるかどうかわからない服にお金はかけられなくなるのですよ。

バラの大苗なら3000円出せても、ビオラ一株には300円までしか出せませんっ…!

っというわけで今秋も私はビオラ屋さん的なGUユニクロのお世話になります。
ついでにビオラもそろそろ仕入れます。
バラの秋苗も欲しいです。

ちなみにこんな私も若いころは、
『高くてもいいから良質なものを長く着たいわぁ(*´∀`人 ♪』とか言ってたこともありました…が、今は昔の話です…。


八重咲きインパチェンス。
インパチェンス
強い日差しは嫌だろうと、半日陰ぎみのところに植えてやったんですがいまいち生育がよくありません。
もしかして日照不足だったこの夏では、日向に植えるくらいでちょうどよかったのかも…。

セイヨウニンジンボク、たぶん最後の花。
セイヨウニンジンボク
ずいぶん長いこと咲いてくれました。

アジサイ・霧島の恵です。
アジサイ 霧島
アンティークになってます。

暑さも落ち着いてコリウスはますます元気。
コリウス
なんだけどバッタ?に食われたとこ場所は元に戻りませんね。戻ったら怖いけど。

今日のバラはアプリコット・ネクター
アプリコットネクター
もう何番花かも分からない花が、咲き終わってます。またすぐ咲くことでしょう。



私の中のイジワルBBA

秋の花
09 /05 2017
ここ数日、庭仕事もせずに照明器具を探しています。

今年から住んでいるこの古い家には、古い照明器具しかありません。
当然LEDでなく蛍光灯で、さらに点けるとジーっという音までします。寿命です。

そもそも、照明器具の寿命って10年なんですって。

いやいやしかし、何を持って10年としているのか分かりません。
余裕で10年以上使ってますがな。

10年ごとに買い換えてほしいっていうのがメーカーの本音じゃないの…?(いじわる)

まぁとにかく新居の照明は10年どころじゃない年月が経過しているので、買い替え時です。

しかしリビングの照明が決まりません。

私が欲しいのはスズランを何個かくっつけたような形の照明。
昭和の洋室にありそうなやつ。
しかし光量が十分でイメージぴったりの照明器具となると、10万円くらいしてしまうのです…

10万円でも、お気に入りでずっと使えるのなら安い買い物かもしれません。

でも照明器具の寿命10年だから~。
ずっと使えないものに高いお金かけられないの~。
ね、メーカーさん!


私の中のイジワルBBAがそうつぶやきました。

あらいけないわ。ヤツの声に耳を傾けていたら本物のイジワルBBAになって、いつかスズメに大きなツヅラを持たされてしまう。

っていうか舌切り雀の童話はおばあさん驚かせただけで終わってるけど、そんなんでスズメさんは満足なの…?と子供のころに思ってた私は、きっとイジワルばあさんになる素質がありありなんです。怖いです。

しかも大人になってからは、むしろイジワルばあさんにはイジワルばあさんになってしまった理由があったのでは?と思うようになりました。イジワルばあさんへの感情移入です。ますます自分が怖いです。

また話がそれた。

まぁ結局はそこそこの見た目でそこそこのお値段の照明器具に落ち着くことでしょう。

妥協?いいえ、妥当です。

ガーデニングのいいところは植物なので10年おきに買い換えろとか言われないところですね。
sルドベキア・タカオ
どんどん増殖して怖いくらいのルドベキア・タカオ。

あ、2年おきに植え替えろだの鉢増ししろだの株分けしろだのは言われますね、ガーデニングでも。

しばらく見ないうちに増えまくってたエゴポディウム・バリエガータ。
エゴポディウム バリエガータ
ほぼ雑草化。
もー これどうしよう…。

ギボウシが上品な花を咲かせています。
ギボウシ
この花だけでも十分に魅力的。

ザクロが割れていました。
ザクロ
熟したんじゃなくて、ただの身割れだったみたい…(中身は熟してなかった)

今日のバラは、クイーンエリザベス。
クイーンエリザベス
秋らしい、きりっとした花型です。


長袖の服を引っ張り出した、秋の始め。

秋の花
09 /02 2017
ここ数日の急な涼しさのおかげで季節は一気に秋です。

衣替えには一ヶ月ほど早いですが、衣装ケースから長袖の服を取り出して来ました。

数ヶ月しまっておいた服はやっぱり臭いが気になります。

ちゃんと洗ってから収納してるし柔軟剤だって使ってるし防虫剤だって今は進化しているはずなのに、どうして数ヶ月放置した洗濯物は臭うのでしょうねぇ。え?うちだけ??
それはやだ。

この時期だけ咲く、ヤブランの花。
ヤブラン
数年前まで昭和なイメージだったヤブランも、最近ではけっこう現代的な植栽に使われている気がします。
弧を描く常緑の葉っぱが、最近よく見るガーデンライトと相性GOOD。

うちも近々、ローボルトのガーデンライトを導入する予定です。
おしゃれにしたいから?

ええ、それもある。

でもね、本当はね…うちの周りには外灯も近所の家の灯りも無いから…(たんぼと畑ならあるぞ)

カキが赤く色づいてきたようです。
カキ
さーて、これは甘柿でしょうか渋柿でしょうか。
前の持ち主が植えたのでわかりません。

そして甘柿と渋柿の見分け方をちょっと調べてたところ、確実な方法は一つだけだという説にたどり着きました。

確実に甘柿と渋柿を判断する方法:かじってみる。


それが嫌だから見分け方を知りたいんじゃぁああ!!!
(なんで嫌なのかわかんない人は、今度渋柿をかじってみてね☆)

実家から持ってきたサルビア・ガラニティカ
サルビア ガラニティカ
わんわん!と声が聞こえてきそうな花のかたちです。(吠えてる犬の横顔にみえる)

実家から持ってきた覚えの無いサマーポインセチア。
サマーポインセチア
タネで増えます。すっごく増えます。

雨にぬれた咲きかけのダブル・ディライトです。
ダブルディライト
こんなピュアな薄黄色のバラですが、次の日には艶やかなローズピンクになります。
色が変わるバラは珍しくありませんが、何度見ても不思議。