FC2ブログ

ならない携帯電話(ガラケー)

夏の花
08 /29 2017
朝6時にJアラートで叩き起こされた8月の終わり近くの日。

しかし鳴ったのは夫のスマホのみで、

わたしの10年物のガラケー(現役)はうんともすんとも言いませんでした。

よーし、今度の休みはガラケーの機種変をしにいこう、そうしよう。

まぁJアラートが受信できたところで田舎には頑丈な建物も地下街もないんですけどね。

世の中には、理想的だけど現実的でない選択肢が何故か一番おっきく提示されることがあるの…

いまどきの女子が、20代半ばくらいで結婚して愛情と手間のたっぷりこもったご飯を家族に提供しつつキラキラ輝ける仕事もして子供二人くらいぽんぽんと生んで、子供が小さいうちは経済的なことを気にすることなく育児に専念、でも30代前半くらいで残業のないホワイトな仕事に復職してまた社会で活躍して厚生年金がっぽりおさめ、いずれ来る親の介護は自宅でちゃんとして他人に頼ったりしません…みたいな人生が推奨されるのと一緒なの…。おっと話がそれた。

まぁ理想的でなくても自分の出来そうな選択肢を選びましょ。
どうせ自分の人生の責任を取るのは自分しかいないんだ…

せっかく早起き。
このまま二度寝するのも悔しいので、朝取りのトウモロコシを食べることにしました。
トウモロコシ
初めて育てたトウモロコシです。

どれどれ実入りはどうかな~

ベリベリっと皮をはいで、中身を見て…

こりゃひどい。

受粉が足りなくて粒がスカスカよ、ダーリン。
おまけに生育中に水分不足になってたようで一部の粒がシワシワだよ、ハニー…

でも焼いて食べたら味は濃かった気がするよ!
来年またチャレンジしましょうか。

トウガラシ買いました。
観賞用トウガラシ
ただしこれは観賞用です。

ウインターコスモス、もう出回ってました。
ウインターコスモス
とりあえず購入。早く植えれば早く根つくでしょう。

チロリアンランプも。
チロリアンランプ
ウインターコスモスもチロリアンランプも、実家にいたころは寒さで冬越しできない年がありました。

今年はどうなるでしょうか。

今住んでいる場所は海沿いでないので夏は実家より暑い気がしてますが、たぶん冬の寒さは変わらない…と思います。

今日のバラはサマーメモリーズ
サマーメモリーズ
もう咲き終わりですが最初のころはうっすらピンクがかっててそりゃあ愛らしかったです。
(なぜその時に写真をとらなんだ…)




スポンサーサイト

加齢だけは人並みだよ。

夏の花
08 /26 2017
8月も終盤。
ずっと涼しい日が続いていたのに、ここにきてまさかの猛暑復活です。

このあいだ抜歯した親知らずのあったところは徐々に治っています。

抜糸にいったとき、歯医者さんには言われました。
『タバコ吸わない人は直るの早いね~』と。

しかし果たしてそうでしょうか。
まぁ『同世代の喫煙者に比べれば』ということなんでしょうけど。

でも、私の体感的には直るのが早いという感じがしないのです。

ていうか、これ、あれだよね。

20代で抜いたときより、明らかに治りが遅くなってるよね。

かれーげんしょー(加齢現象)…… …… … …。

あぁ、どうして人よりノロい私なのに、加齢だけは人並みのペースで出来てしまうのでしょうか。悲しいわ。

加齢に気づいたところで今夜の晩御飯はカレーです。
スパイスの力で若返ったりしないかしら。
でも今まで生きてきた中でインド人が若く見られるというウワサは聞かなかったわね…無理ということか。

バラのレイニーブルーが開花しました。
レイニーブルー
一年目だけど咲かせてしまった夏の花。
涼しげな薄紫色です。

ニチニチソウ”夏桜”
ニチニチソウ
かわいいピンクの花は残暑に負けてません。

埋もれて咲いてるミニダリア。
ダリア
植える場所を間違えたようです。

今年作り始めたばかりの花壇。
8月ということもあって咲いてる花が少ないです。

夏の花のフロックスも、1年目じゃこんなん。
フロックス
背後で枯れているのはルリタマアザミです…夏越し失敗の気配。

真夏の日差しの中で生き生きしてるのはサルスベリ。
サルスベリ
薄くて柔らかい、繊細そうな花びらをしているのに日差しで弱る気配はまったくなし。




甘酒で私は変わった!

夏の花
08 /24 2017
ここ最近、世間で甘酒ブームですね。
『食べる点滴』といわれ、栄養価が高く健康に良いと絶賛されている甘酒…

そんな甘酒について語りたい。

私の今日の朝ごはんは『食べる冷やし甘酒』です。自作です。
自作冷やし甘酒
氷で割って、庭でとれたブルーベリー(冷凍)入れて食べます。


最初に自分で作る甘酒を知ったのは、去年の夏。
オリオリスープという漫画で知ったのがきっかけでした。

オリオリスープ(3) (モーニング KC) [ 綿貫 芳子 ]

それまで私、甘酒はそんなに好きじゃありませんでした。
スーパーで売っている甘酒とか、一口目はすごくおいしいけど段々飲むのが辛くなって、最後の方はもうあんまりおいしく感じなかったのです。

それはどうしてか、作ってみてわかった。

出荷前に加熱して発酵を止めているからです。

加熱するのは仕方がありません。
甘酒は発酵を止めてやらないとほんの数日後には酸っぱくなってしまう運命です。
でも、甘酒は加熱により味が変わってしまいます。
私が苦手なあの甘くどい風味になってしまうのです。

しかし自宅で作った非加熱の甘酒は違いました。

フレッシュで後味すっきりの生・甘酒。新しい世界。
トロトロとした触感に、アケビのような栗のような自然な甘さ。
ちょっとした塊を舌でぷちゅっとつぶしたときの快感は昔はやったナタデココのよう。

しかも材料は残りご飯と水と300円の麹だけなので経済的。
おまけに炊飯器にいれて布巾かぶせて一晩放置するだけの簡単さ。

もうこれは味わいつくすしかないでしょう…!

実際に作ってみた甘酒のおいしさにはまった私。
あれから毎晩のように炊飯器に甘酒を仕込みました。そして毎日食べました。なんなら日に2度食べました。

そう、『飲む点滴』。
そんな風に言われるくらい栄養豊富な甘酒を…

それは私の体に変化をもたらしました。

ありていにいうと、




太りました。




栄養に満ち満ちている現代人に点滴は余計だったようです…
しかも材料は最近じゃダイエットの敵みたいに言われている炭水化物…


さてここで問題です。

●人間が一年間に1kg体重を増加させるのに必要なカロリー数を1日あたりに換算すると、たったの飴玉一個分だそうです。
毎日1コ、飴玉を余計に食べるだけで、あなたは1kg太れます。

では、一年間毎日コップ1杯分の余計な甘酒を食べた私は何kg太ったでしょうか?

私の出した答え:

甘酒を食べるときは…おやつじゃなくてご飯の代わりにたべましょう…(答えになってない)

庭でなってるバターナッツカボチャ。
バターナッツカボチャ
美味しそう…しかしカボチャは炭水化物…

8月の庭には花が少ないです。
その中で貴重なコレオプシス。
コレオプシス
ずっと咲いています。

あとやっぱり頼れるのはリーフ系。
ファイヤーワークス
いつでも美しいファイヤーワークス。

真夏のダブル・ディライト
ダブルディライト
あっという間に咲ききってしまいました。でもきれい。



エンタメ悪魔風なトケイソウ

夏の花
08 /22 2017
ようやく晴れ間の見えるようになってきた、晩夏。
明日からは暑さも戻ってくるようです。

雨続きだったとはいえ、この何日かは8月とは思えないほど涼しい日々でした。
本来なら暑い真夏は開花しない花たちも、この気温にほっとしたのか、また花をつけています。

トケイソウもそのひとつ。
トケイソウ ラベンダーレディ
品種は”ラベンダーレディ”。たしかそうだった気がする。

それにしてもどうですか?
このトケイソウという南米原産の花の、気持ち悪さと美しさの同居っぷり。
好き嫌いの別れそうな花ですが、私はかなり好きです。

まるで甘い香りをまとった悪魔のよう…

おっとこんなこというと誤解されそうですが先に断っておきます。
ここでいう悪魔とは現代のドラマやマンガにでてくるような、エンターテイメント悪魔です。

男なら傲慢不遜でリッチな黒髪のイケメン
(あれ これ ハーレクインのヒーロー…?)

女ならセクシーな悪女風と相場が決まっているやつです。

けっして腹がでっぷり出てたり頭がヤギだったりする中世ヨーロッパ風の悪魔をイメージしてるわけではありませんので、そこだけは誤解なきようお願い申し上げます。

そもそもトケイソウの英名パッションフラワーのパッションは、キリストの受難のことだそうです。
そんなものを悪魔に例えてしまったら、神様に失礼でしょうか…

まぁわたし仏教徒だけど。

そして今回調べて初めて知ったことなんですが悪魔ってもともとは仏教用語なんですって!
またひとつ勉強になったわ。

ちなみにこの品種とは別にホワイト&グリーンのコンスタント・エリオットという品種もありますが、そちらは天使っぽいです。しかし形はトケイソウなので若干うさんくささの漂う天使っぷりです。現代風エンターテイメント天使です。大好き。


ソヨゴも新芽を出してきました。
ソヨゴ
すごしやすい気候に誘われて?
それとも時期的なもの?

ショウジョウソウに小さなちょうちょがやってきました。
ショウジョウソウ
ショウジョウソウ(サマーポインセチア)は香りのない、乾いた印象の花で人間から見ると全然美味しそうに見えませんが、蜜でも出してるんでしょうか。

センニチコウのストロベリーフィールド
ストロベリーフィールド
暑さに強い花のはずですが、ちまちま咲いています。
もっと…ばーっと咲いてもいいんだよ…。

今日のバラはアプリコットネクター。
アプリコットネクター
夏にしてはいい感じ。
気温が低かったおかげかな。

ところでエンターテイメント悪魔といえば、海外ドラマの”ルシファー”が気になっています…
とりあえず主役がイケメンなのは画像だけでも実によくわかりますが、悪魔の王様がアメリカで刑事になるという設定は出オチの予感がしてレンタルする勇気がでてきません。


ばっしが済んだけどばっしは未だだよ。

夏の花
08 /19 2017
こんにちは。

親知らずのばっしが済んだ庭主です。

いえ、まだばっしはこれからですけどね。
でもばっしはとっくに済んでるんですのよ。

口語でいうと全く何をいっているのか分かりません。
済んだのは『抜歯』、済んでないのは『抜糸』です。
どちらも発音がばっしなので紛らわしいです。
(だからなのか、歯医者さんたちは『消毒』という言い方をしてました)

さて残念ですが抜歯のダメージからまだ完全に立ち直れてはいません。
抜歯後の痛みは大したことないんですが、口の中がずっと血の味がすることと、抗生物質の副作用には慣れようがありません。
というわけで抜歯後ずっとグロッキー。

庭仕事?できませんー。

とはいえ最近の当地は異常なほどの雨続きで、どっちにしても庭でできることは少ないです。

雨の合間に撮影した、水濡れムタビリス。
ムタビリス
こんな雨続きじゃ受粉してくれる虫も来てくれないでしょうけどね。

虫食いコリウス。ただし雨の合間の撮影につきピンボケ。
コリウス
そういえばこのコリウスを食べた犯人かどうかはわかりませんが、庭でカタツムリが大量発生して困っています。

今年植えた、カラー。
カラー
でもカラーって今頃咲くんでしたっけ??植えたの遅かったせいかな。

今年のこの長雨のせいで、野菜が高騰したり米不足が懸念されたりしていますね。

うちの庭の植物も、生育がいまいちだったり虫に食われたりでろくなことないです(泣)

順調なのはメランポジュームくらいか。
メランポジューム
頼れるアニキ的存在。

ところで我が家の玄関ドアには、小さいカエルが住み着いているようです。
カエル
玄関灯に集まってくる小さな羽虫を狙って住み着いたのでしょう。
虫を食べてくれるありがたい存在なんですが、これだけは言わせてほしい。

玄関ドアをトイレにするのは止めて。

以上。


障子を壁にDIYしたけど一部失敗した話

一人で出来るもん!DIY
08 /16 2017
『覚悟を決めましょうよ、奥さん』

ってこのあいだ言われました。
と言ってもネクタイしめたインテリマフィアに拳銃で脅されたわけじゃありません。

歯医者です。

『奥さん、この親知らずねぇ、虫歯になってるの』

『抜いたほうがいいよ、この親知らず使ってないし』

『なによりこれがあると隣の歯が磨けない』

『少しでも若いうちに抜いたほうがいいでしょう―――親知らずというより、隣の歯の予後のために。』

こんな会話があったのが数週間前。
そして明日わたしは親知らずを抜きにいきます。
覚悟を決めました。

(´;ω;`)

よって今後ブログの更新ができなくてもどうか皆さん、察してください…ショックから立ち直るのは時間が必要なんです。

その前に先月やったDIYをさらしておきましょう。

この前タタミ部屋をフローリングに改造した部屋に、壁を作りました。

ここです。
板壁DIY
手前の部屋が、畳をフローリングにした部屋。
奥の部屋が、最近板壁を作った部屋。

この2部屋はもともと障子でつながっていて出入り自由だったのですが、あっちもこっちも障子だらけでモノを置けないのが不便なので壁にします。

壁を作るのは以外に簡単。

和室の障子を壁にDIY
まずはツーバイフォーで骨組みをくんで、石膏ボードを貼り付けます。

と、ここで問題。
90cm×180cmの石膏ボードは大きすぎて、我が家のコンパクトカーでは運べません。
ホームセンターで軽トラレンタルしようにも、運転に自信ないし…

そうだいいこと考えた!

カッター持参して駐車場で半分に折っちゃえばいいんだ!!!

この作戦は結果としてうまくいきました。
しかし、後に後悔を引き起こすことになる…

石膏ボードを張ったところ。
和室の障子を壁にDIY

皆さん石膏ボードの表面の紙がビリビリに破けているのお気づきですよね?
半分に割って運んだため、こうなりました。

それはともかく、このビリビリ紙のところに漆喰をそのままぬったところ、
大変なふにゃふにゃ仕上げを引き起こして大後悔。

いや、さすがに私だって破れた紙の上に漆喰ぬっちまおうとは思いませんよ(汗)
大方はメッシュテープで補修しましたyo。

しかし、処理が甘くて、すみっこの一部が破けたまま…
でも大したことにはならないだろうと踏んでいた…
それがこんなことになるなんて。

漆喰、重ねても重ねてもふにゃふにゃだわー。

そこで私の出した結論は…

あきらめる。

なぁに、モノを置いてしまえば見えないさ…

これから石膏ボードを半分に折って運ぼうとしているコンパクトカー諸君、
漆喰塗るなら破けた紙はかならず綺麗に処理するか、メシュテープを丁寧に張るのがいいと思います…

裏から見たところ。
和室の障子を壁にDIY
こっちは板壁にする予定。

しかし石膏ボードを張ってみて気づいたのですが、

表側の部屋、暗い。

そうなんです障子は採光の意味もあったんです。
それが壁になったので急に暗くなったのです。

なので急遽、小窓を作りました。
和室の障子を壁にDIY
20cm四方のを、ふたつ。
(書き忘れましたが今回は障子3面分を壁にしています)

あら、メッシュテープからはみ出た紙が見えますね?
それがふにゃふにゃの元です。
もしタイムマシンが手に入ったらこの時点の自分を殴りにいきたいと思います。
悠長に写真撮ってる暇があったらそのビリビリを直したまえ、と。

裏からみたところ。
和室の障子を壁にDIY

このあと正面に漆喰を塗って…
(そしてビリビリのところがふにゃふにゃになって慌てて、結局放置して…)

壁ができました。
和室の障子を壁にDIY
引きで見ればふにゃふにゃ部分はわかりませんね。
このあと下に幅木をつけて、小窓にガラスをはめ込んだら完成です。

詳しいやり方はそのうちセルフリフォームに投稿するかもしれません。

そう、私が抜歯の精神的ダメージから回復したらね。
(さていつになるでしょう?)




ブッドレアという間違い。

夏の花
08 /13 2017
お盆ですね。

うちは夫婦そろってジモティーなので帰省することはありませんが、
今年は仕事が忙しすぎてお盆休みゼロという事態になってしまいました。
まぁ別に旅行するような予定もなかったんですが、なんか残念です。

ところで先日、親切な方がメールで教えてくださいました。

私がブッドレアだと言い張ってきたこれ、
ブッドレア

もしかして西洋ニンジンボクじゃないかって…

私はあわてて画像検索しました。
ブッドレアと西洋ニンジンボク、双子のように似ているけど別の植物です。

蝶々が好むのがブッドレア。
おしべみたいなのがぴょんぴょんでてるのが西洋ニンジンボク。

そして我が家のは…
西洋ニンジンボク
西洋ニンジンボク!

なんで勘違いしたんだろう、自分…

ちょっと前に趣味の園芸で西洋ニンジンボクやってたじゃないの、自分…

蝶々が来ない時点であやしもうよ、自分…

というわけで結論。
我が家にブッドレアはありませんでした。

残念ですが、『蝶々が集まる花が近くにあると柑橘系やキャベツを育てるのが大変(すぐ卵を産み付けられるから)』という話を聞いて半分諦めていたミカンの仲間を、これからは思う存分植えようと思います。(しかし土地がない)

そして教えてくださった方、返信不要ということでしたのでこの場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
(。>ω<。)ノ
また何かあれば…メールください…

ペニセタム・ファイヤーワークス
ファイヤーワークス
ファイヤーワークス=花火ですね。今年はまだ花火大会に行けていません。

ベニバナトキワマンサクが今頃さきました。
ベニバナトキワマンサク
狂い咲き?四季咲き?

花がどんどん小さく、手抜きになっているクナウティア。
クナウティア
この花の名前をど忘れしたので、『赤い花 野趣』で検索したけど出てきませんでした。

知名度いまいちクナウティア。がんばれクナウティア。
この限りなく雑草に近い花が、野趣に富んでいなくて何だというのか。
野趣に富まない雑草みたいな花は、それもうただの雑草だよクナウティア。
だから野趣会のスーパースターになってくれ、クナウティア。

よーし、こんだかクナウティアクナウティア言っておけばもう忘れないだろう、クナウティア。

蝶々は来ないけど蝶々バラなら咲いています。
ムタビリス
チャイナローズのムタビリス。
四季咲き性が強いので、アプローチの入り口で賑やかし担当です。


金色のナスに変化した。

食べられる植物
08 /11 2017

暑い暑いとぼやいていたら秋口のように涼しい日がやってきました。
これで雨ばっかりじゃなければ最高なんですが、贅沢いってもしょうがないですね。

ところで今年は菜園で真っ白な白なすを育てています。

最近は収穫もさぼりぎみでしたが、

なんと、

金色に変化しました!
白ナス
なにこれレアなの?蝶々来ちゃうの?引っこ抜くともらえるポイント2倍なの!?(ピグライフ脳)

…というゲーム的なアレではなく、単に白ナスは熟すと黄色くなるそうです。なんだー。

そもそもなんで収穫をさぼっていたかといいますと、うちでもナスを育てているのに他所からナスをもらってしまうという田舎の夏あるあるでして…(あとキュウリとインゲンな)
そっちを消費するためウチのは後回しにされてしまったわけです。

菜園で採れたミニトマトとバジルで冷製パスタ。
トマトとバジルの冷製パスタ
後ろは貰いもののナスでつくったミートソースグラタンです。いつか白ナスでも作ってみたいです。

トウモロコシもぐんぐん育ってます。
トウモロコシ
植えた時期が遅かったので心配してましたが、
無事収穫までたどり着けそう。

話はこのトウモロコシの苗を植えたころにさかのぼりますが…
美味しいトウモロコシの継続的収穫をたくらんだ私は、上の苗を植えつけてからさらに数日後、あまったタネをまいたのです…

でも後から撒いたほうはダメダメでした。
トウモロコシ
よくばりバアさん おじょうさん、バチが当たる、、、の巻。

まぁ強欲のバチがあたったというのは置いておいて、植える時期があんまりにも遅すぎたのでしょうか。
あるいは土壌が悪すぎたかもしれませんね。
なんかここの土、固かったし。

引っ越してきて3ヶ月ちょい、なにもかも手探りの1年目の庭です。

新しい庭にみごとに適応した(らしい)ジュード・ジ・オブスキュア
ジュードジオブスキュア
実家にいたときよりよほど元気です。
そうかそんなに潮風がいやだったか。


立秋過ぎたら秋って言うのやめようの会。

夏の花
08 /09 2017
あー暑い暑い。
としか言いようがなかった今日ですが、今年の立秋は8月7日なので

今現在、暦の上では秋です。

もうこの『こよみのうえでは』って止めたらいいのに。
この暑い中で『でも暦の上では秋だから…』とか聞くと、なんだかだまされている様な気になります。

だいたい秋が立つと書いて立秋ですが、人間でいえば初めて立ったころなんて人生の最初期も最初期、まだ何にもできない赤子ですよ。アインシュタインだって足し算引き算すら出来ないころですよ。そんな状態で彼を科学者扱いする道理がないように、立ったばかりの秋を秋扱いする道理もないでしょう。なくないですか?なかったらいいと思いません?

なにが言いたいかって言うと、暑すぎて考える頭がとろけそうです。

とりあえず昨日からエアコンのある部屋で寝だしましたが、朝起きたら喉がカラカラです。
もうどうしてくれよう。

ニチニチソウ・夏桜。
ニチニチソウ
小汚い話をすれば、ノンブランドのニチニチソウより高いんですよ、この株。
でも見るたびに買ってよかったと思える、可憐なさくらもちピンク。
(たかが298円でおおげさです)

ポーチュラカ、植えてみました。
ポーチュラカ
悔しいことに、実家で植えたときより育ちがいいのなんのって…
同じように放置栽培なのに、花の数も大きさも圧勝です。
環境って大事ですね。

ふわふわと咲いているのはバーベナ・バンプトン
バーベナ バンプトン
地味ですが地味にずっと咲き続けています。
残念なのは周囲にこれと引き立てあうような植物が植えられなかったことです。

最盛期は花壇の主役だったルリタマアザミ。
ルリタマアザミ
燃え尽きたよ…真っ白にな…?
ところでこの花ガラはやっぱり切ったほうがいいんでしょうか。

バラの”しのぶれど”が咲きました。
しのぶれど
夏なので若干ピンクがかってますが、上品な藤色のバラです。


真夏の珍事。

旅行記
08 /07 2017
もう一昨日のことになりますが、鹿島アントラーズの試合を見に行きました。

※一週間のうちに東京行ったりスタジアムいったり、なんだかオラまるでリア充になった気分だけんど、たまたま近日中に予定が絡んだだけで普段は絶賛ひきこもりガーデナー兼DIYerですので悪しからず。

お目当てはもちろんアントラーズの試合…
と言いたいところですが、カシマスタジアム名物の屋台グルメだったりします。

とくにメロンソーダ。
一個丸ごと凍らせたメロンにアイスとソーダをぶちこんだ、ぜいたく品。とてもおいしい。しかし夏季限定なので夏場にスタジアムまで来ないと食べられないわけです。今回はそれを食べずには帰れません。

もちろんキックオフの3時間前に到着です。
だって屋台グルメを堪能するためにきたのですから!
(もちろん試合も見に来たよ!)

ところで。

当日は蒸し暑い曇りの日でした。
アントラーズ
蒸し暑いのにほぼ無風。不快指数高め。

しかしこの時点ではまだ良かったと、後になって思うことになったのです…

ここからしばらくして、キックオフ。

と同時くらいだったでしょうか…スタジアムに白いモヤが立ち込めてきたのは…

なんにも見えない…!
アントラーズ 濃霧で中止
でました。
カシマスタジアムのもうひとつの名物(?)、霧です。

しかしここまで霧がひどいのは、良くあることなんでしょうか?
なんかピッチが見えないんですけど。
選手もボールも見えないんですけど。

なんかこれアレに似ているわぁ。

ほら、タピオカミルクティー。

白いミルクのような霧の中で、タピオカたちがユラユラ揺れているようです。
ときたまタピオカが激しく動き、応援団が歓声を上げています。
が、私に見えるのは手前のタピオカだけですので何がどうなっているのか分かりません。

雰囲気だけで応援するにも辛い…だいたいチャンスなんだかピンチなんだかも分かりません。

あら、そうこうしているうちに主審が行方不明。
選手もいなくなっちゃった。

そうです。
サッカー好きな方はもう各種メディアでお聞きになっているかとおもいますが、

結局こうなりました。
アントラーズ 濃霧で中止
濃霧により試合中断。

いやー、海沿いで霧が出ることに定評があるカシマスタジアムとはいえ、なんか10年ぶりの珍事だったみたいですね。

で、その珍事に立ち会ったわたしたち、、

ただただ困惑。

結局。
数分後に、何も解決しないまま試合は再開。
ボールは見やすいようにオレンジのカラーボールになりましたが、なんせ選手たちが見えない…。

ようやく霧が晴れたのは、ゆれるタピオカたちを見続けること数十分後、試合終了間際でした。
(巨大扇風機まわしたって後で知った)

こんな試合、ついてないのか、ある意味ついてるのか。

みんなして苦笑いです。

とりあえずこれだけは言える。
今日の試合、絶対に忘れないわ。

しかし試合は見れないわ中断するわだったので、この日は屋台の売り上げが多かったと思いますが実際はどうでしょうか。

さてその屋台グルメですが、いっぱい食べました。

写真?ほぼ撮る前に食べたのでありませんー(ありがち)

あ、カツカレーがあった。
カツカレー
あげたてサクサク!

そういえばこの日の目当てはメロンソーダでしたね。

メロンソーダ…メロンソーダ…

やってねーーーー!!!!

おそらくですが。

メロンソーダの出店をやってるのは水戸のお店です。
そしてこの日、水戸では水戸黄門祭りという年に一度のビッグイベントが開かれていました。
うわさによると水戸のメインストリートの企業に勤める従業員は強制参加という、汗と涙と情熱のこもったイベントです。

もしかしてそっちに行ってるからカシマスタジアムはお休みだったのかもしれない…。

なんという間の悪さ。

代わりにアイスメロンパン購入。
アイスメロンパン
これまたスタジアム名物の究極のメロンパン、にアイスクリームをはさんだ夏季限定のメロンパンです。
やだ!なにこれマジ美味しい!!!
(こんど家でもやってみよう)


吉田博展とマリーアントワネットの結婚ビュッフェ。

旅行記
08 /04 2017
近所のキジが今朝もけたたましく鳴いていました…
『ケ ケ ケ ケ ケン!ケ ケ ケ ケ ケン!』て

キジ先輩、お願いです。

地震を知らせてくれているのか、ただ鳴きたいだけなのかはわかりませんが、
人間の寝室の横の窓近くで、
朝の5時にリサイタルを開催するのはお控えください…。
と言っても聞いてくれりゃしないでしょうかね。このジャイアンめ。

*************************************

ところで昨日その人間たちは東京に行ってきました。

ケーキバイキングと、新宿の美術館で開催中の吉田博展を見に行くためです。
吉田博展

すみません。最初に断っておきますが、
わたしは『この人の絵テレビでみたことあるよ!』というレベルの人間です。すみません。

ですが素人から見ても大変に美しい絵の数々でございました。

特に水彩画は人間の手で書いたとは思えないほど美しく、
半分下絵のような習作ですら、とんでもない神絵師オーラがにじみ出ていました。

しかも平日ということもあってか、それほど混んでないのでじっくり見られてラッキー。

そして望外のおみやげゲット。
吉田博展 ポスター

吉田博の作品のポスター!しかも一枚400円。
これ、ネット経由で探してたんですが、今までどこにも見つからなかったのです。

でもこれで家に吉田博の絵を飾れますね、ポスターだけど!

ていうかそもそも本物が売ってたとしてもそれを買えるだけの財力がありません。
400円のポスターが身の丈です。むねん!

*************************************

そして第二の目的、ケーキバイキングへ。
マリーアントワネットの結婚ビュッフェ

夫と二人で、マリーアントワネットの結婚ビュッフェ。

ヒルトンホテルという立地もあり、ケーキバイキングとしては椅子からひっくり返るくらい高額なんですが、数日遅れの結婚記念日ということで。

ていうか、いまさらですが、

結婚記念日にマリーアントワネットってどうなんでしょう?

まぁ愛人の噂はともかく夫婦仲は良かったそうですから、良いとしましょう…良いのかしら?


そしてこのビュッフェ、お高いにもかかわらず予約でいっぱいです。

セレブならコンシェルジュに電話一本でいつでも参加できたりするんでしょうが、庶民の私たちは夜な夜な予約サイトをチェックして、キャンセルが出たときを狙ってようやく予約成立…

まったく、平民がベルサイユにもぐりこむのはこんなにも大変ですわよ、ポリニャック夫人!

ベルサイユな店内の美しいディスプレイ。
マリーアントワネットの結婚ビュッフェ

しかしこの5段ケーキ、食べられるのかと思いきやディスプレイです(泣)ベルサイユ…。

提供されるケーキたちは、さすがにどれも美しくて美味しかった…と思います。
ゴージャスでファビュラスなベルサイユに気後れしてあんまり味を楽しむ余裕もありませんでした(泣)

もちろんマリーアントワネットといえばベルサイユ、
ベルサイユといえばバラなので、
バラをモチーフにしたスイーツもありました。
ただしあっという間に無くなってたけど…。

そう、ここはまるでベルサイユ…かと思えば、ケーキを取る行列は浦安にあるネズミの国と一緒なのです。要するにすごい並ぶ。そして待つ。

こうやって行列にずっと並んでいると、さながら国王夫妻の謁見を待つ貴族の気分ですわ。
ああっ王妃さま、もう行ってしまわれるの…?
(この日一番人気と思われた薔薇色のシャンパンゼリー、味わえないままにアデュー…)

マカロンタワーもディスプレイ(泣)
マリーアントワネットの結婚ビュッフェ

しかしボウルに入ったマカロンなら食べ放題ですよ。

そんなゴージャスなスイーツビュッフェ、

サービス料も入りまして
二人でお会計一万円弱でございます。

さ、サービス料…(バイキングなのに)

たぶんケーキバイキングとしては一生に一度の贅沢となることでしょう。

さようなら、わが青春のベルサイユ。アデュー。

帰りにはせっかく東京まで来たということでミシュランガイドに載ったというお店で食事していきました。

ソラノイロの東京駅店で、天草大王ラーメン…。

880円なり。

これぞ身の丈。そしておいしー。


キジ先輩の地震予報。

夏の花
08 /02 2017

私が住んでる場所は田舎なので、庭にはキジが出没します。

特によく見るのは派手なオスのキジ。
隣の休耕田あたりを縄張りにしているようで、春のころにはケンケーン!と毎日のように叫んでいました。
(ぶっちゃけとてもウルサ…にぎやかです)

それが最近じゃ一転して鳴かなくなったのですが、昨日は様子が違いました。

うちの庭を、神経質に歩きまわりながらケンケン!ケンケン!と短く鳴き続けていたのです。

なんとなく気になって調べてみると、

キジが短く鳴くのは地震の前兆だとか…?

あっはっはー まさかねー。

この手の『地震の前兆説』に対するわたしの態度は冷ややかです。
なぜならわたしには経験上のジンクスがある。
『地震の前兆が世間を騒がせているうちは、地震がこない』

というのも、私の以前の職場にはイルカの打ち上げやら地震雲やらがニュースになるたびに『大地震の予兆だよ!』と予言する人がいましたが、それが当たったことは一度もなかったのです…。

そういうわけですので私はキジが短く鳴いたからって地震の前兆とは思いません。

キジは地震の初期波を敏感に感じ取る能力があるとかいう説もありますが、信じませんったら信じません。

ほら、結局夜になっても地震こないじゃないのー!

と思って就寝した2時間後。

緊急地震速報で荒ぶるケイタイと、
震度4の地震でたたき起こされました深夜2時。



まじかよ…キジさん…しゅごい…しゅごすぎるよぉ…(ていうか眠い)


おまけに早朝にもまた地震があり、それから数時間おきに小さな余震まで発生する始末。

それらすべてを予言していたのがあのときのキジだとしたら…

もうこれからはキジさんを信じないなんて言いません!

むしろキジ先輩と呼ばせてもらいます!!

しかし震度4くらいならどうにかなるから、震度5以上から予言してくれると助かるのぉ…ダメ?

*************************************************

ところで家を買ってからすっかり足が遠のいていた実家ですが、先日久しぶりにいきました。

ルドベキアのヘルプスト・ゾンネ(ハーブストン)が立派になって…
ルドベキア ヘルプストゾンネ
これ、私の身長より高い位置で咲いています。
一番高いところは2mいきそうです。
まさかこんなに大きくなるだなんて…(困惑)

これこれ。
寒咲き水仙の球根を堀りあげるために来たんです。
寒咲き水仙
もう根っこが出てしまってる!
冬の間ずっと咲いてくれる貴重な花です。

ギンギツネも立派になっていました。
ギンギツネ
シャベルで株分けしようとしたけど歯がたたず、断念。


四季咲きアジサイのエンドレスサマー。
エンドレスサマー アジサイ
今はアンティークな感じ。
四季咲きとは言いますが、ポンポン新しい花は咲かせてはくれません。
剪定しないとダメかな。でも剪定したらこのアンティークな花は楽しめなくなる。ああ悩ましや。

苗を購入して6年、とうとう種無しザクロが実りました。
ザクロ
品種はスイートハニーです。
種なしというか種の気にならないザクロだそうです。当時はレアでした。
しかし最近ではスーパーで普通に売ってるアメリカ産のザクロが、すでに種無し品種のような気がしてなりません…これからは種無しが普通になっていくのかもしれませんね。