和室を板壁の洋室風にDIYしてみる

一人で出来るもん!DIY
07 /31 2017
あっつ!!!

いや気温的にはそんなに暑くないんですけど、ここ最近涼しい日が続いていたからすっかり甘やかされてしまいました。

暑い日にはおうちでDIYに限りますね。

先日も新居の和室を改造しました。

このお部屋です。
板壁DIY
何年も表替えをしてなさそうな畳に、日に焼けた杉の柱。
くすんだ色の、それだけならともかく触るとポロポロ落ちてきて何だかとても頼りない状態の砂壁。

昭和の名曲『神田川』の世界にひたりたい人にはぴったりだと思います!
しかし4畳半じゃなければ近くに銭湯もないのでは、あんまりにも雑な神田川ごっことなってしまう。
ていうか別に神田川ごっこしたわけじゃないし。
ワタシ平成うまれだし(大嘘)

神田川ごっこしないなら改造しよう そうしよう。

和室を洋室っぽく。
どうせ変えるならカフェみたいな白い板壁がいいですね。
床も白っぽいフローリングに。

もし自分でリフォームして失敗したら痛いけど、どうせ困るのは自分だけな状況なのが有難い(オットは快適に住めればそれでいいタイプ)。

ちなみに羽目板は、安ければ¥2,000/1平米くらいなので買ってもよかったのですが、どうせ失敗前提ならもっとケチってやろうじゃないの。

というわけで。

しめしめ!
杉のあいじゃくり板を手に入れたぞ。
じゃくり板
じゃくり板は両端に加工がしてある板です。

これなら一坪分で3,000円。一平米あたりに直すと1,000円以下。
ただしちゃんとした羽目板のように裏面にそり防止の加工がされてないので、もしかしたらあとで反るかもしれません。

まぁそんときは羽目板買って張りなおせばいいかな。

DIYやるときゃ二度楽しい―――作って楽しい、やり直して楽しい。
ただしお財布には二度痛い。アウチ。

なにはともあれ、決行しました。
板壁DIY
(途中の写真?何故か見あたらないのです。物忘れは暑さのせいね、きっと)

やり方はいつもの通り、ネット頼り。
柱と柱の間に3cm×4cmの角材を45cm間隔で横にはわして、ビスとかくし釘でじゃくり板を固定。
仕上げにペンキで白く塗装。ついでに長押も塗装。(ちなみに長押の上はノープラン)

主にビスだけで留めてるので、現状復帰もきっと楽です。

…なんなら、

壁の中にへそくり隠してもいいかもしんない…!?
(いい子はドラッグしちゃだめよ)


まぁドライバー1本あれば誰でもあけられちゃいますが。

**********************************************

で、今回やってみた感想ですが、

『まぁこんなもんか』って感じです。

じゃくり板どうしの隙間が目立つのが反省点ですかね。
先に塗装しておけばよかった。

今後は反らないかどうか一年くらいかけて見守っていく予定です。
まぁ多分一年後には忘れて他の場所をいじってるでしょうね。このカシオミニを賭けてもいい。

ところで和室の壁を板壁にするやり方を検索するため他の方々の経験談を見て思ったのですが、

『もしかして野地板で十分だった…?』

みんなけっこう野地板でやってたのです。

というわけで同じ部屋の廊下側の壁を、野地板でやってみたバージョン(塗装前)
板壁DIY
結論を申し上げますと私はこちらの方が好みでございます。塗装しなくてもいいくらい。
そして隙間も目立たない。
しかも野地板のほうが安いという。

次やるとしたら野地板にするでしょうね(この先どうかわかんないけど)

**********************************************

暑い真夏の庭ではブッドレアが元気です。
ブッドレア
しかし今のところ蝶々が来ている気配はありません。
ていうか暑くてあんまり庭にでないので、見る機会がありません(泣)

2018/08/13 追記
ブッドレアというのは私の勘違いで、正しくは西洋ニンジンボクでした…
教えてくださった方へのお礼とともに、ここに訂正したいと思います。




スポンサーサイト

エアコンが活躍しない

夏の花
07 /30 2017
昨日の天気は曇り、ときどき雨。
本日は曇り。
明日の予報も曇り。むしろずっと予報は曇り。

プールを楽しみにしている子供たちにはちょっと気の毒な、しかし大人には過ごしやすくてありがたいくらいの涼しい日が続いています。

ところで我が家はつい先日、待望のエアコンをつけてもらったばっかりなのです。

満を持して華麗にデビューかと思いきや、まさかの需要大幅ダウンで活躍の場を奪われた我が家のエアコン。
泣けてきます。

しかし考えようによってはこのエアコンはこれから酷使されるわけで、そう考えるとやつの立ち位置は『ブラック会社に入社したばかりで研修中の、まだろくに残業したことない新入社員』のような状況です。
違う意味で泣けてきます。
せめて今だけは休ませてやろうか…。

まぁ家電の世界に労働基準法はないけどね。

ていうか人間の世界でも労働基準法なんて、あってないようなもn…おっとこれ以上言わないほうがよさそうだ。

わが国の労働基準局には、ますますのご健勝とご発展を記念したいとところであります。ていうか頑張れ。

おぎはら植物園でグラウンドカバーとして推されてたクラウンベッチ。
クラウンベッチ
初めての花が咲きました。
今のところまだグラウンドカバーといえるほど茂ってません。

スカビオサのエースオブスペード君。
スカビオサ エースオブスペード
花期が長いですね。ずーっと咲いています。

そして咲いたあとはもれなく禿げ散らかしています。
スカビオサ エースオブスペード
いっそ、いさぎよいわ。

あぁっ ピーマン収穫しそこねて赤くなっちゃった!?
パプリカ
と思ったらパプリカでした。
見た目そっくりなんだもん。ていうか植物学的には同一種…?

正体不明のギボウシに花がさきました。
ギボウシ
この感じ、タマノカンザシ系でしょうか。



菜園の白ナスでラタトゥイユを

食べられる植物
07 /26 2017
そろそろ8月にもなろうということですが、またいきなり梅雨に戻ったかのような涼しいお天気。

ところで今年の目標は庭で取れた野菜だけでラタトゥイユを作ることです。

いまのところまだナスとトマトとピーマンしか収穫できてないのですが、見切り発車で行っちゃいました。
(よく考えたらセロリがないから最初から無理?なにそれワカンナーイ)

その前にメインの仕込み。鶏肉のオーブン焼きです。
鶏肉のオーブン焼き
鶏肉、インゲン、ミニトマト、ズッキーニ、ブロッコリー、ニンジンそして仕上げにマジックソルト。
このあとオリーブオイルかけてオーブンで焼くだけ。

そしてラタトゥイユ。
今回は菜園スペースでとれた白ナスを使います。
白ナス
まさにEgg plant。卵のように真っ白。すべすべツルツルして健康そう。
これでラタトゥイユ作ったらカラフルで綺麗じゃないですかー?

ところでずっと気になってたのは、白ナスは切ってみるとどうなっているのか?っていうことでしたが…

切ったら中身もちゃんと白いのです。
白ナス
この写真じゃわかりませんが、タネもうっすらピンクがかってているのです。
普通のナスが小悪魔系なら白なすは姫系、もしくは天使系。神々しいわぁ。

ただしうちのオットはナスが苦手。
なのでせっかくの白なすですが小さくイチョウ切りにして…

イチョウ切りにして…
あ、これどこかで見たことある。

ダイコンだ。ダイコンそっくりだよこれ。

ありがたさが当社比で30%減、したところで鍋に投入しました。さよなら初恋の人。

そしてそんなダイコンそっくりの真っ白なナスも、トマト缶で煮込んでしまえばこの通り。
ラタトゥイユ
先生、もうわかりません!

今回ひとつ勉強になりました。白さを楽しむなら別の料理法にすべき、と。
次回は焼きナスいってみようか。
焦げて黒くなったってオチがつかなきゃいいけど。


余談ですが…ラタトゥイユにピーマン・パプリカのタネをinするやり方は、よしながふみの『きのう何食べた?」という漫画で知りました。野菜の美味しさに加えてプチプチした触感も楽しめるという多方向よくばりレシピなので、全世界のラタトゥイユにタネが入ることを望んでおります。だからこれを読んだそこのあなた、今度ラタトゥイユ作るときタネをいれてみて、ね?


さてそんなこんなでラタトゥイユも出来上がったことだし、鶏肉のオーブン焼きもそろそろできたでしょうか?

じゃん!
鶏肉のオーブン焼き
むしろパサパサ鶏肉の野菜チップあえ!
なにこれ酷い!

焼きすぎた、でしょうか?

いや、それもあるんでしょうけど、そもそもこれ、

完全にオリーブオイルかけ忘れてますわ…。

というわけで夕べのメインメニューは鶏肉の野菜チップあえ(オリーブオイル後がけスタイル)と普通のラタトゥイユでした。

なんか色々ざんねん!!!


美味しいトウモロコシが食べたいの

食べられる植物
07 /22 2017
真夏らしい、暑い日が続きます。
そして夏といったらスイカにアイスにトウモロコシ。

この間、安さに釣られて5本298円のトウモロコシを買いました。
そしたら味がほとんどしない上にあちこち傷んでるわ…。
まさしく安物買いの銭失い。

次からはちゃんと適正価格で買おうっと。そうしようっと。

ちなみその甘くないトウモロコシは食べきりました。
だってもったいないじゃん…。

牛乳コンソメと一緒にミキサーに突っ込んでコーンポタージュにしてしまえば全然あり。
冷凍してシチューに投入するのも良さそうですね。

…と考えるあたり全く反省しておりません。
そのうちまた買うことでしょう、激安トウモロコシ。

しかし、もったいないからと言って傷んだ食物のカビ毒を摂取して
自分の健康(ひいては治療費)を損なうほど馬鹿馬鹿しい話はなくないですか?
カビ毒はしゃれにならないですからね。

とすると安くてフレッシュな食べ物を調達しなければ…。

そうだトウモロコシ育てよう。
トウモロコシ
おっと、気がつけばもう育っているようだ。
グッジョブ数ヶ月前の自分。

しかし撒いた時期が遅かったせいか手入れのせいか土壌が悪いのか、生育が遅れてる気がします。
ヤングコーンなみの大きさのしか採れなかったらどうしよう。

カキはすくすく。
カキ
何にもしなくても育つ果樹。

ところでこの実はなんでしょう?
果樹
新居の庭にある謎の果樹です。
前の家主が植えました。
庭に植えてある植物は何なのか、売買契約時に聞いてみたのですが…
あまりに色々植えてあるため、本人も何を植えたのか一部覚えてなかったという…。

花壇でキキョウの花が咲きました。
キキョウ
ところで私はいつ、キキョウの花を植えましたっけ?
入居したときに色々植えたから、何植えたか忘れちゃったんですよねぇ(どっかで聞いた話である)

スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
スブニールドゥラマルメゾン
『マルメゾンの思い出』という名のバラ。
思い出は美しいが、その記憶が定かかどうかは誰も良くわかってないのかもしれない。
少なくとも私と前の家主は、自分が何植えたのかわかってないコンビである。



梅雨明けて季節が変わって人間は加齢して

夏の花
07 /19 2017
とうとう関東地方も梅雨明けしました。

あのあと雨が降ったかについては皆様の予想通りです。そうですちょっと降っただけです。
(ただし他の地域で大雨が降ったようなので、気象庁の当たりかも)

暑いです。

でもこれで『梅雨明けしてないのに暑い』から、
『梅雨明けして暑い』に変わりましたね!
ランクアップです。

あとちょっと我慢すれば『お盆過ぎたのに暑い』になり、
さらにもう少したてば『9月に入ったのに暑い』になり、
『彼岸過ぎたのに暑い』になり、
『10月なのになぜか暑い』になり、

最後は『なんかこの前まで暑かったのにもう冬が近づいてる なんで?』となるわけです。

こうなるのは何故でしょう。

気候変動により気温が二極化したことで、秋が短くなっているのでしょうか?
それとも加齢によって感受性が鈍化し、季節の繊細な進行を感じられなくなっているのでしょうか?

前者だといーなー…(いや良くない)

そんな、季節を体感できなくなりつつある私に季節を教えてくれるのはいつだって庭の草花(と虫)。
ブッドレア
夏の花、ブッドレアです。
この家の前の持ち主が植えたようです。
ちょうちょが来る花として有名ですが本当にくるのでしょうか?

2018/08/13 追記
ブッドレアというのは私の勘違いで、正しくは西洋ニンジンボクでした…
教えてくださった方へのお礼とともに、ここに訂正したいと思います。


今のところちょうちょが来る花ナンバーワンはルリタマアザミです。
エキノプス
チクチクするお花ですがチョウチョには大人気です。

鉢植えのガウラを地植えにしました。
ガウラ
そっこーで枯れました(泣)
植木鉢から根っこが脱走していたのを、移植するときに切ったのがいけなかったかも。
ガウラの強健さに甘えていました。
もっとも今のところは楽観しています。

たぶんガウラなら地上部枯れても復活してくれるはず…(本当?)

クリーム白のペチュニア。
ペチュニア
好みだったので買いました。

バラのポールゴーギャン。
ポールゴーギャン
まだ鉢植え。そろそろ地植えにしようかと思ったけどガウラで失敗したので、今は様子見なのです…。


梅雨明けはまだですか?

夏の花
07 /16 2017

まいにち まいにち 晴ればかりでお洗濯がはかどりますこと!(※いいこと)

しかし皆様ご存知のとおり、沖縄・奄美・九州南部地方以外はまだ梅雨明けしていません。
なぜこれだけ晴れてて梅雨明けがまだなんでしょうか。

という疑問に対する答えを、この間どこかのTV番組でききました。
『少し後にまとまった雨雲が発生しそうだから、気象庁は梅雨明け発表を見送っているじゃないか』ということです。
まぁそれなら分かるんですが…

しかし恐らくそろそろ、みんな感じ始めてるんじゃないでしょうか。
今年はよくあるひとつのルートじゃないかって。

『いつまで待っても雨が降らなかった上、ようやく梅雨明け発表した直後に一週間くらい雨続きになる』という、

気象庁にとっての最悪の、しかしあまりによくあるルートですよ…!

気象庁の担当者、大変だろうなぁ。他人事だけど。

こないだ買ったコレオプシス・フルムーン。
コレオプシス フルムーン
フルムーン…そういえば今年のお月見は9月の何日でしょうか。

え?10月!?

しかし9月のカレンダーには、ちゃんとお月見のイラスト描かれているのです。
先入観って怖いです。

ミニトマトのキャンドルライト。
キャンドルライト
オレンジ色に色づく前の段階です。満月みたいです。
よく考えれば太陽も同じ色なのですが、赤いと太陽のようで、黄色いとお月様のようだと思ってしまいます。
これもひとつの先入観でしょうか。

ルリタマアザミも咲きました。
ルリタマアザミ
ブルーていうか、薄紫?

水切れで枯れこんだブルーベリー、まさかの復活。
ブルーベリー
だめもとで水張ったバケツに鉢ごと突っ込んだのが効いたのかも。

新居でも元気なスブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
スブニールドゥラマルメゾン
次から次に咲いています。働き者です。



ひとめぼれアジサイ(国産牛なみ)

夏の花
07 /11 2017
そろそろ梅雨明けしそうな7月。
待ちに待ったアジサイの季節がやってきました。

え?アジサイの季節は6月でしょうって?

まぁそれも一理ある。見て楽しむなら6月ですよね。

でもアジサイの買い時は?

そうです7月です。

この時期のアジサイは定価1500円が300円とか、
まるで枯れる寸前の一年草のような割引率で売られているんです。
…それがいいことか悪いことかは置いといて。

まー、安く買えるんなら安く買いたいですよね。
売れ残りなんでベストじゃ状態じゃないけど。
早めに剪定すれば翌年から花が楽しめるし。

新居の庭にはアジサイがないので、とりあえず小型のヤマアジサイでも数本買おうかなって。

そんなことを考える日々。
たまたま食材の買出しに向かったスーパーの花屋さんで、
うっかり素敵なアジサイを見つけてしまいました。

それはヤマアジサイの繊細な姿と、西洋アジサイの華やさを持ち合わせておりました。
淡い紫色に縁取られたすけるようなブルーグリーンの装飾花に、私はひと目ぼれしてしまったのです。

う、美しい…。

しかし高そうだ…。
立派な大株だし。

そして恐ろしいことに値札がない…。
時価というわけか。マグロじゃあるまいし。

『店員さん、これいくらですか?』

『あーこれね、大きい株だからね、6,000円』

ろ、ろくせんぇっ!?
そこのスーパーで黒毛和牛の焼肉セットが買えちゃいますよ!?

(どうでもいいけど庶民スーパーの高い肉って買ってる人見たことない気がする)

『でももう花も終わりだからね。2,500円でいいよ』

こちらの顔色を読んだのか、瞬時に値段を下げてきた。

時価というか…

もしかして、相手次第?
2,500円なら買うと思われたの?

あのねぇ。

いくら半額以下だってねぇ、
2,500円は高いと思うのよ。

国産牛の焼肉セットくらいなら買えちゃうのよ。
うちいつも外国産なのよ。
しかもグラム100円くらいになるまで待つのよ。

そんな私が、アジサイ一株に2,500円なんて




『買います』




買っちゃったーーーー!!!


いいじゃないたまには運命信じて冒険してもいいじゃない

ほら素敵。
アジサイ アジアンビューティHITOMI

この花びらがたまらないのですわ。
アジサイ アジアンビューティHITOMI

ちなみにこのアジサイ、ラベルを見たら”アジアンビューティHITOMI”と書いてありました。

そしてラベルにはなぜか赤いアジサイがプリントされておりました。

え…これもしかして赤いアジサイなの?
本来の色じゃないの??
私がひと目で恋に落ちたあのアジサイは幻だったの!?

その答えが出るのはきっと、来年の6月。

それまでジリジリして待つしかないのでした。
どっかの探検家がいってましたけど、冒険は実は我慢することの連続なのですね…。

ついでにフロックスも購入。
フロックス
品種は”ペパーミントツイスト”
これを花壇に植えたら一気に夏っぽくなりました。

ニチニチソウの”夏桜”も買いました。
ニチニチソウ 夏桜
安心の298円。(なんか今日はお金のことばっか書いてますね)

バラのブーケ・パルフェ。
ブーケパルフェ
ようやくブーケのように咲いてくれるように。



『趣味の』園芸なんだから

食べられる植物
07 /07 2017
今日は七夕。

そして二十四節気の小暑。
今日の最高気温は31℃。
日差しはギラギラで、まさに灼熱の季節の始まりを感じます。

先日の嵐で、庭のウメの実はほとんど落ちてしまいました。
ウメの実
といってもまぁ、特に利用する予定はなかったのですが…モッタイナイ精神が発動しそう。

ところで私は今年もモッタイナイ精神にのっとって、
あまったジャガイモをタネイモとして利用しました。
ジャガイモ
引越しのゴタゴタにより、食べられることなく芽を出してしまったジャガイモです。
(※引越しがなくても毎年のことだという説もある)

しかしNHKの趣味の園芸では、これはやらないほうがいいって言われてしまうんですよね。

今年(?)の放送でも、

『芽が出てしまったジャガイモがあるから、タネイモに使えないか?』という視聴者からの質問がありました。
(念のため申しますがお便りを出したのは私ではありません)

しかし答えはNO。
売ってる種芋と違って病気に弱いので、ちゃんと種芋を使いましょう、と。

ウンウンウンウン。正しいですね。

しかしですよ。

そこに芽が出たジャガイモがあるんですよ。
食ったらアウトなジャガイモですよ。
植えなきゃ捨てるしかないんですよ。

これをゴミ箱にポイして…なにが生まれるというの?

後悔?
(まぁ芽が出た時点でしているよ)

反省?
(芽が出る前にちゃんと食えって?わたしワカンナーイ。)

いいえ、そんなものは必要ない。
(いや必要だろうけど)

種芋に使っちゃえば全部解決!!!

確かに市販のジャガイモは種芋用のに比べて病気になりやすいし、
収穫量は少ないだろうし、
連作障害考えたら栽培スペース無駄にすんなってことでしょうけどさー。

『それでもいいなら植えてもいいよ』って発信するのもアリだと思います。
だって、『趣味の』園芸なんだからさ!
だから来年の放送では『アリ』って言って、藤○さん!!!

ちなみに上記のジャガイモ、植えたのはなんと6月上旬。
季節はずれもいいとこ。
ジャガイモ
でも一ヶ月でここまで大きくなったよ!
まぁイモができてるかどうかは不明。
さすがのワタクシも6月に植えたことはないもので…。

白ナス育ってます。
白ナス
これはちゃんと苗買ったやつ。

ゴージャスなハイビスカスを買いました。
ハイビスカス
花壇に植えて、霜がふるころになったら鉢上げして室内に取り込む予定。


移植後のバラたち

夏の花
07 /05 2017
本日は晴天なり。洗濯日和なり。わがはいはコロ助なり。
(平成生まれはコロ助しらないだろう…と思いきやわりと最近CMコラボしてたということを知る)

夕べは激しい雨とカミナリ。
前々から気になっていたピザがおいしいと噂の店に行くつもりだったのにあきらめることになりました。
さようなら、ピザ。
代わりに冷凍庫にあった明太子でパスタ作りましたが、どうやら何らかのカタチでピザを食べるまではこの飢えは満たされないようです…要するに、ピザ食いたい。ピザ(ダイエット中だぞ いいのか)

夏花壇のためにセンニチコウを買いました。
センチニコウ
センニチコウ・ストロベリーフィールド。
普通のセンニチコウと比べて若干お高めのイメージでしたが、今年みたら値段が下がっていて消費者的にはうれしいです。

これはピーマンですか?
パプリカ
いいえパプリカです。
まぁ生物学的には一緒かもしれませんが、パプリカと思って育てればパプリカになるのです。(違)

レンズローズのブーケパルフェ。
ブーケパルフェ
移植後にイマイチ元気がない状態が続きましたが、ようやく咲いてくれました。

ギボウシの寒河江の花。
ギボウシ 寒河江
なかなか綺麗だと思います。

今年初めてのポールゴーギャン。
ポールゴーギャン
これも持ってきてからいまいち生育が悪いのです。
今年の秋までには復調させたいなぁ。