確証バイアスと梅の剪定

お引越し2017
01 /27 2017
ようこそ気温の底の1月下旬ワールドへ。

新居(予定)の庭に最高最低気温計を設置したところ、最低気温-6.7℃と表示されて心が震えています。

-6.7℃が問題なのではない。気象庁発表の気温よりはるかに低いのが問題なのだ。

私の実家のある場所は寒い。地形のせいなのかアメダスの公表値より気温が低い。
だから引越し先は実家よりは温暖だろうと思ってた。
だってこのアメダスの数値を見てよ。ほら、新居付近のアメダス、実家よりずっと気温が高いじゃない…!

ほら、このアメダス…

アメダス…

って、なぜこの期に及んでアメダスを信じた、私よ。

アメダスが絶対でないことは身にしみて知ってたはずなのになぜ。

それはね、人はね、信じたいものを信じる生き物だからよ…
これを心理学で確証バイアスというらしい。

まぁ、でも、いいほうに考えよう。
冬寒いけど、代わりに夏は涼しいんだよ!きっとそうだよ!!

…これもまた、確証バイアス…

この気温により、新居にレモンとイヨカンの木を植えるという私の夢は儚く散りました。
さよなら、レモンちゃん。
せめて気候にあった植物を育てることにするよ…

というわけではないですが、新居のウメの木の剪定をしてきました。

ウメの剪定
ここ数年放置されてたらしいウメの木の枝です。

こんな風にまっすぐ伸びた枝は徒長枝と呼ばれていくら育てても花がつかないらしいので、全部切ってやりました。

ていうか切る前の写真を撮り忘れたよハニー。ダメじゃん。

じゃあしょうがない、図説だ図説。

ウメの剪定

こんな感じでぼうぼうだった枝。
空に向かってまっすぐ伸びる枝…といえば聞こえはいいけど、ウメの木には不要なもの(人間目線)

ばしばし切ってしまいました。

ウメの剪定

夏の初め頃に剪定するのがベストらしいんですが、虫がいるのでその案は却下!いまやります!!

すでにツボミも膨らんでいるので、あと数週間で咲くことでしょう。
咲いたらこんな感じ?

ウメの剪定

ちなみに上の絵では紅梅として書いているけど、
買ったばかりの家なので紅梅かどうかはわからない。白梅かも。

と、いうか、そういえばだよ。

私これがウメの木かどうかも知らないわ!!!

たぶん梅の木…だって切っちゃったもん…

これもまた、確証バイアス…。


スポンサーサイト

植木鉢の乾燥チェッカーの小鳥さん

冬の花
01 /13 2017
早いもので1月ももう中旬になりました。
季節的にはここからが寒さのどん底、真冬ちゅーの真冬といってもいい時期ですね。

といっても今年はわりかし暖冬。
冷えそうで冷えない、一応最低気温が氷点下にはなるけどそれでも-5℃以下まではいかない、
くらいのぬる~い寒さ(北関東基準)でした。

これまでは。

しかし冬将軍さまは今週末から本気だしてくるそうで。
ここにきてようやく例年並みの冷え込みがやってくるということです。準備しなきゃ。

ところでまだ暖かかった昨年末、ホームセンターでこんなものを買いました。
植木鉢 トリさん
かわいい小鳥さん。
売れ残り処分品のワゴンセールで500円。

ピックになっているのでそのまま植木鉢にさしてもいい感じでしょうけど…

これの真価はそれだけじゃない。

こうやって(乾燥しきった)植木鉢にさして…電源スイッチをオンにすると…
植木鉢 トリさん

小鳥<ピヨピヨピヨピヨ…

なんと鉢の中が乾燥していることを鳴いてお知らせしてくれるのです!
(このあと水遣りしたら鳴かなくなりました)

人は言う、『水遣り3年』と。
それを1年くらいに短縮できそうなアイテムを発見したかもしれない。

ましてウン十年水遣りを続けてもやっぱりコツがつかめない私のようなものには絶好のアシスタントだ。しかも可愛い。

まぁ、ただ問題はね。
植木鉢 トリさん
つくりが甘くてすぐ取れるって言うことでしょうか…

こんな可愛い植木鉢の乾燥チェッカーの小鳥さん、
あなたのまちのHCにもいるかもしれません。

ていうかこんな便利で可愛いのに売れ残ってセールにされていたわけで…
園芸コーナーには知られていないお宝がザックザク?かも??


ところで玄関先にはまだミニバラが咲いています。
ミニバラ
暖冬のおかげでしたが、そろそろ凍りそう。

休眠したら株わけしなきゃね。
(※ミニバラは複数株が寄せ飢えになってるためです)


人気ブログランキングへ
1日1クリックで(私の)やる気が1UPです。

ご報告

お引越し2017
01 /07 2017
今更ですがあけましておめでとうございます。

そしてご報告があります。

新しいおうちが決定しました!庭付きの中古住宅です。

長かったわぁ…。
マイホームを探し始めてから購入決定、契約まで丸1年。
一般的に1~2年くらいかかるものらしいので、まぁそんなに長いこと活動してたわけじゃないけどそれでも長く感じた。

いや最初のうちは楽しかったよ?

計画段階では夢いっぱいのマイホーム探し。
実際に動く段になっても、不動産屋さんの車であっちこっちいったりハウジングギャラリーでお菓子もらったり。

しかしマイホーム探しというものは、夢見てられるのは最初のうちだけ。

ここにする!と、決めた瞬間。
それこそが地獄の一丁目(またの名を現実)へのターニングポイントだった…と気づいたのは随分たってからでした。

ええ、住宅ローン審査という現実突きつけマシーンは怖かったです。

大金を貸すわけだから当然とはいえ、
審査会社によって返済能力があるかどうかを疑われ怪しまれ値踏みされまくった数週間を過ごした上に
返答期限日をすぎても可否連絡がこなかったときは生きた心地しなかったわー。

『お嬢さんと結婚させてください!!!』と彼女の家で土下座したら、
彼女の厳格な父親から『じゃあ君のこと調べるから返事は数週間待ってね』といわれているような感じ。

最終的に答えが『No』だった場合、
人間の彼女なら満月の夜に2階のバルコニーからそっと盗み出して駆け落ちすることもできるが、
銀行の金庫からそっと現金を持ち出した場合はただの窃盗罪なの。残念ながら。

しかし結果的にローンの申請は通ったのだ。

ありがとう、審査会社。でももう2度とお世話になりたくないよ。
(そもそも何度もお世話になるもんじゃない)

そしてありがとう、マイナス金利。ローン組めたのはすべて君のおかげかもしれない。
だから10年後も変わらずずっとそのままの君でいて…!
(固定10年、後は変動金利プランを選んだものより)

さーて今までは家探しに忙しかったわけだけど、これからは引越し準備で忙しくなりそう。
なんせ実家からバラやらなんやを新居に持っていかないといけません。冬のうちに。

というわけでまだしばらく更新は飛び飛びになりそうです。
こんなブログを見に来てくれてる方、申し訳ありません…!

実家の庭ではサザンカ咲いています。
サザンカ
新しいおうちにもサザンカはあるようで、なんだか親近感。

バラのジュード・ジ・オブスキュアの最後の花。
ジュード・ジ・オブスキュア
これの花が終わったら剪定してほりあげてお引越し予定。

つるバラのアルテミスも。
アルテミス バラ
これはよく咲く上に強健種で、しかも枝の伸びが緩やかという手がかからないバラ。
それゆえに、あえて持っていくかどうか迷い中。
(多少は実家に残す予定…)

割と気温が下がらないでいる今年の冬ですが、さすがに庭はもう冬枯れです。
センニチコウ
自力でドライフラワーになったセンニチコウ。

寒咲き日本水仙も今年はよく咲いています。
寒水仙
今のところ倒れてません。