FC2ブログ

自己保身ゆえに妄想はNGで

秋の花
10 /20 2016
秋の夜長にこんばんは。

あいかわらずお家(の購入)問題で揺れている庭主です。

新しいおうちに引っ越したらあんな植物植えたいな~とか考えるの、楽しいです。

しかしながら前も書いたとおり、こういうのは銀行の『No!』の一言ですべての計画は水の泡になるわけでして。

さんざん夢をみたあとにやっぱり駄目でした、は辛いわけでして。

しかし目の前に夢の家がぶら下がっているわけでして。

そりゃドリーム始まっちまうわけですよ。
30分ばかし妄想を楽しんだあとに『でもやっぱりダメかもしんない』と思って自分で自分の心にクギ刺してんですよ。
毎日もやもや・もじもじしているわけですよ。

(※もちろん妄想するのは仕事中である。私の雇い主は不憫である。)

あらもしかして人魚姫ってこんな感じだったのかしら。

夢がかなったらという楽しい妄想と、ダメだったときの恐怖の間で揺れたのかしら。
それとも悪い結果になることなど全く考えずにひたすら王子様のことだけ考えていたのか。

どっちかっていうと後者の気がする。
うーん若さってすごいなぁ。おばちゃんもう無理かも。

ところでそろそろ秋バラの季節ですね。

新しい庭にはどんなバラを植えようかと妄想が…おっといけない妄想終了。
(駄目だったときの心のダメージを少なくしたいがゆえに常にネガティブな想像をかかさないのが30女の処世術なのである)

実家の庭で咲いてるポールゴーギャン。
ポールゴーギャン
安定の絞り。

ピンクの穂を出す、ミューレンベルギア カピラリス
ミューレンベルギア カピラリス
穂が出たばかり。

普段やわらかにカーブする葉っぱしかださない株が、まっすぐな葉っぱを出したらそれは花穂かも。
ミューレンベルギア カピラリス
そして私はこれを『やる気まんまん枝』と呼んでいる。
ネーミングセンスもあれだがそれ以前に単子葉類に『枝』は存在するのかという疑問。まぁいいか。

秋らしく、孔雀アスターも咲きました。
孔雀アスター
薄ピンク。

白い孔雀アスターとオレンジ色のカンナ。
カンナと孔雀アスター
夏と秋の競演です。



スポンサーサイト

日本の風邪薬のCMはどうしてこう

食べられる植物
10 /02 2016
お久しぶりです。

季節の変わり目のせいか、うっかり体調を崩してしまったのが約1週間前。

しかもそれがちょうど仕事が忙しい時期と重なったものだから、もうどうしよう。

とはいえ私も日本の風邪薬や頭痛薬のCMを見て育った日本人なので、

具合が悪いときは薬を飲んで会社にGO!

…というのが唯一無二の選択肢だと洗脳されているのだ。

私は、熱とだるさと鼻水でフラフラになりながら、がんばった。

がんばった結果、『通常比120%くらい精度の悪い仕事をして周りに迷惑をかける』という華麗なオウンゴールを叩き込んだ。

どうしてこうなった。

全てはがんばりどころを間違えたせいである。

しかも結局は2日ほど会社休むことになったのである。
(こんな自爆野郎は居ないほうがマシだと自分で判断した)

……。

はい、ここで日本の製薬会社の皆さんにお願いです。

頼むから、『具合悪い人が仕事にいかないCM』つくってください!!!

わりと本気で。

でないと、私はゲスパーしちゃいますよ。

『そりゃーアナタ方(製薬会社)は風邪ひいた人が無理やり外出してそこでウイルスを巻き散らかせば、ますます薬が売れるからウハウハなんでしょうけどねー』

…なんて言っちゃいますよ!?
(ていうかすでに言っている)

まぁ単に働きたがりは(私以外の)現代日本人のサガなのかもしれないけどね…。

それにたとえ風邪ひいてたって家に居たくない人っつーのも存在するんだろうしね…。

製薬会社の陰謀説(笑)
風邪ひいて寝込んですべてが呪わしくなった私の八つ当たりでございます。ごめんなさい。

そんなクサってる私のお部屋でセントポーリアが咲きました。
セントポーリア
まぁ神々しい。名前に『セント』がつくだけあるわ。

お庭のセンニチコウ。
センニチコウ
季節の変わり目とかぜんぜん関係なし。

そういえばこの間ミニトマトを買いました。
トマト
ミニ(本体が)トマト。
これ、今なってるの収穫した後はまた実がなるのかなー。

実家の庭のアスパラの新芽だけど…。
アスパラガス
どうした?何があった??なぜそんなグレちまったんだ???

(この一週間後には無くなってた。母が食べたようだ)

バターナッツカボチャがそろそろ収穫です。
バターナッツカボチャ

カボチャパウワーで健康になろうか…。