FC2ブログ

苗のチョイスに心の加齢を感じた秋

秋の花
09 /19 2016
水不足が心配されてた夏が過ぎて、今度は雨ばかりの9月です。

雨にぬれてるムタビリス
ムタビリス
せっかくの休日なのに、また雨。(3週くらい連続してないかな)

そんな雨ばっかりの秋ですが、気候が涼しくなってきたのであわてて苗を購入しています。

毎年買ってる観賞用トウガラシ。
観賞用トウガラシ

今年はナスタチウムの横。
観賞用トウガラシ
このナスタチウムも毎年食べるつもりで育ててるけど、結局一口も食べないで終わるんだ…。

ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト。
ユーフォルビア
これも何だかんだで毎年苗を買って育てています。花がかわいい。高めだけど。
(いつか宝くじがあたったらこいつを庭に群生させよう。そうしよう)

ケイトウ(セロシア)も購入。
ケイトウ
秋に映える花だと思うのでもっと種類出てほしいなー、(と思ってるうちは絶対に増えない法則)

と、ここまで書いて気がついた。

最近、新しい植物(育てたことのない植物)を購入していない。
過去に育てたことのある花ばかり購入している。
新顔の植物を売り場で見ても、基本スルーが身についた。

無駄遣いがなくなったということかもしれない。
衝動に任せて買い物をする時期は過ぎたということかもしれない。

しかしその反面、
新しいものにチャレンジしなくなっているということだ。
20代のころなら興味を持った植物はすぐ買っていたというのに。

もしかしなくても、わたし、心が年をとりはじめてる…!?

ああ、体はともかく心はいつまでも若くいられると思っていたよ。
(※このように若さにしがみついてる時点で、もうすでに若くない証拠…)

よし決めた。
次に買い物にいくときは今までスルーしてきた植物を買おう。
新しいことにチャレンジしよう。

かように年をとると、新しいことをはじめるにもいちいち決意が必要になるものなのか。
加齢の道は長そうだ。

スポンサーサイト

住宅ローン審査が怖い

夏の花
09 /05 2016
またまたご無沙汰してすみません。

最近は実家の庭にもいけていない有様です。
(まぁそれは毎週末に雨が降ってるせいだけど)

庭付きの家探し、がんばっています。
ちょっと古めの家ですが、いい感じのおうちを見つけたので、そろそろ住宅ローンの審査しにいくところです。

それにしても住宅ローン…いやな響きだ。

ネットで何百もの物件を見て、何十回と内覧をお願いして、半年以上がんばって探してようやく見つけた最終候補のおうち。

そこからさらにリフォーム会社数件を巻き込んで見積もりもらったりして、

そのたびに不動産屋さんに協力してもらって、

そこまでがんばって、

銀行に『アンタみたいな人にはお金貸せませんっ』と言われたらそこですべて終わりなのだ。
(実際はもっと丁寧な言い方をしてくるだろうけど)

中古の家は資産価値が低い分、新築よりも審査が厳しいというしねぇ…。

そうなったときのために、わたしは備えようかと思う。

イメージトレーニングだ。

お世話になった不動産屋さんやリフォーム会社に電話をかけて、『すみませんこういうわけで…』と説明する自分。
五体当地でドゲザる自分。
気を取り直して、ローンが通りそうな家をまた探しはじめる自分。

…大丈夫、きっとできるさ。イメトレは完璧さ!


まぁそうならないように審査通ってくれるのが一番なんですけどね。

でも雲行きあやしいわぁ。
胃が痛いわぁ。


花でも見て気をまぎらわしたい今日この頃。
ルドベキア・ヘルペストゾンネ
ルドベキアです。

これは花も葉っぱも赤いカンナですが…
カンナ

なんと実も赤いことを最近発見。
カンナ
あ、アントシアニン…?(違)

グリーンの葉っぱがすがすがしいカンナ。
カンナ
でも花は鮮やかなオレンジです。
前述のカンナと違い、『花と葉は別物』という主義のようです。

暑い時期ですがジュード・ジ・オブスキュアが咲いていました。
ジュード・ジ・オブスキュア
さすがに手抜き花。