FC2ブログ

今年最後はフレンチカントリーな白い食器棚で。

冬の花
12 /28 2015
過去のDIY作品さらし中。

今回さらしたのはフレンチカントリー風味の食器棚です。
食器棚・自作

作り方はこちら

これは一ヶ月くらいかけて作った気がする…。


さて、クリスマスは終わってしまいましたね。

今年は自分で育てたビーツで真っ赤なケーキをつくるでした。
が、ビーツの種まきが遅れて断念。

変わりに食紅で真っ赤にそめたレッドベルベッドケーキを作りました。
違う…なんか違うんだ…食紅じゃないんだ…。

宣言。来年はビーツを育てます。

そしてもうすぐ来年です。お正月はすぐそこです。

お正月といえば寒咲き日本水仙。
日本水仙
花としては地味ですが、この時期は日光があたるとそこだけ輝いているように見えます。

そんな(微妙に)神々しい寒水仙。

やせ地でも旺盛に育つ生命力。
おまけに殆どの植物が休眠する厳寒期に、すっくと花首をあげて咲く姿は凛々しいです。

これは八重咲き寒水仙。
八重咲き日本水仙

細い花茎。
これでどうやってこの花を支えているのでしょうか。

…いいえ、長くは支えられません。

風が吹いたり雨が降ったりすれば一発KO、二度と立ち上がれません。
やせ地でも育つし寒さをものともせず咲くけど、衝撃には弱いのね。
ガラスのハートの寒水仙です。

ハランが…なんかスカスカになってた。
ハラン
まぁ、繊維質な葉っぱですこと。

バラの葉っぱがようやく黄葉してきました。
ルゴサ系のバラ
ルゴサ系のバラはきれいな黄色に色づきますね。

さて今年の年末年始は旅行中ですので、多分次の更新は年明け4日以降です。

とかいいつつ旅先から更新するかもね。
年明けの自分の状況しだいですがね。

ところで『来年の話をすると鬼が笑う』といいますが、今の時期くらいは例外だよね?だよね?
(さて、無事に行って帰ってこれるでしょうか)

スポンサーサイト

ショートカットの5.7cmルール

冬の花
12 /26 2015
髪がだいぶ伸びたのでそろそろ切りたい。

ショートカットいいなぁ。

しかし私はどうあってもショートは似合わない。

だってショートが似合うのって

小顔のひととか、
首がすらっと長い人とか、
美人とか。
美人とか。

あいにく私はそのどれにも当てはまらない。
そもそもロングですら似合ってるとはいえない気がする。

雑誌でいいなと思ったモデルの髪型にしてもなんか違う。

それは顔が違うから?

いいえ。確かに顔は違う。でももっと違うものがあるでしょ。

頭の大きさだよ!

悲しい。

私は髪の毛の量が多い、といわれる。

そうだよ。多いよ。でも生えてる密度が濃いんじゃないよ。
頭が大きいから髪の毛がいっぱい生えてるんだよ…!

ところでショートカットが似合うかどうかは、実はわりと明確な基準があるらしい。

それが5.7cmルール。
鼻の下からあごの先までが5.7cm以下なら、ショートカットが似合う人。

ふんふん。じゃあ私はどうかな?

…な、ななセンチだとぅ………!?

そりゃそうだ。顔のつくりにもよるだろうが、顔がデカければ相対的に鼻の下も伸びる。

結局、ショートが似合うのは小顔ってことなんじゃないですかぁ…(悲哀)

私は今年も、そして来年も、ロングのままでいることにします。

さらばショートカット。来世でよろしくね。
(つまり来世は小顔に生まれたい)

ところで私は小顔志望ですが、バラは大きいのが好きです。
スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
もっともこのスブニール・ドゥ・ラ・マルメゾンは中輪かな。
もちろん小さいバラも好きです。

春の花のツバキが、すでに普通に咲いています。
ツバキ
ツバキが11月に咲くのは数年に一度のペースであること。
何年か前にツバキが咲いたから暖冬だとおもって油断していたら、1月から急に寒くなった例もあるので油断は禁物。
(でも今年は暖かそうだなぁ)

チェリーセージ。咲いています。
チェリーセージ
ただし、この株だけ。より古株のほうはすでに咲いていません。
何が違うんでしょうか。若さ?肥料?根づまり?

食用のトウガラシ。
トウガラシ
観賞用にもなるようです。

これまた春の花であるユキヤナギも咲きました。
ユキヤナギ
ただしコイツは毎年この時期に咲いています。
開花のスイッチがよくわかりません。

ユズはあるか。カボチャはあるか。

冬の花
12 /22 2015
2015年12月22日は冬至です。

冬至の日といえば?

ゆず湯。
そしてカボチャ。

冬至の日にゆず湯に入ると厄を払い、かぼちゃを食べると風邪をひかない体になるらしいです。

実家の庭にもユズがなっています。
ユズ

私はこのユズをもぎって、袋につめ、アパートの部屋に持ち帰ってお風呂にいれて楽しむ…

…はずでしたが見事に実家に忘れてきました。

厄、はらえず。


じゃあ、カボチャ。

最近はハロウィーンの存在感が大きすぎて忘れがちだけど、
脇役になりがちなカボチャが一年で一番輝く日、それが冬至というものです。

私はそれをスーパーで買い、あまじょっぱく煮付けて、食卓にだして味わう…

…はずでしたが買い忘れました。

いや ね、ダイエットが身についちゃってね、
たとえ特売でもカボチャやサツマイモには手を出さないっていうクセがついてしまってね…
(要するに忘れてた)

というわけで風邪ひかない体質にもなれず。

厄は払えないは、風邪はひく運命決定だわ。

結論:今年もグダグダです。


グダグダだけど、今日から一日ずつ日が長くなっていくと思うと嬉しいね。

ただ暖冬のせいか、今年はあんまり冬っていう感じがしません。

冬の貴重な光をあびてる寒水仙。
寒水仙
昼ごろの寒水仙は日光を浴びてキラキラ光ってるように見えます。
近くによるとなんともいえない良い香り。
冬にも花を絶やしたくないなら寒水仙が最高。

八重咲きタイプ。
八重咲き寒水仙
さぁて、いつ首が折れるかな…。
というとすごく不穏な感じですが心配しているだけです。
(花が重いので花茎が折れまくります)

いつもならとっくの昔に寒さにやられているウインターコスモス。
ウインターコスモス
今年はめちゃくちゃ咲いています。わが世の春といったところ。冬だけど。

広告を塗り替えてみせる。(+三分割できるベッド)

冬の花
12 /20 2015
年末年始は南の島に行くと書きましたが、
結構予約取るのは大変でした。

まぁ3週間前に探し始めた自分の自業自得ですけどね。

しかし私は(珍しく)がんばった。

出発直前予約サイトをあたりまくった。

『年末年始はホテルの予約より、飛行機のチケットが取れないんですよ~』
と某旅行会社のお姉さんにはいわれたが、

チャーター便ならこの時期でも残ってることがわかった。
しかも隣同士の席で。まぁ割高だけど。さらに年末年始だからとっても高いけど。

しかし予約はもう済んでしまった。
私はもう過去は振り返らない。

そう。
けっして、けっして、1月4日以降の、同じ内容のツアーの料金表など見ないっ…!
多分、ハイシーズン料金を払ったことを後悔してしまうだろうからっ…!

しかしですよ。

私のPCであちこちの旅行サイトをめぐったせいで、
私が訪問する色んなサイトの広告が『●●ツアー(今度いく南の島)』に占拠されてしまった…。
(PCに残った履歴からおすすめの広告が自動で判別されてるため)

もうすでに申し込み済みの人に、まったく同じツアーの広告みせてどうなるっていうの…。

そしてさらに恐ろしい未来が待ってる。
このままいくと、旅行先から帰ってきたあとも同じような広告を見せられるだろう。

もしかしたらその中には『●●ツアー(ただしローシーズンのため料金半額)』があるかもしれない。

あれほど! あれほど見ないって言ってた同じツアーのローシーズンの料金が、
モニターの片隅にでかでかと表示されてしまうのかもしれないっ!

いや、わたしそんなの耐えられない。

というわけで、もう少ししたら『あなたにおすすめの広告』を塗り替えるだけの威力をもった検索ワードを探して検索しまくろうかと思ってます。

なんて無駄な努力だ。(そしてその努力を早期予約に向けるべきだった)


さて、まだまだ続くよDIY過去作さらし。

今度は、セルフリフォームさんで3分割式ベッドの作り方を公開しました。

自作ベッド
部屋の模様替えが趣味だから、ベッドは分割じゃないと耐えられないの。(私の足腰が)
ていうか分割できるけどやっぱり重いよ自作ベッド。


今年はカキが豊作です。
カキ
今日実家に帰ったらヒヨドリたちがいっせいにたかって突っついていました。とうとう熟したんだね。

ギンギツネはまだ元気です。
ペニセタム ビロサム
多分強い霜が降りるまではこんな感じ。
例年だったらとっくに降りてるはずなんですけどね、強い霜。

白い小菊。
キク
雪みたい。

この時期の花もちはバツグンのアイスバーグ。
アイスバーグ
ま、この時期の花持ちがいいのはみんな一緒ですけどね。

万引きなんてしていませんがそう見えても仕方がない。

冬の花
12 /17 2015
久しぶりに犯罪者の気分を味わいました…。

私は実家に残してきたネコが2匹いますが、
あいつらは今ではすっかり私のことを忘れてしまいました。

ていうか私の顔をみると逃げていきます。
まるで知らない人にするように。
(いちおう毎週帰ってるんだけどね)

そんなネコたちの信頼をちょこっとでも取り戻したいとあがいた私は、
実家に帰ったときに美味しい生エサ(アルミパウチタイプ)を持っていきました。

忘れないように、パーカーのポケットに入れて。

そして結局、あげ忘れた。
だってあいつらどこかに隠れて出てこないんだもん。
そんなに嫌か。リサイタル開きたがってるときのジャイアンか私は。

とにかく忘れたまま車に乗り込んで、帰路についた。
ついでにスーパーに寄っていった。

…パーカーのポケットからネコ用のエサが『コンニチワ』しているのに気づいたのは青果コーナーのあたりでだ。

白い小さなポケットから半分ほどはみ出した、目立つ紫色のパック。

はたから見たら万引き犯です。

さぁ、あなたならどうするこの状況!?
私は軽くパニックだったよ!!

対応策1:
なにげな~く、ポケットからエサをだしてバッグにしまうべきか。
いやそれ誰かに見られたらそれこそ決定的瞬間だろ。

対応策2:
ささっとスーパーから出て車に戻るべきか。
ハイ、万引きGメンが腕つかむ瞬間ですね。

対応策3:
(やりたくないが)エサを買い物カゴにいれて会計させればこの場は疑われずに済む。
でもレジでトラブルになったときの言い訳が思いつかん。

う~む。いい案がいまだに思い浮かばない。

悩んだ末に、私は何も気づかなかったふりをすることにした。

気づかない気づかない。
私のポケットからは何も出ていませんよ~。
普通に買い物してる善良なカスタマーですよ~。

しかしバッグを不自然な位置で固定する…(怪しい)
人通りの少ない通路を選ぶ…(ちょう怪しい)
そしてペットフードコーナーには近寄らない…(万が一のため)
レジはバイトっぽい人のところへ…(やっぱり怪しい)

とどめ。
精算するときは体をねじってレジの人にポケットが見えないように!

これぞ挙動不審のきわみ。

しかし結果的に気づかれなかったからいいのだ…。

ていうかもし気づかれても、

パックに印字されているロットNoとか製造年月日とか見せれば
その店の商品でないことはわかってもらえたんじゃないのか。

そして店内の防犯カメラを見れば、入店した時点でエサを持ってるのは一目瞭然…。
(それくらい派手に出てた)

じゃああんな怪しい女にならなくても済んだのに。

…いや、きっと私のことだから
『ちょっとお話いいですか?』
と聞かれた時点で小鳥の心臓を爆発させていたことでしょう。

そして最終的に無実が証明されてもそのスーパーにいけなくなってたんだ。

だからこれでいいんだ。
私の挙動不審っぷりにも理由があったのだ。


願わくば、私の行動とポケットの猫エサをみた人たちが、なにか私に対して誤解していませんように。


ところで実家の庭ではサザンカ咲いています。
サザンカ
山茶花はセーラージュピターこと、まこちゃんの好きな花。

いつもバラのピアスをしててバラの品種にも詳しいまこちゃんだけど、一番好きなのはサザンカ。
その理由が語られてなかったのが気になって仕方がない。
というわけでサザンカを見るたびに思い出すのは、まこちゃん。

ところで今日あたりからいよいよ冬将軍の出番のようで、サザンカも寒さでいたんじゃうかな。

寒水仙はこれからの花。
寒水仙

ウインターコスモス。
ウインターコスモス
私の中での別名:(意外に)ウインター(に弱い)コスモス
当地では冬越しが難しい。

ノースポールはたくましい。
ノースポール
これから冬を越えて春まで、いや夏まで咲く気まんまん。

ちなみに『久しぶりに犯罪者気分』とかきましたが、
前回犯罪者気分を味わったのは警察のネズミ捕りに引っかかってパトカーの後ろに載せられたときです。
(もう速度オーバーしません。ごめんなさい。)

コリウスのホラーな話。

冬の花
12 /15 2015
まったく暖冬のこの12月ですが、そろそろいい加減に寒さがやってくるようです。

めずらしく今年の冬越し準備はばっちり。

冬越し対策の一環として、コリウスの枝を切ってガラス瓶に生けたりもしました。

そしたら、

花がついてるんですよ。

まぁそれは普通にちぎって捨てましたけど。

だって、今は冬越しが第一だから。
種作ってる余裕ないだろうと思って。

しかし数日後、コリウスをいけたガラス瓶の下に、黒いポツポツが10数個ほど出現しましてね。

なんだろうって思いました。
タネかなって。

でも、もう花はないのに種ができるなんてありますか?
葉っぱの隙間にでも挟まってたタネがいまさら落ちてきたんでしょうか?

そういえばうちのネコ。
室内に取り込んだ日、ちょっと目を放した隙にコリウスの葉っぱをフンフンしていました。

あのとき落ちたのかな。どうやら葉っぱまでかじりやがったようだ。
調べたけどネコに害はないらしい。なら良かった。ヤツの前足の届かないところに置こう。


その場に落ちてるタネ?を片付けて一件落着。


ではなかった。


次の日も、また次の日もタネは出続ける。

数日前に無残にちぎられた花の亡霊が、執念でタネをこの世に送り出しているのだろうか。
亡霊になってまで赤子を生んで育てようとした母親の話を思い出した。

よく見るとそのタネは黒ではなく、コリウスのように赤紫色をしていた。

…こ、怖い。

どうすんだこれ。

というか、ここまで来たらさすがの私もある可能性に気がつかずにはいられない。

それは亡霊の種子よりもっと怖いものかもしれない。
少なくても私はそれを考えただけで寒気が走る。

しかし確かめねばならぬ。

私は意を決して確かめた。コリウスをビンから出してじいっと見つめた。

…いたよ。


………でっかい(←主観)、イモムシくんが。


つまり私はこのイモムシつきの枝を数日間食卓に飾っていたわけで。
その隣でご飯を食べていたわけで。
タネだと思ってたのはイモムシくんの排泄物だったわけで。

…。

あぁイモムシくん、その場を動かないでいてくれたことだけには感謝する!
勝手につれてきたことについては謝罪もしよう!

しかしこの場はお引き取り願いたいっ!!!

ていうかすっごいウ●コの量だったね君は!!!!!

イモムシ君、強制退去。

おかげで室内に平和は戻りましたが心の傷はいえていません。

次から室内に植物を取り込むときはよく確認しましょう。

そして何でもネコのせいにするのはやめよう。


さて数日間にわたって葉っぱを食べられ続けたコリウスですが、

今ではすっかり元気になって切り枝の状態で根っこ出しました。
コリウス
話には聞いていたがこれほど早いとは。
さすがのシソ科エナジーです。

そういえば実家のブロッコリーも収穫の時期です。
ブロッコリー
ち、小さい…。
肥料間違ったかな。
はっきりいって親指姫サイズ。

ちなみにこちらが近所のスーパーで税抜き77円で買った国産ブロッコリーでございます。
ブロッコリー
暖冬なんて…暖冬なんて…!
(でも最近また価格が高くなってきたよ)

寒菊咲いています。
寒菊

スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
暖冬のおかげで、まるで10月のような健やかな花を咲かせています。

ところで今の時期になって探し出した年末年始の旅行ですが、なんとか決定しました。

半年遅れの新婚旅行。

その新婚旅行(しかも年末年始ハイシーズン)を出発3週間前に探し始めるダメ新婦。
先行きは乱気流です。

キッチンの生活臭がマシマシな件について

冬の花
12 /13 2015
過去のDIY作品がんばって公開中。

今回はキッチン収納棚の作り方を載せました。

一生懸命書いてまとめてアップロードしようとしたらエラーでデータが吹っ飛んだけど、がんばってもう一回書いたよ!
(バックアップという名のアップロードはこまめにね)

キッチン収納棚

上の写真をとったのは今年の2月。引っ越してからまだ4ヶ月のころ。
思えば、このころはまだモノが少なかったものです。

ご飯は土鍋で炊いていた。
ホットケーキはフライパンで作ってた。
ザルもボウルも1個ずつしか無かったし。

ちまたで流行のモノの少ないシンプルライフだったのだ…。

それが今じゃ、炊飯器は買っちゃったし(もう土鍋で炊いてない)

タコ焼き機にもなるホットプレート大活躍だし(ホットケーキもそれで焼く)

ザルもボウルも結局増えたよ。だって1個ずつじゃケーキ作るときにハンパなく不便だから…!
(しかし粉ふるいは未だにザルでやってる)

要するにモノが増えた。増えまくった。

便利なモノの散乱する我が台所のなんという生活臭よ。
しかしそういうほうが気分が落ち着くのも事実。
おしゃれライフには程遠い体質のようです。

ちなみに上記の収納棚で専用スペースまで設けてるミキサーですが、月イチくらいでしか使ってません。
まぁ、お約束。

さて庭ではギボウシ黄葉しています。
ギボウシ黄葉

そして咲き出すスノードロップ。
スノードロップ
毎年この株だけはやたら早咲きなのです。

バラのダブルディライト。
ダブルディライト
たぶん今年最後の花。
切花にして室内に取り込みました。

青虫さん、元気です(12月なのに)

食べられる植物
12 /10 2015
いまさらですが今年は暖冬です。
この時期になってもまだ最低気温が氷点下まで下がってません。
ついでに冬物のコートもまだ出していません。

暖冬。
お野菜の値段も安いし、庭の植物も長く楽しめるし、助かるわぁ~。

といいたいけど困ったことが…。

家庭菜園のキャベツに青虫。
キャベツ 青虫
穴ぼこです。いわずとしれたモンシロチョウの幼虫です。

対策してなかったのが悪いんです。
でも、過去の経験からこの時期ならそうそう虫もつかないだろうと思ってたんですよ。
暖冬のおかげで虫さんも元気なようです。

ところでこのモンシロチョウのガキメら(茨城弁で子供たち)、どうしたらいいのでしょうか。

モンシロチョウはさなぎになって越冬する、と、どこのサイトでも説明している。
それならいいんだ。もうこれ以上食べないでくれるのならいいんだ。
外葉の一枚二枚、食わせてやろうじゃないか。

しかし、いったいどうしたのか。
どう見ても、最近卵から孵ったばかりです!みたいなチビ青虫がなんでいるのだ…。

君たちさ、完璧に間に合わないぞ?いくら暖冬たって12月だぞ?
今からどうやってさなぎになるつもりなんだい!?

いまごろ年末年始の旅行先探してるような私みたいな女に突っ込まれるってどれだけ計画性ないんだろうか。
(もっとも生みつけられただけの青虫に責任はない)

まぁともかくまだ本格的に寒くはならなさそうだし、案外いけるかもね。

でもとりあえずこれ以上キャベツ食べられるのは困るんだ。

しかし青虫さんとは小学校のときお友達だった(ていうか飼ってた)ので、なるべくなら殺したくない。

どうしよう…。

そうだこいつがいるじゃないか!
ハボタン
雑草化して数年たった(元)ミニハボタンさんです。

私の中でアクマがささやく。
青虫をこいつに移せば…キャベツは助かり青虫たちも飢えることはない。

そう、この巨大化&雑草化して困ってる(元)ミニハボタンさえ犠牲になれば…!

………というのもちょっと不憫だなぁ。(元)ミニハボタンが。

どうしようかは考えよう。

そう、今週末まで。

トウガラシは寒さにあたって弱ってます。
トウガラシ

ローズヒップすずなり。
ローズヒップ
しかし見た目ほど美味しくはないようで鳥も来ません。

ノースポールが咲いていました。
ノースポール
冬です。

…しかしさなぎになれずに冬を迎えた青虫はどうなるのだろうか。
かわいそうな結末しか想像できなくて困る。

ガーデンフェンスの作り方を公開しました。

一人で出来るもん!DIY
12 /07 2015
いい加減注意報!

いい加減注意報

私がDIYしたポンコツ作品たち。

その手順をこれから公開しようと思って今さらながら手順をまとめていますが、
クラクラきちゃった。

…自分のあまりにいい加減な作り方に。

そして不安になった。

どうしよう。

DIYをこれから始める人がうっかり私の作品を見たら、悪い影響を与えてしまうかもしれない…!

というわけで作ったのが上記の『いいかげん注意報!』

これで警告を出しておけば、私のいい加減な作品を『これはいい加減な作品だなぁ』と認識してくれることでしょう。(希望的観測)

それにしてもこんな警告に利用されたアルパカさんが不憫でならない。
ごめんねアルパカさん。また那須に会いにいくからね。

今度はセルフリフォームさんで京の町屋のべんがら格子風ガーデンフェンスを公開しました。

これ作ったの去年の春だったんですね。
ガーデンフェンス
けっこう前のような気がしてました。
あのころはまだ実家にいたのです。

いろいろと茂りまくってる2014年の春の様子。
ガーデンフェンス
あぁ、春が待ちどおしい。
気温が高い低いの問題じゃないの。
植物たちがいっせいに活動を始める、あの何ともいえないパワーが恋しいの。

クイーンエリザベス、今年最後の花です。
クイーンエリザベス

春は遠い。しかしDIYをしていればすぐだ。
…というわけで今年の冬はDIYをがんばろうっと。

わたし…白血球が見えるんです!(いや本当に)

冬の花
12 /04 2015
いきなりですが世の中知らないことがいっぱいです。

先日、私が子供のときから不思議に思っていた現象の理由がわかりました。

わたし、澄んだ青空を見上げると無数の輝く白い球体が動き回ってるのが見えるんです。まるで魂のような。

このことに気づいたのは小学校入学したばかりのとき。
まわりの友達に聞いても誰も見えないという。

これは…私だけにみえる、空気の精!

と、小学校低学年のころは割りと本気でそう思っていました。

もう少し成長してからは飛蚊症だと思っていました。

しかしつい先日新たな知識の扉が開きました。主にwikipedia様のおかげで。

私の身に起こっているのは、『ブルーフィールド内視現象』

白い無数の球体は空気の精でも飛蚊症の症状でもなく、
私の血管を流れる白血球の影だったという!

という、予想をはるかに超えるオチに、びっくりぽん。
(この言い方、来年後半あたりには流行おくれになってるんだろうな)。

それにしてもある意味空気の精以上にファンタジーですわ。
自分の白血球が見えるって。

なんでも眼球内を流れる血液の影は、本当はちゃんとすべて見えてるらしい。

けど赤血球の影は黒いから、脳が自動的に不要と判断して消去している。
しかし白血球は諸事情あってそうもいかず、無数の光が動き回ってるように見えてしまう、と。

これを知って私は大いに驚きました。

赤血球の影を自動認識して消去って、これ本当にニンゲンの…ていうか私の脳みその話ですか?

人類の脳みその高性能さに再びびっくりぽん。
(残念ながらこれは脳の標準装備で、私個人の才能ではないらしい。当たり前だけど)

そしてその人類の優秀な脳みそ、それをフル活用しているとはいえない我が人生にがっかりぽん…。

ニンゲンのすべての脳の機能を活用すればとんでもないパワーが出せる、
というのをあながち間違いじゃないかもしれませんね。

しかし私が生きてるうちには無理そう。

なのでとりあえず次に青空を見上げて光る点が見えたら、
きらきら光(ってみえ)る自分の体内の白血球に向けてエールを送ろうかと思う。

今年はもう風邪引きたくないわ、と。

がんばれ白血球。

(生活習慣、見直そうよ)

今年ももう12月ですね。

オーナメンタルグラスのペニセタム・ビロサムはまだがんばっています。
ペニセタム ビロサム
年々ゴージャスになっていくばかりで頼もしい。

ブルーベリーの紅葉。
ブルーベリー紅葉
鮮やかな赤に、毎年のように目を奪われます。

寒咲きのスイセンが凛として咲いていました。
寒咲き水仙
ていうか強い風が吹いたら即効で倒れます(そして二度と戻らない)ので、凛としてるのは今のうちだけです。

バラのオミ・オズワルドが一輪だけ咲いていました。
オミオズワルド
本当に一輪だけ。
最後のお別れでしょうか。また来年の春にね。

収納庫の手順を公開しました。

一人で出来るもん!DIY
12 /01 2015
12月になりました。

12月といえば冬至。

これから段々日も短くなって…と言いたいところですがちょっと待った。

実は一年のうちで今が一番日の入りが早いんですってよ奥さん!
※茨城基準なのでよそのことはわかりません。

正確には11月30日から12月12日までが日が暮れるのが早い日。

12月13日以降はしだいに日の暮れるのが遅くなっていくのです。

しかしなぜ冬至は12月下旬なのか。
そりゃー日の出がどんどん遅くなるからです。

そんな、暗いわ寒いわでガーデニングもろくにできない真冬の到来。

しかしDIYするには絶好の時期…かもしれない。
(ええ、真冬の屋外でガーデンフェンス作る辛さは私も存じております)

とりあえず軒下の収納庫(ガーデンボックス?)を作りました。

骨格です。
軒下 収納庫

それから斜めに木材をとりつけるところです。
収納庫

さらには野地板を張って完成だ!
軒下 収納庫

そんな説明でわかるか…っ!!!

と思われそうでしたのでセルフリフォームさんで手順を公開しました。

気になる人はお暇なときにでも見てみてください。
以前作ったのもこれからボチボチ公開する予定です。

ウインターコスモス咲いています。
ウインターコスモス

しかし、ぶっ倒れています。
ウインターコスモス
これを植えたときにはフェンスに誘引するつもりだった…
(しかし結局面倒になってやめた)