ナウでヤングの反対語

春の花
04 /29 2015
おはようございます。休日の朝です(※もう10時)。

ところでそれはそうとしてこの暑さどうにかなりませんか。

3週間前には雪が降ってたのに、昨日は30℃近くまで気温が上がりました。

10代の頃の私だったら、むしろこの状況を面白がっていたでしょうね。
季節の荒ぶり方を楽しんで、浮かれた気分で夏服をタンスから引き出したことでしょう。

しかし今の私はもう自然界のジェットコースターをポジティブに楽しめるトシじゃないんですよぉ!
(ついでに夏服はまだ実家なので着るものもない)

今は。ナウでヤングな若者じゃなくなった、今は。悲しい加齢の物語。

ところでナウなヤングの反対語ってなんだ。
オールドでオールドか?そりゃひどい。
じゃあオールド・ファッションド(old-fashoned)でエルダー(elder)はどうだ。

なんかかっこいいじゃないか。
よしこれからはナウでヤングなんてもう古い!(そもそも古い)
オールドファションドでエルダーな自分で行こう!

ゴールデンウィークの決意。

ところでそのオールドファションドでエルダーな自分は外出すると疲れるのでこのGWは基本的に引きこもります。

ていうか実家にいって夏服をとってこよう…。

実家の庭のビオラ。
ビオラ
背の高くなり始めた周りの植物に埋もれて咲いています。

かわいいチューリップ。
チューリップ
これも植えっぱなしで毎年咲いてくれています。

去年植えた紫アスパラガスの芽が出てきました。
アスパラガス
しかし1本だけで収穫するわけにもいかない。

これはアスパラガス…じゃなくてギボウシの芽。
ギボウシ
葉っぱは普通に緑色の品種です。

寒河江はとっくに葉っぱが展開しました。
ギボウシ・サガエ
あいかわらず食べたくなるほど瑞々しいわぁ。

※ちなみにナウとヤングの反対語は語感重視で適当につけましたのであまり本気にしちゃいやよ。

スポンサーサイト

チアシード食べてみたってよ。

春の花
04 /26 2015
セレブの間で大流行というウワサのチアシードを買ってしまいました。

栄養素ばつぐんでダイエットにもいいとウワサのチアシード。

ヨーグルトに入れて食べたらプチプチしました。
若干の粘膜に包まれた、とっても細かいプチプチです。

その細か~いプチプチのうちの一粒が、
食べ終わったあともなぜか口の中のどこかに残ってしまい、
その後ハミガキするまでの30分にわたってプチプチした違和感と戦うハメになりました。

取ろうとすると取れない。取るのをやめると存在を主張しはじめる。

確かに存在するのに触ろうとすると消えてしまう、お前はお口のフェアリーか。

チアシード火付け役のセレブリティな皆様も、食後はこんな風にお口のフェアリーと戯れているのでしょうか。

私もその仲間入りをしたかとおもうと胸が高まりますね。

これがミーハーの醍醐味であり、心理学で言うところの同一化であり、私がチアシードを買った理由である。

つまり何がいいたいかというと、一度食べて満足したからたぶんもう買わないでしょう。

さ、次はココナッツオイルいってみましょうか。


実家でヤマブキが咲き出しました。
ヤマブキ
これをみるとゴールデンウィークって感じがしますわ。
日陰に近い半日陰でもまったく問題なく育って咲いています。

日陰には明るすぎるくらいのまぶしいヤマブキ色。
ヤマブキ

モッコウバラもつぼみをあげてきました。
モッコウバラ
そう、実はうちにもモッコウバラもあったのである。それもずっと前から。
なぜブログに乗せなかったかというと、ずっと半日陰に植えてたせいかロクに育たず、花も咲かなかったのである。
去年日向に移植したらあっさり咲いたわけである。

強健種だろうと野生種だろうとやっぱりバラはバラで、ヤマブキとは違うということか…。

モミジイチゴも咲きました。
モミジイチゴ
これもバラの仲間。
美味しい実を今年こそ期待しています。

春の庭をかわいく飾ってくれたスノーフレーク。
スノーフレーク
そろそろ終了です。お疲れ様でした。

ところでチアシードのチアってサルビア(セージ)の仲間なんですってね。

庭にあるセージのタネをチアシード代わりに食べたら…いけないだろうか。

もしこの世にカレンダーがなくても。

春の花
04 /23 2015
おはようございます。
当地は今ボタンザクラが満開です。藤の花も咲き始めました。

そりゃそうだ。だってもうすぐゴールデンウィーク…

え、来週はもうゴールデンウィークなの!?

年々時の流れについていけなくなっております。
もしこの世にカレンダーがなければ、私はきっと今はまだ春の初めだと思っていることでしょう。
カレンダーは偉大なり。

そしてカレンダーもないのに時が来れば忘れずに開花する植物はすごい。

八重咲きのスイセンが咲きました。
スイセン
いつも頭が重くて倒れてる品種ですが今年はお天気に恵まれたおかげか倒れていません。

本領発揮のノースポール。
ノースポール
真夏以外は庭のどこかで咲いています。

咲き始めのアイリス。
アイリス
花びらが完全に出てなくてなんだか着替え中を見てしまった気分。

ほったらかしムスカリです。
ムスカリ

これも数年前にまとめて植えてほったらかし。
ムスカリ
でもきれいに咲いています。
植えっぱなしだと葉っぱが伸びすぎるのが難。

オラは顎関節症になっちまっただ。

春の花
04 /19 2015
きのう、顎関節症と診断されました。

現代人の3人に1人は患者だと言われる、がくかんせつしょう。
とうとう私も現代人デビューです!

とか喜んでいられませんわ、まじで。

まず、口が開かない。ある程度まであけようとすると痛くてあけられないのです。
悪霊の見えない手で顎を固定されている気分。
つらい。

そしてあくびができない。ふわぁ…と気持ちよく口をあけようとして左頬に走る疼痛。
針を持った妖精さんが常に自分のそばにいて、こっちが油断した瞬間にブスっと刺してくるような生活。
ストレスです。

ただ、歯医者さんいわくII型なので特に心配することはないと。

II型は顎の靭帯に負荷がかかって傷んでしまった状態だそうな。III型になると別の治療開始だそうな。
私の場合はそこまでいかず、数週間は顎に負担をかけないようにして様子を見てくださいね…ということでそのまま帰ってきました。

ああ、顎関節症って即効で直せるものじゃないのですね…

そしてこんなに痛くてストレスなのに、『顎関節症』という現代社会にありふれた症状のためか人に話してもあんまり同情してもらえない。

まぁ私だってこの症状がでるまでは軽い肩こりみたいなものだと思ってましたから自業自得ですね。
これから顎関節症のひとに会ったらやさしくしようと決めた春の一日。

現代人でいるってほろ苦いなぁ。

実家の庭ではヒマラヤユキノシタが花の下を伸ばしていました。
ヒマラヤユキノシタ
伸びてるのは花の下。
美女に会ったとき伸びるのは鼻の下。
ていうかヒマラヤユキノシタ自体が美女か。

チューリップも花の下がよく伸びています。
チューリップ
植えっぱなし何年目だろうなぁ。チューリップがいつもこれくらい毎年咲いてくれたらなぁ。

ボタンもつぼみがでてきました。
ボタン
ていうか新芽が美しいですね。

植木鉢を飛び出しすっかり野生化したムスカリ。
ムスカリ
こいつらは私がいなくてもぜんぜん大丈夫そうね。

ところで今日から数週間、私は自らのアゴに最大限気を遣った生活を送るしかありません。

一体いつ直るのでしょうね…アハハ…(口をなるべく開けずに乾いた笑い)


植物男子ベランダー2が始まるよ。

未分類
04 /15 2015
ガーデニング界隈で大人気の植物男子ベランダー2が、とうとう明日16日からはじまります。

…ということを知ったのは2週間前だ。
そして明日からはもう始まってしまう。

何がいいたいかというと、最近の時間の流れはとてつもなく早い。
この2週間なにしてたっけ。時が過ぎ去っていくなんてものじゃない、溶けてしまっているようだ。
時間泥棒さん出てらっしゃ~い、怒らないから出てらっしゃ~~~い………(応答ナシ)

さて当地は雨続きでして一坪庭のガーデニングもできません。
水遣りしなくていいのは楽だけど。

きれいに咲いてるアイスランドポピー。
アイスランドポピー
きれいだけどさ、ツボミのついたのを3株買ったらそれが全部オレンジだったときの悲しさは忘れられない。

シレネも咲いています。
シレネ
今年初めて植えたけど小さくてかわいい。

桜はだいたい散ってますがプリムラでお花見継続。
プリムラ

パンジーがこんな風に咲いていました。
パンジー
右の花を見ればわかるとおり、もともと葉脈の色が濃くなる株でしたが…まさかこんなストライプになるなんて。

なにこの現象。助けてベランダー!
あ、彼はあまりアテにならないんだったか…(失礼)

助けてベランダーのお知り合いの大学教授!(名前忘れた)

ペチュニアで手間が省けるだろうか。

春の花
04 /13 2015
春ですねぇ。
ガーデニングシーズンですねぇ。

しかし今の私では、毎日庭に出て春の植物を植えたりする手間はかけられません。

そこで、

実家の庭の花壇にペチュニアを植えました。
ペチュニア
なぜペチュニアかというと、春の植物を飛ばして夏の植物を植えることで、秋までにかかる手間を省こうという魂胆。
今植えておけば、あとは勝手に大きくなってくれる(はず)

もう少し暖かくなったらブルーサルビアあたりも買ってきてさっさと植えてしまいましょう。
そしたらもう新しい苗を植えつける手間もかからないこともない。(ヨロコビもないが…)

さてこの試みは成功するでしょうか。

こんなわけわかんないペチュニアも。
ペチュニア
八重咲き&二色咲き?

スノーフレークの乱れ咲き。
スノーフレーク
毎年勝手に増えてます。

去年の秋に種まきしたヤグルマギクがとうとう開花。
ヤグルマギク
かなりの大株になったので今後が楽しみです。

桜と雪の競演は寒い。

春の花
04 /09 2015
おはようございます。
4月の朝です。

ブログのテンプレートを変えました。
今回からしばらくはクリックしないと全文読めない仕様でございます。
おかげでトップページがすっきりしますが、読むのにもうひと手間かかるというジレンマ。なんとなくごめんなさい。

それにしても昨日は寒かった。

当地の正午時点の気温はたったの3℃。

そして雪が降っていました。4月の関東で。雪が。みぞれじゃなくて雪が。

おりしも当地はソメイヨシノが満開。
まさかの桜吹雪とノーマル吹雪の競演が楽しめました。
いや、楽しめなかったけど。寒すぎて。

真冬の3℃と4月の3℃は体感温度が格段に違いますね。
だって冬はちゃんと防寒用肌着とコートを着てるからさ…。

まぁ気象予報士の人いわく、こういったことは5年に一度くらいのペースであるようです。

はて。5年に一度というわりにあんまり記憶がないような…

前回は積もったからさすがに覚えてるけど、その前なんてとんと記憶にない。ワタシの豆腐のような脳みそをフル回転させて思い出そうとしても…

あっ、私の記憶力がアレだからか…!

じゃなくて、きっと雪が降るのは気温が下がる深夜が多いんだ。
だからあんまり覚えがないんだ。そう、私の記憶力のせいじゃないんだ、きっとそうだ!
(希望は口にすると叶うらしいですからね)

数日前の写真ですが、実家ではユキヤナギが満開でした。
ユキヤナギ
しまった。実家にいればユキヤナギと本物の雪の競演が見られたのに!

名前はヤナギですが花はまるでサクラのようです。
ユキヤナギ

そしてこの間発見したのですが、実家の庭でいつの間にかクリスマスローズが育っていました。
クリスマスローズ

…というのはウソでございます。
きっと母がどこかで貰ってきたものを植えたんでしょう。

ギボウシの寒河江が威風堂々と芽吹いてきました。
ギボウシ・サガエ
相変わらずの存在感。

いつの間にかビオラの花数も増えていました。
ビオラ
どんなに寒くてもやっぱり春。

ニュースタイル葉牡丹のトウ立ち?

カラーリーフ
04 /06 2015
当地は今、ソメイヨシノが満開です。
しかし残念なことにこの週末は雨でした。

そして実家に戻っても雨。

せっかくのハナニラがこんなになってました。
ハナニラ
実家に戻るのは週末だけなので、次に会うときはきっと花が終わってただの雑草チックな草に戻っていることでしょう。

春なのでハボタンはトウだちしまくってました。
ハボタンのトウ立ち
花壇の葉牡丹・白アスパラ風。

ほかのもグングン伸びてます。
ハボタンのトウ立ち
葉牡丹をトウ立ちさえると花壇に高低差ができてけっこういい感じだと思うのですけどね。モンシロチョウのベビーたちの保育園になるまえに抜こうかな。
ていうかその前に雑草抜こうかな。

さて今年初めて買った京小町というハボタンもあるのですが:
葉牡丹 京手毬
このハボタンのトウ立ちのしかたが割りと見たことない感じでした。

これ↓
ハボタンのトウ立ち
トウ立ちしにくい用に処理でもしてあったのか。
なんかニュースタイルだな、これ。

再生キャベツに失敗しました

食べられる植物
04 /03 2015
そういえば。
再生キャベツというものにチャレンジしたのはこの冬のことでしたか。

そう、キャベツの芯をくりぬき水につけておくことで新しいキャベツが手に入るというこの試み。

調べてみたら去年の11月にはじめました。
キャベツ
そういえばこのトレーにもともと入っていたのはマツタケさまです。広告の品でトルコ産で一個400円くらいだったけど(キャベツとまったく関係なし)

それが1月の終わりには根が出て土に植えつけられるまでになりました。
再生キャベツ
順調。でももうちょっと大きくなるまで収穫は待とうかな。

そして春。いまそのキャベツがどうなったかといいますと:
再生キャベツ
トウ立ちをはじめました。結球するまえに。

な、なんということだ。

2度とは食われまいとするキャベツの執念を感じます。

まぁ趣味の園芸いわく、キャベツのトウだちにはきちんとした原因があるんですけどね。

ある程度の葉数に達した株が、一定期間の低温を経験すると、花芽ができちゃうんだそうです。

つまりはだ。
小さいうちに収穫しちゃえば、そうすればトウだちはしなかったわけで…

強欲はいかんなぁ。

よし、反省しよう。

反省して新しい再生キャベツに取り掛かりました。
再生キャベツ
強欲?なんのことですか?


新しい世界の新しくていや~な発見。

春の花
04 /01 2015
実家を出て今のアパートに引っ越してから半年がたちました。

今の部屋にも小さな庭がついているので、そこで花や野菜を育てています。
実家の庭はと広さも違います。

広さは一坪ほどの小さな庭。このさい一坪庭とでも呼びましょうか(そのままだな)

その一坪庭、玄関前の照明ひとつで全体が照らされてしまいます。
夜帰ってきてもちゃんと花を楽しめます。
私にとっては新しい世界です。

明るいので、見たくないものも見えます。

…植えたばかりのデルフェニウムをネトネト食べてた、でかいナメクジとか…!!

いーやーだー。

ナメクジは実家でも困ってましたが、出会うことはめったにありませんでした。
調べてみたらナメクジは夜行性らしい。そうか。つまり実家庭は夜の間は真っ暗だったから、見えなかった。いたけど見えなかった。

それが夜でも明るい一坪庭ではすべてがわかってしまう、そういうことか。
いや、いいんだけど。わかったほうがいいんだけど。

まったくこれは新しい世界であります。
今まで知らなかったこと、いっぱいあるんだなぁ。

あっ ナメクジ、今度はコマツナを食べてる…!!もうやだ。

実家庭ではスイセンが咲いています。
スイセン

ユキヤナギも5部咲きくらい。
ユキヤナギ

スノーフレーク、今年はあんまり咲きません。
スノーフレーク
去年どうしたんだっけ。

トウ立ちしたハボタン、それでもきれいです。
ハボタン

さて、ナメクジ駆除剤かってこよう。