じゃがいもプランターとの出会い。

食べられる植物
03 /29 2015
おはようございます(もう11時だ)

なんと爽やかな春の朝でしょうか。
お日様さんさんで暖かいです。

もちろん今住んでいるアパートの庭は花盛り。
プランター
っといってもプランター内のことですが。

とはいえ、すでに育ちきった花たちにはあまり関われないのがガーデナーのつらいところです。
水遣りと花ガラつみくらいしかやることがない。

最近わたしが積極的に関わっているのはこの花たちではなく、こちらでございます。



ジャガイモ
なぜ今が盛りの可憐な花たちではなく、このしなびたおジャガにかかわずらっているのか。

それは私がうっかりして芽が出てしまったからでありまする。(まぁいつものことで)

最初はひとつだけ。せまくて暗いシンク下でけなげに芽吹いたジャガイモを捨てられなかった。

よし、これは種芋にして育てちゃおう。
そう決意して新しいジャガイモを買い、料理して、余った3個を収納棚に入れておいたら

また芽吹いた。

というわけでうちには芽吹いたジャガイモが4つもある…。
(※しかも切ったら8つに増えた)

この種芋数個は実家の菜園に埋めました。
残りはプランター栽培で育てます。

そしてホームセンターで発見したのがこのじゃがいもプランター。
ジャガイモプランター
じゃがいもは生長にあわせて土寄せが必要ですが、これはそのつど上に伸ばしていけるプランターだそうです。メリット?たぶんプランターに土が半分くらいしか入ってないのをみると心がざわざわする、私のような人用かな。たぶん。

ちなみに、これ、500円…。これでジャガイモが何個替えるかとか考えちゃいけない。育てる喜びはプライスレスだし再利用だってできる。どれくらい長持ちするかは不明だけど、高さを自在に変えられるプランターっていうのは便利な気もする。植えられるのはジャガイモだけに限らないし、うんきっとそうだ。そうなんだ。(自分を納得させ中)

開いてみると結構大きいです。
ジャガイモプランター
12号くらいの鉢と同じくらい?

しかし現時点ではフルに使う必要はないのでこのように折りたたみ。
ジャガイモプランター
このブログ書き終わったら植えつけます。

ところで昨日また新たな発見がありました。
新しく買ったばかりのジャガイモがもうすでに芽吹きそうな感じです。

今度からジャガイモは1個ずつ買おう…


スポンサーサイト

貧乏性とネットスーパー

未分類
03 /27 2015
最近仕事が忙しいため、時間の節約にネットスーパーでも利用しようかなと思い立ち、

利用したいスーパーを検索したところ、

配達エリアというものに阻まれて利用できませんでした。

えっあれってピザ屋の宅配と一緒だったの…!(驚愕)

ちなみに全国区でやってるネットスーパーもありますけど、高いのでやめました。
それなら時間かけて近所のスーパーいったほうがいいもん…。

時間をお金で買うということができない私は貧乏性でございます。

さて実家の庭の春。
ハボタン
プラチナレッドだかなんだかのハボタンは春もうつくしゅうございます。

バラの新芽も負けずに美しい。
バラの新芽
それはそうと芽かきしなくちゃ。

ジンチョウゲは満開でした。
ジンチョウゲ
今週末に帰ることには散ってしまっているでしょうか。

逆にユキヤナギは咲き出したころなので、今頃は満開でしょう。
ピンクユキヤナギ

ヒマラヤユキノシタも咲いていました。
ヒマラヤユキノシタ
これの銅葉バージョンが欲しいのだけどいまだに買えてない。
なんだか忘れてしまうのです。
今年こそ買おうと、もう2年くらい思ってる。

春のトウ立ち祭り、そして旧暦を考える。

春の花
03 /24 2015
気づけば春分の日を過ぎてしまっておりました。

あ、もう春なんだ…

じゃあ夏庭の準備しなきゃ!

ガーデニングをやっていると季節を味わえるかと思いきやどっこい季節感狂いまくりです。

野菜苗はゴールデンウィーク前に仕入れて置きたいところですねぇ。とかいって毎年予定通りには行かないんだけどさ。

春なので実家の庭でハボタンがトウ立ちしていました。
ハボタン
さてこれからどうしようか。
セオリーどおりなら引っこ抜くところですが、トウ立ちしたハボタンも結構好きだ。
ほかに植えるものもないし、まぁいっか。

もともとトウ立ちしてたようなスタイルの踊り葉牡丹。
ハボタン
さらにトウが立ちました。

さらになんとプリムラ・ポリアンまでもがトウ立ち…!
プリムラポリアン
なんということでしょう。今年はトウ立ちの当たり年でしょうか。
まぁ、これは暖かくなるとままあることです。
始めて見たときは怪奇現象かとおもったけど。

実家のウメは満開を過ぎてしまいました。
ウメ

その代わりモモの花が咲き出しました。
モモ
まぁ可愛い。

そろそろ旧暦の桃の節句かしら…。

季節を感じるのに旧暦はふさわしい。
桃の節句にはちゃんと桃が咲いているし、旧暦のお正月は春の兆しが訪れるころだし、七夕だって梅雨とかぶらない。(もちろん居住地による…)

旧暦ってすばらしい。
桃の花咲くこの時期ならきっと、正しく桃の節句の時期であるはず。

と思って調べてみたら、今はまだ旧暦2月初旬。

今年の旧暦の桃の節句は4月21日ですってよ奥さん!

それはそれは…桃の花、散っちゃいますなぁ。桃どころか桜も…。
旧暦も時には当てにならないものです。

生まれ変われなかった

春の花
03 /21 2015
3月下旬です。
当地はずいぶん春めいてきました。

春…、そう、ガーデニングの季節。
だというのに、今のところ何もできていないのはなぜだ。
とりあえず今住んでいるアパートの一坪庭にウッドフェンスを立てよう。そして野菜用のコンテナを買おう。それからだ。

そうそう。
今のところうまくいっている種まきでございます。
種まき
今まで種まきが散々な結果に終わっていたのは、他に気をとられるもの(庭)が多すぎたせいかしら。

実家のだだっ広い庭の世話をする時間が不要になった今、デリケートな幼苗のお世話にも気が行くようになりました。私は生まれ変わったのです。

…ということを書こうと思ったのは数週間前。

今度は仕事が忙しくなって、
はっと気がつけば鉢植えが水切れでしおれている始末でございます。

こんなんじゃ種まきした苗もいつ枯らすやら。
あぁ室内の鉢植えにも雨が降ってくれないかなぁ(無理言うな)

あ、前も書きましたが今年は試験的に百均の収納ボックス+お茶パック+鉢底石で種まきしています。
(なぜか普通の種まきもまともにできないくせに試験的試みに手を出すのです…)

これはアグロステンマ。
種まき
ボックスに水を注ぐだけなのでたいそう楽です。まぁこれからどうなるかわからないけど。

そしてこの寄せ植えは春らしく賑やかになってきました。
寄せ植え
鉢植えなので水遣りが大変です…。いつか枯らしそうです…。

特にこの大きくなったノースポールが、水をたくさん吸うようで。
ノースポール
隔離(単独鉢植え化)も考えなくちゃ。


春なのに…

春の花
03 /18 2015
春は出会いと別れの季節ですね。

ところで夢は言葉にすると叶うらしいので、ここでひとつ私の夢を宣言します。

私の夢は高額宝くじに当選し、そのお金で山奥の庭付き一軒家をキャッシュで購入して暮らすのです。そこでは朝から晩まで庭造りをしたいです。庭で取れた植物やら鶏卵やらで料理をしたいです。訪ねてくるのは郵便屋さんと宅配便のひとと友人知人家族だけで十分です。ノーセールス、ノー勧誘です。もちろんネット環境は整っていなければなりません。大きいホームセンターまで車で30分以内でなければなりません。窓から海が見えると嬉しいです。

さぁ夢を言葉にしたぞ。これできっと叶うだろう!

…というような宣言を堂々とするやつ、私が神様ならきっと願いを叶えない。

そんなことをぼんやり考える春の季節。

それで話は最初に戻りますが、春は出会いと別れの季節で、歓送迎会シーズンで、人事異動のシーズンで、

要するに急に忙しくなってしまったでありんすよ。せっかくの春なのに。

それでこんなしょうもない現実逃避をしているのですね。書いてて我ながらあほくさいとは思いましたよ。書いちゃったけど。

ちなみに残念ながら私の夢は叶いそうにありません。宝くじ買ってないし。

そんな風に忙しい日々を送りながらも常にろくでもない妄想にふけってるせいでしょうか。
(※よく考えたら妄想にふける時間はあった)

庭の写真が気づいたらありませんでした。

今ある写真その1。
クロッカス
実家の庭のクロッカス。

今ある写真その2。
ジンチョウゲ
咲き始めたジンチョウゲ。

春ですねぇ。

春なんだから庭に居たいものです。うわーん(以下、ひたすらぐずる)

ポジティブが身につくDIYライフ。

一人で出来るもん!DIY
03 /14 2015
おはようございます。

端材を再利用したプランターカバー作ってるよ!
とこのブログに書いてから結構な期間放置していたわけですが、それがようやく出来上がりました。

まず前回まで↓
プランターカバー自作
もうこれでいいかな、と思ってしまったことが放置の一因でした。
(もちろん原因の大部分はわたしのナマケモノ根性だ)

でもがんばったよ!

実家でフェンス作ったときのあまった野地板を切って固定してこのとおり。
プランターカバー

あとは上にもう一枚載せるだけ。
プランターカバー
ほぉらプラスチックのプランターが見えなくなりましたよ。
板の45℃斜め切りもソーガイドで簡単でした。

ただ、この板、使い道のないまま数年放置していたものなので状態が悪い…

いや、これはあえてシャビーだといっておきましょう。
かようにポジティブシンキングが身につくDIY生活、あなたもいかがでしょうか?

え?

そもそもペンキを塗り直せばきれいに仕上がったはず??

はて、何のことやら??(必殺・気づかなかったふり)

意図したわけではありませんが、枠が額縁みたいでいい感じじゃないでしょうか。
プランターカバー
何個かつくって並べてみようかと思います。


がんばれ自分、水を買いにいくのだ。

春の花
03 /12 2015
昨日は震災4年目の日。
とはいえ、近所のホームセンター数軒にいっても防災関連商品の特設コーナーはありませんでした。

まぁホームセンターも商売ですから。
やらないってことは、やっても売り上げにつながらないってことなんですかね。

もしそうだと仮定して、なぜ売れないのでしょうか。

もう震災の記憶が薄れ始めているから売れないのか、
防災用品はみんなもうばっちり揃えてあるからいまさら売れないよ、なのか。
後者だといいですけど。

ああ、でも、少なくとも私はばっちり揃えてないわ。
今住んでる部屋に長期保存水と給水車が来たとき用のポリタンクがないことに気づいてから、一体どれくらい経ったのか…考えたくない。

うん、買いにいこう。今日こそ買いに行こう。そしていつもどおりに電気がついてお店が営業してることに感謝しよう。何事も予定通りにこなせない自分だけど今日一日くらいはできるはずだ、がんばれ自分。


さて季節は本格的な春に移ろうとしています。
プランター栽培中のハボタンとビオラ。
ハボタンとビオラ
今はきれいなハボタンですが、これからトウ立ちの季節です。そのときになったらどうしよう。

乙女な配色のパンジー。
パンジー
これもこれから大きくなります。
同じ鉢で育てるのはきつくなりそう。

さらに同じプランターに植えてあるノースポール
ノースポール
これもこれから大きくなりますわけで…
あ、考えるのは後にしよう。

実家ではバラの芽吹きが始まっています。

バラの芽吹きでいつもびっくりするのはルゴサ系。
ルゴサ系のバラの芽吹き
普通は芽がぷっくり膨らんでから葉っぱが展開するものですが、ルゴサ系は何もない枯れ枝のようなところから突然葉っぱが出てくるのです。
おかげで剪定するとき迷う迷う…

実家の庭からとってきたつぼみのついたジンチョウゲの一枝を、室内において置いたら花が咲きました。
ジンチョウゲ
いい香りを楽しんでいます。

実家にいたことはあまりこんなことはしなかったなぁ、庭に出ればいつでも嗅げるからって。

実家にいたら知らなかった庭のありがたみを感じています。

雨ばかりの日々でございます

春の花
03 /09 2015
はーーーーーー…。

まったく今年の冬は雨が多いという印象。

昨日も雨、今日も雨、明日も雨の予報です。
その次は晴れですがどうせまた雨が降るんでしょ、この調子じゃ。けっ!

あぁわかってます、我ながらイタい行動です。いい年して天候に毒づくだなんて。

ていうか別に雨は嫌いじゃなかったはずなんですが、こうも雨続きだとね。

洗濯物が乾かないわ、屋内ガーデニングもできないわ、日が照らないと寒いわ。

そんな春とは名ばかりの3月上旬ですが、庭の様子もちょっと変わってきました。

数日前には花壇のデージーが花を咲かせるようになったり。
デージー

一方、軒下で霜にあたらずにいたデージーはすでに大きくなっています。
デージー
やっぱり霜って植物に悪いんだなぁ。

雨が降ってる間は霜も降りないからその点はいいことですね。
あと、水遣りしなくていいところ。

横から見ると蓮華の花のようですね。
デージー
ありがたや、ありがたや~。

あ、雨のいいところ、もうひとつありました。

花粉症のひとが苦しまずにいるところ。

…なんだろう、私が人を思いやる発言をすると、こうまで嘘くさく響くのは。
お天気に悪態つくような女だからか、そうなのか。

そして検索してみたら雨の日に花粉症が悪化する人もいることを発見。
うわぁ知ったかぶりしてしまった…。ごめんなさい。

き、気を取り直して室内ガーデニングを。

バラの種まき中です。
バラの種まき
一晩水につけて沈んだものだけをまく、というやり方。

せっかくなんで今回は浮いた種もまいてみようかな。
それで芽が出たらドヤ顔でホームページ更新するんだ…

バラの種まき再開しました。

春の花
03 /06 2015
実家の庭でミニアイリスが開花していました。
ミニアイリス
落ち葉の下からこんにちは。
あいかわらず突拍子もない咲き方するわぁ。

沈丁花の膨らんできたつぼみ。
ジンチョウゲ
こちらは何ヶ月も前からつぼみをじっくりと大きくする派。
つぼみだけでも結構楽しめます。

さて。
賃貸のお部屋に引っ越してから、ガーデニングに避ける時間がぐっと減りました。
というか、庭がないのでやれることが少ない。

毎週日曜日の趣味の園芸を見ていても、ついつい目が行くのはプランター菜園やベランダガーデニングのコーナー。

以前は庭で手一杯で、そっち方面は軽く流していたのに。
この変わりようは自分でも不思議。

たぶん今までの庭志向は今までがそういう環境だったからで
今ベランダガーデニングに目が向くのは今がそういう環境だからで。

なるほど、環境が人を作るのか!

…という『そんなのみんな知ってるよ』的な事実をはじめて知りました。いや、実感したというべきでしょうか。

環境が変われば人は変わるのだ。

だから私もきっと環境がさらに変われば、毎朝5時に起床してジョギングしたあとにグリーンスムージーを手作りし、植物に水遣りと部屋の掃除と資格の勉強をしてからきっちり身だしなみを整えて出勤するような人間になれるかもしれない。もちろん会社に着くのは始業の30分以上前。あとから来る同僚にさわやかな笑顔でおはようと言う、そんな人間に、わたしは

…なれそうにないわっ。

ナマケモノはナマケモノなのだ。(ていうか本物のナマケモノに失礼なのだ)

話はそれたけど、要するに今は庭がなくてもできるガーデニングを模索中。

そのひとつ、室内でもできる種まきガーデニング。

…のために実家からとってきたローズヒップ(バラのたね)。
ローズヒップ
ここ数年は種まきもろくにできなかったなぁ。
理由の半分は『庭でやることがいっぱいだから』で、もう半分は『庭主がナマケモノだから』ですよ。

さ、とにかく種まき種まき。

バラの種まき
ある水耕栽培HPで知った、お茶パック栽培。
使ったのは100均の収納ボックスとお茶パック。
水耕栽培の知恵なので種まきに有効かどうかは不明だけど、とりあえず面白そうだったからこれね。

うまくいったら報告します。
…失敗したら、こっそりとなかったことにすることでしょう。

さぁ、明日はどっちだ。

プランターカバーに迷いが生じたのです

一人で出来るもん!DIY
03 /04 2015
春まだ浅い3月の初め。

曇りや雨の日はふつーに寒い…

寒いですが端材を再利用して作るプランターカバーの続きをつくりました。

いま完成してるのは骨組みだけだけど、とりあえずプランターにはめてみて問題ないことを確認。

しかしここで迷いが生まれてしまった。

プランターカバーの骨組みをはめる前。
プランターカバー自作

プランターカバーの骨組みをはめたとき。
プランターカバー自作

繰り返すがこれは骨組みで、このあとに木材でカバーする予定であります。

でも…

でもなんか…

もしかしてこれ、骨組みだけでいい感じになっていない?

これだけでいけちゃうの?カバーいらないの??

もういちど↓
プランターカバー自作

うーん…このままでもいい気がしてきたなぁ。でもそれだとせっかく切り出した木材が無駄になることに…無駄をなくそうとして作ったプランターカバーで無駄がでる…そんなの、

そんなのいくない!(※正しくは、良くない)

というわけで迷いましたがカバーはつけます。
うん、たぶん。


話は変わりますが実家の軒下で育てているデージは大きくなりました。
デージー
大きくなったというか花数が増えたというか。

もうちょっとしたら花壇に移しましょう。
デージー
そういえば今年の当地は暖冬気味だったようで、雪がほとんど降ってません。

雪が降らないまま今日は晴れて最高気温は20℃近くの予報。

うれしいような さみしいような スタッドレスタイヤがもったいないような。
複雑な気分です。

謎の植物の正体は結局アレ。

冬の花
03 /02 2015
おはようございます。
今日は3月2日です。
3月だからもう春といっていいでしょうね。寒いけどね。

さてここ数日わたしは忙しかったのです。忙しいといっても体がではなくて心が。そう、精神的に忙しかった。まぁ、精神的に忙しいなんて当たり障りのない言い方だ。ありていに言えば、『頭がおかしくなりそう』だった。

それもこれも、
キヅタ
実家の庭にこんな訳わかんないのを発見したからだ。

この謎の植物。

冬枯れの庭で常緑で目立つ。
しかもたくさんの実が整然と並んでいてさらに目立つ。
キヅタ
しかしよっぽど不味いのか、鳥が食べてる様子もない。

そんな目立つ植物。
はじめて見た…ような気がする。

問題は自分で植えた覚えがまったくないところだ。
まぁそんなのは(私には)よくあることで、植えてそのまま忘れられた哀れな園芸植物が今までどれだけあったことか。すまんな、球根たち。宿根草たち。

しかしこれは木だ。それもおそらくは常緑樹。
そんなの、さすがに忘れないだろう。

ていうか、

そもそも植わってない…。
キヅタ
この写真でおわかりだろうか。枯れた大木の幹に直接、根のようなものをだしている。

つまり地面に根っこがないということで。
植物なのに地面に根を張ってないということで。

なにこれ…ちょっと気持ちわるいかも…。
私の脳裏には人間に寄生するエイリアンの図ができあがっていた。

寄生…?あれ?まさか。

これがうわさに聞くヤドリギか!

ヤドリギといえばクリスマスシーズン。
この木の下にいる女性にはキスしてもいいっていう欧米だか英米だかのロマンチックなアレだ!もちろんキスしに来るのはイケメン・ジェントルマンと決まっているに違いない。

うわーいロマンティック。
謎のエイリアン植物からロマンス小説の小道具にランクアップ!

…と思って調べたらこれ、ぜんぜん違う植物でさぁ。姐さん、おいらは困りましたぜ。

一体なんだこれは。

という感じで、

ここ数日のわたしは頭がおかしくなりそうになっておりました。

で、結局、今朝わかりました。

この植物はどうやら『キヅタ』

寄生植物じゃなくてアイビーのように他の植物をよじ登る習性があるだけです。根っこも探せばどこかにあるはずです。根っこがないなんて早とちりだっただけなんです。

はぁ。

この数日がんばって探して、結局キヅタ、かぁ…

漢字で書くと木蔦。
何その『すべてのツタの基本です』みたいな名前。もっとこう、『ヘデラ・フラクタフィケイティブ』みたいな名前だったら良かったのに。そしたら知らなくて当然、みたいな顔もできたのに。

あとは蔦なら蔦らしくおしゃれな葉っぱでいてほしいとか、
この時期まで実が残ってるってそれ鳥が全然食べてくれないんじゃ、とか
いろいろあるけどまぁそれはいい。

とにかく謎の植物の正体は判明したのだから。

あーーー、すっきりした!!!