FC2ブログ

お休みです。

未分類
01 /31 2014
冬至の日に比べて43分、日が長くなりました。


隊長不良のため…もとい体調不良のため今日のブログはお休みです。
見に来てくださった方、もうしわけありません…。

スポンサーサイト

星のお告げは浮気妻。

パンジー・ビオラ・スミレ
01 /30 2014
冬至の日に比べて41分、日が長くなりました。

前にも書きましたが、ただいまの私は失業して再就職活動中。

来月には資格試験を受けるので再就職活動の傍らその勉強もしなければならないのであり…

そうだ占いしよっと!

突然私の中で巻き起こった占いブーム。

星のお告げで私の適職がわかるかな~?ふふふ。

決して試験勉強に飽きて現実逃避しようとしてるわけじゃありませんよ?ありませんからね??(どうみても現実逃避です)


***今日は占いネタなので苦手な方はスルー推奨です***


というわけで、わずか数時間で学んだ(つまり数時間も勉強サボって)即席の西洋占星術でホロスコープを読んでみよう。

調べるのは…
とりあえず気になるのは結婚運ですよねー。そうですよねー。

さっき適職うんぬん言ってのはこの際忘れて欲しい。
これは立派な現実逃避なので仕事については今は考えたくないのだ。

さてご存知ホロスコープというのは12に別れたハウスに惑星が散らばっている。
そしてハウスによってあらわすものが違う。

私の場合、『家庭』を現すハウスに愛の星である金星が入ってる。
これは温かい家庭を築くということだ。ニヤリ。

と、調子に乗ってたら『結婚』を意味するハウスの支配星が闘争と征服(と、ついでに色欲)の星だったと知って混乱する。
結婚に持ち込んでいいはずがないわ、そんなもん。

要するに私は、

家事をこなし献身的に家族を支え愛情に満ちた家庭をつくるが、
結婚相手に対しては支配的で攻撃的、
ついでに浮気もしちゃって夫に見捨てられる運命らしい。


星が告げた私の将来、浮気妻…!


追い討ちを掛けるかのように、私のPCで『おっと』を変換したら『otto』が出てきた。
星だけでなく、PCまでもが私に夫を持つ権利はないといっている…(被害妄想)

ついでに、と(自分の現状を考えればこれこそ本命なのだが)自分の仕事運も調べてみたがあんまり良くなかった。もう、やぶれかぶれ。

居たたまれなくなって私の中での占いブームはひっそりと終了。

いや、まだだ…アスペクトとか難しいことはまったく加味してない…その辺も考慮してくれるプロの占い師さんなら、また違うことを言ってくれるかもしれないのだ。

我ながら、この往生際の悪さ。
ちなみに私のホロスコープには『往生際が悪い』ことを示すものは無かった。
まぁ占いなんてそんなものか。

とか言いつつ、こっそりと占い師に会ってみようかと思う今日このごろ。

それより目前に迫ってる試験に向けた勉強しろ、自分。

見元ビオラは鉢いっぱいに大きくなってます。
見元ビオラ
今まで霜にもあてず日当たりのいい場所で育ててきました。
しかしこんなに大きくなる頃には春だと思ってた。
これからどうしよう。

三種の中では一番花が大きいのがフェミニンドレス。
フェミニンドレス
株姿も控えめで古風なレディって感じです。

花数なら森のピュアリー。
森のピュアリー

そして自由奔放なスターラビット。
スターラビット
…占星術的に言えば射手座だろうか。

ていうか他のビオラと寄せ植えにしたからこんなにピョンピョン飛び出てるように見えるんであって、違う風に植えていたら印象も違ったかもしれない。

来年も売ってたら(そして私の財布が許せば)スターラビットだけずらっと並べて植えてみたいところ。

冥王さまの求婚花

冬の花
01 /29 2014
冬至の日に比べて39分、日が長くなりました。

なにげにレアな光景。
八重咲き日本水仙が立って咲いています。
八重咲き日本水仙
なぜレアかっていうと、頭の重い水仙は強風が吹くと花茎がぽっきり折れてしまうのです。
こんな風になってるのはいつまでやら。

このように折れやすいのが水仙の花。

と、そこで思い出したのはギリシャ神話のある有名な求婚物語。

大地の女神の娘にひとめぼれした冥王ハデスは、何百だか何千だかの花をつけたメガゴージャス水仙で意中の彼女をおびきよせました。

…が、その水仙、絶対ぽっきり折れてたと思う…重くて。

彼女はきっとその水仙がキレイだからじゃなくて、折れてて可哀想だから近づいてったんだよ。
根暗なハデスのもとに留まることになったのもきっとハデスが可哀想(ゲフンゲフン)

ああ、優しきかな冥王妃さま。

ところでご帰還はまだですかな?冥王妃さま。
(ギリシャ神話では彼女が地上に帰る=春がやってくるのだ)

アップで。
八重咲き日本水仙
そういえばこの水仙は日本水仙なんて呼ばれてますが、原産は地中海周辺です。
ギリシャにも咲いてるんだろうか…。

今年買った寒菊が咲きました。
寒菊
まだ小さい苗です。

米ぬかを求めて

冬の花
01 /28 2014
冬至の日に比べて37分、日が長くなりました。

米ぬかクエスト続行中。

昨日、『ここなら確実にあるだろう』と向かった先でも米ぬかを手に入れられませんでした。
おかしいなぁ。
だってほんの数年前に行った時はあったのだ。もらったのだ。

と、ここまで考えて『ほんの数年前』が具体的に何年前だったかに気づく。

最後に米ぬかを貰いに行ったとき…
あれはワタシがまだ学生で、米ぬか美容にはまってたときのことだった。

数年前…どころか10年以上も前のこと!

そりゃあ時代も変わるがな。

あったものもなくなるわな。

なかったものも出てくるわな。シミとかシワとか。

(※ちなみに米ぬか美容は数ヶ月で飽きて止めた)

ああイヤだ、確実に私の貧弱な脳みそは老化していっているのだ…
10年以上前をほんの数年前と思い込むだなんて。

さてと。
もしかしていよいよ米ぬかクエストに黄色信号でしょうか。

しかしまだ希望はある。

あそこなら絶対確実にある、という場所がまだあるのだ。
車で一時間かかるから極力行きたくなかったけど。
往復2時間+ガソリン代…。

ここまでの時間と労力とガソリン代をつぎ込んでまで堆肥を作る意味はあるのか。
もう怖いから考えないことにした。


スノードロップが咲いています。
スノードロップ
一応、今年最初の花…かな?
年末から咲いてるからよくわからないけど。

ビオラのピーチジャンプアップ。
ピーチジャンプアップ
あまり日の当たらない場所で栽培しているせいか、大きくなりませんねぇ。

それでも11月に植えつけたよりは大きくなりました。
ビオラ・ピーチジャンプアップ

ていうか鉢植えなんだから、日のあたる場所に移動させればいいだけのこと…。
でもそれはできないの。
何故なら『玄関脇の賑やかし』という使命が彼らにはあるから。

とはいえあんまりの生育の悪さになんだか悪いことしてる気分になったので、日当たりのいい場所に移す予定。
賑やかし担当はしばらく不在となります。

大きくならなくて大変結構、というか大きくならないで欲しいのはハボタンです。
ハボタン

米ぬかクエストに苦労してますが、そういえばウチにも精米機はあるのです。
母が、精米したてのお米にハマった時に買ったもの…

まぁお約束ですがそのうち飽きて使わなくなりました。

米ぬか美容にハマって数ヶ月で飽きた私ですので何も言えません…

米ぬかクエスト。

冬の花
01 /27 2014
春のようなポカポカ陽気から一転して真冬に逆戻りな今日。
冬至の日に比べて35分、日が長くなりました。

さて寒いうちに自家製堆肥作りをすすめたいのですが…材料のひとつは米ぬかの予定です。

最近は無人精米所で『米ぬかご自由にどうぞ』と書いてあるところが多いですよね。

RPG風に言えば堆肥用米ぬかクエスト真っ最中の私、もちろん目指すは精米所。

近所の無人精米所にいけば、米ぬか取り放題…。
なんだ、ただのお使いイベントじゃないの。ちょろいわね。

しかしいざ近所の精米所に行って見れば、
よりによってそこは米ぬかを取っていい精米所じゃなかった…。

それでも諦めきれず、どこかに表示がないかと思って無人精米所の周りをぐるぐる回る女。
完璧に不審者です。
RPGお約束の牢屋に入れられるイベント一直線です。

そんなことを考えてるからか、
外壁に貼られていたセコムのシールが無言の威圧感を放ってた…気がする。

それはきっと罪の意識 もとい(何も悪いことしてないわ)、今の自分がどこからどうみても不審者だという自覚がそうさせたのだろう。

帰ろう、牢屋に入れられる前に。
帰ろう、片道7kmの距離を(※田舎基準じゃ立派に近所です)

というわけで米ぬかがゲットできませんでした。
今日これから別の精米所を当たる予定です。

ああ欲しいときに限って手に入らないものなのだなぁ、米ぬか。


庭ではプリムラ・マラコイデスがつぼみをあげてきました。
プリムラ・マラコイデス
寒さに強いんだなぁ。

夏越ししたプリムラ・ジュリアンも自然開花。
プリムラ・ジュリアン
普通2年目の株はそれだけ立派になりそうなものですが、
うちで夏越しした株よりお店で売ってる個体のほうがずっと立派です。
よその庭でもこんなもんなんでしょうか。

秋に狂い咲きして以降、ずーーとポツポツ咲き続けているピンクユキヤナギ。
ユキヤナギ
開花は3月の予定…でもずっと咲いてるせいでありがたみが薄れそうな気配。

さぁ米ぬかクエスト再開だ。

クギなし木製レイズドベッドの顛末。

一人で出来るもん!DIY
01 /26 2014
冬至の日に比べて33分、日が長くなりました。

さて今日はクギ無し木製レイズドベッドについて。
サイズは180cm×90cm。

ワタシが今さら『やっぱり植える植物を見直したいわ~』とかいう寝言を言い出したせいで、永遠の未完になりそうです。

なのでこのブログにアップしてしまおう…。
そして春になるまでに設置場所をゆっくり考えよう…。

というわけでミモザの木の下にとりあえず置いてみたレイズドベッド。
クギなし木製レイズドベッド
この場所はうちが農家だった名残のビニールハウスがありました。
去年取り壊したので今年からはフリースペースです。

…いきなりですが、現実逃避。

ミモザのツボミも膨らみましたねぇ。
ミモザ
だいたい3月上旬に咲きます。
開花まであと一月半くらいってところでしょうか。
今年の当地は気温が高め(-5℃以下にならない)だからもっと早いかもしれませんね。

さてミモザに癒してもらったところで現実と向き合いましょう。

レイズドベッドの一辺はこうなっています。
クギなし木製レイズドベッド

ここに来てまさかの『はまらない』…!!

塗装前にあわせたときはちゃんとはまったのになぁ。
組み合わせを変えてみてもダメでした。
塗装の分、厚みが増したとでも言うのか。そうなのか。

これを解決するには簡単です。
ヤスリかノコギリで相欠きの穴を広げてやればいい。

そう、簡単ですね…

ただその後の塗装やり直しが面倒くさい。
どうせこれと同じのを複数作る予定だったし、第2弾を作る際にでもやる事に決定。

ところでこのレイズドベッドにかかったお値段。

防腐SPF2×4 6ft 3本 @450円 = 1,350円
防腐剤:980円の3割くらい使用 = 327円

合計:1700円くらい。

よし。これなら複数作っても家計が火の車になるってことはないな。

今回気になるのは水性塗料を使用したことでしょうか。

油性に比べて耐久性が落ちるとウワサの水性ですので、塗装がいつまで持つか不安。
でもいつでも解体して塗りなおしできるからいいのだ。

うん、とりあえずこれでいいのだ。

暴走特急 堆肥作成

冬の花
01 /25 2014
冬至の日に比べて31分、日が長くなりました。

昨日堆肥を作るって言ったんだから今日くらいにはその進捗情報を画像つきで報告するのが正しいブログのあり方でしょうか。

ところが写真は撮ってません。


堆肥にするために庭の枯れ草を切り刻みました。

ほどなくして親指に大きなマメができました。

気にせず作業を続けたらあっという間につぶれました。

半泣きで部屋に帰りました(昨日の作業ココまで)


なんで堆肥一つ作るのに泣かなきゃいけないの(泣)
流行りの涙活ってこれか?


堆肥を十分に買える値段でワラ買うわ(しかも後で不必要と分かる)

堆肥を作るための堆肥を買うわ(カスピ海ヨーグルトか?)

枯れ草切り刻んでマメが出来たといって全世界に泣き言を発信するわ(恥)

もうこの堆肥作りという暴走列車は止まりません。
どこまで行くんでしょうか、ロマンと見栄の暴走特急。

目的地は…腐敗?(醗酵と言おう)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *



春の兆しが無いかと思ってお庭をウロウロしてたら、ありました。

クロッカスの芽です。
クロッカス
花が咲くのは2月でしょうか。
うちでは毎年真っ先に開花する花です。

そういえばハランがうちに来てから最初の冬です。
ハラン
ウワサには聞きましたが、さすが冬でもツヤツヤピカピカの葉っぱ。
成長の仕方がいまいちよくわかんない(地下茎で広がってる?)ところが怖いけど、沢山増やせば冬でも新緑のような葉が楽しめそう。

早春の花といえば、サルココッカ。
サルココッカ
まだ去年の実をつけています(黒い実)
と、同時に今年のツボミもつけています(白っぽいふくらみ)
なんと器用なサルココッカ。

今日の茨城は気温が上がって春のような陽気になるそうです。

楽しみだなぁ。
何するか決めてないけど。

ロマンと見栄の結晶、それは

冬の花
01 /24 2014
冬至の日に比べて30分、日が長くなりました。

突然ですがオラこの冬は自家製堆肥作りにチャレンジするべ!!

と思い立ってワラを買って来たのが数週間前。

ワラ一束で350円。
350円出せば安い堆肥が一袋買えることにこの時点で気づくも、もう後戻りはできない。

あれだな、堆肥作りはロマンだ。
それにほら、堆肥から手作りしてるっていうとプロっぽいし、本格的っぽいし。
まぁ要するに見栄もある。

ロマンと見栄の結晶、それが我が堆肥。

で、そのロマンと見栄の結晶はどこよ?はい、ありません。
まだ作ってもいないのです。


堆肥なんて材料混ぜて水かけておけば後は適当に醗酵してくれるはず…そう思ってました。

しかし材料集めの段階でつまづいた。

無料で堆肥作りの情報を公開してくれている神様のようなサイトを複数あたって探してはいるものの、どうも決まったやり方(レシピ)はないらしい。

もちろんある程度共通しているのもある。
堆肥を醗酵させるためにコンポストを設置しましょうとか。

ああ、コンポストね…。

でもまぁ、それは面倒くさいので今回はスルーだ。地べたで醗酵予定だ。

どうせスルーするなら最初っから調べなきゃ良いというツッコミはたぶん正しい。
なのでもう全て適当に行くことにした。

材料は
1.ワラ
2.庭の枯れ草
3.牛糞堆肥(なぜか堆肥作るのに堆肥を買うはめに)
4.油粕、過リン酸石灰(バラの寒肥の残り)
5.米ぬか

あたりで行ってみたいと思います。

上手くいかなかったら、地面に埋めて無かったことにしてしまおう。

ところで庭の枯れ草使うのなら350円出してワラ買う必要なかったのでは?

買うときに気づかなかった私、MA・NU・KE。


枯れ草集めに庭をうろうろしてたらフキノトウ発見。
ふきのとう
まぁどうせ食べないわけですが、見つけると嬉しくなりますねぇ。春が来たみたいで。

バラの鉢に、見覚えのある草を見つけました。
レースフラワー

場所的に、これってもしかして…レースフラワー?

去年7月のレースフラワーの画像↓
レースフラワー
たしか一年草だったと思いますが、こぼれだねで殖えたようです。

今年もこんな風に咲いてくれるといいですね。

そしてこの花が咲く頃には堆肥ができてるといいですね。


わたしはゼニゴケ

冬の花
01 /23 2014
冬至の日に比べて28分、日が長くなりました。

昨日のハオルチアの育ち方ですが、
日照不足だとツンツンした葉っぱが出てくるらしいという情報が見つかりました。

新しく出てきた葉っぱ(?)ツンツンしてる…

ナイフみたいにとがってる…

触るものみな傷つけ…てはいないけど(やわらかいし)

つまり原因は私の部屋。
窓際に置いてはいたけど、どうも暗かったらしい。

私には心地良い明るさだったんだけどなぁ。
ハオルチアにはとってみれば『なにここ暗い、耐えられない』だったと。

ということは…?

まぁなんとなく分かってたけど、
私は薄暗い部屋が好きなのか。

ついでにいうとカラカラよりは多少ジメッとしたほうが体が楽だったりする。

薄暗くてジメッとしたところが好きなワタシ。
なんてゼニゴケなんだ!

ああせめて生まれ変わったら日向で咲くバラになりたいのです。

そんな事いいつつも、カーテンもあけず照明もつけずにモニターの明かりだけで今日もブログを書いてます。だってこれが居心地いいんだもん。


あ、ハオルチアはより明るい場所に移動しました。


寒咲き日本水仙の八重咲き種が開花。
寒咲き日本水仙

普通種はこちら
寒咲き日本水仙

八重咲き種を横から見たところ
寒咲き日本水仙
普通種のおしべにあたる部分が花びらになってるっていうのが実感できます。

さてレイズドベッドですが…

できました。

けど、何を植えるのか?という点でもう一度考え直す必要が出てきたため、設置はちょっと保留です。すみません。


ハオルチアが育ってる?

室内ガーデニング
01 /22 2014
またちょっとだけ雪が降った朝です。
本当にちょっとだけだったらしく、朝方には大分溶けて地面をぐちょぐちょのぬかるみに変えていました。
まぁ、なんてロマンチックな朝…

冬至の日に比べて27分、日が長くなりました。

昨日のクギなしレイズドベッドの続きは…

また明日(以降)!

いや塗装までは完了したのですけどね…

ちょっと出かけてすぐもどるつもりが、帰宅したときには真っ暗で写真取れないというオチでした。

じゃあ今日やっちまいますか!

と思ったら雪で地面がぬかるんでます。また今度。

あーもう、昨日もっと早く帰ればよかったと悔やみ中です。

さて庭作業ができないこんな日は…

ネットショッピングだよね。

再就職活動の一環で、某資格試験を受けることにしました。
試験は来月です。
もう申し込みも済ませてあります。

というわけで今日は勉強の日にします。
まじめモードです。

メガネをかけたら気分が上がるかも?
と思ってそのへんにあったメガネをかけてみたら目の前がぼやけて見えなくなった。

まぁこれ映画館で買った3Dメガネだしねぇ(遊んでないで勉強しろ)

庭は泥地獄モードなので、室内のものを撮影。

ハオルチア・オブツーサです。
ハオルチア・オブツーサ
この間、成長してるのかしてないのか分からない、みたいなことを書きましたが、

どうやら成長してるっぽい。

これがそうなんでしょうか↓
ハオルチア・オブツーサ
で?これが大きくなるとこのハオルチアはどうなってしまうの?
ネットショップの画像だと小粒のかわいいハオルチアオブツーサばっかりで成長後の写真がないものなぁ。
今度調べてみようっと。試験勉強?ああそんなのもあったねアハハ。

反対にうちに来てから元気が無いセントポーリアです。
セントポーリア
やはり棚のスキマに落っこちたまま数日発見されないという過酷な体験が尾を引いているのでしょうか。悪いことしたなぁ。

クギなし木製レイズドベッドを作る

一人で出来るもん!DIY
01 /21 2014
冬至の日に比べて25分、日が長くなりました。

最近の料理修行で私のまばゆいほどの女子力を全世界に発信できましたところですし、
ここらでDIY道に戻ってみようかと思います。
ていうか最近ではDIYも女子力のうちかしら。どうかしら。

というわけで今作ってるもの:
『クギなし木製レイズドベッド』

レイズドベッドは去年こんなものを作りました↓
DIYレイズドベッド

しかしこれはかなり大量のクギ(正確にはコーススレッドビス)が使われています。

ビスを使えば簡単に木材を接合できます。
しかしいいことばかりじゃありません。

まずビスもタダじゃないんですよ。
しかもサビに強いステンレス(高い)使ってるし。

さらに問題なのが、非力な私なので電動工具使ってても打つのはそれなりに疲れるのです。
いちいち下穴あけるのも実は面倒です。ええこれはかなり切実な問題です。

そしてそれなりに音も出てしまうのです。
大きな音は私のノミの心臓に悪い。ご近所との良好な関係にも響く。

なにより問題なのが、簡単に取り外せないってことですよ…。
気が変わったからアッチに移そうとか、できないわけですよ…。
いちいちビスを外すしか。

そして海沿いの我が家では金属製のものはたいていサビる。ステンレスでも。

前置きが長いよ!

いつものことだけどね!

というわけで今回はビスを使わない木製レイズドベッドを作ってみようかと思います。
ビスを使わないので一段です。

『それってよく見る枕木のレイズドベッドと何が違うの?』

と疑問に思われたそこのアナタ。

HCで売ってるSPF材のほうがずっと安いのさ!

シンプルな理由です。あと枕木は重いし。

使うのはおなじみSPFのツーバイフォー。
一応防腐加工のにしてみたけど、それでも183cmで450円。いよっ庶民の味方だね!

ここで気づいた。
ツーバイフォーだと高さが9cmしかないのであまりレイズドベッドという感じにはならない。
ツーバイシックス以上にすればよかったなぁ。まぁその分高いし重いんだけど。

とにかく用意したのはツーバイフォーの6ftを、3本。

切る手間をMAX省くために183cm×91.5cmのレイズドベッドにすることが脳内会議ですみやかに決定された。
3本中1本を半分に切断すればいい。楽な仕事だ。

今回ビスを使わないレイズドベッドがテーマなので、
ビスの代わりに相欠きで接合にチャレンジ。

まぁチャレンジもなにも、実は相欠きは2度目ですがな。
一度目は2012年の冬くらいにパーゴラを作ったときにやったね。
ノミと間違えてタガネを買ってしまったのは良い思い出です…。

まず切れ目を入れて~
DIYレイズドベッド

ここからの(正式な)やり方は複数あるようだけど、私は見た目より手抜き重視。

インパクトドライバにドリルビットつけてズドン。
DIYレイズドベッド

秘儀:ライトニングボルト欠き!(※中二病風味)
DIYレイズドベッド
なんだか知らないけど欠けました。

あとはノミで切断面を整えるだけです。

…ノミじゃなくて安いタガネでもできたけどね(経験者)

組み立ててみた。
DIYレイズドベッド
よしちゃんと合った。
高さが合ってないのはあとで調整。

続きは明日!(多分)
あとは塗装して設置するだけだというのに引っ張る意味もないわけだけど、
実はまだ作業が終わってないから書きようが無いというどうしようもなさ。

さて今から塗装に入りますか。

あ、手袋ない!今から買ってこなくちゃ(本当にどうしようもない)

自己中聖母のララバイ

未分類
01 /20 2014
冬至の日に比べて24分、日が長くなりました。

昨日は雪が積もりましたが、写真は撮っておりません。

なんだか悔しいので代わり。
真冬限定・ホースから吐き出される氷です。
氷
これは軽く溶けてしまってますが。

ちなみにこんな風に水の代わりに氷が吐き出されるのはかなりいいほう。
普段だったらガチガチに凍ってます。蛇口ひねっても何も出ません。
ホースを日光のあたる場所において、午後になるころようやく溶ける感じです。

なので園芸書に良くある『真冬の水遣りは温かい日の午前中に』なんてものは実践できないわけです。

そんなちょっぴり厳しい環境のうちの庭。

初冬までは元気だったノースポールも、真冬の霜だの雪だのを大量に浴びてお疲れです。
ノースポール
この庭は 戦場だから お花はみんな傷を負った戦士~♪

残念ながら私はマドンナじゃないので、子供の昔にもどるより早く大きく強くなってくれると嬉しいな!と思います。ドS庭主ですみません。

逆に大きくならなくていいよ、なのはハボタン。
ハボタン
春になったらトウ立ちしてしまうのがハボタン。
これこそ小さな子供の昔にもどってくれていいのに~
(なんという自分勝手)

『熱い胸に甘えさせてくれる聖母さん、私の庭にいらっしゃいますか?』

へんじが無い。ただの冬庭のようだ。

役に立たない個人的ランキング。

冬の花
01 /19 2014
おはようございます。

冬至の日に比べて22分、日が長くなり…

…ギャー!外見たら雪が積もってる!!ふいうちなり!聞いてないナリよ!!(コロスケ憑依)

そういえばニュースでは雪が降るかもといってましたね。あれ東京の話だとばっかり…天気予報じゃ雨も降らない予定だったし。

まぁ降ってしまったものはしょうがない。
今日の庭仕事はキャンセルだ。

さて、このあいだのお買い物でもさらしますか。

難易度別です。

個人的栽培難易度1:プリムラ。
プリムラ
毎年育ててるので余裕です。

個人的栽培難易度2:ターサイとブロッコリー
ターサイとブロッコリー
ターサイを育てるのは初めて。まぁ大丈夫でしょう。
他にもアルメリアとかクモマグサとか買いました。

個人的栽培難易度3:アスパラガス(紫)
アスパラガス
とうとう手を出しちまったよアスパラガス。

まぁ今までアスパラの苗の購入を見送ってたのは
一株1000円という価格帯もさることながら、
こいつは多年草でこの先何年も面倒見なくていけないという精神的な重さが原因なんですが。

同じ何年も育つ植物で、食えもしないバラは平気で買うじゃんという心の奥底から湧き上がってくるツッコミはあえて無視。

この先何年もアスパラを育てる代わりに
この先何年もアスパラをスーパーで買わなくていいことを期待。

さあラスボス。

個人的栽培難易度4:売れ残りチューリップ
チューリップ
50球入って300円。見切り品。
さすがの私も1月後半になってチューリップを植えたことはありませんなぁ(多分)
これちゃんと育つのでしょうか。

ちなみにここで言う難易度とは、栽培が難しいかどうかじゃなくて
私が難しいと思ってるかどうかです。
まったくなんの役にも立たないランキングですみません。

ていうかこのブログ自体、なんかの役に立つことが一度でもあっただろうか?という心の奥底から湧き上がってくるツッコミは(以下略)

意地悪突っ込みはほどほどに。

冬の花
01 /18 2014
冬至の日に比べて20分、日が長くなりました。

さていきなりですがここで昔の少女マンガ100景:
『少女漫画のヒロインが料理する光景』

ヒロインが苦手な料理に奮闘し、
ヒーローにお弁当を渡すころには両手はバンソウコウだらけ、
それを見たヒーローが『がんばってくれたんだな…』と心の中で感激。

という光景。見た見た。違う漫画で10回は見たね!

しかしここで疑問がある。

なぜヒロインの両手はバンソウコウだらけなのか?

包丁で切ったというなら、ふつう切るのは左手だけじゃないのか?(右利きの場合)
どうやったら右手を、それも何箇所も切れる?

ハハーン、あんた…○○君目当てにウソついてるでしょう?そのバンソウコウはがして見せなさいよ!!
(※上のセリフはあなたのイメージする『いじわるなライバル女』の音声でお楽しみください)

そんな悪役みたいなツッコミいれてるからか、いまだワタシには白馬の王子様は現れてません。
まぁそれは置いておいて。

わたしにも改心の機会が訪れた。
長年の誤解がとけた瞬間とも言う。

キッチンで皿洗いをしていた私は、小皿を落として割ってしまった。
そして割ったお皿を片付けようとしたときに、ザックリやってしまったのだ。

右手の親指と、薬指…。

バンソウコウを巻いたら、アラ不思議!
料理べたなヒロインの指先の出来上がり。

つまりあのヒロインたちは割れた皿を片付けようとして右手を切ってしまっていたのだよ!!!

ふうむ。これを学会に発表すれば昭和の少女漫画界における重大な発見となるかもしれない。ならないかもしれない。というかそんな学会は地球上にないかもしれない。

ないものよりあるものに目を向けよう。

というわけでユズ。
ユズ
なぜここでユズなのか。

このユズを使ってサワラを幽庵焼きにしたからである。

そしてそれまで幽庵焼きをユーアン焼きだと勘違いしていたのは内緒である。
外国人シェフのユーアンさんが考案した料理なのかと…(恥)

たべられないけどナンテン。
ナンテン
近頃当地ではこのナンテンをよく見かけるような気がします。
実成りのよい品種が増えたのでしょうか?

私の見間違いで無ければ、ナンテンを生垣にしてるおうちも。
真っ赤な丸い実でいっぱいの垣根は、冬とは思えない華やかさだった。
う、うらやましい…。

これからナンテン流行るかもしれませんね。
常緑だし実もきれいだし病害虫に強いし。

黒い実のサルココッカ。
サルココッカ
これだって常緑で実がきれいで早春に咲く花は薫り高く病害虫に強い。

だけど流行らないのは…地味だから?

ブログ主に5000のダメージ!

ブログ主はにげだした!


ちぢみホウレンソウにおもふ。

冬の花
01 /17 2014
冬至の日に比べて19分、日が長くなりました。

昨日の記事を更新しながらふと疑問が。

ちぢみホウレンソウってどこまでメジャーなんだろうか、と。

ちなみにちぢみホウレンソウとは寒さにあてて葉っぱをチリチリにしたホウレンソウのことで、特にそういう名前の品種があるわけじゃない。そして普通のホウレンソウより甘くて美味しい。

当地では冬の風物詩、ちぢみホウレンソウ。

しかし改めて考えてみると、全国ネットのテレビでその名を聞いたことはあんまりない。

なんとなく気になってググってみたら…
あー、やっぱり北関東以北で栽培が盛んなようですね。
盛んというか、それなりに気温が低くならないとちぢみホウレンソウになれないので東京以南の平地では作れないのでしょう。
なるほど全国ネットでみないのはそういうわけね。

さてそんな感じでご当地野菜に近いちぢみホウレンソウ。

せっかくだから我が家でも作ってみたいところ…ではありますが。

栽培には秋からの仕込みが必要なのであった。
(冬になるまでにある程度大きくする)

スーパーでちぢみホウレンソウ見かけてから植えても遅い。

来年こそはちぢみホウレンソウを…と思うけど、私は確信している。
トリ頭の私ですので今年の秋にはそのことをすっかり忘れているだろう、という妙な確信が。

ああ、こんな私のために園芸カレンダーないかしら?
撒きどきや植え付け時を教えてくれるの。

とか思ってたら、意外なところにあった。

我が家のトイレにかけてあるカレンダー…

私の所望する情報が、ばっちりしっかり書いてあった。

もうだめだ自分。
あっても見ないんじゃ意味が無い。

もうこうなったら親切な小人さんに頼るしかないな!(諦め気味)

一月の庭で咲いてる寒菊です。
寒菊
その名の通り寒くても平気で咲いてる菊ですが、日当たりの悪い場所にある同じキクは早々に店じまいしてしまいました。日当たり重要なようです。

絡んで咲いてる寒菊と水仙です。
寒菊と水仙
真冬の庭の2大スター、寒菊と水仙の競演?

あと真冬の庭で元気なのは常緑のオーナメンタルグラス類。
これはカレックスの…ペトリエイだったはず。
カレックス
もう品種名まで忘れかかっている自分の記憶力が恐ろしい。

逆・花嫁修業中

冬の花
01 /16 2014
冬至の日に比べて17分、日が長くなりました。
寒いです。部屋の中でさえ氷点下になりそうな朝でした。

昨日の記事で、友達が遊びに来たときにタコのカルパッチョをさっとだせるような女になりたいみたいなことを書きましたが。

昨日ブログの更新をしてからふと思った。
私がいいたかったのは、カルパッチョじゃなくてマリネの方だったかもしれないなぁ…。

いや、そもそもその二つの違いが分からないのだけど。
(私の女子力は瀕死である)

そもそも、タコのウンタラ~は数年前に読んだファッション誌に載ってたレシピ。
なんとなくオシャレ料理なので覚えてた。
だってタコなのにおしゃれなんだよ。タコなのに。(タコに失礼)

それで、結局あのときの私の中にあったのはカルパッチョなのマリネなの?
本人が分かってないんだから、調べようもありませんがな。

どちらにせよタコには手を出さない(ていうか出せない)から、いいのです…


さて今日はこれからカレイと一緒に買った一つ37円の冷凍カキを調理します。

今まではせいぜいリゾットやグラタンに入れるだけだったけど…

せっかくだからアヒージョやコンフィにしてみようかな。
(ところでアヒージョやコンフィってなに?)

そういえば新しい料理に挑戦する私は一見すると花嫁修業中のようですが、

リゾットだのアヒなんとかだの、とにかく女受け抜群のオサレ料理は…

…磨けば磨くほど男受けしなくなると聞いたことがあります。

逆・花嫁修業中!

ハハハ!(乾いた笑い)

いいのよ、わかってる。
それを知っててもなお、私はオサレ料理に邁進する所存であります。誰か骨は拾ってください。

野に咲くハボタン…もとい、野良ハボタンでございます。
ハボタン
花じゃなくて葉ですが、放置栽培でもちゃんと色づくんですね。

とってもとっても美味しい…らしいブロッコリー。
ブロッコリー
まだ収穫は先です。
気がつけば葉っぱがちぢれてしまってます。
味が濃いちぢみホウレンソウは大好物ですが、ちぢみブロッコリーも美味しくなってくれるでしょうか?
食べるのは葉っぱじゃないから無理かな?

女子力磨いてタコのカルパッチョを作りたい

室内ガーデニング
01 /15 2014
冬至の日に比べて16分、日が長くなりました。

以前の記事で職場がなくなることになったと書きました。
さてこれからどうしよう。

とりあえず分かってるのは、これからしばらくは料理に割く時間が増えるということ。

有給の日、平日昼間のスーパーで、私はそう考えた。

今までは仕事終わってからの炊事(しかも食べるのは私一人)だったから、
非常にいい加減なものしか作ってこなかったなぁ。

これからは凝った料理やシャレオツなおもてなし料理も勉強しよう。

そう!
友人が遊びにきたときにタコのカルパッチョ(私の思いつく限りのオシャレ手料理)をさっと出せるような女になってみたい。女子力ってやつだ。

未来の私の輝ける女子力に、ドキをムネムネさせながら鮮魚コーナーに移動。

思えば今までは鮭かホッケの切り身ぐらいしか買ってこなかった私だけど、これからはきっと

げ。
足一本が500円?
タコってこんなに高いの!??

やーめた。そもそもウチ、友達も滅多に来ないし(哀)

だいたい、カルパッチョなんてご飯のおかずにならん
↑あまりに女子力の低い発言なので自己規制

というかまず食材の相場を知ることからはじめましょうか。
女子力磨きのはずがなんだか世知辛いハナシになってしまった。

まぁ再就職先が決まればどうせまた同じ食生活に戻るだろうからいいのだ。

結局スーパーでは一切れ97円の冷凍カラスカレイを手に入れて、煮付けを作った。

ちょっと煮崩れた。


私の女子力も煮崩れそうですがガーデニング。
そういえばガーデニングも俗に言う女子力にカウントされるのだろうか。

室内で育てているハオルチア・オブツーサです。
ハオルチア・オブツーサ
これが育つ様子が想像できませんが、どんな風に大きくなっていくのでしょうね。

それからヒヤシンス。
ヒヤシンス
ツボミが見えてきました。うっすら紫色です。
ミックス球根を買ったのでどんな色の花が咲くのかはお楽しみ!でしたが、ちょっとネタバレされた気分だったり。


目立ちたがりは敵だったはず。

パンジー・ビオラ・スミレ
01 /14 2014
冬至の日に比べて15分日が長くなりました。

寒いですが、ビオラのピーチジャンプアップです。
(一部の固体はオレンジジャンプアップ疑惑発生中)
ビオラ
日陰で撮影したせいでしょうか。
だいぶくたびれているように見えます。

元気なのは見元ビオラたち。
置き場所の問題かもしれませんけど。

あいかわらずピョンピョン元気なスターラビットです。
ビオラ

ふと気がつくと、他のおとなしいビオラよりこのやんちゃなスターラビットばかり撮影している自分がいた…

けっこうショック。

恥ずることなく言わせてもらおう。
わたしは子供の頃から地味で日陰者で一人遊びがだーい好きなタイプだ!
やんちゃで目立ちたがりな男子は敵だった。

なのに私のしていることといえば…私の信条とはなんだったのか。
(※そんなもの最初っからないわけだが)

しかし考え方を変えてみれば、このスターラビットと私は『協調性がない』という点ではきれいに一致している。うむ。だから私はこのビオラばかりをとるのか。

当時は敵だと思ってたあの目立ちたがり男子にちょっとだけ親近感が沸いたところで撮影終了。

ビオラ
明日からは他のビオラも撮ろうっと。


目玉焼きトーストは恐ろしい。

冬の花
01 /13 2014
冬至の日に比べて14分、日が長くなりました。
今日あたりから日の出の時間も段々早くなって、あとは立春そして春分まで一直線です。

昨日の記事を更新した直後…わたしはとんでもない目にあいました。

朝ごはん(遅ごはん)のトーストに目玉焼きを乗せようなどと思いついてしまったのが運の尽きか。
あるいはその目玉焼きをかなりゆるい半熟にしてしまったのが運の尽きか。

どうなったかわかりますか?

まぁわかってしまいますよね。特に経験者は。

卵黄がきちんと固まってない目玉焼きというものは決して空中で食べては行けなかったのです。
お皿においてナイフとフォークで切り取っていただくべきものだったのです。

結論から言うと食べてる途中でトロトロの卵黄をそのとき着てた服にぶちまけました。
さらに慌ててしまい、冷酷なる無差別爆撃機(発射される卵黄はなぜか無限)と化したトーストをふりまわしたのが運のつき。(なんかい運が尽きるんだろう…)

トロットロの卵黄はデスクへ、床へ、そしてキーボードへ…

ああ私のキーボードは黄色いキーボード。

今年の瞬間最高を記録しそうな勢いのすばやさでもって卵まみれのキーボードをひっくり返しましたが、粘度が高くて中々出てきませんでしたよ。ティッシュでぬぐいましたよ。
そうこうしているうちに私自身が卵まみれだわトーストはさめるわ。泣きたい。

そういえばもう食事しながらPCいじるなんて行儀の悪いことはしないとか誓わなかったっけ?
新品のキーボード一年で壊したときに。

その報いを受けたということでしょうか。
とりあえず当分のあいだはトーストに目玉焼きを乗せるのはやめておくことにします。
ていうか半熟目玉焼きトーストが好きな人は、あれをこぼさずに食べられるコツでもあるのでしょうか。

シータは上手に食べてたけどなぁ。あれは完熟だったに違いない。



ところで霜に強いというふれこみで購入したガーデンプリムラ。

これは1月4日の姿↓
ガーデンプリムラ

その後、連日の霜攻撃を受けたあと↓
ガーデンプリムラ
霜に強いといっても限度があるらしい。
-7℃くらいまで下がった日もあるからそのせいかもしれないけど。
やっぱりプリムラは軒下で育てましょう。



水仙の勝ち組とは。

冬の花
01 /12 2014
おはようございます。
冬至の日に比べて12分、日が長くなりました。

庭で咲いている寒咲き日本水仙です。
寒咲き日本水仙

この水仙はいつも一つの茎につき、2つ3つの花をつけています。
しかしふと心に疑問が浮かびました。

2つ3つとはいわず、4つや5つの花をつけてくれてもいいんじゃないの?
と。

でも見たこと無いんですよね…。
何が原因かしら。

思い当たる原因:

1.肥料。リン酸が不足している?(今年の夏にヨウリンをやったのだけど)

2.環境。土があってない?

3.球根の肥え具合。そもそも沢山花をつけられるほど育ってない?球根が混み合いすぎ?

そんなことを考えながら庭をよく見渡すと、ありました。

なんと一つの茎に7つの花をつけた水仙です。
寒咲き日本水仙
おお、あるじゃない。
今までどこに隠れてたんでしょうか?

まぁ今まで見つからなかったのも無理はない。
だってこんな風になって咲いていたからね。
寒咲き日本水仙
折れてしまったんだ…茎が。

あたまがデカいと苦労しますよね。ええ分かります。
(なぜなら私の頭もでかいから)

つまり私がいつも見ている水仙は小顔を活かしてすっくと立ったモデル体型水仙なのだ。勝ち組なのだ。

ああ私も来世では小顔になりたい。

わりと重大発表。ガーデニング関係ないけど。

未分類
01 /11 2014
注意:
今日の記事はいつもように調理後2時間たってのびきったぬるいラーメンのような記事ではない…かもしれません。
やさしくも繊細なハートの持ち主、あるいはギザギザハート真っ最中の方、いい事探しで各種ブログめぐり中の方は見ても嫌な思いをするかもしれないので読み飛ばし推奨。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


いきなりですがここで一句。

『この支店 閉鎖』 と上が 言ったから 1月10日は 解雇記念日

…以上が6年に及んだ私のリーマン人生の辞世の句であります。
なお、『またしてもサラダ記念日のパクリじゃん』という真っ当なツッコミの受付は締め切られました。

というわけで職場がなくなっちゃいました。
いやマジな話。今日エイプリルフールじゃないから。

正確に言うなら、私は退職金もボーナスもない非正規雇用の身ですから、解雇っていうより契約終了っていうのが正しい表現ですけどね。(そして非正規雇用でもリーマンと名乗っていいのかは不明である)


さて失職。

こんな形にはなってしまいましたが、会社に対して思うことは9割くらいが感謝の念を占めています。(残り1割は聞かないでくれ)

小さな職場でしたけど、ブラック企業はびこるこのポイズンな世の中で、すがすがしいくらいホワイトな職場でした。

ずっと居たかったなぁ。もう出来ないけど。

…本当は正社員目指して転職の用意してた所だったという事実は、こっそり闇に葬ることとしよう。
(ずっと居たかったんじゃないのかよ)

さらに本当のことをいうと、職場の閉鎖は数ヶ月前に決定していました。1月10日じゃなくて。

10日で最後の仕事が一段落したのでブログでもカミングアウト。

ああ、もう黙ってなくていいんだわー。

まだ仕事は残ってますが、もう少ししたら寝坊し放題、平日昼間にブログ更新しまくり、庭仕事しまくり、DIYやりほうだいの日々。

なにそれ天国?(天国にいるってことは死んでるってことだが)

かように天国はすばらしい場所ですが、ずっと居るわけにもいきませぬ。主に金銭面の問題で。

ちょっと休んだら、再就職して苦界に戻る予定です。


ずっとブログに書く事を迷ってましたが、とうとう書けました。
今まで何度も書いては消してきました。
朝見たらなんか変なんだもん。夜書いた記事は感傷的でいかん。
ま、今書いてるこの記事もあとから見返したらどうだか分かりませんけど。

さて、まじめな話。
就職先の環境によってはこのブログもどうなるかは分かりません
この冬にする予定だったお引越しも、新たな職場が決まるまでは保留です。

デリケートな話題ですので、もし今日の記事で不快な思いをさせてしまったら申し訳ありません。
そしてやっぱり締りのない文章ですみません。

明日から普通のガーデニングブログに戻ります。

ていうか写真がないんだった。今からとらなくちゃ。

写真がないわ。

未分類
01 /09 2014
おはようございます。
冬至の日に比べて9分、日が伸びました。

うっかり写真のストックを切らしてしまったため、
今日の更新はナシでございます…。

(ただでさえ日が短くて撮影の機会が少ないうえに、雨に降られたら写真が撮れないのです)

ああ早く春になぁれ!!

ということでまた明日。
(それまでに写真が取れたらね)

悪い主人です。

室内ガーデニング
01 /08 2014
おはようございます。
冬至の日に比べて8分、日が伸びました。

昨日の最低気温は-7℃。
車のフロントガラスがガチガチに凍ってます。

そんな寒い日は室内ガーデニングで…

と部屋を見渡したらなにかが足りない。

紫色したセントポーリアがないんだわ。



あ、あった。
セントポーリアはいつのまにか机と横に置いてあるプリンターの間のすきまに落ちていた。
いつから落ちてたのだろう。

助けあげたセントポーリアはなんだかくたびれている。
セントポーリア

うっ そんな恨みがましい目で見ないでおくれ(被害妄想)

こんなときは自己嫌悪。
わたしって悪い主人かしら。

ふと隣のユーフォルビア・白雪姫に目をやる。
ユーフォルビア・白雪姫

だいぶ前から気づいていたけど、葉っぱがチリチリだなあ…。

落葉してるのも知ってるよ。落ち葉を片付けるの、私だもの。

買ったときはどうだったかといいますと↓
ユーフォルビア・白雪姫
我ながらあきれた。全然元気でしたね、このころは。

この品種名が白雪姫なだけに、まるで白雪姫をいじめる継母じゃないですか、私。

ということはいつか元気になった白雪姫から真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされて死ぬとか…ああいやだ恐ろしい!
そうなる前に白雪姫を亡きものに

こうなった原因ですが、やはり私の部屋の環境で常に10℃以上をキープというのは難しかったでしょうか。
仕事から帰ってくると室温5℃くらいになってるもの。
まだ枯れると決まったわけではないのでこれから心づくしの世話をいたしましょう。
復讐されないようにね

自分の置かれているのがそんな愛憎うごめく恐ろしい世界と知ってか知らずか、ヒヤシンスがつぼみをあげています。
ヒヤシンス
ああ、清らかな新しいいのち…



自分で育てた七草粥を食べるには

冬の花
01 /07 2014
おはようございます。
冬至の日に比べて8分、日が伸びました。

今日は七草粥を食べる日です。
まぁ私は今年も食べてないけど。

そういえばいつかの趣味の園芸で、
七草粥の材料(一部代用品だったが)の寄せ植えみたいなもの作ってましたね。

私アレやりたいと思ってたんです。

しかしながら、当然のように育成期間が必要なため、数週間前から準備が必要。

それなのにいつも気づけば年末年始のあわただしい&もう間に合わない時期…

そして毎年七草粥にありつけない、と。

うん。ここまで考えて別に自分で育てなくてもいいじゃん、買えばいいじゃん?という考えにいたった。あれ?

でもせっかくなら自分で育ててみたいわ、七草粥。
というわけでまた来年も同じ事を繰り返すと思うのです。チーン。

さて外は寒いですが、今のところ十分頑張っているガーデンプリムラです。
ガーデンプリムラ

同じくガーデンシクラメン(ただしハウス栽培)
ガーデンシクラメン
思えばまだ暑い頃からずっと咲いてくれているわけですね。

今年グランドカバーとして導入したハランは常緑でした。
ハラン
冬もすがすがしい美しさです。しかしグランドカバーなわりにはあんまり地面をカバーしてないような気がしてなりません。



寒菊と寒水仙

冬の花
01 /06 2014
おはようございます。
冬至の日に比べて7分、日が伸びました。

そして最低気温は-5℃。
例年この時期はこんなもんですが、そういえば今年の冬はここまで冷えたことあったかなぁ。
今年の茨城は暖冬なんでしょうか。

寒い野外で寒菊が元気に咲いています。
寒菊
毎年咲いている寒菊。

それも一番寒い一月に咲きます。
なんとけなげな。
葉っぱはすでに枯れつつあるというのに。

寒菊と寒水仙。
寒菊と水仙
たまたま絡んでるだけですが、冬庭とは思えない華やかさです。

これは今年買った寒菊。
寒菊
ラベルには12月咲きと書いてありましたが一月に咲きました。



飛び出せ!ビオラ。

パンジー・ビオラ・スミレ
01 /05 2014
おはようございます。
当時の日に比べて6分、日が伸びました。

そしてお正月休みでずっと家にいた私ですが、明日からまた仕事です。
今こそ私はムンクになってさけびましょう。ああ~!
(昨日は仕事いきたいって言ってたじゃないかよ)

※ムンクの叫びはムンクが叫んでるわけではありません。

※あれは叫んでるんじゃなくて耳をふさいでいるそうです(今日wikipediaで知りました)

※『叫』って漢字をそらで書ける人はどれくらいいるんだろう。

さてと

いつのまにか大きくなっているような見元のビオラ三種。
見元ビオラ
違う品種を混ぜて植えたのが私の敗因だろうか。そうだろうか。
特に右端のスターラビットがすごいですね。
宇宙に飛び出す勢いで飛び出してしまっていますね。

花は一番のお気に入りなのですが。
見元ビオラ スターラビット

ビオラ同士じゃなくて、ふんわりした小花と一緒に植えていれば違ったかな。
しかし冬場は花の選択肢が少ないのです。
ノースポールじゃ大きすぎるし(総じて小さめのビオラなんで)

逆に、寒咲き水仙の根元にがっつり植えたりとか?
いやだめだ!一株399円のビオラをそんな乱用するわけにはいかないわ(貧)

わりとおとなしくしているフェミニンドレス(左)と森のピュアリー(右)
見元ビオラ
しかし森のピュアリーも最近あやしくなってきたような?
森を飛び出すくらいの勢いで…ああもうみんな飛び出しちゃうのね(フェミニンドレス以外)

正月ボケが止まらない。

冬の花
01 /04 2014
おはようございます。
冬至の日に比べて5分、日が伸びました。

お正月気分が抜けません。寝坊は毎日です。
こんなんで月曜日からちゃんと社会復帰ができるのでしょうか。ただただ不安です。

まぁ三が日も終わったことだし、ホームセンター行くぞー!

と気合を入れても5秒でしぼむ正月ボケ。
やめられないとまらない正月ぼけ。

『正月休みに入る前はやりたいこといっぱいあったのに、結局なにもできなかった』というお馴染みのパターンです。

あーもう。
早く来い来い仕事始め。

去年も書いたことだけど、この時期は家でゴロゴロするだけでお金(暖房光熱費)がかかるんじゃー!!!

ってことで早く月曜日にならないかしら。

私がこれ以上ダメ人間にならないうちに(すでに十分ダメ人間だけどな)

さてお正月らしい寒咲きスイセンです。
寒咲きスイセン
この寒い中に野外で咲き続けるとはとても私には考えられない偉業であります。
しかもこの水仙は冬でも温暖な地中海沿岸が故郷だという…。
私は何度も生まれ変わっても寒咲き水仙にはなれないでしょう。

これをお部屋に飾るといい香り。
寒咲きスイセン
ただ香りが強すぎて我が家では不評だったり。

秋からずっと咲いてたユリオプスデージーは寒さでいたんでしまいました。
ユリオプスデージー
でも十分がんばったと思います。
また春に会いましょう。

うっかり八兵衛、初詣に行く。

冬の花
01 /02 2014
おはようございます!(朝10時まで寝てたやつ)

今年はしっかりものになりますと昨日の記事で書きましたね。

しっかりものの私は、昨日初詣に行くときに友人の車のナビを設定しました。

(*´∀`)b°+°シッカリモノ!

そして到着したのは、目的地の隣の市町村にある、全然違う お寺…。

うっかりだよ!!
うっかり八兵衛もびっくりだよ!!!

そしてうっかり八兵衛が選んだ場所には器量よしの娘さんがいて、しかもなにかに困ってるはずだ。
が、それすらいない。ていうか見渡す限り人がいない。

…当たり前だ。ここは仏教寺院。
初詣に行くのは神社だ。

(でも調べてみるとお寺に初詣に行くのもアリらしいですね。そういえば成田山新勝寺とか有名だし)

ああ 険しきかな しっかりもの道。
そもそもしっかりものが三が日とはいえ朝の10時まで寝るだろうか?いや寝ない。(反語)

そしてお正月からとんでもないうっかりものを助手席に乗せてしまった友人に謝りたい。お正月からごめんなさい、と。

いつか水戸のご老公様になって私を諸国漫遊の旅に連れて行ってね。(だが断るだろう。向こうが。)


さてガーデニング。

ガーデンプリムラです。
ガーデンプリムラ
うたい文句どおり霜に強いかどうかはこれから試してみます。

それからビオラのUSAウェーブ。
USAウェーブ・ビオラ
この青紫色のふちどりがホタテにみえるようになった…じゅるり。

こぼれだねで増えたノースポールです。
ノースポール
この正月休みの間に移植しようかと思いましたが、来客が多くてうかつに庭仕事もでないというのを忘れていました。

さて今日は初売りですが私は元気に寝正月です。
はやくホームセンター空かないかしら。


2014年最初の記事は予約投稿から。

冬の花
01 /01 2014
あけましておめでとうございます。

2014年始まりましたね。

とかいいつつ、この記事を書いている今は12月31日。
ふたご座流星群のとき同様、これから日の出を見るためにオールする予定ですので2014年はしょっぱなから予約投稿です。すみません。

そして予約投稿の恐ろしいところは、
何か世の中を揺るがすような出来事が起こったとしても空気読まずに普通に投稿されてしまうというところ…

ああどうか何事もなく年が明けますように。
それが2013年最後の願い。

そして2014年は皆さまにとってよいお年でありますように。

ついでに初日の出見られますように。
(いつも大体くもってるよね)

…というのを間違って大晦日の昼間に公開してしまいましたよバカですね私は。
(※ネタのようですがネタじゃありません)

間違いに気づくまで一時間くらいだったでしょうか。

慌てて取り下げましたが、その間に見てしまった方はどれくらいいらっしゃったでしょうか(泣)

大掃除の合間にブログを見に来たら新年の挨拶が書いてあったらびっくりですよね。
せめて『大晦日に新年の挨拶してるアホなブログみちゃってさ』と、みなさまの新年一発目のオモロトークのネタにでもなれば幸いです。

最後までしまりのない2013年でした…。
2014年はしっかりものになろう。

庭で咲いてるサザンカです。
サザンカ
思えばクリスマス、そしてお正月シーズンに咲く数少ない花だというのに何だか世間の扱いが悪いような…?
もっと人気でもいいと思います。

お正月っぽいハボタンです。
ハボタン
ハボタンはお正月シーズンが終わるとホームセンターの売り場から消える不思議。

サルココッカが地味に黒い実をつけています。
サルココッカ

早春の花ですので、あと2,3ヶ月もすれば開花です。
サルココッカ
開花がせまっているのに今頃実をつけていていいのでしょうか。
ウメで言えば12月ごろ、モモで言えば2月ごろに実を成らせてるようなものです。
ちょっと実成りがおくれたら開花の時期とかぶっちゃったり…しないか。さすがに。

そうそう。
今さらも今さらですが、当ブログはお正月も平常営業です。

あいも変わらずふしだら ふつつか者ですが、今年もよろしくお願いいたします。