FC2ブログ

『今やるの』その1、ペニセタム比較

オーナメンタルグラス
10 /31 2013
10月最終日です。
今年も残すところあと2ヶ月。

やりのこしたことは、ないでしょうか?

私は数え切れないくらいありますが。

とりあえず。
やり残したことのうち、今できることをやってみた。

あれは数ヶ月前。

『ペニセタムのファイアーワークスとパープルファウンテングラスの比較写真を撮るつもり』
と、このブログに書きました。

そしてその後、

放置してました。すみません。

というわけで今やりました。(本当は数日前)
ファイヤーワークスの鉢を並べてパシャリ。
ペニセタム

左:ペニセタム・ファイヤーワークス
右:ペニセタム・ルブラム(パープルファウンテングラス)

です。

ただしファイアーワークスは一度水切れで枯らしかけたので枯葉が多く、本来の色合いとはいえないかも知れません。

でも上の写真で比較する限り、
パープルファウンテングラスのほうは大人っぽい紅茶色の葉っぱで、
ファイヤーワークスのほうはピンクが強いですね。

ペニセタム・ファイヤーワークスは個人的にオーナメンタルグラスの中でもトップクラスの美しさだと思いますが、あまりに綺麗なので鉢植えにして玄関先に飾っておきました。

おかげで地植えと比較してあまり育っていません。

ううむ。来年は2株買おう(地植え用と鉢植え用)

やりのこしたこと、その2。

よく育ったカレックスの株分け。
カレックス
カレックス・ペトリエイ。

でもよく考えるとこれから庭がさびしくなる季節にかけて、常緑(常茶色?)のカレックスは貴重な存在。

株分けしてボリュームを減らすより、春になるまではこのままにしておくことにしました。
春になれば逆にスペースを減らしたくなるから、株分けに丁度いいかな、と。

やりのこしたこと、沢山ありすぎて思い出せないので今日はここまで。

冬になれば枯れてしまいますが、まだまだ花壇は賑やかです。
花壇
センニチコウとジニアの花壇。

ヘレニウム・エルドラドも夏からずっと咲いています。
ヘレニウム
ただし台風で倒れた上に野良アサガオにホールドされて起き上がれない状態。

今日のバラは、フロリバンダのアイスバーグ。
アイスバーグ
このバラも野良アサガオに絡まれています。

スポンサーサイト

赤くて丸くて美味しそう。

秋の花
10 /30 2013
気づけば秋も深まる10月の終わり。

庭で元気いっぱいなのはキクとカラーリーフくらいです。

観賞用トウガラシの実も見事に赤くなっています。
観賞用トウガラシ

ところでこの赤いのがトウガラシのトウガラシになる部分でしょうか?
(ニホンゴ変ですよ)

食べたら辛いかな。

まぁ、食べる勇気ないんですけど。
ペペロンチーノ作るときにタカノツメがなかったらこれで代用…とか考えてしまいました。

庭を見回したら赤い実を発見。
実
なんの植物でしょうね。
こっちも食べる勇気はありません。

トウガラシと違ってこれは食べたら本当にシャレにならない事態になる可能性があるため、口に入れるつもりはありません。

だいたい、こんなに赤くて美味しそうな実ですよ?
それなのに鳥が見向きもしない時点でなんか怪しい。

ん?
赤くて美味しそうなのに鳥に食べられない植物…

あ、観賞用トウガラシもそうか…!
(いやあれは辛いんだ きっとそうだ)


※気になったのでgoogle先生を頼ってみたところ、

『よくわかんないけど食べないでおけば間違いないんじゃないかな』

という結論に達しました(色んなことが書いてある)

とりあえずペペロンチーノ作り始めてから鷹の爪が無いことに気づいた場合は、トマト系か和風系か、とにかく他のパスタに方向転換することにします。
(作り始める前に材料確認するという選択肢はない)

真っ赤なカラーリーフはアルテナンテラ・コナキタバル。
アルテナンテラ・コナキタバル
サラダに入れられたら綺麗ですけどね。

しませんよ、そんなこと。

…しませんよ?(大事なことなので2回言いました)

エキナセア。
エキナセア
これはれっきとしたハーブなので食用可でしょう。
ただハーブティーにするものらしいので、そのまま食べたらお腹壊しそうです。

皇帝ダリアにつぼみが見えてきました。
皇帝ダリア
北関東の当地での皇帝ダリアの栽培はちょっとしたギャンブルです。
強い霜が降ると枯れてしまう植物でありながら、開花するのは11月下旬。丁度霜が降り始めるころ。

早く霜が降れば、その年は花を見られずに終わってしまうのです。

にもかかわらず、近所を見渡せばあっちの庭には皇帝ダリア、こっちの空き地にも皇帝ダリア。

みんなギャンブル好きねぇ。
(※土地が余ってるという悲しい背景もある)


耐寒性がなかった…。

秋の花
10 /29 2013
昨日の朝の気温はとうとう5℃を下回りました。

我が家には5度以下になると枯れてしまう耐寒性の弱い植物がけっこうあります。
熱帯地方原産の植物とか。

そういうのがどうなったかというと…

意外に平気。

5℃をきったと言っても、時間が短ければ大丈夫なんですかね。
植物って意外に丈夫です。

そして丈夫でないのはワタクシのほうです。

最低気温5℃にやられ、昨日一日寝込んでました。

…というのが昨日ブログを更新できなかった理由です。

あの…そのう……すみませんでした。

数日前のブログで自分のことを『弱い耐寒性のある植物と同じ』と書きましたが、あれは間違いでした。

『熱帯植物にも劣る耐寒性しか持たないニンゲン』
これが私の現在のステータスでございます。凹み。

まだ咲いているニワナナカマドに癒されて…
ニワナナカマド
どうでもいいけど『いやされる』って文字だけ見ると『嫌される』とも変換できそうなことに気づく。
こんどブログのネタに使おうかしら(事前に言うな)

ボッグセージがさわやかです。
ボッグセージ
そして爽やかという漢字の字面はまったくさわやかそうじゃない。

銅葉ダリア。
銅葉ダリア

春にノースポールが咲いていた場所は、

ふたたびノースポールの楽園に。
ノースポール
あとで庭のあちこちに移植して冬庭のすきまを埋めましょう。

今日のバラはムタビリス…
ムタビリス
虫害の被害を免れた数少ないバラですが、雨でこんなんです。

単焦点はじめました。

パンジー・ビオラ・スミレ
10 /27 2013
今日の最低気温は7度。
冬だ。冬が迫ってきている…!

なんて、大げさですけど。
寒かったので、昨日はこの秋はじめてストーブをつけました。

思えば冬至の日まであと2ヶ月を切ってます。

このごろは日は短いし太陽高度が低いしで、出勤前の時間帯では写真をとるのも難しくなってきました。

ちょっと暗いところではすぐぶれちゃうし。
去年はこんなに苦労してなかったはずなのに…あ、そういえばカメラのレンズつけっぱなしでした。

そこでレンズをマクロレンズから単焦点レンズに変更。

思えば今まで冬場は単焦点を使ってたんでした。

私のもってる単焦点は、キヤノンの釣り餌レンズと名高いあの激安レンズ。
これが明るくて冬の撮影向き。
以前だったら間違いなくピンボケしてた薄暗い環境でも余裕で撮影できます。

これでブログ用写真も余裕だね!
(※去年と同じ装備になっただけです)

というわけで『単焦点はじめました。』
冷やし中華はじめました、的なノリで。

ボケもばっちり。
ルドベキア・タカオ
ルドベキア・タカオの花ガラです。
黒くて丸くて可愛いのでそのまま残しています。

雨の中のガーベラ。
ガーベラ
なんでガーベラなのに横向いて咲いているのかは、謎。

昨日は雨だったので庭仕事一切なし。
代わりにお買い物(またの名を買出し)デー。
ホームセンターでビオラを買いました。

赤と青のコントラストが印象的だったこれはレインボーウェーブUSAという品種です。
ビオラ・レインボーウェーブUSA
名前が謎すぎますが(日本の会社だった)

これは品種不明のビオラだかパンジーだか。
ビオラ
色がとっても気に入ったので購入。

ついでに見元ビオラからウサギちゃんを3株お迎えしました(高いので敬語)
ビオラ・見元ビオラ
一株399円。
貧乏性のわたしは一度に何株も買ったりできませんでしたが、今年はバラ苗を買わない(つもり)なので買っちゃいました。


台風&津波注意報の夜。

秋の花
10 /26 2013
昨夜は台風の影響で雨が強くて中々寝付けなかったところ、
夜中の2時に変な地震(やたら長い上にいったん揺れが収まったかと思うとまた強くなった)で無理やり起こされました。

そして隣県である福島県に津波注意報…

地震で起きられたからいいものの、気づかず寝てたら注意報なんてわかりませんでしたね。
危なかった。

注意報が出されているのは福島県のみ。
ただ、考えて見ました。

『もし今回みたいに台風が迫る中、夜中の2時に注意報や警報が出たら?』

それは非常に難しい状況です。
海沿いの我が家は他人事じゃありません。
私だったらどうしよう?

そんなことを考えながら、休みの日でしたのでそのまま起きてNHKを見ていました。

到達予定時刻が数分すぎた頃、マグニチュードの修正に伴ってわが茨城県にも注意報が発令されました。

さあ、さっきの答えを今こそ出すとき。
『もし今回みたいに台風が迫る中、夜中の2時に注意報や警報が出たら?』

私の答え。
…見なかったことにして寝ちゃおう。注意報だし眠いし雨だし。

ああ、私の防災力はゼロよ!

※良い子はぜったいに真似しないでください。
(いちおう言い訳すると、うちは海沿いですが高台です)

昨夜の津波注意報で眠れなかった皆さま、お疲れ様でした。
防災のため深夜に対応にあたられた方々にはただ感謝です。

さてここ数日は台風の影響で雨です。
(おかげでろくに写真もとれません…)

ガウラの枝に雨粒。
ガウラ

花壇へにゃへにゃ。
花壇

雨に強いのはカンナ。
カンナ
葉っぱが大きくて根っこもそんなに張ってないんですが、先日の台風でもまったくスタイルが乱れませんでした。

パープルファウンテングラス
パープルファウンテングラス

今日のバラはHTの青龍…といいたいところですが、
青龍
虫にやられてツボミ全滅。今年の秋はまともに花が見られていません。


見栄っ張り。

秋の花
10 /25 2013
スーパーで職場の後輩と遭遇。

カゴの中に入ってたレトルト食品と出来合いのコロッケをとっさにブロッコリーで隠した私。

み、見栄っ張り…。


ジャーマンガーデンマムが咲きだしました。
ダリア
どこまで大きく出来るかな?というコンセプトで育て始めたガーデンマム。

ふっ

植えつけたときと変わらない5号鉢のままです。
(しかもちょっぴりまだ余裕があるという…)

ここで己の見栄っ張り欲を惜しみなく発動させて、ガーデンマムを立派な大株に育て上げる…というルートもあったのかな。今思うと。

見栄っ張りだけど張り切り屋じゃないのが私の敗因です。

雨に濡れたビオラ
ビオラ
育ってます。なんか傾いてるけど。

本格的に寒くなる前に根がはってるのがいいらしいので、そろそろ地植えにしたほうがいいですね。

地植えにしたガーベラです。
ガーベラ
元気に育って…いるのはいいですが、開花がこんな風に途中で止まってしまうようになってしまいました。
なんでしょう、これ。

銅葉ダリアの花壇。
ジャーマンマム
ようやく盛り返したところですが、これからまた台風です。

一難さってまた一難。

そして台風の影響で今週末もまた庭仕事ができそうにありません。悔。

否定された『エビこげる』

秋の花
10 /24 2013
先日、冷凍のエビをフライパンで焼いていたら焦げてしまった。

冷凍のエビだのイカだのを焦がしたのは、これで一度や二度や三度目ではない。

なので、そろそろいい加減に原因と対策を調べようと思った。

というわけで、ネットで検索。

検索ワード:
『エビ こげる』

Yahoo!の答え:
『エビ 揚げるで検索しています。エビ こげるで再検索。』

『エビ こげる』全否定…!

エビをこがすのはそんなにイレギュラーな事態なんでしょうか。
検索ワードからはじき出されるほど?

というわけでエビがこげる原因分からず。

母に聞こうにも彼女は料理が ゴホンゴホン

まぁどうせ今までこげても気にしてこなかったわけだし、このままでもいいといえばいいんですけど…なんか気になります。

さて庭。
秋明菊の八重ピンクです。
シュウメイギク
半日陰ゾーンで咲いているのはこれくらい。
そして花数少ない。
今年の冬に移植して、ついでに根域制限もする予定。

こっちも花数少ない半日陰のシュウメイギク。
シュウメイギク

日向のオーナメンタルグラス。
オーナメンタルグラス
順調に育っています。むしろこいつら半日陰ゾーンのほうが向いてたり…しないかな。

西洋ホウレンソウの芽が出ました。
ホウレンソウ
種まきした数日後に台風、そのまた数日後に記録的大雨、という試練を見事に乗り越えての発芽。

…本当に、ホウレンソウだよね?

雨で流されてきた雑草じゃないよね??

まぁいずれは判明すること。成長すればイヤでもわかりますからね。

問題は、判明するまでに時間が必要なこと。
今から数週間後に改めてホウレンソウのタネまきしようにも、多分きっと気温が低くてうまくいかなさそう。

まぁ真冬でも保温に気を使えば十分育てられるらしいけど、面倒くさいから路地栽培でいきたいです。

というわけでこれがホウレンソウであることを真剣に祈っております。

今日のバラは、モスローズのドレスデン・ドール。
ドレスデン・ドール
香りがない代わりに花もちのいいバラ。
何週間もかけてゆっくり咲いています。

そろそろ冬支度

秋の花
10 /23 2013
ふと気がつけばもう10月も下旬ではありませんか。

なんということでしょう。
あと一月もすれば霜が降って冬がきてしまいます。

ああ、今年の春夏秋はなにしてたんでしたっけ…(遠い目)

来年には引っ越してると思うと、計画たてにくいったらありません。

とりあえず手のかかる植物はどうにかしよう…バラとか(それはどうにもならん)


そしてまた今年もミニ温室を作る時期です。
まぁ去年の資材を使いまわしますので、わりと(作業的にも金銭的にも)楽でしょうけど。

温室ですが、もうキャスター付き温室にするのはやめました。

日当たりのいい廊下と自室を行ったり来たりさせようとして去年はキャスター付にしましたが、結局は廊下に出しっぱなしになるってわかりましたから。

それに夜中になるとヒーターが作動してブオーーーーッって音が部屋に響き渡るのだ。もう勘弁して。


こういうとき、今年いっぱい楽しんだら終わりの一年草は楽でいいですね。

カラジュームと、背景のコリウス。
カラジューム
先日の台風以来だいぶ乱れてしまっていますが。

ていうかこれだって寒さに弱いだけで本来は多年草です。
温室に入れれば来年買わずにすむでしょう。
…でも温室に入れられる苗の数には限りがあるので、ゴメンナサイすることにする。

ああ、お庭に大きな温室が欲しいわ。
宝くじ当たんないかしら。
(買ってもないのに当たるはずがない)

今年もハマギクが咲きました。
ハマギク
11月ぐらいに咲くキクの仲間です。
時期が時期なのでまわりが枯れ草ばかりだったりします。
来年はカラジュームやコリウスを隣に植えてにぎやかになるようにしますか。
(忘れてなければね)

黒い葉と赤い実のコントラストがすてきな観賞用トウガラシです。
観賞用トウガラシ
先日の台風のあと元気がありませんでしたが、ちょっと持ち直してきました。
でもまた台風が来るんだよね…(涙)

隣の黄色はメランポジューム。

白いパンジー。
パンジー
この写真だとわかりませんが、観賞用トウガラシのすぐ隣に植えてあります。

冬になってトウガラシが枯れるころには、パンジーが大きくなる…予定。
冬までに早く大きくなって欲しいところ。

今日のバラは、つるばらのカクテル。
カクテル


花がありません。

秋の花
10 /22 2013
この日曜日は日中寒かったのでストーブつけようかとおもいました。

しかし燃料の灯油がないことに気づく。
買いにいこうにも、外は命の危険を感じるほどの大雨。

あ、そういえば去年の冬に買った電気ひざ掛けがあったんじゃーん☆

ひざかけのお陰で暖かく夜を過ごし、

めでたしめでたし…

でした。

そのひざ掛けを、電源オンにしたまま眠ったりしなければ、ね。(しかも『強』設定)


朝起きて、ひざ掛けが暖かかったときのあのやっちまった感。ああ懐かしい。去年の冬もよくやったねぇ。


そもそも私は自分の部屋にコタツを置いていない。

第一に、つけっぱなしにしてしまうから。

第二に、だらけた生活を送らないように。
(己のだらしなさを堂々とコタツのせいにする)

しかし己の行いを振り返って考えてみると…

春夏秋冬、だらけた生活を送っている。
そういえば夏はアースノーマットをよくつけっぱなしにしていた。

結局コタツを部屋におかないという私の努力は無駄のようですね。

ふっ(自嘲の笑み)

…引越し先でコタツ買っちゃおうかな。


さて先日の台風&大雨のコンボで庭にはろくに花がありません。

レース状になったアジサイでお茶を濁すか…。
アジサイ
このレース、どこかで見たことあるなぁと思ったら食用ホオズキでした。

センニチコウ、がんばってます。
センニチコウ
でもお疲れ顔です。写真じゃわかりませんが花の周りに茶色いシミみたいなのが出てきています。

ジニアはわりと元気です。
ジニア

秋に備えて真夏のうちに買った秋色のジニア。
ジニア
備えなきゃ良かった。秋になってから買えばよかった。

ザ・フェアリー
今の庭にはこんなのしかありません。

可愛い多肉の植え方

秋の花
10 /21 2013
昨日は更新できなくてすみません。

キーボードも打てないほどの筋肉痛に悩まされておりました。
お出かけの予定もキャンセルです。
まぁ豪雨のせいでどっちにしろ外出できないお天気でしたけど。

そんな状態でしたので家でひとり大人しく、DIYのレシピを探していました。

そのサイトでみつけてしまった。

多肉植物を卵のカラに植えるとこんなに可愛いという例
タマゴの殻に寄せ植え
(セルフリフォーム.comというサイトに飛びます)

ハオルチア、卵の殻に植えたほうが可愛いんじゃない??
先週行った益子で多肉を植えるための鉢を作ってきた私ですが、まさかそのことをこんなに早く後悔する日がくるとは…。

ほろにがい日曜日でした。

さて先週に大きな台風が来て、この週末も大雨、そしてまた台風が近づいてきているようです。

本気で庭が池になるかもしれない…あったんですよ、そういうことが。
私が子供の頃に、一度だけですけど。
そのときもこんな風にひどく雨の続いた年でした。

ま、覚悟はしておきます。

この花壇も数日前の台風でなんだかしょぼくなっています。
花壇


植えたばかりの銅葉ダリア。
銅葉ダリア


コリウスの’ワサビ’も一部がハゲてしまいました。
コリウス・ワサビ
真ん中の茎が折れてしまったんです。

シュウメイギクは咲いたと思ったら雨続きで大変。
シュウメイギク


今日のバラは、マウント・シャスタ。
マウントシャスタ
前回の台風では大丈夫でした。ここれから来る台風も無事だといいな。
(あ、そのころには散ってるか)

今さらながら気づいたこと。

秋の花
10 /19 2013
先週いった栃木の益子町。
そこの陶芸体験で植木鉢を作ってきたと書きましたね。

そのときの写真。
陶芸体験
手のひらサイズの鉢です。
部屋で多肉植物植えるために作りました。
益子で作ったんだかられっきとした益子焼です(と、思いたい。)

さて、私は、あることに、昨日になってようやく気づきました。

…これさあ、水受け皿がないんじゃないの??

ショック!!

せっかく色だの形だのにこだわって作った植木鉢。
お揃いの水受け皿がないなんて…

ホームセンターで売ってる安いプラスチックの水受け皿を使うしかないかな。
それか予定を変更して野外で使うかー。

はあ。
最初っからそのつもりなら問題なかったんでしょうが。

でも、
『ハオルチアを手作りの植木鉢に植えて部屋に飾ってニヤニヤする自分』
というイメージトレーニングを積み重ねすぎているので今さら路線変更できそうにありません。
(イメージトレーーニングというより妄想だけどキニシナイ)

先日の台風のなか、咲いたシュウメイギク。
シュウメイギク
いっこうに花数が増えないのは半日陰なせいでしょうか。

庭の小ギクが咲きだしました。
キク

いっぱい咲いてくれたガウラですが、今年はそろそろ冬眠モード。
ガウラ
でも12月くらいまで花は残ります。

ラズベリーとチーズ色のビオラ。
ビオラ
見るたびケーキが食べたくなる罪作りなビオラです。

今日のバラは、フロリバンダのグレイシャス・グレイ。
グレイシャス・グレイ
一応ブルー系のバラ。

美しい海苔と、私の好きな色合い。

秋の花
10 /18 2013
数日前のNHK水戸で特集されていたのが気になっています。

それは茨城の大洗町にあるお店が開発したという、飾り海苔。
別名Design Nori。

もったいなくて食べられない!?超繊細な「デザイン海苔」に思わずため息

こんな美しい海苔があったとは。
しかしどうもまだ一般販売はしてない上に、高いらしい…まぁそりゃそうだよね。

そして手に入れたところで、私の料理の腕ではおにぎりぐらいしか活用方法がないのが事実。

そして私はおにぎりを握る才能がない。これっぽっちもない。
(食べてるうちにボロボロ崩れるおにぎりならできる)

数年後にはこういうのが近所のスーパーで普通に買える時代がくるのでしょうか。
それまでにはおにぎりをじょうずに握れるようになっていますように。

…たぶん、無理だろうけど。

先日の台風で白いポーチュラカがまくれ上がってしまったと書きましたが、
こちらのピンクやオレンジ系の一群は無事でした。
ポーチュラカ
品種による特性などというよりは、単に植え場所が違うせいです。

この色合い、どっかで見たなぁ…と思ったら。

似たような色合いのジニアがありました。
ジニア
私はこういう黄色~オレンジ~ピンクのグラデーションが好きなようです。

コスモス。これは数日前に撮影した写真。
コスモス
台風でコスモスはほぼ全壊(全滅というよりは全壊)してしまいました。
まぁコスモスは強いからそのうち復活するでしょう。


コリウスのミッドナイトグリーン。
コリウス・ミッドナイトグリーン
これだけ見るとどこが’グリーン’だかって感じですね。
葉裏は赤いのです。
今気づきましたが、赤と緑ってなにげにクリスマスカラーです。

今日のバラは、HTのジャスト・ジョーイ。
ジャスト・ジョーイ
オレンジ大好き。


台風被害さまざま。

秋の花
10 /17 2013
さあて台風一過の朝です。

今回の台風、当地では滅多にない強い台風だったのでしょう。

夜半から朝までに降った猛烈な雨により、いつもの通勤路が冠水で壊滅状態。

別ルートで通勤中、池のど真ん中で水没している車を見ました。

どうやってあんなところに車を落としたのかしら…

ところが良く見るとそれは池じゃなくて、冠水した田んぼ。
車のあった場所は、れっきとした舗装路。

冠水した道路を走ってるうちに、深みにはまって身動き取れなくなってしまったんでしょうか。

ああ恐ろしい…これからは冠水した道路は全力で避けるようにしよう。

まぁ今日は不可抗力で何箇所か通っちゃったけど。

実際に冠水した道路が目の前に現れると、これくらいなら渡れるさ、と考えちゃうんですよね。
道幅や後続車の関係で、Uターンも中々できないし。
できることといえば、冠水しそうな道路は避けることぐらいかもしれません。


ちなみにわたしの庭の被害はというと、大きな被害はありませんでした。

しいていうなら、皇帝ダリアがひどい有様。
皇帝ダリア
支柱を立ててない枝は倒れてしまいました。
が、支柱にくくりつけてあった枝の葉っぱすら残ってない無残な姿をみるかぎり、倒れさせたほうが被害は少なかったかと。

かといって背の低い植物なら安全か?というと。

ポーチュラカ。
ポーチュラカ
絨毯をまくりあげたようです。

ちなみに台風前の写真↓
ポーチュラカ
まだまだ元気でした。

あと、植えつけたばかりのコンパクトダリア。
ダリア
根元からポッキリ?
なんだろう…強風でこうなったというよりは、上に何か重いものが載ったかのような折れ方です。

コリウス・ゴールドジャイアント。
コリウス・ゴールドジャイアント
普段は黄色いコリウスですが、葉っぱがまくれあげって赤いコリウスに…!

今日のバラは、マウントシャスタ。
マウントシャスタ
2mほどのバラで支柱もつけてませんが、見事に台風を生き残りました(花も無事)
長雨には弱いのに、意外に台風に強かった。


忘れな草が、咲いている…。

秋の花
10 /16 2013
今日は台風の日です。

実は、台風が関東に突進してきているのを知ったのは昨日出勤してから。

よって、準備とか対策とかはなんにも出来ていません。
まぁ運を天に任せましょう。

ところで私の運ってどんなもんでしょうか。

たとえば、私はこの三連休の最終日にホウレンソウの種をまきました。
ホウレンソウ
台風のおかげで水遣りいらずでラッキー☆

でも大雨のせいで撒いたばかりのタネが流れてしまうだろうからプラスマイナス・ゼロ?

…むしろ激しくマイナスだろうね、それは。

結論:わたしの運の良さはあてにならん。

ああ、この分では台風直後の庭がどうなってるのか怖くて想像もしたくありません。 

ところで今日のタイトルですが、その通りです。

ワスレナグサが咲きました。
ワスレナグサ
こぼれだねで増えたんでしょう。それはいいです。
ただ、春の花ですよね、本来なら。

何度見てもワスレナグサ。
ワスレナグサ
黄葉しているギボウシの葉をバックに堂々と開花。

花が咲くまでは正体不明の草でした。
それを放置していたのは抜くのが面倒くさかったから たんなる気まぐれ。
まさかワスレナグサだなんて思いませんもん。

これから冬にかけて咲いてくれるならラッキーですね。
私の運の良さも捨てたもんじゃないかもしれません。

台風直撃前、先週末の花壇のようす。
花壇
ダリアとジニアとセンニチコウの花壇。
秋らしくはないだろうけど結構気に入ってました。
これからどうなってしまうでしょうか。

今日のバラは、オールドローズのスブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
ツボミが次々に虫に食われてしまって中々開花にこぎつけることが出来ません。
これはさすがに運任せにしてられないので、早めに犯人を突き止めるつもりです。

アークトチス、君は多年草なのに。

秋の花
10 /15 2013
さて大分涼しくなってきましたね。

ついこのあいだ、強い日差しに負けてシナシナになっていた箱入りガーベラも、
今では地植えの環境に適応してくれたみたいでまた新しい花を咲かせようとしています

赤いガーベラとアークチス・グランディス。
アークトチスとガーベラ
もう花の終わるアークトチスが、これから花を咲かせるガーベラにバトンタッチしてるみたいですねぇ。

確かにこのアークトチス、秋までしか咲かない花です。でも本来なら多年草なんです。

た・ね・ん・そ・う。

でもなぜか、わたしが育てると一年草。

夏越して秋もよく咲いて…という生育優良コースなのに、どうしてか冬が来る前に枯れてしまいます。

今年の株も、花はちゃんと咲いているけど茎が茶色くなってヒョロヒョロ&カサカサ状態。
来年もまた苗から買うことになりそうですね。

夏に植えたピンクのジニアも涼しくなって元気がでたのか、花を次々に咲かせてくれています。
ジニア
ていうか夏から今まで全然花が咲かなかったから、その存在自体を忘れていたという…

ごねんねジニア。

たまにダリアと間違えちゃって、さらにごめんね。

…ジニアとダリアはちょっとキャラかぶってると思うひと、挙手。

観賞用トウガラシの実がきれいだったんでパチリ。
鑑賞用トウガラシ

我が家の半日陰ゾーンで元気に育っているカレックス・フラゲリフェラです。
カレックス
数年植えっぱなしで大きくなりすぎたので、この冬に株分けを行う予定。
株分けの方法ですが、ノコギリで二つに切断しろとか書いてあるのをどこかで見ました。
ノコギリで草を真っ二つにするのは初めてです。ドキドキ。

今日のバラはヘリテージ。
ヘリテージ
さくら色の美しさは一瞬です。(花もち悪いため)

植木鉢つくってきました。

秋の花
10 /14 2013
おはようございます。
旅行から帰ってきました。

今回は栃木県に行きました。
色々行きましたがその中のひとつに、益子焼きで有名な益子町があります。

今回の目的は焼き物の買い付けではなくて、陶芸体験(ロクロ体験)

というわけで。

いっぱい作りました。
陶芸体験
※手前の板に乗ってるほう(全体に出来の悪いほう)が私のつくったほうでございます。

一番左側のはミニ花瓶にする予定ですが、あとは植木鉢にするようにお願いしてきました。

今回私の行った長谷川陶苑さんでは、無料で底に穴を開けてくれるそうです。
なのでここぞとばかりに植木鉢を作って作って作りまくる。
だって可愛い植木鉢は何個あっても足りないもの。

まぁ植木鉢といっても手のひらサイズの小さいの、ですけどね。
俺、これが焼きあがって送られてきたらハオルチア植えて部屋に飾るんだ…(死亡フラグ)

最初はプレーンなボウル型のを作ってました。
しかし、何個か作ってるうちに襲ってきた、『どうせなら変わったものを作りたいわ』という誘惑にあっさり敗北。

よく分かってない素人の身で、星型だのハートだのに手を染めてしまいました。
陶芸体験
丸い植木鉢を三箇所へこませてハート型。
これから淡いさくら色のうわぐすりを塗って焼いてもらう予定。
釉薬の色選びも結構悩んだけど、楽しかったです。

ていうかこういう変な形にすると割れる確率が高まるんですけどね。
分かっててもやっちゃいました。

今回作った焼き物は乾燥や焼成の処理を必要とするため、出来上がりまでひと月ほどかかるそうです。
届いたらもちろんブログでネタ ご報告させていただきますが…

…はたして焼成を頼んだ4個のうち、何個が無事な姿で私のところに戻ってきてくれるでしょうか。
一個残らず割れたら悲しいわ。

ちなみに今回は茨城県民である私が旅行で行くために栃木の益子焼の本場に行きましたが。
しかし茨城には笠間焼という立派な焼き物の町があるんです。
他県民の皆さま、益子焼もいいですが笠間焼もひとつよろしく!(勝手に地元PR)

さてここからは通常通りのガーデニングブログ。

コリウス・ミッドナイトグリーンです。
コリウス・ミッドナイトグリーン
朝日に向かって撮影したら真っ白になってしまったので、この写真は事後調整しています。

同じくコリウスのゴールドジャイアント。
コリウス・ゴールドジャイアント
黄桃風のジューシーな色合い。
ミッドナイトグリーンと並んでお気に入りのコリウスです。
(いや、真っ赤な葉っぱのレッドヘッドも捨てがたいですが…)

ノイバラのローズヒップが色づく季節です。
ノイバラのローズヒップ

まだ咲いているアークトチス・グランディス
アークトチス・グランディス
しかし葉っぱもなくてヒョロヒョロなので全体像はとても写せませんのです。

今日のバラは、HTのダブル・ディライト
ダブル・ディライト
このバラのフルーティな香りが写せないのが残念でなりません。


雨上がりの庭と、物忘れの秋。

オーナメンタルグラス
10 /12 2013
最近、モノの名前がぱっと出てこなくなりました。
加齢でしょうか。

とくにカタカナ名前があやしい。

ちょっと前まで余裕で覚えられた植物名も、あれ?なんだっけ??と悩む始末。

ムタビリス、という名前が出てこなくて『あれ?ムルチコーレだっけ?』

コリウス、という名前が出てこなくて『あれ?コルチカムだっけ?』

ムスカリ、という名前が出てこなくて『あれ?ムタビリスだっけ?』

ノースポール、という名前が出てこなくて『あれ?パープルファウンテングラス…あ、さすがにそれは違うわ。で、なんだっけ??(思いだせん)』

何故、短い名前が思い出せないのに
より長ったるい名前のほうがすんなり出てくるのかが謎です。

一番の謎は全然似てないノースポールですが、パピプペポの音で連想したんでしょう。多分。

物忘れ対策に青魚でも食べようかな。
やっぱDHAだよね。
ドコサヘキサエン酸!(だから何故長ったるい名前は出てくるのだ)


八重咲きコルチカム’ウォーターリリー’
コルチカム・ウォーターリリー
コルチカムは花の時期に葉っぱがありません。
なので、地面からにょっきり生えたキノコ風です。

この八重咲きのコルチカムは貰い物の球根なので我が家には一つしかありません。
群生させるとさぞ見栄えがするでしょうね。

でも庭にポツポツ植えておいても宝探しみたいで楽しいかもしれません。

『あ、ここにもあったよ』みたいな。

まぁ忘れっぽい私の場合、

『ああっこんなところに球根植えてあったの!?』
(※何か他の植物を植えようとしてシャベルで切り刻んで初めて気づく)

というオチでしょうね。だから私はやりません…(ちょっと涙目)


オーナメンタルグラスのパープルファウンテングラス。
パープルファウンテングラス
大きくなりました。

昨日は雨上がりでしたので、雨粒をまとっていました。
パープルファウンテングラス
雨に濡れた茶ネコみたいです。

雨上がりのエキナセア。
エキナセア
このエキナセアは、もっと背が高くなるはずだったのに、周囲の植物に埋もれてしまって残念です。

今日のバラはチャイナローズのムタビリス(蝶々バラ)。
ムタビリス
雨上がり。

今日はこれから一泊で旅行ですので、明日の更新はお休みの予定です。
月曜日の朝にお会いしましょう。

出かけます!

秋の花
10 /11 2013
突然ですが10月12日に旅行に行くことにしました。
といっても近場ですので、栃木~福島あたりを考えています。

さて今日は何日でしょう。
10月11日です。
ということは、出発は明日ですね。

なのに目的地すら決まっていないというこの無計画ぶり。
宿の予約はいわずもがな。
ていうか行楽シーズンの三連休、もうすでに予約いっぱいですがな。

まぁ、どうにかなるでしょう。多分。


タマスダレが咲いています。
タマスダレ
毎年じわじわ~と増えています。が、かなりのゆっくりペース。

白いシュウメイギクです。
シュウメイギク
けっこうな勢いで地下茎をのばし、かなりの大株になりました。
なのに花があんまり咲きません。茂るだけ茂ったのに。
やっぱりモミジの下という、日当たり最悪な場所がいけないのでしょうか。

こっちは日向ゾーン。
コリウス’レッドヘッド’とセンニチコウ
コリウス・レッドヘッドのセンニチコウ
まぁこれはいいんです。

ただ、レッドヘッドの足元にはこのあいだ植えたばかりの銅葉のコンパクトダリア。
銅葉ダリア
この前植えたばかりだというのにすでにコリウスの葉っぱに埋まっています。
(茶色い葉っぱはカレックス)
計画性が無いにもほどがあるわ…
ダリアを移植するのは可哀想なのでコリウスの葉っぱを切り取る予定です。

切り取ったのはもちろん挿し芽。
私も嬉しい、ダリアも嬉しい。ウィン・ウィンの関係ですね。
…せっかく伸ばした葉っぱを切り取られるコリウス(本体)はどう思ってるのか分かりませんが。

今日のバラは、イングリッシュローズのヘリテージ。
ヘリテージ

私の耐寒性?

秋の花
10 /10 2013
10月とは思えないほど、暑いです。

昨日なんて最高気温30℃。

夏服も扇風機も寝るときの薄手のブランケットも、もはやない。
(いや押入れの中にあるけどね)

そんな状況で30℃。夜もそれなりに暑かった。

しかも今はこんなに暑いのに、来週月曜日の最低気温は9℃の予想。

9℃…耐寒性が全くない一部の植物は枯れ始める気温…だったかな。

ところで人間にも耐寒性ってあるんでしょうか。

私は基本的に暖かく湿潤な気候を好みますが、
徐々に低気温に慣らす+適切な防寒対策をとることにより氷点下にも(一時的に)耐えられます。
霜よけが必要です(経験したことないですが、たぶん)
乾燥すると調子が悪くなるので加湿が必要です。

結論。
自分って『弱い耐寒性のある植物』と同等。

でもこれって恒温動物としてはどうなのでしょうか。
冬でも薄着のひとを見るたび羨んでる私です。


さて私の庭は秋なので。

今のところ我が家で一番ラブリーな空間。
ビオラと白いセンニチコウ

ビオラと白いセンニチコウ、背景には植えたまま忘れていたジニア(オレンジ色)も咲きだしました。

ジニアといえば…

秋庭に備えて!
という立派な目標のもとに、(珍しく)夏から植えていた秋色ジニアがありました。

そのジニアの今の姿↓
ジニア
おお…盛りをすぎてしまっているではありませんか。
秋本番になる前に力尽きるとは。

もしかして早く植えすぎた…?
いや、植えた後の管理が悪かったのかな…?
疑惑はつきません。

ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストとアルテルナンテラ(アカバセンニチコウ)
ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストとアルテルナンテラ
白の小花と赤いカラーリーフでいい感じになるかなぁと期待して隣同士に植えました。

そしたらまさかのアサガオ(野良)乱入でカオスな光景に。

その脇に植えられていながら、運よくアサガオに絡まれてない観賞用トウガラシ。
観賞用トウガラシ
この夏のお気に入り植物で庭のあちこちに植えました。
やっぱり日向のほうが生育がいいです。

今日のバラは、HTのピンク・パンサー
HTのピンク・パンサー


秋咲きアジサイ、初開花。

アジサイ
10 /09 2013
今年の秋は私の庭でちょっとした奇跡が起こりました。

アジサイが咲いたんです!!!
アジサイ・エンドレスサマー

『このしょぼいアジサイが咲いたからって何を喜んでるのか』

まぁ、そう思われても仕方がありません。しかし今は秋なのです。秋にアジサイが咲いたのです。これは奇跡です。

ネタばらしすると、そもそもこのアジサイは二季咲きアジサイの’エンドレス・サマー’。
だから秋に咲いて当然といえば当然。

しかし植えて数年、咲き方はまったく普通の一季咲きアジサイでした。

他と違うところ?

新枝咲きでいつでも剪定しほうだいですね。
(たいていのアジサイは旧枝咲きなので剪定時期がちょっと遅れると来年咲かなくなる)

花付きもいいですね。


でも、それだけ…。

買ったときの値段は、2,800円です……。

ああ、お金のことだなんて、いやらしいでしょうか。
でも私はただの青いアジサイの小苗に2800円出したわけではありせんわ…!

…という風に、心の中ではおもっていたのです。

(そういえば何度かこのブログでは愚痴ってたような…ぜんぜん心の中じゃなかったスミマセン)

そこでこの開花です。

私が小躍りして喜んだのは言うまでもないでしょう。

ちなみに上の写真の花はずいぶん小さいですが、それは私が夏の花を剪定もせずに放置していたせいも多分にあると思われます。だって諦めてたから。
(新枝咲きなのでいつでも剪定できるというのに甘えた)

ちゃんと面倒みていれば…もっと美しく咲いてくれたんだろうか。

これが今年6月に撮影した本来の花です。
アジサイ・エンドレスサマー
こうなったかもしれませんね。
来年がんばろう…来年も咲いてくれるかどうか、ちょっと不安。

ところでこのあいだ、よそのお宅のお庭でごく普通のガクアジサイが咲いているのを見ました。

…もしかして、けっこうアジサイって狂い咲きするんですか?(涙目)


八重咲きコルチカム’ウォーターリリー’も咲きました。
コルチカム・ウォーターリリー
地面からにょっきりと…。

コンパクトガウラ’リリポップピンク’
ガウラ
日向を好む植物ですが半日陰ゾーンで頑張っています。

今日のバラは、HTのダブル・ディライト。
ダブル・ディライト
ちょっと咲き進んでしまっていました。

茨城バラ会とバラの新品種コンテスト

秋の花
10 /08 2013
茨城バラ会県北の秋の会報が届いた。

今回はちょっと変わった記事があった。

茨城バラ会の会員さんの作出した『幸』(さち)というバラが、JRC新品種コンテストでみごと銀賞を受賞したという。

2012年度JRC新品種コンテスト
(第IV部のところにあるピンクのシュラブローズがそうです)

Kさん、おめでとうございます。パチパチパチ(拍手)

このバラのポテンシャルを見抜いて出展への道を開いてくださった会長さんにもパチパチパチ(拍手)


驚いたのが、このバラを作出された茨城バラ会のKさんはいわゆるプロの育種家ではない。
趣味でずっと育種していた経歴をお持ちのわけでもない。

会報に書いてあった経緯をざっくり話しますと、

『ボニカ82のローズヒップ数個からとった種をためしに撒いてみたら……』

ということらしいです。

しかもプロの育種家にまざっての受賞。

すばらしい。
選別を重ねる中でよくも優秀なバラを見抜かれたものです。


私だったら宝くじに当たるより嬉しい…!!!

……いや、そりゃ、その宝くじの金額にもよりますが(正直者でスミマセン)


ちなみに茨城バラ会では会員になると毎年1株だけ配布苗が無料でもらえる。

今回の品種がバラ会の配布苗リストにないかと探したけど…なかった。ちぇ。

さて私は自分のHPのバラの交配のページをほったらかしにしている。
私も少しはがんばろうか…

ユリオプスデージーの’ボビー’が咲きました。
ユリオプスデージー
初夏まで咲いていたわけですから、真夏と真冬以外はいつでも咲いてるってことでしょうか。

クジャクアスター。
クジャクアスター
のはずですが最近クジャクアスターとユウゼンギクの区別がつきません。

…もしかしてユウゼンギク?

フロックスの開花第3弾が一段落したのでまたしても切り戻ししました。
フロックス
第三弾を期待します。たぶん11月かな。

11月ごろにはこの半日陰ゾーンの植物も地上部がなくなります。
半日陰の庭
具体的にはシダとギボウシ、コリウス、キョウカノコあたりが消えます。
残るのはカレックスとツツジの葉ばかり。
そしてら何を植えようかな。

今日のバラは、デルバールのパンプルネリ
パンプルネリ
雨の日に撮影。

完熟スイカ事件

秋の花
10 /07 2013
昨日の朝ごはんは小玉スイカ半個でした。

秋真っ盛りだというのに何をやってるんだ…

でも仕方がないんです。
我が家の小玉スイカ’マダーボール’が、いまだ次々に実をつけているから。
(もうウンザリだけどちょっと誇らしい、揺れるガーデナーの秋心)

そのスイカを私はお行儀悪くもパソコンをいじりながらスプーンですくって食べていた。

うむ 完熟、完熟。甘くてジューシー。
私の庭は砂土なのでスイカ栽培に向いているのだ。
私がつくったとは思えないほど美味しい。とてもとても美味しい。

こんな美味しいスイカ、全盛期のローマ皇帝だって食べたことがあるかどうかってとこr

バキャ!

嗚呼、完熟過ぎたのでせうか。

もう食べ終わりに近づいたころ、だいぶ実が硬くなってきた感触があったのでちょっと力を入れてすくおうとした。

したらスイカが破裂するように二つに割れたのだ。

あたり一面に降り注いだ、赤い汁。
デスクにも、モニターにも、私自身にも、キーボードにも。

スイカの汁にまみれながら私が思ったこと。

『このキーボード、今年買ったばかりなのになぁ…』

皆さんも完熟スイカにはご用心を。
(ていうか水気のあるものを食べながらPCはやめましょう。)


さて昨日は庭に出てスイカ収穫してトマトの脇芽をとったくらいで庭仕事終了でした。

前日の雨が残ってたんです。
アサガオ
野良アサガオ。花がない次期のチェリーセージに絡めていい感じ♪とか思ってたら茂りすぎて今どうしようかと思っているところ。

カンナは意外に雨が似合います。
カンナ

土曜日に購入したサルビア・アズレア。
サルビア・アズレア
丸っこくてラベンダーがかった水色の花がキュートです。

銅葉ダリアも買い足ししてしまいました。
銅葉ダリア
ハミングブロンズ、一株250円。

今日のバラは、HTのムーンストーン。
HTムーンストーン


12月の庭を目指して。

秋の花
10 /06 2013
昨日は頭痛が痛くて(ニホンゴが変)半日寝込んでました。

まぁどうせ雨で庭仕事できなかったからいいけどねー(強がり)

夕方からは回復したのでお買い物。
ビオラの苗を買い足し。

そして過去の趣味の園芸の12月号を読み込む。
雑誌の12月号に載ってるようなすてきな冬の庭が欲しいというなら、秋から準備しないといけない…というのは最近学んだことだ(遅い)

園芸雑誌もファッション誌みたいに季節先取りして庭作業や花苗の紹介をしてくれないかしら。どうかしら。

まぁでも簡単じゃないでしょうね。

・真冬にファッションモデルにノースリーブの服着せて撮影する
・真冬にゴーヤのグリーンカーテン作って撮影する

どっちが大変か?っていったら、きっと後者…モデルさんには悪いけど。

ということで自分で出来ることを。
今日は冬庭用に、ストックの苗を探しに行きます。

このあいだ買ったビオラ。
ビオラとセンニチコウ
けっこう順調に育っています。

ツワブキに花が咲きました。
ツワブキ
ツワブキの花って今頃咲くんでしたっけ??
っと思って調べてみたら10月ごろから咲くようです。
実は9月の終わりから咲いてたんだけど。まぁ誤差の範囲内よね。

コリウスの’レモン’の花。
コリウス・レモン
まさにレモンイエロー。
ちなみに我が家には’ワサビ’もあります。
…違いがあまり分からないのが困りモノです。

雨に濡れたパープルファウンテングラスの穂。
パープルファウンテングラス
雨に濡れたネコのしっぽそっくりです。

今日のバラは、スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
9月は開花を休んでましたが、また咲き始めました。

マウスが今こわいんです。

秋の花
10 /05 2013
さて仕事が落ち着いたので家でゆっくりネットショッピングでも…と思ったら、

今度はマウスの調子が悪いです(泣)

クリックしても反応しない…というわけではなく、
クリックしてないのにクリックしたことになっているという状態。

なにそれ怖い。

いや本当に。

まるでお化けが私のPCにとり憑いてイタズラしているかのようです。
画像にポインタをあてたら勝手に編集モードとかまじ止めてくださいお願いします。
やったーー!!仕事が落ち着いた!!!

ということで今日から復活です。

さて仕事が落ち着いたので家でゆっくりネットショッピングでも…と思ったら、

今度はマウスの調子が悪いです(泣)

クリックしても反応しない…というわけではなく、
クリックしてないのにクリックしたことになっているという状態。

なにそれ怖い。

いや本当に。

まるでお化けが私のPCにとり憑いてイタズラしているかのようです。
画像にポインタをあてたら勝手に編集モードとかまじ止めてくださいお願いします。

まぁそれくらいならまだいい。
問題は…ネットショッピング。

ポチっとボタンを押すだけで取引が成立してしまう場所に、
こんな勝手にクリックするマウスを引っさげて乗り込むのはどう考えたって危険です。

買うつもりじゃなかったものを、ポチっとな、でカートに入れてしまうでしょう?

カートに入れたものを確認しようとして、そのまま『レジに進む』ボタンを押してしまうでしょう?

お支払い方法を選択して注文を確定してしまうでしょう??


………ああ、それ全部ふだんの私が普通にやってることだわ。
あいにく自分の意思で。
自分がクリックして。

衝動買いはマウスのせいだけじゃないようです。

どっちにしろ買うつもりじゃなかったものを買う運命なら恐れずにショップへ行きましょうか!
…50万円の温室とかをうっかりクリックしないことを祈りながら、ね(さすがにそれは怖い)

さてまた新たな台風が来ているそうで。
今日の庭は雨が降っています。
せっかくお休みなのに庭仕事ができなくて困った。

これは数日前に撮影した雨上がりのビオラ。
ビオラ
一雨ごとに大きくなることを祈る。

白とフューシャピンクのセンニチコウ。
センニチコウ
一番後ろのピンクはクジャクアスターです。

2年目のガーデンシクラメンが咲いています。
シクラメン
冬のイメージが強い花ですが、もう店頭でも普通に売られていますね。

ヘレニウムもまだまだ咲いています。
ヘレニウム・エルドラド
同じヘレニウムのチェルシーはもう咲き終わってますが、こちらはずっと咲いています。
一年目なので株の状態のせいなのか品種的なものなのかはわかりませんけど。

今日のバラは、ツルバラのアルテミス。
バラ・アルテミス
まだ気温が高いので本来の花ではありません。…と思いたい(これも植えて一年目)


マッパという思い込み。

オーナメンタルグラス
10 /04 2013
やったーー!! 仕事が落ち着いた!!!

ということで今日から復活です。

さて時間的余裕もできたしネットの海に繰り出すぞ、と
昨日Yahoo!を開いたところ、衝撃的なニュース一覧が目に飛び込んできた。

『キユーピー、「みだら」と削除写真』

なんですと?


あ、よく見たら、

 キユーピー サラダ48万点回収
 映画祭画像「みだら」と削除写真

この二つのニュースを見間違えただけでした。

「みだら」なのは自分のアタマの中だよ、と一瞬反省しそうになったけど止めておくわ。

だってキユーピーが今どきマッパなのは事実だしぃ。

と自分を納得させるために画像検索してみたら、
意外に着ぐるみ(たらこ等)や服を着ている画像が多いのに驚く。

キユーピー=マッパというのは私の思い込みだったらしい。
ごめんねキユーピー。

ていうかキユーピーってキユーピーなのね。キューピーじゃなくて。

思いがけずキユーピーについて理解を深めた秋の夜でした。

秋といえばオーナメンタルグラス。
オーナメンタルグラス
赤茶色のはパープルファウンテングラス。
198円と安かったので3株も買ってしまったのです。
植え場所を考えてなかったので、とりあえず植えた鉢植えのまま。
ベージュのグラスはカレックス・ペトリエイ。

赤くて丸いセンニチコウ’ストロベリーフィールド’
センニチコウ
コリウス’レッドヘッド’から出ているように見えます。

もうずいぶん遅れた話題のような気がしますが、先日は台風の影響で雨でした。

その中で果敢にも開花した(?)モミジアオイ。
モミジアオイ
『しょぼーん』と擬音をつけたくなるような咲きっぷり。

そういえば夜になると花びらを閉じる花はあります。
このモミジアオイは一日花だから多分ちがうけど、一重咲きのバラとかは夜になると花びらを上品に閉じますね。。

しかし雨の日は?
雨を感知して器用に花びらを閉じる花…あんまり聞いたことがないです。
できないんですかね。

こぼれだねで増えたコスモスも倒れていました。
コスモス
まぁ大きなコスモスは遅かれ早かれ倒れる運命です。

今日のバラは、HTのピンク・パンサー。
ピンク・パンサー
けっこう雨に強いバラです。

おやすみです。

未分類
10 /03 2013
おはようございます。

ただいま仕事が忙しくて…ブログ書く時間も取れませんでした。orz
なので今日の更新はなしです。

わざわざ来てくださった方、すみません。

また明日…。

巨大コリウスの背景に潜む私の間違い。

秋の花
10 /02 2013
なんだか雨降ってるなぁと思ったら、台風が関東に接近してるんですか。
接近中の地域の皆さま、お気をつけて。

さてわたしはあることを教えてもらいました。コリウスに。

大きく育ったコリウスの’ワサビ’
コリウス・ワサビ

これで摘芯してないんですよ…?
レイズドベッドに植えてあるツルバラの肥料のおこぼれを吸ってこんなに大きくなりました。

…というのを書いていて、
私は重大な事実に気がついてしまった。

まず、このコリウスが吸っているのはバラの肥料(の残り)

なのにコリウスはワサワサ茂ってる。まったくといっていいほど花は咲かない。いくら花が咲きにくい品種だからって、それにしても咲かない。

ここから推測されること。

それは肥料が『窒素多すぎ』

きっと多分コリウスの肥料としては間違ってない。
葉っぱを鑑賞する植物だから。
でもバラ用の肥料としては大まちがい…のような気がする。

ありそうなことだ…だって自分で油かすだのリン肥だの配合してるから。

コリウスに大事なことを教えてもらいました。
今年の寒肥は肥料の配合を見直します。

ちなみになぜバラ用にブレンドされてる市販の肥料を使わないかというと、単純に高いからです。
経済性が第一の庭主でごめんよ我が家のバラたち。

どうやら私には学ぶべき大事なことがまだまだあるようです…。

コリウスの後ろはパープルファウンテングラス。
パープルファウンテングラス
こっちも葉っぱの茂り方のわりに花が少ないような気がします。

別の場所の、品種不明のコリウス。
コリウス
花を咲かせ放題だったので少し切りました。
(切ったもの片付けてから写真をとればいいのに、それすらしない面倒くさがり)

ニワナナカマドの花がまだ咲いています。
ニワナナカマド
一回返り咲きしただけでも嬉しかったのに、最近ではポツポツと咲き続けています。
いつまで咲いてくれるでしょうか。

このあいだ買ったロベリア・プリンセスブルー。
ロベリア・プリンセルブルー
実物は可愛いのに写真にとるのが難しい花です。
ヒラヒラした青いチョウチョみたいな花ですよ。

秋のセミにおもった。

秋の花
10 /01 2013
もう10月ですね。

なのについ数日前に、ミンミンゼミの声を聞きました。

彼は今頃でてきて、一生懸命ないてたわけだけど、

はたして仲間は生きているのだろうか…(怖い)

梅雨入りもしていない時期に鳴いていたヒグラシのときも思いましたが、

何年間も地下にもぐってようやく出てきたのに仲間がみんな死に絶えてボッチだとしたら哀しすぎるわ。

ていうかあのセミは9月の終わりまでいったい何してたんですか。寝坊したんですか。

…だとしたらお気持ちは分かりますよ。一分一秒でも長く寝ていたいよね、うん。

がんばれ寝坊セミくん。
どこかに寝坊仲間のメスがいるはずだ。


ところで彼は今は寝坊して子孫を残しそこなっているただのセミかもしれないけど。

もし7月から9月上旬にかけて天変地異が起こって地上にいるセミがすべて絶滅してしまった場合、彼らのようなごくわずかな寝坊セミが子孫を残すことによって種族が存続することもあるかもしれない。

多様性というのは大事なのですね。はぐれ者にも役目があるのだ。

ということをマジメに考えた数分後、

真夏にセミが絶滅した場合でも土の中にセミの幼虫はいるわけで、来年になればまた新しいセミが出てきて子孫を残すんじゃないの?ということに気づいた。

まじめに考えた意味なかったわ…。

がんばれ寝坊セミくん。
どこかに(以下略)

さてすっかり涼しくなった庭で、なんだか夏を惜しんでいるように咲いているモミジアオイ。
モミジアオイ
9月のセミみたいです。


カマキリ発見。
モミジアオイ
まだ小さいですね。彼らの青春はこれからのようです。

彼岸花がアジサイの根元からにょっきり生えてました。
ヒガンバナ
気になるのは一体、どうやってここに転がり込んだかということ。

彼岸花は三倍体で種をつけません。
タネをつけないのなら球根で増えるしかありません。

そして私はここに球根を植えた覚えがございません。

コボレダネならぬ、まさかのこぼれ球根?転がり球根??

コスモス。
コスモスとローズヒップ
背景のオレンジ色はローズヒップ。

ただのピンクのコスモスですが、やっぱり風に揺れるさまは秋らしくて可愛らしいです。
コスモス

さて、実は秋らしさに浸る余裕もない。
来年の春のために秋植え球根とタネを注文しなくては。