FC2ブログ

裏切りのディコンドラ。

カラーリーフ
10 /28 2015
グランドカバープランツ。

それはグラウンド(地面)をカバー(被覆)するプランツ(植物)。

利用目的のひとつに、雑草の防除があります。

それらの植物は見目美しく、生命力や繁殖力が強く、地面をびっちり覆い、他の望まない植物(雑草)の増殖を抑制してくれる、
いわばガーデナーの味方といえる植物。

その植物に私は、裏切られました。
ディコンドラ
ディコンドラ…こいつ…雑草と手を組みよったーーー!!!
(カタバミと同化しすぎてわかりづらいですが丸っこいシルバーリーフがディコンドラです)

雑草の繁殖を抑えるどころか仲良くなってる、こいつ。
ディコンドラのせいでカマや除草剤で一網打尽にもできやしない。
こうなったらニンゲンにできることは雑草だけを選んでちまちま抜くことだけなのであります。

なんてやつらだディコンドラ…。

一年目は旺盛に茂ってわたしを喜ばせていたのに。

2年目にして不良になっちまっただー!(哀)

ちなみに同時期にグランドカバープランツとして名高いアジュガも植えましたが、

そちらは鉄壁のスクラムで雑草をほぼ寄せ付けません。(写真なし)

これからはアジュガさんに頼ろう…。

ツワブキさんも頑丈で美しいです。
ツワブキ
しかしあまり野心家ではない(横に広がらない)ので広いスペースは覆えません。

葉っぱが美しいヒューケラさん。
ヒューケラ
しかし野生で生きられるほど強くはない様子。雑草負けするので花壇で育ててます。

サルビア・アズレアの花のアップ。
サルビア・アズレア
サルビアの仲間もなかなか…強いですが強すぎて逆に雑草化しそうで怖いです。

そういえば銅葉のクローバーも雑草と仲良くなって早数年だし、
母がどこからかもらってきたハンゲショウは第2のドクダミになりつつあるし…。

やはり植物の生命力をなめていると恐ろしい目にあう。
雑草と戦ってくれるような強い植物は、敵に回ると厄介なのでしょう。

ああ園芸暦●●年にしてようやく気づいた。
ガーデナーとは身内の反乱におびえて生きるイキモノなり。

自分の庭においてさえ、今日の味方は明日の敵。

しかしディコンドラよ、今からでも遅くはない。悪い仲間(カタバミ)と手を切ってわたしの味方に戻っておくれ。

あ、無理?

スポンサーサイト

フレッシュ野菜を売る、本当の方法。

カラーリーフ
05 /09 2015

新芽の美しい時期ですね。

その中でもキョウカノコのフレッシュさは郡を抜ききっています。
キョウカノコ
スーパーで売ってるフレッシュ・レタスさえもこの瑞々しい葉の前ではかすむに違いありません。

…そもそもレタスに限らずフレッシュさを売りにしてる野菜ってさ、
袋につめられて出荷されスーパーに並んで数時間~数日たった時点で大してフレッシュじゃない気がするけどそれ言っちゃ駄目ですかそうですか。

フレッシュさが命の野菜ってけっこう聞くんですけどねぇ。
アスパラとかエダマメとかトウモロコシとか、収穫した時点から味が落ちるやつ。

よし、ここでいいこと考えた。

スーパーに畑を作ってそこで収穫したものを売ればいいんだよ!超フレッシュ!そのまま食べてね奥さん!!

…それはまさに果物狩りだ。

イチゴ狩りとか桃狩りとか、別に採りたてじゃなくてもおいしいやつに限って新鮮なのが手に入る。
よく考えると若干おかしいけどこの思考の行き着く先が自分でも見えなくなったのでここらで考えるのヤメにします。ばいばい。

さて実家では秋にまいたヤグルマギクが咲いています。
ヤグルマギク
さすが冬越しした株は大きくて花も多い。
そして株の大きさゆえに漂う、ほんのりとした雑草感。まぁもともと雑草だし…。

JA直売所でお安く手に入れたジャーマンアイリス。
ジャーマンアイリス
ショボかった過去を振り切るかのように年々ゴージャスになっていきます。

カラーリーフといえばギボウシです。ギボウシの寒河江です。
ギボウシ・寒河江
サガエは新芽のときから貫禄があります。ていうかそろそろ株分けしないとね。

ニシキシダのウルスラズレッド。
ニシキシダ・ウルスラズレッド
赤と灰色の混じる、なんともいえない色合いです。

ニュースタイル葉牡丹のトウ立ち?

カラーリーフ
04 /06 2015
当地は今、ソメイヨシノが満開です。
しかし残念なことにこの週末は雨でした。

そして実家に戻っても雨。

せっかくのハナニラがこんなになってました。
ハナニラ
実家に戻るのは週末だけなので、次に会うときはきっと花が終わってただの雑草チックな草に戻っていることでしょう。

春なのでハボタンはトウだちしまくってました。
ハボタンのトウ立ち
花壇の葉牡丹・白アスパラ風。

ほかのもグングン伸びてます。
ハボタンのトウ立ち
葉牡丹をトウ立ちさえると花壇に高低差ができてけっこういい感じだと思うのですけどね。モンシロチョウのベビーたちの保育園になるまえに抜こうかな。
ていうかその前に雑草抜こうかな。

さて今年初めて買った京小町というハボタンもあるのですが:
葉牡丹 京手毬
このハボタンのトウ立ちのしかたが割りと見たことない感じでした。

これ↓
ハボタンのトウ立ち
トウ立ちしにくい用に処理でもしてあったのか。
なんかニュースタイルだな、これ。

多肉in計量カップ

カラーリーフ
01 /15 2015
冬至の日に比べて16分くらい、日が長くなりました。
そして今朝の最低気温3℃。
雨の朝は暖かいです。

私は今の部屋に引っ越すとき、小物を100均で揃えました。

とりあえず使えればいっか。

そしてとりあえず使えなくなりました。
計量カップ
計量カップが溶けたよー。

フライパンで炒め物をしているときに、数センチ先にこのカップを置いた、それだけのこと。それだけで溶けた。

ええい、この根性なしが…!

あ、裏面になんか書いてあった。
まぁ。耐熱温度70℃ですってよ奥さん!
根性なしとか言ってごめんねカップさん。

そういえば最初に買ったときに確認したはずだったのに、すっかり忘れていたわ。良かった、熱湯とか入れなくて。

まぁ100円だし。

しかし100円で買ったものとはいえ捨てるのももったいないなぁ。

というわけで鉢にしてみました。
計量カップに多肉
植えてあるのは羊さんの鉢を買ったときについてきたおまけの多肉。

…ところでこんな風に鉢が透けてるのって植物の根にとってはよくありませんよね。多肉だからどうかわかんないけど。

よし、今度ひまなときに黒い紙でも巻いておこう。

ただひとつ問題がある。
透明な容器に土を入れて黒い紙で覆う行為。
まるでアリ買ってるようにしか見えない。

困ったわぁ。ま、後で考えましょう(先延ばし思考)

そういえばこのピンクのアフロみたいなハボタン。
ハボタン
寒さで葉っぱの先が茶色くなってしまっています(買ったときからこう)
葉先カットしようかな。後で。

丈夫なハランはだいぶ葉っぱが増えました。
ハラン
いっぱい増えたら刺身をのせてやりましょう。

葉牡丹で花壇。

カラーリーフ
01 /06 2015
おはようございます。
1月6日です。冬至の日に比べて6分、日が長くなっています。

昨日からいつもどおりの日常が再開し…
年末年始のお休みを利用してブログとHPのデザインを変えたい…そんなことを思っていた時期も、今では遠い昔のようです。ウフフ。

(※つまり結局できませんでしたゴメンナサイ)

ホームページやブログで使う素材を一から作ろうとした私が馬鹿でした。
この連休はほぼ草花の切り抜き作業で消えたのです。ばか。


実家のハボタンの花壇はとりあえず一段落。
葉牡丹
サンゴ系のハボタンは目立つなぁ。

枯れたセンニチコウはそのままにしてあります。
葉牡丹

なんとなくさびしいので背景に茶色いカレックスをさしました。
ハボタン
本当にカレックスの葉を切り取ってさしただけ。
ま、数週間は持つでしょう。

切り取られ元のカレックスは真冬でも元気。
カレックス
というか常に枯れ草のようなので元気なのかそうでないのか区別がつかない。
去年がんばったので今年は株分けしなくてよさそうです。