我、干し甘柿を作る。(作っただけ)

秋の花
11 /21 2017
今朝はめっちゃめっちゃ霜が降りました。さすが11月下旬。
秋も深まって…を通り越して煮つまってきた模様。

おなべに例えるなら火にかけたばかりで具材が瑞々しいのが春、グラグラゆでられて夏、そしてじっくりコトコト煮こんだ秋…それで最後は煮詰まりすぎて全ての水分がとんでしまい、ついでに火が消えた状態が冬。
太平洋側住民の勝手なイメージです。

ところでこれ書いてて判明したのですが、私のPCは『ぐざい』を漢字変換できないようです。
『ξ』(ギリシャ字でグザイ)は出るくせに『具材』が出ないとか、どんだけ俗世離れした発想よ。
まぁPCはご飯たべないしその辺はこだわらないのかな…いや、納得いかん(作ったのはニンゲンだ)

ところでそろそろ柿のシーズンも終わりですが、
ネットで見た『干し甘柿』をやってみました。
甘柿
輪切りにして2日ほど干すだけ。
通常の干し柿のような保存性はないですが、ドライフルーツのようになって美味しいというウワサ。

さて味はどうでしょうかー?

実はこのあと干したことを忘れてだいぶ放置してしまい、
2,3日どころではない日にちが過ぎてしまいました。

すでにカピカピになった干し甘がき…(※保存性はありません)

あなたなら、食べたいですか?

NO。

勇気がでなかったよパトラッシュ…。

また来年やろうか、来年(そして来年もきっと忘れる)

お庭で紅葉してるこれはきっとドウダンツツジ。
ドウダンツツジ
ブルーベリーの紅葉に似た、アントシアニンっぽい色です。

おそろいの色、ケイトウとペニセタム・ファイヤーワークス。
ケイトウ
ファイヤーワークスはこのあと鉢にして室内に取り込みました。

咲きそうで咲かないフジバカマ。
フジバカマ
ていうかこんな時期まで咲いてくれる植物だったんですね。

つるバラのサマーメモリーズ。
サマーメモリーズ
まだ一年目なのに。
本当によく咲くツルバラです。


スポンサーサイト

燃え上がってはいけないものもある

秋の花
11 /09 2017
お久しぶりです。
久しぶりにひとの結婚式に出席したらドッと疲れました。

なにが疲れたって、新郎新婦(20代)のために集まったゲストの若さが眩しすぎたのよ…。
平成生まれの集団に、もうついていけない昭和生まれの悲哀。

そしていつの間にか結婚式の定番だったキャンドルサービスがなくなっていました。
時代の流れを感じるワー。
なんでも、燃え上がっちゃいけないものに着火する事故があったらしく、最近は少なくなってるとか。

個人的にはキャンドルサービス結構好きだったんですけどね。

でもそりゃー困りますよね。

忌み言葉NGの結婚式で火事が起こったらどうなるか。

たとえテーブルが燃えてても『火を”消せー!!!”』なんて叫べませんし、
首尾よく消火できたとして『”消えて”良かったー』とも話せません。
(どうすりゃいいのよ)

うーん…
『お二人の愛が燃え上がってますね!』とか言いながら消火器(この言い方もNG?)持ってくればいいんでしょうか…

でもそんなこと言った手前、消すことなんて出来なくなってしまいそうで…。

あぁ、燃え上がるのは新郎新婦の愛と忌まわしき宿命を超えた闘志(※機動武闘伝Gガンダム)だけで十分だわ!

と、こんな風に悩むのも大変なので、忌み言葉という風習はもうちょっと和らいでほしいと思います。

そんなときまで忌み言葉気にするやつはいないって?まあ、それもそうですが…。

実家で咲いてたルドベキア・タカオ。
ルドベキア・タカオ
新居にも一株持ってきて植えたはずですが見当たりませんー。涙。
ところでタカオというのは遊女を連想させるので結婚式には不向きでしょうか。いやなんとなく思っただけですが。

こちらも結婚式には不向きな花、キク。
キク
庭用に買いました。
結婚式NGでも、お菓子みたいな色合いがとても可愛いです。

そういえば同じキクでも、最近の丸くておしゃれなピンポンマムは和装結婚式の定番だそうです。時代は変わるようです。

赤黄のキクも買いました。
キク
賑々しい色合いで、秋にぴったり。

かと思えばもう水仙が咲きました。
寒咲き日本水仙 八重
八重咲きの寒咲き水仙。
花期が重ならないので、アプローチのバラ(ムタビリス)の根本に植えてました。

ブルーベリー紅葉中。
ブルーベリー
この色素は健康にいいアントシアニンだそうです。だからって葉っぱを食べるわけにはいきませんが…。

夏の名残のニワナナカマドと晩秋のツワブキ

秋の花
11 /03 2017
今日は20℃を越えて暖かくなりそうな日。
10月の寒さが嘘のような11月の始めです。

それでも最低気温は5℃くらいまで下がるようになっていて、季節の進行を感じます。

簡易温室を作るかどうかはひとまず置いといて、寒さに弱い植物はそろそろ室内取り込みを考えないといけません。

ハイビスカスは切り詰めて掘りあげ、
パープルファウンテイングラスはちょいっと株分け、
コリウスは挿し木で冬を越させる予定。

実家では夏のなごりのニワナナカマド(チンシバイ)が咲いていました。
ニワナナカマド
やっぱりこの花、好きです。
庭木としてはいまいちマイナーだけど。
新居にも植えようかなぁと思いつつ、苗が見つからなくて苦戦中(マイナー樹木の哀しさ…)

実家のザクロのスイートハニーがとうとう実りました。
ザクロ スイートハニー
たしか2011年に小さな苗木を買って、花が咲くようになるまで4年、結実したのは今年が初めてです。長かったわ…。
味はどうなのか。種は本当に柔らかいのか、それはまた今度~。

11月ともなると花がどんどん少なくなってきますが、ツワブキの花はこれから。
ツワブキ
可愛い黄色い花弁が見えてきました。

最近じゃ趣味の園芸で特集組まれるくらいになってきたのがツワブキという植物。
ツワブキ
日陰で育つし、強健。実家でも植えて数年もたちますが、メンテナンスフリーなのに徐々に大きくなってきたのでそろそろ株分けです。

ちなみに新居でも別種のツワブキを買って植えましたが、

速攻で枯れました。

ツワブキみたいな強い植物でも枯れることあるんだぁ…
近くに植えたバラのアイズ・フォー・ユーも枯れてしまったし、あの場所どうなってるんだろう。

早々とノースポールも咲いています。
ノースポール
これからの季節はノースポールとビオラ・パンジーと寒咲き水仙が便りです。レッツ冬支度。


ピーマンの性別を確かめたいけど

秋の花
10 /30 2017
台風一過で晴れ上がった10月の末。
なんか日曜日に台風がくるの、今年3回目のような気がします。
日曜の予定を三回つぶされた覚えがあるのでたぶん間違いない。台風め。

ところで先日、某SNSでピーマンに関するネタが回って来ました。

●実はピーマンにはオスの実とメスの実がある。

っていうやつ。
お尻の割れ方で判断するそうです。
メスの実は種が多く甘く生食向き、オスの実はタネが少ない代わりに苦いんだとか。

ほうほう。

ちょうどウチの菜園にもピーマンが一株植えてある。
いっちょ見分けてやろうじゃないの。本当かどうか試してみようじゃないの。

というわけで、現在のピーマン。

ピーマン
あっ こないだ収穫したばかりだったじゃん!

残っているのは未だ自分がシシトウなのかピーマンなのかも分かってなさそうなチビピーマンばかり…

なんということでしょう。
判定はお預けです。

家に成ってるピーマンがある状況で、スーパーでピーマンを買い足しに行くほどピーマンが好きってわけでもない。

でも、いずれこの話が本当かどうかは確認してみようと思います。
たぶん…一週間くらい先かな。
(でももう11月だし、霜が降って収穫までたどり着けないかもしれない…)

収穫できないカキが熟れ熟れです。
カキ
そして虫さんに売れ売れ。
熟れきって下に落ちた実は、チョウチョが食べてます。

キクの花が咲いてます。
キク
真っ赤な小菊は大好きです。

まるでバラのような八重咲きインパチェンス。
八重咲きインパチェンス
植えた場所が悪かったのか、花数もバラ並み…(ポツポツとしか咲かない)

ギボウシのサガエ。黄葉しました。
ギボウシ サガエ
実家から株分けして持ってきたサガエ。
今年中に植え場所を決めようと思ってたけど結局鉢植えのままにした庭主に呆れ返ったのでしょうか、今期の営業は終了だそうです。ごめんねサガエ…。

実家に残してきたつるバラのアルテミスが咲いていました。
つるバラ アルテミス
これも持ってこようかな~でもツルバラの移動は大変なんだな~。
そういえば、なんだかんだで新居に移ってから半年の月日が過ぎていました。

雑草でしょうか?

秋の花
10 /17 2017
あぁ、寒い。
雨が降って日が差さない上に昼間の最高気温が12℃という、10月とは思えないような天気が続いております。

12℃って真冬の暖かい日の最高気温と同じくらいじゃないかーい。
でも真冬とは装備が違うんじゃわーい。
こちとらダウンもコートもクリーニング前じゃわーい。

とりあえず『まだインナーとしてなら出番あるかも?』と思って残しておいた半そでの服は衣装ケースにしまいました。さようなら、また来年。

ところでここ数日は本気で雨だらけなので庭仕事がぜんっぜん出来てません。
それどころか庭の様子を見に行くのさえ数日ぶりだという…

そんなことしてたら知らない花が咲いていました。
草花
なにこれ???

これが一年目の庭。植えた覚えのない草花と今まで馴染みのない雑草であふれている。
(いや植えた覚えがないのは私の記憶力の問題ですが…)

ほぼ放置されていた庭なので、元からあったとは考えにくい。

茂り方はまるで雑草のよう。
でも雑草というならば庭のあちこちに同じものが生えていてもおかしくないのに、それがない。ここにしか生えてない。

じゃあやっぱり私が植えた?
この丈低い草を、花壇のいちばん奥に??
ちょっとそれもなさそうかな…

結論。よく分からない。
まあ、きれいだからそのままで!

しかしそうなると問題も。

この間買ってきた千日小坊・千紅花火さん。
千日小坊・千紅花火
上の雑草?と見た目がかぶってる問題。(しかもこっちのほうが地味…)

まぁ気にしない気にしない。
小さいことを気にしていると大きな大人になれないぞぉ☆
(あいにくとっくに成人済みだが)

少し前のことですが、ソヨゴの根元にチェリーセージを植えました。
チェリーセージ
すくすく育ってます。怖いくらい…(巨大化注意)

色々ともまれて野武士っぽくなったコリウス。
コリウス
最低気温一桁台もそろそろ見えてきたので、挿し木の準備をします。

今日のバラはサマーメモリーズ。
サマーメモリーズ
3日前のバラと同じ花です。これしか咲いていないんです。
あれ?10月の秋バラのシーズンにこれしか咲いていないってなんかおかしくない??(手入れ不足…)