FC2ブログ

どれか一つは良い顔を

夏の花
08 /29 2018
今日はちょっと涼しくて秋の始まりを感じさせてくれる一日でしたが、明日からまた猛暑が戻ってくるそうです。なんてこった。

そして恐怖すら感じるのが明後日の天気予報。
なんと雨なのに最高気温34℃。

なんでそうなるんすか。
じめじめ雨模様なら気温は下がるのが定石でしょうに。

雨で湿度が高いところに高気温なんて、
人間にもお洗濯ものにも庭の植物にもいいことが無いじゃないですか。
そんなん三面全部が怖い顔したアシュラ像も同然じゃないですか。

何事もバランスが大事。
3つの表情をたたえたアシュラ像を見習って、せめてどれかひとつは穏やかな顔してくださいよ、お天気さん。

ところで気候はともかく、庭はしっかり秋モードに移り変わろうとしています。

ギンギツネも穂を出してきた。
ギンギツネ
例によって実家から株分けして持ってきたもの。
実家のはぎっしり根が張ってしまって株分けするのも大変だったので、今回は素焼きの鉢かなんかに植えたまま地植えしようかと思ってます。

本来は春に咲く、ベニトキワマンサク。
ベニトキワマンサク
狂い咲き中。
ていうか去年も普通に狂い咲いていたので、2季咲きっていったほうが正しい?

フロックスはお疲れちゃん。
フロックス
いったん切り戻そうかな。

本来ならがんがん咲いてるヘレニウム。
ヘレニウム
鉢植えのまま今年の猛暑をすごしたせいか、お疲れ気味です。たぶん原因は水不足かも。

剪定の時期を逃してしまったチェリーセージ、どう考えても伸びすぎです。
チェリーセージ伸びすぎ
切ろうか…ばっさり…(秋に間に合うかな…)

今日のバラは、スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン。
スヴニールドゥラマルメゾン
いつでもどこでも頼りになるやつ。



スポンサーサイト

夏に強い植物たち

夏の花
08 /23 2018
残暑お見舞い申し上げます。
あのまま秋に突入しても個人的には良かったのに、暑さが戻ってきてしまいました北関東の当地です。

『もうそろそろ秋気分でいいかな?』と思って数日前に服を買いました。
半そでで、夏向きの薄い素材で、色あいだけは秋らしい服です。
お盆すぎ~せいぜい9月いっぱいまでしか活躍しない運命の服です。

なのにこんなにも夏真っ盛りな気分じゃとても着る気になれませぇん。
どーすんだ。

そういえば冬素材だけど色合いが春向けのものをアパレル業界では『梅春もの』というそうですが、その逆バージョンの夏素材&秋色の服はなんていうんでしょうね?

『初秋もの』?
うーん、そのまますぎる…。

『萩秋もの』?
いやいやハギの花ってけっこう6月くらいから咲いたりするから…。

ちょっと調べたくらいじゃわかりませんでした。
まぁ、初秋ものって言っておけば十分ですかね。
そもそも口頭で言う機会もあんまりないけど。

とにかく買ってしまった濃カーキの服をさわやかに着れるような気候に早くなって欲しいところ。
具体的には最高気温が30℃届かないくらい。

庭でハイビスカスが咲いてました。
ハイビスカス
この暑い中、なんてけなげな…。
熱帯原産でも猛暑は苦手な植物って多いです。
たしかハイビスカスも本来ならその一員です。
がんばってますね。

夏花壇用に植えたニチニチソウもあんまり育ちませんでした。
ニチニチソウ
水遣りさえ間に合ってない今年の夏。

ヘリオプシスはやったら元気で。
ヘリオプシス
来年は一番日当たりのいい場所(=真夏は過酷な場所)に植えることにしました。君なら大丈夫だ。

今年植えたパープルセージもいい感じです。
パープルセージ
多少 虫に食われてますが、暑さに強い様子。
来年はヘリオプシスのとなりあたりに陣取っていることでしょう。

そういえば西洋ニンジンボクは涼やかに健やかです。
セイヨウニンジンボク

でも花はくたびれてます。
セイヨウニンジンボク
ずっと咲いてくれていましたものね。




猛暑なんで新しい帽子と自家製ブルーベリージャムと

夏の花
07 /24 2018
昨日は熊谷で41℃オーバーしたそうですね。
ここは田舎なんで暑さは内陸都市部ほどではないものの、それなりに猛暑日続きです。

庭は熱い(暑いを通り越して熱い)…。

暑さがたまらんので新しいガーデニング用の帽子を買いました。
帽子
なんと今回のは日よけ布つき!(しかも取り外して洗える)

今までは普通のストローハットをかぶったり、かぶらなかったりしてました。
でもこの新しいお帽子はですねえ…いいですよ…首の後ろが直射日光で熱くなることもないし日に焼ける心配もない。
庭で作業するときは必ずかぶるようになりました。

ていうか私が知らなかっただけでネットで検索したら色んなタイプの日よけ付き帽子があるようですね。
ロングケープ帽子とか、新しいの買う前だったら欲しかったかもしれません。


もうひとつ、
自家製ブルーベリージャムでも作りました。

『せっかく庭でとれたフレッシュなブルーベリーを、ジャムにするなんてモッタイナイ~!』とか言っていたのも今は昔。

食べ切れなくて冷蔵庫の中で白カビ発生装置にさせてしまうという苦い経験を幾度か重ねた私は、ついに今年からジャムつくりを決意したのです。


がんばって食べても食べきれないでいる、庭で取れたブルーベリーたち。たしか200グラム。
ブルーベリー
大きいのはサザンハイブッシュ、小さい粒はラビッドアイ系。
欲張って色々植えたら数年で無常なまでに実がなるようになりました。
ブルーベリー植えるなら2本で十分だと過去の自分に言いにいきたい…。

さてジャム作り。
こいつらを火にかけて、果実の約半量の砂糖とレモン汁少々を加えて15分も煮こんだら…

あっというまに自家製ジャムの完成です。
ブルーベリージャム
思ったよりずいぶん簡単に、270mlのビン二つ分くらいができあがりました。

こんなに簡単ならもっと早くジャム作り開始すれば良かったわ~。

しかし味は、あんなに砂糖入れたのにけっこう酸っぱい。
ブルーベリーが完熟でなかったのか、市販品の砂糖の量が半端じゃないのか、さあどちらでしょうね。

サルスベリがくたびれているのをみて、今年の猛暑っぷりを実感中。
サルスベリ
ほんとなら8月下旬ごろまで元気に咲く花のはずですが…

あ、西洋ニンジンボクは元気です。
西洋ニンジンボク
同じ植物なのにいったい何で出来ているんでしょう。

バラのムタビリスもこの暑い中休みまずに咲いてくれています。
ムタビリス
さすがに花は小さめですが。

ちなみに明日あたりから当地は『ちょっと涼しくなりそう』なので、それに期待。

あ、皆様もうご存知でしょうが、平成30年における『ちょっと涼しい』は最高気温30度程度の日のことです。
いつからこうなった。


ジュラシックワールド感想

夏の花
07 /19 2018
ちょっと記憶にないような熱帯夜が続いてる茨城の某所です。暑いです。

3連休にジュラシックワールドの最新作・炎の王国を見に行ってきたので感想です。
微ネタバレするかもなので嫌な人は飛ばしてどうぞ。
(超ネタバレに関しては黄文字で反転)


===================感想ここから=======================

【序盤】
●前作で崩壊したパーク内のプールでインドミナスの骨を捜す潜水艦
●ていうかインドミナスの骨があるプールにはアレが住んでますよね?
●アレだよアレ。意外にシャイで恥ずかしがり屋な彼女だよ!
●はい来たー
●ついでにティラノさんも出しちゃうサービス精神
●名も知らぬ隊員、安らかに

●火山が噴火して恐竜たち再絶滅の危機ですって
●大富豪の孫娘が可愛い
●大富豪がクレアおばさんを説得→クレアおばさんが世捨て人状態のオーウェンを説得→オーウェンがブルーを説得→ブルー保護という計画 そんなあっさり行くかいな
●あら行くの
●あら裏切られるの
●あらまあ置いていかれるの
●トリケラトプスにも好かれる恐竜おじさん、オーウェン
●恐竜をおとなしくさせる程の鎮静剤からの回復が早いオーウェン
●1000℃の溶岩が至近距離でも火傷ひとつ負わないオーウェン
●火山の噴火は島が崩壊するレベル
●閉じ込められた部屋に恐竜が来るけどティラノサウルスじゃなければOKなの?
●どうみてもベジタリアンじゃないやつ来たけどOKなの?
●大丈夫なワケがない
●はしごにつかまって助かったー…って既視感ある
●序盤の展開を見たばかりの観客を間違いなく不安にさせるこの監督の手腕
●ハムスターボールなつかしい
●すばらしい最新グラフィック
●鎮痛剤打ち込まれた直後だけど全力疾走するオーウェン
●鎮痛剤打ち込まれた直後だけど水中アクションをするオーウェン
●銃を持てばなんでも解決というアメリカ銃社会に対する皮肉に貴重な時間を使うスタイル、嫌いじゃない
●波止場にたたずむ最後のブラキオさんという全米が泣く演出

【ここからほぼ別映画】

●恐竜に輸血するという新展開inお船
●ティラノサウルスじゃないといいね
●ティラノサウルスじゃないと…
●検疫なしで入国 恐竜だからいいんです(過去作)
●今度の舞台は大邸宅ですか
●子供が出てくると必ずや酷い目に合うこのシリーズ
●今までで一番恐竜が酷い目にあってる本作
●競り落としたやつらの飼育環境とかチェックしなくて良いんですか
●誰か1人でも飼いきれない奴が出たらあんたらおしまいだと思うんですがそれでいいんですか
●プチっとしたトランプ大統領がいる気がする
●レクシィ嬢にいくらの値がついたのか気になって仕方が無い
●本日の主役は頭突き君(メスだけど)
●アイドルの頭突き君
●みんなと遊ぼう頭突き君
●アベンジャーズに入れそうな活躍っぷりのオーウェン
●賢い、さすがインドラプトル賢い
●でもちょっと視力に頼りすぎじゃない?
●ていうか手当たり次第に人間襲うやばいやつなんてテロリストだっていらないんじゃ
●あ、そのためのラプトルか
●でも仲良くなれなきゃ意味が無いね
●自分は私利私欲で動くタイプなのに他者(恐竜)に対しては従順と協調を当然のように期待する不思議
●結果、大邸宅で美少女が追い回されるホラー展開
●危険区域でパニックになり銃をぶっ放すという、銃社会に対する皮肉part2
●なんて頑丈な大邸宅の屋根
●なんて頑丈な化石標本
●クレアおばさんのタフさ
●レクシィ嬢はプロフェッショナル
●一緒に暮らそう、今度こそ
●彼女の答えは…
●マルコム博士(玉手箱開け済み)!!!!!

【end】

【エンディング後の感想(微ネタバレ)】
●炎の王国(前半まで)
●恐竜パニックin大邸宅(真のタイトル)
●前半だけ見ていたかった気もするけど面白いは面白い


【エンディング後の感想(強ネタバレにつき文字色反転)】

●観客の待ち望んだブルーとの再会
●とはいえ新種の性悪恐竜と対決するブルーとオーウェンっていう展開は、前作の焼き直しすぎるんじゃないですかね
●ジュラシックパークは崩壊し、恐竜が野に放たれてこの世界自体がジュラシックワールドへ
●でも草食のやつらやミニ恐竜はともかく、大型肉食恐竜は軍隊出動してあっというまに捕獲or捕殺されちゃうんじゃ
●それでもきっとモササウルスだけはどうにもできない
●とりあえずこの世からマリンスポーツが消える(断言)
●次回作ではオーウェンがピンチになるたびどこからともなく現れるフェニックス一輝 ブルーを期待


===================感想ここまで=======================



長い長いエンドロール後にちょっとだけおまけ映像があるので3Dめがねはしまわずにお待ちください。
そしてでかいHAWAIIの文字が見えるころになったらメガネ着用推奨

ウワサによるとジュラシックワールドは3部作なので次の作品でまた新しい世界が拝めるかもしれません。楽しみですね!

ところで知らないうちにハイビスカスが咲いていました。
ハイビスカス
ゴージャス。熱帯の花だけど暑すぎるのは好きじゃないらしいと聞いたような。

白いさわやかフロックス。
フロックス
品種名はダビドだかデイビッドだか。

夏でも良く咲くガウラさん。
ガウラ
でも日中は花がしおれてるので若干かわいそう。
そんなに頑張って咲かなくてもいいのに…

チェリーセージは省エネ手抜き花。
チェリーセージ
でも咲いてくれるだけありがたいです。

半日陰ではフシグロセンノウ。
フシグロセンノウ
日本原産だけど、これも本来は暑さは苦手なんですって。



最近ツイてるんです(嬉しくないほうに)

夏の花
07 /13 2018
先日、給食メニューが食べられるという給食居酒屋なるものに行きましたが…ほんとーに行っただけで終わりました。

まさかの『CLOSED』。
駐車場が有料でなかったのが救いでした。

でも最近こんなの(行ってみたらやってない)ばっかりです。
あっちも定休日、こっちは臨時休業、某トンカツ屋さんは改装のためにしばらく休業ですって!

いやでも考え方によってはですよ。
一般的なお店では営業日より週に一度あるかないかの休業日の方がずっと少ないわけで、
それを高確率で引き当てる今の状況はある意味ツイてるのかもしれません。

うん、ツイてるならいいよね。憑いてるのは怖いですけど。
宝くじでも買おうかな。

ところで今日13日の金曜日はジュラシックな映画の公開日らしいので、予定がつき次第見に行こうと思います。
大丈夫、でかい映画館に休業日は滅多にない(はず)…

お庭はあっついです。曇ってるのに暑い。
真夏の花の百日紅です。
サルスベリ
なんか、咲き始めのはずなのにすでにくたびれ感が出てますが…まだまだ夏だけど大丈夫?

開花の始まった西洋ニンジンボク。
西洋ニンジンボク
涼しげ!
これとサルスベリがあれば真夏の庭はさびしくありませんね。
(今年のサルスベリはちょっともう花終わりかもしれないけど…)

観賞用トウガラシです。
観賞用トウガラシ
毎年買ってる大定番。

度重なる雨と風ですっかりひんまがってしまったルリタマアザミ。
ルリタマアザミ
カメラ斜めにして撮ったんじゃないですよ。
リアルにしだれて横になってるんですよ。
(あとで支柱たてます)

観賞用のつもりで購入したスイスチャードが…大きくなりすぎました。
スイスチャード
花壇なのにモリモリでてる野菜オーラ。
仕方ないから収穫しよう。

今日のバラは、ムタビリス。
ムタビリス
酔芙蓉の花みたいに、どんどん色が変わっていきます。
今はすでに濃い目のローズピンク。