FC2ブログ

紫陽花の池を見に&インスタ開設のおしらせ

夏の花
07 /15 2019
こんにちは。
今日は令和初の海の日ですが皆さまは海にお出かけでしょうか?
(ただし当地はめっちゃ梅雨空)

あれから結局インスタのアカウントを開設してしまいました。
ついでにインスタの画像をブログに張り付けられるというのも知りました。
今後はこの方式でいこうかと思ってます。

いちいち画像をPCに取り込んでサイズ変えてブログにアップして…という今までのやり方に限界を感じていましたので、

令和を気に!
このブログもアップデートです!


え?令和スタートしてからすでに2か月たってる?
そんなの誤差誤差!(子供が生まれてから時の流れがいよいよ高速化)

というわけで最初の投稿はせっかくなので最高のインスタ映えスポットの虎の威を借りようと思います!
(画像クリックでインスタにもいけます)


茨城県桜川市にある、雨引観音。
その名物、アジサイの池。

これ、ほとんど本物のアジサイ!

めっちゃインスタ映えするやん?
アップしたとたんに知らない人たちからイイネがついてビビりましたよ正直。
(ファロワーゼロ状態でこれが多いのか少ないのかわからない)

入口のお手水も凝っています。

みんな写真撮ってました。

アヒルさんたちもいます。

アジサイの上でくつろぎ中。
これ、実はアジサイの下は発泡スチロールなんですね。
そこにアジサイをブスブスさして固定してるんじゃないかと。

向かって左のほうの色味が違うアジサイたちは造花ですが、それ以外は本物っぽい。

旧枝咲のアジサイをコンパクトに保ちつつ来年も咲かせるためには7月上旬までの剪定がかかせませんが、そうなると花をあきらめなければなりません。

このアジサイの池というアイディアがすごいのは、剪定花を池に浮かべることで花を楽しみつつ樹形もコンパクトに保ち、ついでにとは参拝客もゲットしているところ。いいことしかないじゃん。

まあ若干、鯉たちは居心地悪そうでしたけどね…。

立派なニシキゴイもいます。
池の全部を覆ってしまわないのは彼らのためだと思います。

あとクジャクもいてそれが大層インスタ映え&おめでたい感じらしいのですが、
当のクジャク氏はあふれる参拝客にうんざりしたのか、
お墓の上に座って動かず。

…写真取れなかったよ!


観音様なので子育てのお守りを買って帰りました。

雨引観音は和尚さんの趣味なのか、センスのいい日本庭園があって、お花もいっぱい。
実は私にとってウン10年ぶり2度目の参拝でした。
一緒に行った母にはアンタ昔行ったのに覚えてないの?と聞かれましたが、まったく覚えておりません。

ていうかそのとき私は赤ちゃんですから!

いつか私も大きくなった息子に、赤ちゃんのときに行ったはずだけどアンタ覚えてないの?とか言って困らせるんだろうなぁ。

ではこのへんで。
ブログに乗せていない写真もインスタにあるので、よかったら見てやってください。

https://www.instagram.com/barairotamago/


スポンサーサイト

モンシロチョウは実は黒い。

夏の花
07 /03 2019
7月に入りました。

最近めっきり記事の更新ができませんで、ブログ用の写真がたまる一方です。
インスタでも始めてとりあえず写真をポンポンUPすべきかどうか、迷い中。

最近じゃガウラがもりもり茂ってきています。
ガウラ
白いガウラは別名・白蝶草。

そして白蝶草に本物の白い蝶。
ガウラ
でもよく見るとうっすら黄色。オスかな?

人間の目にはただ白っぽく見えるモンシロチョウのオスですが、
紫外線が見える生き物(モンシロチョウ自身とか犬猫とか)にとっては黒に見えるそうです。

まったく同じものが、受け取り手によってなぜか全然ちがうものに見えるという、この世の面白さと理不尽さの化身のようなモンシロチョウ。

いったいモンシロチョウから見たわたしは何色をしてるんでしょうか。

こちらはチャイナローズのムタビリス。別名:蝶々バラ。
ムタビリス
こっちの蝶々はカラフルです。
でもカラフルに見えているのは人間だけだったりして…?

季節は梅雨真っ盛りでアジサイがきれいです。
アジサイ エンドレスサマー
品種はエンドレスサマー。
2季咲きだか四季咲きだかという触れ込みで買ったけれど、実際はそれほどでもないのです。

雨の似合う花だとはいえ、雨ばっかりで観賞する暇もない…
アジサイ エンドレスサマー
そこで切り花ですよ奥さん。

雨あがりの爽やかペチュニア。
ペチュニア
夏に向けて育っています。

今日のバラは、ヘリテージ。
バラ ヘリテージ
もともと花もちの悪いヘリテージが速攻で散るようになったとき、それが夏の訪れ。



令和のスイッチどこにあるんだろ

夏の花
06 /21 2019
お久しぶりです。

晴れて暑いか雨降って寒いか、どっちかしかないこの季節、いかがお過ごしでしょうか。

私は元気です。ただ6月病でやる気がでないだけで…。

『やる気~スイッチ~きみのは どこに あるんだろ♪』

と歌って気分をアゲようにも、このCMは令和生まれには間違いなく通用しないだという事実に気づいたとき、膨らみかけたやる気がシュルシュルとぬけていきました。身近に居もしない令和生まれの陰におびえる昭和生まれでございます。

というか未だに新元号に慣れない。

お知らせとかで『令和元年〇月〇日までに~』とか書いてあるのを見ると、

ついうっかり『ひえっ ここはパラレルワールド…?』

とか思ってしまうほどに世の中についていけてません。
昭和から平成になったときはすぐ適応できたんだけどな…あんときゃ若かった。

とりあえず今年の目標決めました。
『今が令和であることに慣れること』です。

そして今年も半分が終わろうとしている頃に目標を打ち立てる、これが私の遅れっぷりです。(まあ毎年こうだ)

ところで世の中は梅雨なのでアジサイがきれいですよ。
ちょっと前の写真ですけど。
アジサイ エンドレスサマー
アジサイのエンドレスサマー。

それからクラウンベッチ。
クラウンベッチ
花だけは可愛いけど。

ほぼ雑草化。
クラウンベッチ
グラウンドカバーが雑草化するという笑えない事態。
まあ、ほかの雑草は抑制されている…とも言える?

今年もユスラウメがたくさん実りました。
ユスラウメ

これだけとってもまだまだ残ってます。
ユスラウメ
水っぽいサクランボみたいな味です。
病気も害虫も手間も少なくてすむので、庭植えするならユスラウメが断然おすすめ。

今日のバラは、ポールゴーギャン。
ポールゴーギャン



庭主の特権

夏の花
06 /01 2019
ああ…気が付けば…もう6月です…。

今年は珍しく早め早めの5月中に衣替えに成功しました。
長袖の服はもう押し入れの中です。
面倒くさくなって全部ぶっこみました。

後悔しないわ。

これから梅雨になって
なんだかんだで肌寒い日がやってきて
長袖のお世話になる日がやってくる、
その日までは。
(たぶんきっと後悔する)


ところで今年の夏も猛暑なんですかねぇ…

家族も増えたことだし増税前だしーで、エアコンを増設しようと見積を頼んだところ、工事は最短で6月末ごろですって。
キツー。

(むしろ衣替えしてる暇があったらもっと早くに依頼しろよと)

今年の夏も選択ミスの連続です。

お庭はバラの季節…。
ジュード・ジ・オブスキュア
季節外れの猛暑でだいぶ散るのが早かったですけどね。
写真はジュード・ジ・オブスキュアとノイバラです。

ノイバラは勝手に生えたもの。
ノイバラ
しかしものすごい勢いで大きくなるし一季咲きだし、庭の片隅ならともかく花壇の一等地に植えておくのは厳しい…。
挿し木して親株は切ってしまおうか…。

病弱美少女のメイベル・モリソン嬢。
メイベルモリソン
さっそく黒点病です。でも美しく咲いています。
オールドローズとして残ったのは皆に大事にされてきたのでしょう。

探検家の名を冠したジャックカルティエ。
ジャックカルティエ
さすがの強さ。

こちらはカトリックの枢機卿、カーディナル・ド・リシュリュー。
カーディナル・ド・リシュリュー
気難しいとです…。

こうやって見ると、うちの庭には美少女も探検家も枢機卿もいることになっていて面白い。

しかし大抵のお客さんはバラを見るだけで満足で名前には興味がないので、それを知っているのは庭主だけなのです。

特権特権。

ところでバラに合う宿根草であるオルラヤですが、
オルラヤ
バラに合う気が一切ないフェンスの裏側で可憐に咲いています。
(コボレダネで増えた)

ちなみに少し前の猛暑で花壇はこの通り。
花壇
ネモフィラやノースポールはほぼ完全に枯れました。

意外に花期が長いのはエキウム・ブルガレ。
エキウム・ブルガレ
来年はバラと合わせてみるのも良さそうかも・



平成35年はいつやってきますか?

夏の花
04 /18 2019
史上最長のゴールデンウィークの足音聞こえる4月中旬、いかがお過ごしでしょうか。

おもえば平成もあと10日ちょっととなりました。

慣れ親しんだ元号が終わって新しいのになるって、不思議な感じ…

31年前に元号が平成に変わったことを知ったのは、ある寒い朝のことだったのを覚えています(つまり私には31年前の記憶があるゲフンゲフン)

そして今、春爛漫の中で新しい元号が始まろうとしていますが…

いますが…

去年更新したばかりの私の免許証、平成35年までって書いてあるんですよ。

もう多分その日は来ないので、

今の免許証は永久使用ってことでよろしいですか?

よろしくないっすか そうっすか。

さて春爛漫ですが、それを堪能する余裕もなく夏のことを考えなきゃいけないのがガーデニングというもの。

ビオラとネモフィラを植えている花壇に、夏用の苗を仕込みました
花壇
白いペチュニアとピンクのニチニチソウを。
ビオラがダメになる初夏には大きく育ってることを祈って。

基本的に、一年草は枯れる寸前まで花壇に植えておくスタイルです。

デルフィニューム買いました。
デルフィニューム
輝くようなライトブルーです。

それから一目ぼれしたペチュニアの”藤色小町”。
ペチュニア 藤色小町
これは高いので一株だけね。
しかし良い色ですわ。

ネモフィラは満開。
ネモフィラ
デルフィニュームが輝くような青なら、ネモフィラは吸い込まれそうなブルー。

咲きかけのツボミがこれまた可愛い。
ネモフィラ
きっちり折りたたまれてるんですよ。
自分で育ててみて初めて知りました。

こちらは可愛いというより面白い花のツボミ。
ポピー
アイスランドポピーのツボミは怪獣の卵っぽいです。
出てくる花びらは細工物のように繊細なんですけどね。

ヤグルマギクのツボミも妖怪みがありますね。
ヤグルマギク
これまた咲いた花は美しいのですが…これが、ギャップ萌え?

リキュウバイも木いっぱいに花をつけています。
リキュウバイ
ついつい美しい花に目が行きますが、なにげに葉っぱも芽吹きが早くてしかもきれい。

めったに登場しないけどうちの子は元気です。
赤ちゃん
お下がりでもらったアンパンマンをバシバシ叩くのが最近の趣味です。
がんばれアンパンマン。