FC2ブログ

プラムの収穫

食べられる植物
06 /27 2018
またまた更新間隔があいてしまいました。

近ごろ記憶力がとみに落ちて、日々何があったのかすぐ忘れてしまいます。
気がつけば日数が経っているような…記憶が飛んでいるような…。

『あ、あれブログに書こう』と思ったことも忘れ、しかし『忘れた』こと自体は忘れていないようなので…モヤモヤ…。

そういうときに頼れるのが自分の写真。
そのとき何を考えていたのか思い出させてくれます。

…もっとも最近じゃ思い立ったときに写真を撮ることすら忘れているようで、いよいよどうしようもない。
DHAサプリでもとろうかしら。

梅雨の晴れ間にプラムを収穫しました。
プラム
真っ赤に熟れたプラム。

スーパーで売ってるのと違いは…収穫したてでプリプリなのに、酸味がほとんどないところ。

ところでなんでいきなりプラムかというと、
うちには小さいけどプラムの木があったんですよ。
プラム
実は今年が初収穫。

無農薬で間引きもしてない放置栽培なので、

どうせ虫につかれて全滅するか、収穫できてもプチトマトみたいなサイズだろうなぁ…とか思ってましたが、

意外や意外。

売ってるのと遜色ないクオリティーの実が収穫できました。
しかも美味しい…!
もっと早くに知りたかった。

といっても実ったうちの全部が収穫できるわけじゃなさそうです。
半分はカビにやられ(梅雨だからね)、さらに半分くらいは虫にやられ~ので、残った分が人間の取り分です。
栽培スペース考えると、割りに合わないっちゃ合わない。受粉樹も必要だし。

3月下旬にはこんなに花が咲いていました。
プラムの花
プラムの花です。
咲いたからって実がなるとは限らないのが果樹の怖いところですが…(去年は咲くだけ咲いて実らなかった)

ホワイトレースフラワーが咲いています。
ホワイトレースフラワー
茂りすぎて倒れちゃった。

今年植えたカスミソウも咲いてくれました。
カスミソウ
茂りすぎて倒れ(以下同文)
それにしてもやっぱりこの花は可愛い。真珠のようで6月にぴったり。

もうひとつの6月にぴったりの花は、アジサイです。
アジサイ
実家から持ってきた昔ながらのアジサイ。
なんだか実家よりも色が薄いような?
これから色がついてくれるんでしょうか。

今日のバラは、ポールゴーギャン。
バラ ポールゴーギャン
梅雨よりも夏が似合う色合いですねぇ。

ていうか6月6月って、もうすぐ7月じゃん!!!(記憶がとんだ)




スポンサーサイト

自家製梅酒と梅雨の悲劇。

食べられる植物
06 /15 2018
梅雨まっさいちゅうの北関東からこんにちは。
お天気のせいでウッドデッキつくりが中々進まずあせっている庭主です。

数日前のことですが、

たまには季節を味わってみようかと思いまして、

梅酒と梅ジュースを仕込みました。
梅酒
もちろん庭でとれた梅の実を使用。

完成まで梅ジュースは1週間。
梅酒は最低3ヶ月~半年。もっと美味しくしたいなら1年。

まあせっかくなんで出来たらすぐ味わいたいところなんですが…

と、思って気づいた。

いち早く梅酒を味わおうとすると、飲めるのは9月~12月。
季節を味わおうと思って梅酒をつけたのに、実際に飲めるのは季節はずれもいいとこの季節。

えっ もしかして私、クリスマスソングを聴きながら梅酒を飲むことに…!?(それはそれでいいかも?)

いやいや、せっかちはいけませんね。
美味しく味わうためにも、来年の梅の季節まで取っておくことにしますわ。
(そもそも諸事情により禁酒中なんだ)

ところで先日の嵐のせいでうちのホーリーホックがこうなりました。
倒れたホーリーホック
折れちまったんだ…心が、じゃなくて茎が。

こんな、ホーリーホックってグラジオラス並みにぶちぶち折れるものなんでしょうか。

やっぱり八重咲きの花が重かったのかも…。
ホーリーホック
見た目は可愛らしいですけどね。
ちなみに花びらは触るとティッシュのように柔らかです。
(水ふくみも良さそうなのでそりゃあ重たかったのでしょう…)

キャベツのようなまん丸ツボミもキュートでした。
ホーリーホックのツボミ
しかしもう折れてしまったので見られない…
まだかろうじて根本とつながっているようだけど、
むりやり起こそうとしてトドメを刺すのも怖い…どうすりゃいいのか。

はい、来年はこんな悲劇がおこる前にちゃんと支柱を立てます。誓います。

今日のバラは2年目のサマーメモリーズ。
サマーメモリーズ
2年目にして黒点病デビュー。しなくていいよそんなの。




種無しザクロ・スイートハニーを収穫。

食べられる植物
11 /16 2017
そろそろ氷点下の気配を感じる11月半ばです。

数日前のことですが、とうとう種無しザクロのスイートハニーを食べることができました。
ザクロ・スイートハニー
ザクロ…好き…(大好きとはいわない)

ザクロは美味しいんですが硬いタネをいちいち吐き出さなきゃいけないのが厄介で、なかなか買ってまで食べようとは思いませんでした。

そんなとき目に付いたのがこのザクロ。

『種無しのザクロ』。
正確には、種が柔らかくてそのまま食べられる、『種無し(っぽい)ザクロ』。
しかも『とても甘い』

そんなショップの謳い文句を信じ、苗木を購入したのが2011年。

それから6年です。
食ったことのない、本当に種無しなのか分からないザクロを育て続けて、6年。

その間の私の心はまるで顔も知らないペンパル(いまや古語)と結婚の約束をしてしまった昭和の結婚適齢期の女のようなものです。

こんなでっかくなる木を植えて、数年待って、いざ収穫したら酸っぱくて硬い種の実だったらどうしよう…
『間違いでした』じゃ済まされない…!

そんな私の心を知ってかしら知らずか、6年じらし続けたザクロがこちらです。
ザクロ スイートハニー
今年ようやく実りました。

ところで6年の間には色々ありました。
職場がつぶれました。再就職しました。実家出ました。結婚しました。最近、中古のおうちを買いました。

その間に、いつのまにか、スーパーで普通に売ってるザクロが、種無しっぽくなってました。

大事なことなのでもう一回。

スーパーで普通に売ってるザクロが、種無しっぽくなってました。

甘酸っぱくて、美味しくて、種が柔らかくて、そのまま食べられるザクロがいまや普通に売ってるのです。
HAHAHA、こんな世の中が来るなんて、お釈迦様でも知ってたかどうかだぜ!

なにはともあれ初収穫の種無しザクロ。
いよいよ実食のとき。
ザクロ・スイートハニー
きれいな実。もし美しい果物の総選挙があったら私はザクロに一票いれるわ。

そして肝心の味はというと…

激酸っぱい。

しかもタネが硬い。
たしかに噛み切れないことはない。
けど、酸っぱい果肉の味よりタネの味のが目立つレベルで存在感がある…。

うーん。

まぁ、一年目だしね!
収穫期もちょっと過ぎちゃったしね!
これから変わっていくよね!!(ポジティブ)

というわけで、これからスイートハニーを植えようかという皆さまへ。
これを読んだら植えたくなる気持ちはよ~く理解できますが、最終結論をだすにはもうちょっと待ってくださいな。

もしかしたら来年・再来年の私は『なにこれ美味しい!愛くるしい!!』とか言ってるかもしないのです。

そのときまだ私が『激すっぱ!!!』とか言ってるようだったら…そのときこそ購入計画を見送るべきかと。

まぁ、来年・再来年までこのブログを続けているかどうかは不明でありますが。
(最近更新さぼりがち)

ところでお庭のコリウスがピンチ。
コリウス
だいぶ寒さにやられちゃいました。
でも室内に取り込みさえすれば、多年草。
そろそろ冬越しの準備しなくちゃ。

11月でも元気なダリア(ミニサイズ)。
ダリア
バーベナのすきまから。

観賞用トウガラシです。
観賞用トウガラシ
寒さにやられてシワシワです。
これも本来は多年草なので、室内に取り込めば冬越しできるそうです。やってみようかな…。

バラの星光。
バラ 星光
11月の花が一番美しいバラです。
(でもちょっとダブルセンター気味…?)




金色のナスに変化した。

食べられる植物
08 /11 2017

暑い暑いとぼやいていたら秋口のように涼しい日がやってきました。
これで雨ばっかりじゃなければ最高なんですが、贅沢いってもしょうがないですね。

ところで今年は菜園で真っ白な白なすを育てています。

最近は収穫もさぼりぎみでしたが、

なんと、

金色に変化しました!
白ナス
なにこれレアなの?蝶々来ちゃうの?引っこ抜くともらえるポイント2倍なの!?(ピグライフ脳)

…というゲーム的なアレではなく、単に白ナスは熟すと黄色くなるそうです。なんだー。

そもそもなんで収穫をさぼっていたかといいますと、うちでもナスを育てているのに他所からナスをもらってしまうという田舎の夏あるあるでして…(あとキュウリとインゲンな)
そっちを消費するためウチのは後回しにされてしまったわけです。

菜園で採れたミニトマトとバジルで冷製パスタ。
トマトとバジルの冷製パスタ
後ろは貰いもののナスでつくったミートソースグラタンです。いつか白ナスでも作ってみたいです。

トウモロコシもぐんぐん育ってます。
トウモロコシ
植えた時期が遅かったので心配してましたが、
無事収穫までたどり着けそう。

話はこのトウモロコシの苗を植えたころにさかのぼりますが…
美味しいトウモロコシの継続的収穫をたくらんだ私は、上の苗を植えつけてからさらに数日後、あまったタネをまいたのです…

でも後から撒いたほうはダメダメでした。
トウモロコシ
よくばりバアさん おじょうさん、バチが当たる、、、の巻。

まぁ強欲のバチがあたったというのは置いておいて、植える時期があんまりにも遅すぎたのでしょうか。
あるいは土壌が悪すぎたかもしれませんね。
なんかここの土、固かったし。

引っ越してきて3ヶ月ちょい、なにもかも手探りの1年目の庭です。

新しい庭にみごとに適応した(らしい)ジュード・ジ・オブスキュア
ジュードジオブスキュア
実家にいたときよりよほど元気です。
そうかそんなに潮風がいやだったか。


菜園の白ナスでラタトゥイユを

食べられる植物
07 /26 2017
そろそろ8月にもなろうということですが、またいきなり梅雨に戻ったかのような涼しいお天気。

ところで今年の目標は庭で取れた野菜だけでラタトゥイユを作ることです。

いまのところまだナスとトマトとピーマンしか収穫できてないのですが、見切り発車で行っちゃいました。
(よく考えたらセロリがないから最初から無理?なにそれワカンナーイ)

その前にメインの仕込み。鶏肉のオーブン焼きです。
鶏肉のオーブン焼き
鶏肉、インゲン、ミニトマト、ズッキーニ、ブロッコリー、ニンジンそして仕上げにマジックソルト。
このあとオリーブオイルかけてオーブンで焼くだけ。

そしてラタトゥイユ。
今回は菜園スペースでとれた白ナスを使います。
白ナス
まさにEgg plant。卵のように真っ白。すべすべツルツルして健康そう。
これでラタトゥイユ作ったらカラフルで綺麗じゃないですかー?

ところでずっと気になってたのは、白ナスは切ってみるとどうなっているのか?っていうことでしたが…

切ったら中身もちゃんと白いのです。
白ナス
この写真じゃわかりませんが、タネもうっすらピンクがかってているのです。
普通のナスが小悪魔系なら白なすは姫系、もしくは天使系。神々しいわぁ。

ただしうちのオットはナスが苦手。
なのでせっかくの白なすですが小さくイチョウ切りにして…

イチョウ切りにして…
あ、これどこかで見たことある。

ダイコンだ。ダイコンそっくりだよこれ。

ありがたさが当社比で30%減、したところで鍋に投入しました。さよなら初恋の人。

そしてそんなダイコンそっくりの真っ白なナスも、トマト缶で煮込んでしまえばこの通り。
ラタトゥイユ
先生、もうわかりません!

今回ひとつ勉強になりました。白さを楽しむなら別の料理法にすべき、と。
次回は焼きナスいってみようか。
焦げて黒くなったってオチがつかなきゃいいけど。


余談ですが…ラタトゥイユにピーマン・パプリカのタネをinするやり方は、よしながふみの『きのう何食べた?」という漫画で知りました。野菜の美味しさに加えてプチプチした触感も楽しめるという多方向よくばりレシピなので、全世界のラタトゥイユにタネが入ることを望んでおります。だからこれを読んだそこのあなた、今度ラタトゥイユ作るときタネをいれてみて、ね?


さてそんなこんなでラタトゥイユも出来上がったことだし、鶏肉のオーブン焼きもそろそろできたでしょうか?

じゃん!
鶏肉のオーブン焼き
むしろパサパサ鶏肉の野菜チップあえ!
なにこれ酷い!

焼きすぎた、でしょうか?

いや、それもあるんでしょうけど、そもそもこれ、

完全にオリーブオイルかけ忘れてますわ…。

というわけで夕べのメインメニューは鶏肉の野菜チップあえ(オリーブオイル後がけスタイル)と普通のラタトゥイユでした。

なんか色々ざんねん!!!