種無しザクロ・スイートハニーを収穫。

食べられる植物
11 /16 2017
そろそろ氷点下の気配を感じる11月半ばです。

数日前のことですが、とうとう種無しザクロのスイートハニーを食べることができました。
ザクロ・スイートハニー
ザクロ…好き…(大好きとはいわない)

ザクロは美味しいんですが硬いタネをいちいち吐き出さなきゃいけないのが厄介で、なかなか買ってまで食べようとは思いませんでした。

そんなとき目に付いたのがこのザクロ。

『種無しのザクロ』。
正確には、種が柔らかくてそのまま食べられる、『種無し(っぽい)ザクロ』。
しかも『とても甘い』

そんなショップの謳い文句を信じ、苗木を購入したのが2011年。

それから6年です。
食ったことのない、本当に種無しなのか分からないザクロを育て続けて、6年。

その間の私の心はまるで顔も知らないペンパル(いまや古語)と結婚の約束をしてしまった昭和の結婚適齢期の女のようなものです。

こんなでっかくなる木を植えて、数年待って、いざ収穫したら酸っぱくて硬い種の実だったらどうしよう…
『間違いでした』じゃ済まされない…!

そんな私の心を知ってかしら知らずか、6年じらし続けたザクロがこちらです。
ザクロ スイートハニー
今年ようやく実りました。

ところで6年の間には色々ありました。
職場がつぶれました。再就職しました。実家出ました。結婚しました。最近、中古のおうちを買いました。

その間に、いつのまにか、スーパーで普通に売ってるザクロが、種無しっぽくなってました。

大事なことなのでもう一回。

スーパーで普通に売ってるザクロが、種無しっぽくなってました。

甘酸っぱくて、美味しくて、種が柔らかくて、そのまま食べられるザクロがいまや普通に売ってるのです。
HAHAHA、こんな世の中が来るなんて、お釈迦様でも知ってたかどうかだぜ!

なにはともあれ初収穫の種無しザクロ。
いよいよ実食のとき。
ザクロ・スイートハニー
きれいな実。もし美しい果物の総選挙があったら私はザクロに一票いれるわ。

そして肝心の味はというと…

激酸っぱい。

しかもタネが硬い。
たしかに噛み切れないことはない。
けど、酸っぱい果肉の味よりタネの味のが目立つレベルで存在感がある…。

うーん。

まぁ、一年目だしね!
収穫期もちょっと過ぎちゃったしね!
これから変わっていくよね!!(ポジティブ)

というわけで、これからスイートハニーを植えようかという皆さまへ。
これを読んだら植えたくなる気持ちはよ~く理解できますが、最終結論をだすにはもうちょっと待ってくださいな。

もしかしたら来年・再来年の私は『なにこれ美味しい!愛くるしい!!』とか言ってるかもしないのです。

そのときまだ私が『激すっぱ!!!』とか言ってるようだったら…そのときこそ購入計画を見送るべきかと。

まぁ、来年・再来年までこのブログを続けているかどうかは不明でありますが。
(最近更新さぼりがち)

ところでお庭のコリウスがピンチ。
コリウス
だいぶ寒さにやられちゃいました。
でも室内に取り込みさえすれば、多年草。
そろそろ冬越しの準備しなくちゃ。

11月でも元気なダリア(ミニサイズ)。
ダリア
バーベナのすきまから。

観賞用トウガラシです。
観賞用トウガラシ
寒さにやられてシワシワです。
これも本来は多年草なので、室内に取り込めば冬越しできるそうです。やってみようかな…。

バラの星光。
バラ 星光
11月の花が一番美しいバラです。
(でもちょっとダブルセンター気味…?)




スポンサーサイト

金色のナスに変化した。

食べられる植物
08 /11 2017

暑い暑いとぼやいていたら秋口のように涼しい日がやってきました。
これで雨ばっかりじゃなければ最高なんですが、贅沢いってもしょうがないですね。

ところで今年は菜園で真っ白な白なすを育てています。

最近は収穫もさぼりぎみでしたが、

なんと、

金色に変化しました!
白ナス
なにこれレアなの?蝶々来ちゃうの?引っこ抜くともらえるポイント2倍なの!?(ピグライフ脳)

…というゲーム的なアレではなく、単に白ナスは熟すと黄色くなるそうです。なんだー。

そもそもなんで収穫をさぼっていたかといいますと、うちでもナスを育てているのに他所からナスをもらってしまうという田舎の夏あるあるでして…(あとキュウリとインゲンな)
そっちを消費するためウチのは後回しにされてしまったわけです。

菜園で採れたミニトマトとバジルで冷製パスタ。
トマトとバジルの冷製パスタ
後ろは貰いもののナスでつくったミートソースグラタンです。いつか白ナスでも作ってみたいです。

トウモロコシもぐんぐん育ってます。
トウモロコシ
植えた時期が遅かったので心配してましたが、
無事収穫までたどり着けそう。

話はこのトウモロコシの苗を植えたころにさかのぼりますが…
美味しいトウモロコシの継続的収穫をたくらんだ私は、上の苗を植えつけてからさらに数日後、あまったタネをまいたのです…

でも後から撒いたほうはダメダメでした。
トウモロコシ
よくばりバアさん おじょうさん、バチが当たる、、、の巻。

まぁ強欲のバチがあたったというのは置いておいて、植える時期があんまりにも遅すぎたのでしょうか。
あるいは土壌が悪すぎたかもしれませんね。
なんかここの土、固かったし。

引っ越してきて3ヶ月ちょい、なにもかも手探りの1年目の庭です。

新しい庭にみごとに適応した(らしい)ジュード・ジ・オブスキュア
ジュードジオブスキュア
実家にいたときよりよほど元気です。
そうかそんなに潮風がいやだったか。


菜園の白ナスでラタトゥイユを

食べられる植物
07 /26 2017
そろそろ8月にもなろうということですが、またいきなり梅雨に戻ったかのような涼しいお天気。

ところで今年の目標は庭で取れた野菜だけでラタトゥイユを作ることです。

いまのところまだナスとトマトとピーマンしか収穫できてないのですが、見切り発車で行っちゃいました。
(よく考えたらセロリがないから最初から無理?なにそれワカンナーイ)

その前にメインの仕込み。鶏肉のオーブン焼きです。
鶏肉のオーブン焼き
鶏肉、インゲン、ミニトマト、ズッキーニ、ブロッコリー、ニンジンそして仕上げにマジックソルト。
このあとオリーブオイルかけてオーブンで焼くだけ。

そしてラタトゥイユ。
今回は菜園スペースでとれた白ナスを使います。
白ナス
まさにEgg plant。卵のように真っ白。すべすべツルツルして健康そう。
これでラタトゥイユ作ったらカラフルで綺麗じゃないですかー?

ところでずっと気になってたのは、白ナスは切ってみるとどうなっているのか?っていうことでしたが…

切ったら中身もちゃんと白いのです。
白ナス
この写真じゃわかりませんが、タネもうっすらピンクがかってているのです。
普通のナスが小悪魔系なら白なすは姫系、もしくは天使系。神々しいわぁ。

ただしうちのオットはナスが苦手。
なのでせっかくの白なすですが小さくイチョウ切りにして…

イチョウ切りにして…
あ、これどこかで見たことある。

ダイコンだ。ダイコンそっくりだよこれ。

ありがたさが当社比で30%減、したところで鍋に投入しました。さよなら初恋の人。

そしてそんなダイコンそっくりの真っ白なナスも、トマト缶で煮込んでしまえばこの通り。
ラタトゥイユ
先生、もうわかりません!

今回ひとつ勉強になりました。白さを楽しむなら別の料理法にすべき、と。
次回は焼きナスいってみようか。
焦げて黒くなったってオチがつかなきゃいいけど。


余談ですが…ラタトゥイユにピーマン・パプリカのタネをinするやり方は、よしながふみの『きのう何食べた?」という漫画で知りました。野菜の美味しさに加えてプチプチした触感も楽しめるという多方向よくばりレシピなので、全世界のラタトゥイユにタネが入ることを望んでおります。だからこれを読んだそこのあなた、今度ラタトゥイユ作るときタネをいれてみて、ね?


さてそんなこんなでラタトゥイユも出来上がったことだし、鶏肉のオーブン焼きもそろそろできたでしょうか?

じゃん!
鶏肉のオーブン焼き
むしろパサパサ鶏肉の野菜チップあえ!
なにこれ酷い!

焼きすぎた、でしょうか?

いや、それもあるんでしょうけど、そもそもこれ、

完全にオリーブオイルかけ忘れてますわ…。

というわけで夕べのメインメニューは鶏肉の野菜チップあえ(オリーブオイル後がけスタイル)と普通のラタトゥイユでした。

なんか色々ざんねん!!!


美味しいトウモロコシが食べたいの

食べられる植物
07 /22 2017
真夏らしい、暑い日が続きます。
そして夏といったらスイカにアイスにトウモロコシ。

この間、安さに釣られて5本298円のトウモロコシを買いました。
そしたら味がほとんどしない上にあちこち傷んでるわ…。
まさしく安物買いの銭失い。

次からはちゃんと適正価格で買おうっと。そうしようっと。

ちなみその甘くないトウモロコシは食べきりました。
だってもったいないじゃん…。

牛乳コンソメと一緒にミキサーに突っ込んでコーンポタージュにしてしまえば全然あり。
冷凍してシチューに投入するのも良さそうですね。

…と考えるあたり全く反省しておりません。
そのうちまた買うことでしょう、激安トウモロコシ。

しかし、もったいないからと言って傷んだ食物のカビ毒を摂取して
自分の健康(ひいては治療費)を損なうほど馬鹿馬鹿しい話はなくないですか?
カビ毒はしゃれにならないですからね。

とすると安くてフレッシュな食べ物を調達しなければ…。

そうだトウモロコシ育てよう。
トウモロコシ
おっと、気がつけばもう育っているようだ。
グッジョブ数ヶ月前の自分。

しかし撒いた時期が遅かったせいか手入れのせいか土壌が悪いのか、生育が遅れてる気がします。
ヤングコーンなみの大きさのしか採れなかったらどうしよう。

カキはすくすく。
カキ
何にもしなくても育つ果樹。

ところでこの実はなんでしょう?
果樹
新居の庭にある謎の果樹です。
前の家主が植えました。
庭に植えてある植物は何なのか、売買契約時に聞いてみたのですが…
あまりに色々植えてあるため、本人も何を植えたのか一部覚えてなかったという…。

花壇でキキョウの花が咲きました。
キキョウ
ところで私はいつ、キキョウの花を植えましたっけ?
入居したときに色々植えたから、何植えたか忘れちゃったんですよねぇ(どっかで聞いた話である)

スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
スブニールドゥラマルメゾン
『マルメゾンの思い出』という名のバラ。
思い出は美しいが、その記憶が定かかどうかは誰も良くわかってないのかもしれない。
少なくとも私と前の家主は、自分が何植えたのかわかってないコンビである。



『趣味の』園芸なんだから

食べられる植物
07 /07 2017
今日は七夕。

そして二十四節気の小暑。
今日の最高気温は31℃。
日差しはギラギラで、まさに灼熱の季節の始まりを感じます。

先日の嵐で、庭のウメの実はほとんど落ちてしまいました。
ウメの実
といってもまぁ、特に利用する予定はなかったのですが…モッタイナイ精神が発動しそう。

ところで私は今年もモッタイナイ精神にのっとって、
あまったジャガイモをタネイモとして利用しました。
ジャガイモ
引越しのゴタゴタにより、食べられることなく芽を出してしまったジャガイモです。
(※引越しがなくても毎年のことだという説もある)

しかしNHKの趣味の園芸では、これはやらないほうがいいって言われてしまうんですよね。

今年(?)の放送でも、

『芽が出てしまったジャガイモがあるから、タネイモに使えないか?』という視聴者からの質問がありました。
(念のため申しますがお便りを出したのは私ではありません)

しかし答えはNO。
売ってる種芋と違って病気に弱いので、ちゃんと種芋を使いましょう、と。

ウンウンウンウン。正しいですね。

しかしですよ。

そこに芽が出たジャガイモがあるんですよ。
食ったらアウトなジャガイモですよ。
植えなきゃ捨てるしかないんですよ。

これをゴミ箱にポイして…なにが生まれるというの?

後悔?
(まぁ芽が出た時点でしているよ)

反省?
(芽が出る前にちゃんと食えって?わたしワカンナーイ。)

いいえ、そんなものは必要ない。
(いや必要だろうけど)

種芋に使っちゃえば全部解決!!!

確かに市販のジャガイモは種芋用のに比べて病気になりやすいし、
収穫量は少ないだろうし、
連作障害考えたら栽培スペース無駄にすんなってことでしょうけどさー。

『それでもいいなら植えてもいいよ』って発信するのもアリだと思います。
だって、『趣味の』園芸なんだからさ!
だから来年の放送では『アリ』って言って、藤○さん!!!

ちなみに上記のジャガイモ、植えたのはなんと6月上旬。
季節はずれもいいとこ。
ジャガイモ
でも一ヶ月でここまで大きくなったよ!
まぁイモができてるかどうかは不明。
さすがのワタクシも6月に植えたことはないもので…。

白ナス育ってます。
白ナス
これはちゃんと苗買ったやつ。

ゴージャスなハイビスカスを買いました。
ハイビスカス
花壇に植えて、霜がふるころになったら鉢上げして室内に取り込む予定。