FC2ブログ

除霊用品を買ったようだ

室内ガーデニング
02 /12 2018
もうすぐ2月も折り返し地点。

この間レシートを整理していたら、おもわず背筋がぞっとしたことがありまして。

ぜんぜん買った覚えのない商品がレシートに記載されていたのです。

最初に思いました。
前の人のレシートが間違って渡されたのか?
いいえ、そんなはずはありません。
レシートに記載されているモールディング材は、確かに私の買ったものです。

買ってない商品が打たれていた?
いいえ、金額があまりに違うのでそれならその場で気づいたはずです。

じゃあ なんで…。

私どうして買ったの?
どうして買ったときの記憶がないの?
普通買ったら忘れないと思うよ?



『除霊用品』なんか…



…。



こわっ!

知らない間に除霊用品買ってそれをすっかり忘れてるって…。
しかも、この店舗、普段いかないところじゃないの…。

わたし、あたまがおかしくなった?

それとも幽霊に憑り付かれてるの?

だとしたらその幽霊は成仏志願者!?

祓ってもらいたくて人間にとりつくスタイル?
新しいようでドラマでよくある話だねそれ!

と、10分くらい思い悩んだところで気づきました。

用品だわこれ。
除雪用品
はいはい買った買った買いましたよ雪かきスコップを!ええ確かに!!

大雪の後でどっこにも売ってないから普段いかないとこまで探しにいったんでした!


…いくら視力1.5をキープしようと、記憶力が劣化したら意味がないという一例でございました。

だいたいホームセンターに除霊用品が売ってるわけないじゃなーい…(と、今ならわかる)

野菜くずから作ったキッチン水耕菜園、育ってます。
キッチン菜園
育てるだけ。食べる気は…いまのところありません。

切花のスイートピー。
スイートピー
春を感じます。

今日は気温自体はあがってますが、風がぴゅうぴゅう吹いて外に居ると寒いほど。
よって庭仕事なし。

ネコもご~ろご~ろ(※ていうかやつらは一年中ごろごろしてる)
ねこ
可愛くウインクしてるように見せかけて片目は抜け目無く開いてるスタイル。

花びらがちょっとチリチリになってきたヒヤシンスです。
ヒヤシンス
3月になったら花壇でのびのび育てる予定。


スポンサーサイト

月食のち、幸運の月暈

室内ガーデニング
02 /01 2018
今日から2月ですね。
まだまだ冬だけど、そろそろ早春といえなくもない…そんな季節。

当地はあれからまたしても雪が降りました。

天気予報は外れです…雨か、せいぜいみぞれの予報だったのに。

まぁ今回の雪は1cmくらいですぐとけてくれたので助かりました。

モミジに積もった雪が朝日でとけてキラキラ~っと。
凍ったモミジ
しかし写真にきらめきが写せなかった…。

そうそう。

昨夜、1月最後の夜は皆既月食でした。
当地は曇ってて見えないという前評判でしたが…見えちゃいました。
今回は天気予報外れてくれてラッキー。

皆既月食はまあ普通に見られました。
なんて神秘的。

一方で赤黒く染まった月にはじゃっかんの不気味さもあり。
いつもニコニコ可愛いあの子が、暗がりで手に持った包丁をじっと見つめる姿を見てしまった…的な。
ああホラーだわ。

そもそも昔は皆既月食ってわりと不吉の象徴らしいですよね。
と、どうしても思ってしまうのは、『王家の紋章』でバビロニアが大騒ぎになったイメージが強すぎるからでしょうか。
それにしても口からでまかせで月食起こるって言ったら本当に起こっちゃったキャロルの幸運すげえわぁ…。

しかし月食も終わりかけのころ、そんなおどろおどろしいイメージを吹き飛ばす出来事がありました。
月の周りに白い輪ができていたのです。

あれっ なんかこういうのセーラームーンで見たような…!?(混乱)

月暈
これは月暈(げつうん)というそうです。

この写真じゃ修正してもまだ暗いですが、実際は月の光で昼間みたいに明るくて輪もしっかり見えてて…
控えめに言っても神々しい。

ちなみに月を横切ってるのはうちの電線です…。
ふざけて『君の名は』っぽく撮ってみたら、まともに月暈が写ってたのこれだけだったという…。

ふざけなきゃよかった。
そしてどうせ使わないからってカメラの三脚を実家に置きっぱなしにしなきゃよかった。

月暈は幸運の前触れだとか。
いいことあるかな…?

ところで月暈は天気の崩れる前触れとも言われています。

え…天気予報は雪だけど…また雪降っちゃうの?

関東平野民の私も雪はもうお腹いっぱい見たので、今回の天気予報はちょっと外れて欲しいところです。

さて室内ガーデニングですが。

ニオイサクラがちょっとだけ咲いてました。
ニオイサクラ
室内の寒さ(なぜか氷点下)にやられぎみだったけど、最近復調。

サイネリアも元気です。
サイネリア
元気に水を吸って水切れしています。
(あとで鉢増ししよう)

ヒヤシンスはこうなりました。
ヒヤシンス
うんわかった。こいつら団体行動が苦手な派。


野菜高騰の話を聞いて私も少しは考えた

室内ガーデニング
01 /29 2018
一月も終わろうとしている今日この頃。
あいかわらず、お野菜が高くて困っています。
白菜1/4カットが150円て…(泣)

このあいだ市場関係者の人と話ししたのを思い出します。
その人いわく、秋ごろに長雨が降って気温も低かったせいで冬野菜が全体的に不作だとか。

クリスマスシーズンのイチゴにいたっては数が足らなさ過ぎて、例年なら値がつかないようなB品イチゴまで飛ぶように売れていったという話を伺いました。

そんなイチゴどうすんの?と聞けば、『ケーキの中に入れるんだ』と。
『クリームにはさんじゃえば分かんないからいいんだ、とにかく今はイチゴが足りないんだ』って。

うーん。

待っているお客さんのためにどうにかしてイチゴを確保しようというケーキ屋さんに感銘を受けるべきなのか、

そんな普通なら売れないクズイチゴを使わないで欲しいなぁと思うべきなのか、

いやいや そもそも農家さんが天候不順に苦労しながら何とか収穫までもっていったイチゴを、ただ見目が悪いからっていう理由で食べたがらないという、この甘やかされた現代人的な感覚こそ捨てるべきじゃないかとか、

色々と考えてしまいました。

まぁただ分かっているのはただ一つ。

最近の低温と大雪で、わが茨城県の野菜はさらに高騰するだろうということです…

残り雪
一週間経つのにまだ雪が残ってるんだぜ(この辺では異例)

連日氷点下のおかげで土はカチカチ、ガーデニングどころじゃありません。

いっぽう、家の中。

とうとうヒヤシンスが咲き出しました。
ヒヤシンス
やったね。

一番最初に咲いたのはブルーのヒヤシンスでした。
ヒヤシンス
そんで隣がたぶん、ピンクのヒヤシンス。

残り一個はかなり…のろのろです。
ヒヤシンスを同時に咲かせるのは難しい…かも?


キズパワーパッドの罠

室内ガーデニング
01 /08 2018
お医者さんに足をチクチク縫われてから一週間が経ちました。


傷口の日々のお手入れ用に軟膏を処方されましたが、
お医者さん曰く『キズパワーパッド貼るならそれでもOKですよ~』ということでした。

もちろん面倒くさがりの私はためらい無くキズパワーパッド一択でございます。
歳末のドラッグストアにかけこんで一番大きいサイズを買いました。

お医者さんの薦めるとおり、キズパワーパッドはいいものです。

お値段が高いのと見た目がグロいという事実だけに目をつむれば、
完全防水だし、はがれないし、衝撃吸収で痛みも和ぎます。
おまけに傷の治りも早くなるとくれば、使わない手はありません。

ただね、そのせいで私はひどい目にあいました…。

いや、よく考えれば最初から分かったことでしたが。

キズパワーパッドを取り替えようと思ってべりっとはがそうとしたらね、

傷口めっちゃ引っ張られて、うめきました。

よくみたら、

傷口を縫った糸とキズパワーパッドがいつのまにか親交を深めていました。

ありていに言えば、糸がパッドにばっちりくっついて剥がれないでやんの。
まさかの一体化。もう一生離れないつもり…?

こ、こりゃあ一大事だぞぉ…。

どうやって剥がせばいいか悩んだ末、毛抜き(アルコール除菌済み)でちまちま糸を剥がしました。
ごめんね君たち。糸とパッドは最初っから結ばれない運命なのだよ。

剥がしたパッドは捨てて、新しいキズパワーパッドを傷口にON。
どうせまたくっついて大変なことになるんだろうな…と思いつつ、やっぱりいまさら普通の絆創膏には戻れないもの。

ていうか、お医者さんよ。
キズパワーパッド薦めるなら最初に警告してくださいよ…。

言わなくてもふつう分かるだろうと思ったのかもしれない。

でもね、

もし私が常に最善の行動を選べるタイプの人間だったら、

そもそもお風呂上りにガラス板を蹴っ飛ばして深夜の緊急外来のお世話になったりなんかしてないから。たぶん。

フールプルーフな世の中にな~れ☆(他力本願)

ちなみにもうちょっとで抜糸です。
抜糸も抜糸で怖いな…。


そんなこんなでガーデニングは出来てません。

…というのは言い分けで、寒いからできてません…。

仕方がないのでヌクヌクしてるうちの猫でお茶を濁す。
ねこ
布団は可愛いからと人間がかけたものです。迷惑そうでした。

キッチン菜園。
水しかやってませんが、また育ちました。
キッチン菜園
水菜と小松菜とニンジンを再生したものですが、我が家のは諸事情により食べられません。

食えないものを育ててどうする…とも思ったけど、
私が育ててる花の9割は食えないものでした。じゃあいっか。

本日のヒヤシンス。
ヒヤシンス
ツボミが出てきました。
思ったよりハイペースです。
この分なら立春のころには咲くかもしれませんね。


空飛ぶヒヤシンス

室内ガーデニング
12 /27 2017
クーリスマス が 今年も 過ぎさった♪

11月から始まるクリスマス商戦が終わると一気に世間は年の瀬モードです。
あんまりに世の中の変わり身が早いので、毎年ついていけない精神的鈍足っぷりです。
あー、クリスマスのあとの準備期間が半月は欲しいわ。

クリスマスっぽいバラです。
バラ
切花です。
ふと思ったんですがクリスマスで赤いバラをイメージするのってバブルの影響でしょうか。
当時は赤いバラにカスミ草がテッパンだったと聞きますが…今は?

室内栽培のヒヤシンスです。
ヒヤシンス
植えたばかりのころ。
このころはお行儀よくしていましたが

一週間後。

今は自由を求めて飛び立とうとしています。
ヒヤシンス
出根・宇宙開発ロケット風。

ヒヤシンスがこうなるのは毎年のことなんですけど(今年は特にひどいけど)、
おかげで最初に根を出して、それから葉がでて、最後に花が咲くっていう過程がよくわかります。

幼稚園で水栽培させられた理由が分かった気がする。
植物の育つ過程を知るためですよね。

けっして幼稚園児に世の不条理を説くためにやらせてたわけじゃないんですよね。

ていうかテキトーに世話してた男子のヒヤシンスがさっさと咲いて、わたしのヒヤシンスがなかなか咲かなかったのはその後の人生の暗示なんかじゃないですよね?
(※ちなみに小学校で育てたヒマワリも相当な遅さでした)

話がそれましたが幼稚園時代から早うん十年。

今の私がヒヤシンスを育てて学びとることがあるとすれば、
『植物はまず根を張るところからスタート』ってことですね。
きっと、ヒヤシンスに限らずバラでも野菜でも。

外は寒いけど、土作りに励もうって気にさせてくれます。
寒いけど。
さーむーいーけーどー…(土作りを実行するかどうかはまた別の話かな…)

寒いのでキッチンで再生野菜の菜園作ってます。
キッチン菜園
左から水菜さん、小松菜さん、人参さん。
葉っぱの付け根の部分を水に浸しておくだけ。
見てるだけでも楽しいですね。

ええ、これは見てるだけ。

不衛生なジョウロの水を入れてしまったので、食べる予定はなくなったのです…(うっかりよ)